交通事故・・・(鶴嶺神社参道)

2018年06月29日(金) 21時13分
今日、16時頃、一本の電話がありました・・・

車で走ってたら事故にあったのか路上に倒れている猫を見つけたという連絡でした。
自宅のすぐ近くだったので
すぐ見に行きましたが
路上に見つけることが出来ず
変だなぁ・・・とUターンして電話して
猫さんが倒れていた場所を再度確認するも
やっぱり路上に猫は居ない・・・

どこに行っちゃったのかな?
もう市が回収したのかな?

と思って一度帰宅しました。

そしたら相談者さんが現場にもう一度行ってくれて
「いました!」って教えてもらえたので
現場で合流。

該当猫さんは即死状態でした。
全身の骨が折れまくってました。

特に頭部を強く打ったんでしょうね・・・眼球も飛び出していました。



誰かが路上から車に踏まれないようにと移動してくださったんでしょう・・・
草むらに猫さんは居ました。
アリがたかってました・・・
体は暖かかった。
まだ事故死してから1時間も経過してないのかもって位・・・

死後硬直もなく
まだ本当に・・2時間位前は普通に生きていた。

全身を強く打って背骨も折れまくってました。

触ればわかるその状態。

ペットシーツに包んで回収しました。

相談者さんとお別れして
環境事業センターへ連絡を入れました。

もし既に通報があれば回収の手続きが始まってると思うので
こちらで既に回収した旨を伝えなければならないので・・・

そしたら環境事業センターに依頼は入っていませんでした。

明日、白峰寺さんに搬送するので
行政の手続きしておいてくださいと伝えておきました。



中毛の黒白猫さん。
性別はメスでした。

首輪もなく
足の裏を見ればすぐわかる。
外で生きてきた猫さんなんだね・・・

保健所や環境事業センターに回収要請をすると
午前中に連絡を入れると午後の回収。
午後に連絡を入れると翌日の回収になるため
私としてはさっさと現場から移動させてあげたいと思うので
いつも飼い主不明猫や飼い猫が路上でなくなってると連絡が入った場合は
すぐに引き取りにいって白峰寺さんへ届けています。

いつまでも路上に置かれたら
なくなった子もイヤだろうし
カラスも集まるし虫も集まるし・・・。

悲しい最期の姿をいつまでも晒されたくないだろうし。
それに今の時期は劣化も激しい温度になっていますので
少しでも綺麗な状態で白峰寺さんに搬送してあげたい・・・

そう思ってすぐ行けるときはすぐに引き取りに行っています・・・


該当猫さんがなくなっていたのは
鶴嶺神社から国道一号線に伸びる参道の路上。
ローソンより鶴嶺神社側です。

出血量は殆どなく
左前脚の肉球に裂傷がある程度でした。


明日白峰寺さんへ搬送し合同火葬をしてもらってきます。

参道は交通量も多く
狭いながらもかなりスピードを出して走行する車も多いので
当たれば相当なパワーですからね・・・


何故この子が事故でなくならなければならなかったのか。
その理由はわかりません。
でも外で生きる以上、こういった事故のリスクは避けて通れない問題。
この付近で野良猫さん情報はめったにないのですが
この付近で生きている猫さんの個体はある程度把握しているので
何かあればすぐ飼い主若しくは給餌者さんに連絡を入れるところですが
この子は見たことが無い子でした。

このデータは茅ヶ崎市で管理している情報で
路上でなくなっていた猫さんの回収匹数です。

CCPが立ち上がったのが平成23年。
平成24年度のデータは年間542匹の路上でなくなった猫が回収されました。
どんどんTNRをすすめ、飼い主不明猫問題を取り組むにつれ数は激減しました。
平成28年度では4年前の半分近くまで減らすことが出来ています。

これはTNRを進めたことで
繁殖活動をせずに済む子が増え
また産まれていく子ねこの数も減った事と
発情に伴う遠征や喧嘩やオス猫から逃げるメス猫の事故死率が減ったこと
去勢されたオス猫や避妊手術をしたメス猫は
活動範囲が狭くなるため
わざわざ危険を冒してまでリスクのある道路横断をしなくなるためです。

バースコントロールは
交通事故死猫を減らすことにも有効であり
茅ケ崎市から神奈川県動物保護センターへ収容される猫たちの数もグンと減りました。

意味のない事では無い。
むしろ結果が付いてきている、データとしてもTNRは多方面において
有効であると判断してよいと思っています。

リリースをするな、殺せばいいという考えの方もいらっしゃるでしょう。
元に戻さないでほしいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

でも、すべて保護していたら
とんでもない広さの土地と
とんでもない広さの建物を用意しなければなりませんし
多頭飼育崩壊のリスクも異常なほどUPしてしまいます。

今生きている命を守るため、
これ以上不幸に生まれ、殺される命を無くすためのTNRです。

本当に可能ならリリースなんてしたくないですよ、
全員保護して安心して暮らせる環境で生きて欲しいと思いますよ。

でもそれが出来ない。
それをするには莫大な資金が必要です。

だからリリースをするのはやむを得ない状況なのです。

それにね・・・
全て保護したとしても
猫に依存している人もいらっしゃいます。

その人から猫を奪えば
またどこかから連れてきてまた繁殖させてしまう。
いたちごっこは終わらないのです。

だからこそリリースをしたうえで
今生きているその命と向き合い、
術後の管理をしてもらう事もまた有効な方法でもあります。

今回の事故死猫さんは
比較的まだ若いんだろうなと思います。

もし、お世話をしていた外猫さんが行方不明になったという場合
黒白の中毛猫さんだったらこの子かもしれません。

明日白峰寺に搬送し合同火葬してもらいますので
白峰寺さんにいって線香をあげてください。

そして猫の飼い主さんにお願いです。
完全室内飼養をしてください。

糞尿被害にあう住民の生活を改善させる意味もありますが
こうして事故で亡くなっていく命を減らすには完全室内飼養以外に方法は有りません。

この子の魂がどうか安らかに眠れますように・・・


  • URL:https://yaplog.jp/ccp22simobe/archive/307
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
さび
はじめして。かわいそうな猫さんがあまりにも多くて、心が痛みますね。事故に遭われた猫さんがやすらかに眠れますように。
2018年07月04日(水) 12時45分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:CCP代表
読者になる
神奈川県茅ケ崎市内限定で活動している猫専門保護団体の代表をしております。
CCPは平成23年6月から活動を開始いたしました。

平成26年度から茅ヶ崎市環境保全課とCCPで協働事業を開始しました。
平成29年度から犬や猫に関する業務は茅ヶ崎保健所が担当することになりましたので
茅ケ崎市保健所と協働事業を行い市内全域の飼い主不明猫問題に取り組んでおります。

TNRについては茅ヶ崎市保健所(直通0467−38−3317)にお問い合わせください。
保護についてはCCPへお問い合わせください。
2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像さび
» 幸せ探し会に行く前に起こった事。 (2018年07月22日)
アイコン画像N
» もう7月なのに。。。 (2018年07月17日)
アイコン画像さび
» 交通事故・・・(鶴嶺神社参道) (2018年07月04日)
アイコン画像ホープ保護主
» 辛い季節。。。 (2018年04月16日)
アイコン画像 茅ヶ崎の猫好き
» 色々な意味で悔しい!!! そしてまたお願い事・・・ (2018年04月16日)
アイコン画像匿名
» 辛い季節。。。 (2018年04月01日)
アイコン画像こぼり
» また・・・事故死?の子を・・・ (2017年09月18日)
アイコン画像伊藤
» パインとウェーブ モデルデビュー♪ (2017年07月19日)
アイコン画像きじ保護主
» 苦しむホープを助けたい。。。 (2017年05月29日)
アイコン画像きじ保護主
» ホープ!無事退院! (2017年05月26日)
ヤプミー!一覧
読者になる