社会化、継続中!
2007.12.19 [Wed] 22:14

ワタクシゴトですが、昨日の朝のシャーリとの散歩中のできごと。

散歩中に他の犬とすれ違うときにも、わりと集中がとれて、今日は調子がいいじゃないと
ご機嫌で家に帰ろうとしていたとき、角を曲がって、犬2匹を連れた飼主さんが、登場した。
中型犬2匹のうちの1匹は、シャーリを見るなり、頭をさげ、目を見据え、ウウウ・・・と低く
うなり始め、わたしは、急いで距離をとろうと、横道にそれてやり過ごそうと・・・・

・・・・したのに、飼主さんと、犬2匹はスタスタと同じ横道に入ってこられ、犬はますます
近付き、ガウガウ!とシャーリに低く吠えました。

だまっていられず、シャーリもワン!と返してしまいました。

まったくの、わたしの、作戦ミスでした。
飼主さんと同じ進路をとってしまうとは。
途中までうまくできていたので、よけいに凹みながら家路に着きました。

他の犬が得意ではないシャーリにとっては、実は散歩のときが、毎回トレーニングだったりします。
上手に歩く、というトレーニングももちろんですが、他の犬が視界に入ったときに、
吠えたり大興奮したり、と反応してしまわないで、落ち着いていられるための社会化のトレーニング。

今日は、10勝0敗(10回全部上手にすれ違えた)などと、自分ではゲーム感覚で、
「敗」を少しでも少なくしていくように練習してきました。
犬大好きっ子にはならなくても、ストレス少なく、落ち着いていられることを目指して、
シャーリの一生、社会化は続くと思って、気長に続けています。

刺激に慣らすことに関しては、代表Nishikawaの本「犬は知的にしつける」の中の
「レッドゾーンとボーダーライン」(p142以下)は必読です。
ボーダーラインを上げるのも下げるのも、どんな経験をさせてあげられるか次第です。

昨日のわたしは失敗に終わり、少しボーダーラインを下げてしまったかもしれません。
気を取り直し、明日以降、失敗した部分を挽回して、ボーダーラインを少しずつ押し上げていきます。

他の犬が苦手で吠えてしまう子、他の人が苦手で吠えてしまう子、大勢いると思います。
焦ったり、他の犬・人との接点を一切絶ってしまうのではなく、でも、いきなりすごい刺激に
さらしてしまうのでもなく、その子のぺースに合わせた社会化のトレーニングをしてあげてくださいね。

 トレーニングがんばります。by Santa Schali
(written by Kawahara)
 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。