チョコ王子とスリング
2013.01.29 [Tue] 11:29

もうすぐ1月が終わり、まだまだ寒さが続く中、
チョコ王子と家来のハラとメイドのムラキは、今日も元気で仲良しです。


チョコ王子
「ぬっふっふ、らくちんらくちん〜♪」
ハラ
「ご機嫌でごすね、王子」



スリングの中に抱かれてすっかりごきげんなチョコ王子。

チョコ王子
「いいだろ〜、ハラ。
 でもおまえは入れてやらんからな」
ハラ
「頼まれても入れませんよ、そんな小さいところ」
チョコ王子
「まぁ、おまえは巨人だからな。
 ……ふぁ〜あ、なんだか眠くなってきたぞ。
 よしムラキ、余が眠るまで子守唄でも唄ってくれ」
ムラキ
「あの王子……」
チョコ
「なんじゃ?」
ムラキ
「そろそろ肩が痛いんで降ろしますね」
チョコ王子
「いやいやダメじゃ!
 余はこれから一眠りをしようと……」
ムラキ
「はい、降ろしまーす」
チョコ王子
「いや、待……」

あっという間にチョコ王子は床に降ろされてしまいました。


ムラキ
「じゃ、私忙しいんで失礼しま〜す。
 あ〜、肩痛かった。
 っていうか最近王子ブツブツブツ……」
チョコ
「………………………」
ハラ
「………………………」
チョコ
「ハラ……」
ハラ
「わたくしも忙しいのでこれで」


とうとうチョコ王子は一人になってしまいました。




「この……はくじょうもの〜!!」



このブログの写真は本物ですが内容はフィクションです



[HARA]