全市20家2級以上漢方医院の漢方医のaapの全てを

May 26 [Sat], 2012, 21:56
市の漢方医の局の関係者は、今年当市を強力に推進する漢方医のaap、婦人科など専門の特色を発展して、全市20家2級以上漢方医院のすべて漢方医のaapの回復をこの指標を病院で等級審査rmt 。それ以外に、建設市の漢方医のaapの臨床診療センター。市民が正しい選択させるために自分に合った漢方医の養生保健方法、衛生部門を求めて、今後、住民健康ファイル全てに漢方体質認識内容。調査によると、漢方医の病理表現特徴によって確定する病理体質、蒸し暑い、平と、气虚、陰液が不足し、ガス鬱、痰湿、血瘀など8種体質。また、関係者によると、昨年3元薬を煎じる费について本市の医療保険請求の後、今年、市がさらに拡大する漢方薬には医療保険とは、新しい農村協同組合の清算範囲と割合は排除され、一部は医療保険請求の範囲外の漢方薬の院内製剤が医療保険を含む。調査によると、各中医学院にもあるいくつかロットの伝統的な調合剤、これらの製剤コストは低くて、価格は安いが、正式に申請薬品ロットの過程が断念した病院で審査、次第に消えて。市の漢方医の局今年を推進する漢方医の伝統の調合剤の開発利用、大衆の好きな膏薬類伝統製剤再現漢方医院。この人の担当者によると、本市は1年で実現する都市と農村コミュニティ衛生サービスセンターを全ての漢方医科、完成700名末端の漢方医の執業の医師の全科教育。また、今年はコミュニティ衛生サービス機構20建ての漢方医の予防保健サービスを提供し、市民の中医保健養生、治未病など6位一体のサービス。本社ニュース(記者李秋萌)本市は2年間かけて実現する2級以上漢方医院の漢方医のaapの全てを回復するアラド戦記 rmt 。昨日、記者は市から漢方薬工作会議によると、漢方医院の内制剤が今年の医療保険を含む、「陰液が不足し、ガス鬱」などの漢方医の診断を書き込み住民健康ファイル。
  • URL:https://yaplog.jp/cdseraqq/archive/397
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。