入院

May 25 [Fri], 2007, 23:19
いよいよ入院の日。残念ながら雨。
荷物をまとめて、タクシーで病院へ。

受付を済ませたあと、ベッドの準備ができるまで1時間くらい待つ。
部屋はキレイで安心した。一人ずつに冷蔵庫があり、
一部屋ずつにトイレとシャワーがあるのも嬉しい。

担当の看護師さんが簡単に部屋の説明をしてくれる。
術後は術後病棟に移るので、まとめたまま
にしておいた方が良いとのことだった。

まず、採血、身長・体重、体脂肪や体の左右のバランス等を測定。
ちなみに155cm 46kg。
私は普段はだいたい43〜45sくらいなんだけど、絶食生活を
前にして、思い切り好きなものを食べていたので、体重は多め。

関係ないけど、太ることも何も気にせず好きなものを食べまくる
生活は快感でした 笑。

隣のベッドからゼーハー聞こえてくる。
おばあさんがいるのかな・・・?と思っていたら、
30代後半くらいの若い女性が出てきたので驚いた。

しばらくすると、胃にクリップつけるために内視鏡に呼ばれる。
前回と同じく、鎮静剤を使用したので寝てる間に終わった。

途中、またゲーゲーなりすぎて一度目を覚ましたようで
少しだけ記憶があった。
気が付くと入院病棟の自分のベッドで寝ていた。
どうやって運ばれてきたんだろう。。。

ウトウトしていると看護婦さんが、お手洗い・シャワー・ゴミ捨て・面会
などの入院規則の説明をしてくれる。
内視鏡に行っていたので、昼食の代わりに検査後食というのを
持ってきてくれたけど、これが劇的に不味くて、この先の入院生活が不安になる。
どうしたらこんなに不味く作れるのか?ってくらいすごかった。

またまたしばらくすると、担当の先生が来て、お話ししましょう、と。
たぶんこれがインフォームドコンセントだと思う。
母親が一緒にいるときにしようと思っていたのだろう。

現在のがんの状況、手術方法、危険性、輸血の可能性等々の説明だった。
一時期、気にしていた「どうして胃を半分も切らなくちゃいけないのか」
の疑問も、その説明の中で解決した。

胃壁にはリンパがたくさんあるので、転移しやすい。
それで、がんのある場所からリンパが繋がっている部分
=疑わしい部分はすべて切除する。
そうすると胃の半分を切ることになるらしい。

胃から他臓器へつながるリンパは、フィルタ機能があるので、
転移しづらい特性もあるそう。

リンパへの転移があるかどうかは、切ってみて細胞を調べてみないとわからない。
リンパまで転移している可能性は20%程度だが、根治を目指しているので、
疑いのあるリンパはすべて切除するとのこと。

絵に描いて、素人にもわかりやすく噛み砕いて、
丁寧に丁寧に説明してくださった。
納得納得。気持ちの整理はついた。
中途半端にして、再発したら後悔しそうだしね。
ここまできたら、もうバッサリいってください!って気分だった。
輸血の同意書等にサインをして終了。

先生は私のがんの説明をするたびにいつも
「がんになったのは大変なことだけど、早く見つかったのは
ラッキーだからね。」と言ってくださる。
いつもこの言葉に慰められて、前向きになれる。

隣にいる母親は・・・少し前に鼻炎の薬を飲んで眠気が襲ってきたらしく、
娘の生命に関わる大事な話のときに、なんと・・・
眠気をこらえるので必死だったらしい・・・。

その後看護師さんから、術後の説明。
背中に管を入れるとか、鼻に管を入れるとか、尿道に管を入れるとか
お腹に管を入れるとか・・・管だらけじゃん!!
手術の翌日から歩くとか・・・痛い話ばかりで、ちょっと気持ち悪くなる。

終わったら、手術室の看護師さんがご挨拶に来て、
その後、麻酔科の先生がご挨拶に来てくれた。
で、やっと一日のスケジュールが終わり!

今日は金曜日で、手術は月曜日。
土日は何もすることがないので、外泊(帰宅)することに。

晩御飯は母親と最後の晩餐。お寿司を食べに行った。
すんごく美味しかった。

もう母も私も腹は決まっているというか、前に進むしかないも〜ん
って感じなので、特別しんみりすることもなく、いつもどおり
つまらないことで笑って、普通に過ごしている。

母親は土日は仕事なので、一旦関西へ帰る。
お世話かけてスミマセン、ほんと。。
  • URL:https://yaplog.jp/cancer_30/archive/24
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
きり
お元気ですか?
生きててほしいです
August 20 [Thu], 2015, 19:02
cherry
その後お元気でいらっしゃいますか?

お辛い状況にも関わらず、
文中の所々でユーモア漂う雰囲気があり、ファンになってしまいました(*^_^*)

私は数年前に母を癌で亡くした後、
それまで自分には遠かった死という物が
身近になり、その後自身も大腸の内視鏡
にて幸いにも初期ではありましたが、ポリープの癌化が見つかりを切除しました。

なので、多少かもしれませんが、
お気持ちに通ずる所があると勝手に思ってしまっております。

お元気なら本当に良かったと思いますし、
お時間あれば、その後のご様子をご紹介頂ければ
励みになる方も沢山いらっしゃると思います。

宜しくお願い致します。
April 09 [Thu], 2015, 19:57
QOO
>りんさん
更新していなくてごめんなさい!
私は今は37歳、手術から7年経ちましたが元気です!仕事も続けています。
検査続けていますが再発していません。
りんさんの病状がわかりませんが、同じ程度なら参考にしていただければ幸いです。
少しでも辛いことが少なく、治療が順調に進むことを心よりお祈りします。
November 01 [Sat], 2014, 18:37
遠赤外線鉱石温熱シート格安
October 31 [Fri], 2014, 11:37
遠赤外線鉱石温熱シート
October 31 [Fri], 2014, 11:37
りん
急に更新されていなく心配です…

無事手術は、終わったのでしょうか?

私、32歳で同じ立場に立っていて、不安でたまりません…

よかったら一言だけでも無事ということだけでも更新していただけたら、嬉しいです。
October 29 [Wed], 2014, 12:00
花まま
こんなところで終わってるとすごく気になります(>_<)
無事終わって元気にやってるという更新を待ってますね(>_<)
October 10 [Fri], 2014, 21:59
ちょこれーこ
私も同じ境地に立って今、初めて読ませて頂きました。
これから頑張ろうという気持ちになりました。
続きが更新されるのを待っています。
August 14 [Thu], 2014, 1:46
京さん
続きが見たいです。

気になります(^^ゞ
June 15 [Sun], 2014, 18:47
青森のママ
また、時間があるときに更新されるのを、待ってます!
November 22 [Fri], 2013, 17:48
癌には、ホルミシス鉱石温熱マットが効果的です。
October 18 [Fri], 2013, 10:33
もー
手術は成功したのでしょうか、その後が気になりました。
September 12 [Thu], 2013, 20:25
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Qoo
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像きり
» 入院 (2015年08月20日)
アイコン画像cherry
» 入院 (2015年04月09日)
アイコン画像QOO
» 入院 (2014年11月01日)
アイコン画像遠赤外線鉱石温熱シート
» 入院 (2014年10月31日)
アイコン画像遠赤外線鉱石温熱シート
» 入院 (2014年10月31日)
アイコン画像りん
» 入院 (2014年10月29日)
アイコン画像花まま
» 入院 (2014年10月10日)
アイコン画像ちょこれーこ
» 入院 (2014年08月14日)
アイコン画像京さん
» 入院 (2014年06月15日)
アイコン画像青森のママ
» 入院 (2013年11月22日)
Yapme!一覧
読者になる