2017年12月にシンガポールから2度目の海外生活を終えて帰って来ました。1度目は上海に4年間駐在しました。3度目はもうすぐ台湾で暮らします。

最新コメント
アイコン画像踏台
上海話 (2018年10月07日)
アイコン画像carodiario
上海話 (2018年10月07日)
アイコン画像carodiario
上海話 (2018年10月07日)
アイコン画像踏台
サリー・イップに初めて会うの巻 (2016年10月10日)
アイコン画像サリー ファン
サリー・イップに初めて会うの巻 (2016年10月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:carodiario
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ホイールも交換しました。 / 2018年10月24日(水)
 結局ホイールも交換してしまいました。シマノのM785。つまりはXT グレードなのでまあまあでしょう。




 これで1kgの軽量化。デフオルトのホイールはどれだけ重かったのかということですが、まあエントリーモデルの29erなのでそんなモノでしょう。現在10kgちょっとなのでフツーのクロスバイク並みの重量です。でも、バネ下重量の1kg軽量化なので走行性はかなりupしました。実際乗っていて楽しいです。

ただもうこれからは簡単に軽量化できるところはなくなってしまったのでやりません。あとは文字通り身を削るような軽量化しかありません。
 
   
Posted at 21:55 / 自転車通勤 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
上海話 / 2018年09月13日(木)
前回の中国出張で一番驚いたのは、実は上海で上海話がほとんど聞かれなかったことです。以前の合弁相手の社員同士がマンダリンで話しているので、幹部の一人に尋ねてみたら、今は業務中は全てマンダリンで話しているとのこと。

20年前は業務中の公用語はもちろん上海話、マンダリンの苦手な幹部がいてうちの連れていった通訳が上海人だとわかるまではほとんど会話が弾まず、わかったとたんに上海話で怒濤のように喋り出したこともありました。

また、一般社会でも上海話は使わないようになってきたとのこと。上海人は全国で嫌われていたので政府の号令の下マンダリンを話すことが奨励されたとのこと。

昔は上海人は地方出身者を馬鹿にしていて、相手が上海人かそうでないかを見分けるのは上海話。つまりは上海話を話せなければ馬鹿にされたのです。例えばデパートに買い物に行って店員にマンダリンで話しかけても返ってくるのは上海話。わからないからマンダリンを話してくれと言っても、上海話がわからないのなら帰れ、と言わんばかりの態度でした。

それが今は(既出の幹部の曰く)「上海の改革開放」と言うことで地方からも好かれる上海人に変わったとのこと。

実際上海話を聞いたのはタクシーの中だけだったし、本当に衝撃的でした。

これはこれで良いことなのでしょうが、こうやって上海話が廃れていくのはまた寂しいモノがあります。合弁会社の会議ではったりをかますために、週一で上海話を習いに行ってた身としては尚更です。
 
   
Posted at 23:39/ この記事のURL
コメント(3) / トラックバック(0)
中国出張 / 2018年08月27日(月)
台北出張から続きで中国出張に来ています。桃園から北京へ一飛び。北京のホテルは遠通維景国際大酒店。日本から別に来ているメンバー(他社)が取ったホテルですが、料金は高く高級なホテルなのにロケーションが悪くて周りに何もない。食事に行くところさえなく、仕方ないので地下鉄の切符売場に行って、食事に行きたいので一番近くで賑やかなところというと、一駅目の西直門と言われそこは名前を聞いたことがあるので行ってみたら、確かにデパートの様なモールはあるけどそれだけがぽつねんとある不思議なところ。やっぱりもっと中心部に出たらよかったと思いながら食事した北京には不案内でかつ15年振りぐらいのワタクシでした。


ホテルの隣には梅蘭芳劇場。梅蘭芳と言えば昔は日本人でも知っている有名な京劇役者ですが、今やあまり知っている日本人もいないのでしょうか。


北京から上海まではなぜか新幹線で移動。四時間半。












上海に着いたけど私の知っている上海と違う。



 
   
Posted at 15:54/ この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
盂蘭盆会 / 2018年08月13日(月)


お盆には地獄の釜のふたが開いてご先祖様が帰ってくるなんてことを言いますよね。もちろん本来の仏教にはこういう考え方はないのですが、中国の道教にもこういう考え方があって、従ってシンガポールや恐らく台湾またはマレーシア等その他の華僑の世界では同様な考え方があって日本でいう盆踊りのような行事があります。これが私の好きな歌台ですか、それは今回どうでもよくて、しかし、お盆にご先祖様がかえってくるのならお墓参りに行っても仕方ない。いや、そもそも普段はお墓にもいなくて地獄にいるのなら普段からお墓参りも意味がないのでは?

なんていう疑問は以前から言われていることですが、一時よく回ってきていたツイートですが、こんな感じのことをゆうてました。

「仏壇はタブレット、お墓はデスクトップ、死んだおじいちゃんはクラウドの中にいて、たまにデスクトップをアップデートしに行かなあかん。」みたいなことを。

ということで、昨日はデスクトップのアップデートに行ってきたのですが、暑いのでもちろん両親は一緒に行かず、私が一人でクルマで大谷さんまで行きました。





 帰りに実家に寄って、ほんでもって母方のお墓にも行ってみる? 暑いけど近いからそれにクルマでなら行けるんちゃう?と母を誘ってみると母も当初行くことを想定していなかったのですが、急遽行くことになりました。

母方のお墓も元々は大谷さんにあり私たちこどもの時には「お墓のアパート」と呼んでいた、屋内の仏壇のような区画にあったのです。ところが、数年前に母の兄(長男)がやはり自分らも年を取ってきて大谷さんまで行くのも大儀になってきたので住居の近くの向日市に移しました。但し微妙に不便なところにあって、うちの両親の家からだとクルマしか交通機関はなくてタクシーも場所を伝えるのが難しく待たせておかなくてはいけなくてちょっと行きにくいところなのでした。それで父が入院したりとしばらくは手がかかっていたので母も行くことが出来なかったのでした。今回こうして連れて行ってあげるとても喜んでいました。ホントにただお墓参りに行けることがそんなに嬉しそうなのも不思議なことなのですが、お墓参りもお経を読むのも使者のためではなく生者のためといよく言われますが、本当にその通りだなと思いました。

 
   
Posted at 22:40/ この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
タイヤを換えたアレックス / 2018年07月22日(日)
タイヤを38Cのに換えました。実はIRC のマーベラは高いだけあって2.25インチもあるのに軽かったのです。2/3ほどの細さになったのに重量は増えました。でもやはり細いと走行性は良くなるので速くなると思います。

見かけは少しバランスが悪くなったかも。外径が大きい方がドロハンには合う気がします。40C位までのホイールを組もうと思います。このタイヤはそのホイールに履かせて、マーベラはこのホイールに。そんで使い分けたいと思います。


 
   
Posted at 22:20/ この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
ソロキャンプ / 2018年07月22日(日)

先週の話ですが、三連休の土日で亀岡の七谷川にキャンプに行きました。ソロです。突然思い立ちその週の水曜日に電話して予約出来ました。ホントは満員でしたが一人でしかも駐車場もいらないということでなんとか入れてもらいました。


荷物は自転車にキャリアを付けたくなかったのでリュックだけにしたのですが、ちょっと失敗。重すぎて不便でした。敗因は寝袋が大きく重かった。夏用の軽いのを買うか、真夏は寝袋無しでもイイかも。


テントはツェルトに。







火器はネイチャーストーブと自作のアルコールランプ。一人ならこれで充分です。ネイチャーストーブは木の枝や松ぼっくりだけで充分使えます。



翌朝のコーヒーを沸かすのはアルコールで。



さあ、帰りも暑いさなかに峠を越えます。

老ノ坂峠。

長岡京の実家にとうちゃこ。涼しくなってから大阪に還ります。

両親にソロキャンプを説明するも理解してもらえず。

「友達と現地集合?」

「現地でも独り」

「独りで何するん?」

「キャンプ」

「あ、いろんなコンサートがあるやつ?」

「フェスやないし」

 
   
Posted at 21:00/ この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
アレックス / 2018年07月05日(木)

またこのブログを使うことにします。シンガポールから帰ってきて半年以上経つのに全然ブログを書いていませんでした。

もうそろそろ台湾に住むことになりますが、しかしなかなか手続きが進みません。意外と難しい台湾での支店設立。さて、いつになるのやら。

自転車はシンガポールから持って帰ってきた29erのMTB ばかり乗っています。これは買った当時は15kg以上あったのですが、地道に軽量化して12kgを切った辺りから面白くなってこればかり乗っています。

今11.5kgほどですが、これぐらいになるとそこそこ早く走れるので遅いローディぐらいは追いかけ回せます。ゴツい29erなんかについてこられたり、ましてや抜かれたりするのはロード乗りとしては許せないだろうからけっこうみんなむきになってきますが、けっこうこの29erは見かけより軽く、よく走るのです。もちろん本気のローディにはぶっちぎられますが。














でも、ちょっと方向性を変えて、この週末にドロップハンドルにしました。
この写真がカッコよくて変えたくなったのです。
このドロハンMTB

で、今こんな感じです。ドロハンが似合うにはできるだけホリゾンタルに近いフレームで、細くて、サイズは大きい方がイイ。私のアレックスはL サイズの29er なのでなかなかスッキリ美しいと思います。スローピングもそんなにキツくないし。





 
   
Posted at 12:57/ この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
一時引っ越し / 2017年02月06日(月)
実は最近こちらのブログをメインで使っています。以前は下書用に使っていたのですが、シンガポールにいる間はこのアメブロの方をメインで使おうと思います。

恐れ入りますが、ブックマークを変えていただけると幸甚です。

http://ameblo.jp/cavaliere345/
 
   
Posted at 00:53/ この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
2016年の振り返り / 2016年12月30日(金)
2016年の振り返りです。
2015年の12月にシンガポールに赴任して、2016年の正月は数日間一時帰国していましたが、すぐシンガポールに戻ってシンガポールの生活から2016年は始まりました。まだホテル住まいでした。その後2月末から現在のコンドミニアム(マンション)に住むようになり、4月ぐらいまでは毎日深夜まで残業、うち週1〜2日朝方まで、土日も出勤という過酷な日々が続きました。

しかし、GWに一時帰国してGW明けぐらいからフツーの勤務に(近く)なり、以降はシンガポールの生活をまあ楽しんでいます。毎朝エニタイムでトレーニングして自転車でツーキンし、夜には好きな歌台も観に行って、土日も自転車でシンガポールを巡り、また11月からは詠春拳も習いに行くようになりました。

食事は自炊と外食半々ぐらいでしょうか。外食では海南鶏飯(チキンライス)と肉骨茶(バクテー)がヘビーローテーション。基本は炭水化物抜きですが週2食ぐらいは白米(ほぼ100%文東記のチキンライスのご飯)も食べます。

てな、生活を送っています。

以下、今年の私にとって大きな出来事です。今年もいろいろあって、しんどかったけど年末に思い返すと面白い年でした。

1. サリー・イップ(Sally Yeh:葉蒨文)に会った。

隣国マレーシアのGentingであった林子祥(ジョージ・ラム)の40周年記念コンサートに行って林子祥の楽屋でサリーに会いました。マレーシアのサリー・ファンで私の友人が会わせてくれました。1980年代末から香港の人気ムービー・スターでトップ・シンガーであり、で私にとっても、1990年代初頭からずっと一番好きな歌手で女優であり続けたサリーに会って話をすることが出来たのはやはり一番大きな出来事でした。

2.シンガポールで自転車に乗る生活を始めた
こんな暑いところで自転車なんて乗れるか!と思いましたが、やはり自転車のない生活は考えられず毎日自転車ツーキンしています。雨が多いので乗れない日も多く、今年は乗り始めた5月からの8ヶ月で 5,000キロぐらいの距離を走っただけでした。





3.詠春拳を始めた
イップ・マンが遺言で「日本人には教えるな。」と言ったらしい詠春拳、それ故日本人の私が習うのは難しいかと思いましたが、見学に行って説明を受けて申し込み手続きの最後に名前を書いたときに「え? 日本人ですか?」と訊かれたものの、なんとかクリア。念願叶って11月から習い始めました。ま、週一回の稽古ではなかなか上達しませんが、気長に頑張ります。
 
   
Posted at 13:52 / シンガポール 全般 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
マレー式のバクテー(肉骨茶)への愛  / 2016年12月26日(月)

 肉骨茶と書いてバクテー。私は正しくは排骨茶ではないかとずっと思っていました。なぜなら排骨というのはスペアリブのことだし、音的に排骨茶というほうがバクテーに近いから。でも良く考えてみたら福建(?南)読みで肉がBahでした。焼肉粽(シューバーツァン)の「バー」、肉圓(バーワン)の「バー」でした。

 なぜ茶なのかというと、漢方薬の成分の入ったスープだからということです。中国語で茶というのは茶葉を煮出したり、抽出したものだけではなく漢方薬成分の入った液体のこともそういいます。例えば涼茶なんていうのもそうです。

 駄菓子菓子、これにはいくつかの説があって、?基百科によると創始者の名前が「李文地」でもとは「肉骨地」と読んでいたのが福建読みで似ている「茶」の字に変わったとのこと。 

 ウィキペディアによるとウーロン茶を飲みながら食べるからだとのこと。

漢方のスープ説が一番もっともらしいかなと思います。


 バクテーというのは海南チキンライスと共にシンガポールを代表する食べ物ですが、発祥の地はマレーシアのクランというところらしい(この発祥についてはシンガポールとマレーシアで争っているようです。しかし、シンガポール建国以前からバクテーは存在するということからマレーシア発祥説のほうが有力に思えます。)。私はマレーシアのバクテーが好きでマレーシア式のバクテーを上海のシンガポール資本のゴルフ場で食べて大好きになってしまいました。その後は何度かマレーシアに行ったときに食べました。
 従ってシンガポール式(潮州式)とマレーシア式(福建式)とあることを知らず、今回シンガポールに来てからも数多バクテーを食べましたが、思い描いていた味のものにはまだめぐり合っていません。

 
味としてどう違うのかという説明をいろんなサイトで調べてみたのですが、たいてい書いてあるのが、シンガポールのは胡椒味、マレーシアのは醤油で漢方薬成分を煮込んだ濃い味、と書かれています。しかし私の記憶ではマレー式も決して味は濃くはなく、八角の効いた独特の風味がどちらかといえばあっさりした味わいでした。なんせ15年以上マレーシアのバクテーを食べていないので記憶が曖昧になってきましたけど。

 ということで、シンガポールに来てからマレーシア式のバクテーを食べようと探しているのですが、ここ最近特に行きたくなって調べたところに行くとその店がなくなっているというのが何度もあり、シンガポールにおけるマレーシア式バクテーが絶滅の危機に瀕しているのではないかと危惧しています。
八角好きな私としてはマレーシアのバクテーがないと困るのです。


で、ついに先日マレー式のバクテーを食べてきました。ゲイランの梁記です。この梁記はビーチロードに本店があって、支店はゲイランにあるというのを突き止めていたのですが、行ったらなくなっていました。ところが先日また調べていたら微妙に場所が違っていて、前に調べたのが間違っていたのか、移ったのかとにかくゲイランに存在することがわかったので行ってみました。自転車で4キロぐらいの距離です。


ありました。









これがそのマレー式のバクテーです。味自体はもう少し洗練されている方が好きですが、ジャンルとしては間違いありません。これが私の追い求めていたバクテーです。


八角の香りも確かにしています。


そして昨日はチャイナタウンにあるマレー式のバクテーを食べに来たらクリスマス休暇中でした。また休み明けに食べに来ます。












そして今日はアンモキオの新萬利に来ました。








ここはマレー式とシンガポール式の両方が食べられる店です。もちろんマレー式の方を食べましたが、ここのは少し味は濃いですが私のイメージするマレー式の肉骨茶でした。




少し価格は高めですが美味しいので通うかも知れません。調べたらブギスにも店があります。

 
   
Posted at 21:27/ この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
P R
2018年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
最新トラックバック
アイコン画像homemade handjob galleries (2007年10月28日)
アイコン画像amateur porn sex (2007年10月28日)
アイコン画像brunette ladies naked (2007年10月28日)
アイコン画像filipino sex web cams (2007年10月28日)
アイコン画像facial acne (2007年10月28日)
アイコン画像myspace bukkake (2007年10月28日)
アイコン画像erotic story handjob (2007年10月28日)
アイコン画像free mature bbw (2007年10月28日)
アイコン画像mature nl dildo (2007年10月28日)
  | 次へ  
 
Global Media Online INC.