『半沢直樹』は誇張じゃない! ホントに恐ろしい銀行員の世界

2013年08月01日(木) 14時00分
 堺雅人が破天荒な銀行員を好演し、高視聴率をキープしているドラマ『半沢直樹』。赤裸々な内幕劇に「ホントに銀行ってこんななの?」と驚きながら観ている人も多いようだ。

 たとえば第1話では、出世頭だった半沢と同期の男性が、ストレスから病気を患い“出向という名の島流し”に。「一度失敗すると、やり直せないのがバンカー」とシビアな世界であることを強調していたが、じつはこれ、実際も同じであるらしい。

 まず、社員に対する厳しい目は、入社前から向けられている。元銀行員である著者がまとめた『銀行員のキミョーな世界 なぜ行内事情を押しつけるのか?』(津田倫男/中央公論新社)によると「入行時に密かに“幹部候補生”“将来の見極め対象”“定数確保要員”の選別がなされている」という。いわば入社前から銀行員人生はほとんど決まっているのだ。しかも銀行側は、入行から3年のあいだに3割が辞めることを見込んでいるため、入行当初から「本格的な淘汰が始まっている」状態なのである。

 銀行に自分が期待されているか否かは簡単にわかる。最初の配属先が「本部や大都市の大型店」であれば、“まずまず”以上の評価が下されているということ。ここで2〜3年働き、評価を維持した場合は2店目が本部や海外、あるいは最初の配属先より規模の大きい支店へと移る。逆に、1店目も2店目もさほど重要ではない支店に配属されるということは、自分が出世コースに乗っていないという意味。それゆえ最初の配属先や2店目が終わるころには、辞める若手が増加するそう。つまり銀行は「自主退職を見込んで転勤」させているわけだ。

 ドラマでも描かれていたが、この本でも「銀行では一発逆転はない」と著者は綴っているように、敗者復活することはほぼ絶望的だ。しかし“例外”もある。それは「銀行の上層部あるいは重要な取引先と縁があり、婿になる場合」だ。「昭和か!」とツッコミを入れたくなるが、銀行には縁談が多いそうで、逆玉により「その人に対する銀行の評価が変わることがある」とのこと。また、自分を低く評価した上司が失脚した場合も浮上のチャンスになる。いかにも派閥抗争の激しい銀行という業界を象徴するかのような話だ。

 入社から数年、20代そこそこで将来性を判断するという厳しい業界。しかも、端から見ていると旧態依然とした古い体質の世界だ。だからこそ「やられたらやり返す。倍返しだ!」と啖呵を切る半沢には、胸がすく気分になる。
果たして半沢の復讐劇はどこまで行くのか。今後も楽しみだ。

1日の金相場・プラチナ相場

2013年08月01日(木) 11時08分
8/ 1 10:00発表

●小売価格(税込)
金  : 4,426円/g
銀  : 68,670円/kg
プラチナ: 4,847円/g
●買取価格(税込)
金  : 4,343円/g
銀  : 64,680円/kg
プラチナ: 4,722円/g
●前日比
金  : +4円
銀  : +320円
プラチナ: +16円
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cam82550
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

【新薬ネット】日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト
【新薬ネット】日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト
最新コメント
アイコン画像踊る人形
» 「評価高いのに」ドラマ打ち切り (2011年09月12日)
アイコン画像風紀・ω・委員長様
» ネット流出した水着グラビアにアンダーヘアが露出していた (2011年09月11日)
アイコン画像tabahiko
» AKB48 おっぱいサイズ表 (2011年07月16日)
アイコン画像上田茉優姫+゚
» 「モテ顔」に共通するポイント (2011年05月22日)
アイコン画像wedding dress
» 何を隠してる?沢尻に揺さぶり (2011年01月25日)
アイコン画像ティーカッププードル
» 年末年始お笑い芸人100人最新ギャラマル秘文書(1) (2011年01月20日)
アイコン画像盗っ人・メドベージェフ
» “ヒモ男”山路氏「悪いのは私」 (2010年12月25日)
アイコン画像ki-ra_ki-ra
» 太らない外食作法のススメ (2010年12月16日)
アイコン画像ティーカッププードル
» 「女が嫌いな女」の理由を探る (2010年12月15日)
アイコン画像ヤマセンshop
» 20代女性に急増、衝撃的な数字 (2010年12月15日)
Yapme!一覧
読者になる