旅行革命!フラッシュ・マーケティング 夢の扉

August 28 [Sat], 2010, 7:17
スポンサードリンク




旅行業界に革命ともいえる格安宿泊予約サイト「トクートラベル」を運営する社長 西村恵治さんがTBS「夢の扉」で紹介されました。旅行業界の革命児として常に旅行業界に新しいしくみを導入することに力を注いでおり今回は、さらなる新しいしくみ「フラッシュ・マーケティング」への取り組みが紹介されました。

◆格安宿泊予約システムのしくみ

格安宿泊予約サイト「トクートラベル」を利用すると、割引50%OFFは当り前、中には70%OFFもあります。その安さのしくみは、基本的には宿の空いている部屋を直前に安くすることによるものです。宿側からすると空いている部屋は1円にもならないので、安く提供して少しでも利益を上げようとします。それを「トクートラベル」のネットで告知して、格安料金の宿にユーザーが集まり、宿が埋まるというしくみです。宿からの広告費はとらないで利用するユーザーからの会費のみで運営。月440円、現在会員は94万人にも及んでいます。このサイトが人気を博した理由に、不況による旅館の年間稼働率の低下により、値段を下げてでもお客さんが来てほしいという宿が増え「トクートラベル」に登録する宿が増えたことがあげられます。宿は現在2800件以上。宿泊費を1円でも安くしたいというおもいからできたもので、宿側、ユーザーどちらにもメリットがあるシステムです。

西村社長、ベンチャー企業であるからには人がやらないこと、常に365日24時間あたらしいことを考えていなくてはダメだということであたらしいサービスにチャレンジしました。それが、フラッシュ・マーケティングです。

◆フラッシュ・マーケティング

フラッシュ・マーケティングとは、2年ほど前からアメリカで広まったインターネットの販売方法です。たとえば80%OFFで1000個の商品を24時間という時間制限で売りだします。24時間以内で1000個以上売れれば契約成立です。しかし売れなければ誰も80%OFFで商品を手に入れることができません。契約成立の場合、短時間で大量に売れるので店側も格安の価格設定ができるというものです。今回、このしくみを旅行業界に取り入れようと試みました。旅行業界では、日本初の試みです。
開発中のシステムのトラブルでこの試みは当初の予定より遅れましたが、伊豆の人気の宿を50%OFFの5250円のフラッシュ・マーケティング価格で提供。48時間で最低販売個数は50を設定。結果はなんと905枚が売れ、大成功となりました。
現在は、中国版、英語版のサイトを作成中とのこと。今後は海外のお客さんにどんどん日本に泊まりにきてもらって、日本の宿がもっともっと安くなればと考えているそうです。

とにかく宿側にとっても、泊まるユーザーにとってもどちらもメリットがあるという点はいいですね。会費があるので年に数回、旅行に行くといった方にはお得なサイトですね。

スポンサードリンク
  • URL:https://yaplog.jp/cank/archive/122
スポンサードリンク




ブログ内検索
 ・yahoo!ニュース
 ・livedoorニュース

 ・ プライバシーポリシー