吉野家独り負け 11月も減収

2010年12月10日(金) 17時00分
 牛丼大手3社が低価格競争を展開する「牛丼戦争」で吉野家の苦戦が続いている。吉野家が9日発表した11月の既存店売上高は前年同月比8.2%減に落ち込み、プラスを維持した「すき家」「松屋」と明暗を分けた。吉野家は9月の牛鍋丼(280円)に続いて、11月には「牛キムチクッパ」(同)と低価格の新商品を相次いで投入したが、効果が持続せず、独り負けの状態。巻き返しに向け、12月からは新たな具材を発売したが、復活への展望は開けていない。【浜中慎哉】

 「牛鍋丼は牛丼より100円安く、豆腐など具材も多くてヘルシー。最近は牛鍋丼ばかりで牛丼を食べなくなった」。9日昼、吉野家の有楽町店(東京都千代田区)で牛鍋丼を食べた都内の会社員男性(61)はこう話した。店内に入りきれない客もいて混雑している半面、牛鍋丼ばかり注文されている印象だ。

 吉野家は、ライバル2社が牛丼値下げに踏み切った昨年12月以降苦戦し、牛肉の使用を減らした牛鍋丼を発売した。この効果で9月は客数が前年同月比24.5%増と大幅に伸び、既存店売上高も同5.9%増と19カ月ぶりのプラスに転じた。

 しかし10月に既存店売上高は3.8%減と再びマイナスに陥り、牛キムチクッパは牛鍋丼ほどには客を呼ばず、11月はマイナス幅を広げた。客数は10、11月も10.6%増、4.8%増となったが、客単価の低い牛鍋丼の注文が多く、売り上げ増に結びつかなかった。

 一方、すき家は、今年2月から既存店売上高が前年同月比でプラスと好調。9〜11月は客単価が1割前後減ったが、客数は3〜4割程度も増え、客単価の減少を補っている。松屋も同様の構図だ。

 吉野家とライバル2社が客数で明暗を分けたのは「メニューの豊富さの違い」(アナリスト)と指摘される。吉野家の丼メニューは牛丼、牛鍋丼など4種類だけだが、すき家は牛丼だけでもキムチやチーズ、セロリなどをトッピングしたものなど10種類、牛丼以外では豚とろ丼やまぐろたたき丼など9種類と多様でファミリー層にも人気だ。松屋はカレーや定食など丼以外のメニューが充実しており、牛丼以外を目当てに来る客も多いという。

 これに対し、吉野家は「低価格メニューは客足を戻す緊急策。9月は特別良かっただけで、10月以降は想定の範囲内」(広報)と強気の姿勢。12月から人気の牛鍋丼を巻き込み売り上げ増を図ろうと、牛鍋丼に追加する具材「追っかけ小鉢」として豆腐(50円)とねぎ玉子(70円)を投入した。

 いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主任研究員は「低価格メニューで客を呼び戻す吉野家の方向性は間違っていない」とした上で、「メニューを増やすだけではもともとメニューが豊富なライバルと勝負にならない。吉野家ならではの価値ある商品開発が求められる」と指摘している。

10日の金相場・プラチナ相場日記

2010年12月10日(金) 12時30分
12/10 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,951円/g
銀  :84,630円/kg
プラチナ: 4,846円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,878円/g
銀  :80,640円/kg
プラチナ: 4,658円/g
●前日比
金  : -6円
銀  :+1160円
プラチナ: -20円

ニューヨーク商品取引所8日の金塊先物相場はドル高や原油安を受けて下落、前日比$25.80安の$1382.50で取引を終了した。 米国の減税措置延長を背景に米長期金利が上昇したことからドル買いの動きが強まり、金相場は売り優勢の展開。原油相場の下落も圧迫要因となり、約1週間ぶりの安値となった。

“消える”芸能人たちが余裕の訳

2010年12月10日(金) 7時00分
 12月に入り、街中ではイルミネーションが点灯され、一気にクリスマスシーズンが到来した。今年も残すところあとわずかとなった。そんなシーズン必ず話題になるのが、先日ある週刊誌でも特集されていた"今年ブレイクした芸能人&来年消える芸能人"などの話題だ。

 2010年のブレイクタレントと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、マツコ・デラックスや戦場カメラマンの渡部陽一、池上彰の名前だろう。他にも、モデル畑出身のJOYや小森純、"ゲゲゲ"の向井理やAKB48、韓流アイドルの存在などが挙げられるが、とかく前記した3人の活躍は抜群だった。

 だが、そもそもマツコらを純粋な"芸能人"として捉えるのは間違っている。マツコは女装家コラムニストと肩書きにあるように"文筆家"であり、渡部陽一はカメラマン、池上彰にいたってはNHK出身のジャーナリストだ。本業が他にあるにも関わらず、自身のタレント性が抜群だったことから、今年テレビの世界でブレイクしたというわけだ。言わば彼らは腰掛けタレントであり、たとえ"来年消える人々"として名前を挙げられようが、痛くも痒くもない。むしろ消えた方がお得だという意見すらあるのだ。

「今年ブレイクしたマツコさん、渡部さん、池上さんにいたっては間違いなく近いうちにテレビの世界から見なくなるでしょう。3人とも相当強い個性の持ち主ですから、視聴者が飽きてきたというのもありますが、それぞれ本業があるので、自分から徐々に露出を減らす方向に持っていくと思います。これだけ知名度が上がれば本業での影響力は十分ですから」(芸能ライター)

 さらにこのライターは、池上彰を例に文化人のテレビ露出による効果をこう語る。

「特に池上さんは、ジャーナリストとして今年だけでもご自身の著作を15冊以上出版しています。そのどれもがヒットして、今年1年の印税だけでも軽くNHK役員クラスの退職金ぐらいは稼いでいるでしょう。さらに過去の著作も増刷を繰り返しています。文化人は若手の芸人並みに出演料が安く、10万円程度のギャラで出演させられるためテレビ界では重宝される。しかしいくら出演料が安くても、彼ら自身にとっては"お金をもらって、宣伝させてもらっている"状態。出版印税を考えれば、テレビでの大量露出は絶大な効果を持っていますからね」(前同)

 先日、中村うさぎとの共著で発売されたマツコの新刊「うさぎとマツコの往復書簡」(毎日新聞社)も売れ行きは好調だ。渡部陽一にいたっては、まだ著作が少ない状態にしろ、来年の出版予定は重なっているという。

 さらに人材豊富な芸人界は相変わらず一発屋の量産体制を崩していない。手相やパワースポットブームでブレイクした島田秀平など、すでに近頃では見なくなった。が、彼にいたってはすでにいつ消えてもヘッチャラ芸人だ。得意の占いや都市伝説を活かした著作は当たりまくりで、サイト収益や印税で軽く億は稼いでいる。その方面での事業は当分安泰だろう。

 最近一気にテレビ露出が増えたオネエキャラ芸人の楽しんごなども、一発屋の匂いがプンプンするが、いつ消えてもヘッチャラ芸人だ。なにせ、その知名度とキャラを活かしながら活動する整体師としての稼ぎが月に100万円以上あるのだから。

 最近の芸能界には本業を他に持つ副業タレントの存在が目立つ。彼らの目的はテレビ露出で知名度を上げ、本業に活かすということであり、それは彼らの出演料が安いということを意味する。

 そして、不況のあおりで制作費を極力抑えたい局側は、まず出演者のギャラを下げようとする。その結果、現状のように副業タレントが多く起用されるというわけだ。そもそも広告収入を主な収益とするテレビで、現代ではすでにタレント自体も広告媒体となったということなのだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cam82550
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【新薬ネット】日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト
【新薬ネット】日本最大級の新薬モニターアルバイト情報サイト
最新コメント
アイコン画像踊る人形
» 「評価高いのに」ドラマ打ち切り (2011年09月12日)
アイコン画像風紀・ω・委員長様
» ネット流出した水着グラビアにアンダーヘアが露出していた (2011年09月11日)
アイコン画像tabahiko
» AKB48 おっぱいサイズ表 (2011年07月16日)
アイコン画像上田茉優姫+゚
» 「モテ顔」に共通するポイント (2011年05月22日)
アイコン画像wedding dress
» 何を隠してる?沢尻に揺さぶり (2011年01月25日)
アイコン画像ティーカッププードル
» 年末年始お笑い芸人100人最新ギャラマル秘文書(1) (2011年01月20日)
アイコン画像盗っ人・メドベージェフ
» “ヒモ男”山路氏「悪いのは私」 (2010年12月25日)
アイコン画像ki-ra_ki-ra
» 太らない外食作法のススメ (2010年12月16日)
アイコン画像ティーカッププードル
» 「女が嫌いな女」の理由を探る (2010年12月15日)
アイコン画像ヤマセンshop
» 20代女性に急増、衝撃的な数字 (2010年12月15日)
Yapme!一覧
読者になる