小田急わんわんパーク
2007.05.12 [Sat] 23:20

本日は小田急で朝から屋上のクラスを2つ、夕方成城でセミナーでした。

現在、小田急の屋上ではクラス終了後、しつけ教室のためのスペースを開放しています(有料)。

その名もわんわんパーク。

世間様のドッグランは、管理者がいない(いても犬の行動に関しては素人)、安全管理もない、ワクチン接種の確認もない、保険もない、のないない尽くし。けんかに巻き込まれたり、病気をもらったりと、いい話は聞きません。もちろん、私はそうしたところには連れて行きませんし、生徒さんにもお勧めしていません。

一方、わんわんパークは犬の行動に詳しい管理者を備え(しつけイントラクター常駐)、ワクチン接種を確認し(証明書を確認させていただきます)、アニコムの障害保険にも加入してもらいます(1日500円)。世間様のドッグランの不備を解消し、安心して犬を遊ばせることが可能なスペースと言うわけです。

今日の担当は、本間インストラクター。私は成城のセミナーがあったので立ち会えませんでいたが、大盛況だったそうです。

来週、再来週も開催予定(雨天中止)ですので、
ぜひ皆さんもご利用してみてはいかがでしょうか?

参加条件など詳しくは、小田急百貨店8Fペットワールド"Dogs & Cats"(03-3342-1111内線3275)まで、お問い合わせ下さい。

by Nishikawa
 

ダップに遊んでもらいたかったシャーリ
2007.05.12 [Sat] 19:42

5月10日の記事でコンブ対ダップの様子がありましたが、
今日は、シャーリを連れてCan!Do!に行ったので、
それなら、シャーリ対ダップの様子を、と思ったら・・・

大ハッスルするシャーリを横目に、ダップさん、遊んでくれない

突進してみても、ダメ。
吠えてみても、ダメ。
ダップさん、ピクリとも動かず。

突進するシャーリに西川センセイも苦笑い。
でも、面白いから、動画に撮ろう、と構えると、シャーリ、今度は、しかけない。
結局、動画には撮れませんでした。

人と人の相性もありますが、犬と犬の相性も面白いですね。
まぁ、気がのらないこともあるよ、気が合わないこともあるよ。
でも、なんで今日は遊ばなかったの?と聞いてみたくなりますね
(written by Kawahara)
 

しつけは年をとると無理?
2007.05.12 [Sat] 00:29

60歳からの英会話
「英会話の習得は年をとると不利」、は大誤解


電車でこんな英会話教室の中吊り広告を見かけました。

何かを学習するときの脳のメカニズムは、人も犬もほとんど変わりません。
スポンジが水を吸収するような子どもたちの脳にはかなわないけど、
人が60歳でもいけるんですから、シニア犬が新しいことを学べないわけがありません(^^)!

わたしの実家で暮らすトイプードルのジークは、今年16歳。
いつまでも童顔で、もともと白いので白髪も目立たず若作り。
東京にいつ来るか分からない大地震。災害時には一緒に避難したい、
と、いざというときのために、クレートトレーニングを始めたのは去年、15歳のときでした。

覚えるペースは、ジークのペースでもいいから、ということで、教え始めたら、意外と早く、大好きな場所になりました。
美味しいものがもらえる場所と理解したんです(笑。
15歳でトレーニング?と諦めかけていた両親もびっくり。

遅すぎると諦めなくてよかった!というわけで、
 15歳からのクレートトレーニング
「しつけは年をとると無理」、は大誤解
 、です

でも、偶然見かけた英会話教室の宣伝でしたが、考えてみると、
犬に人の世界で暮らすマナーを教えることは、
外国人にその国の言葉や文化を教えるようなものかもしれないですね。

 ジーク、いつまでも元気で長生きしてね。 

※補足※
上の記事は、「行動動作の学習」について当てはまることで、
「社会性に関する学習」は時期を逃すと難しくなります。
(難しい=ムダということではありません。)
詳細は、この記事に対するNishikawaのコメントをご参照ください!
(written by Kawahara)