ポリオワクチン 不活化承認

April 28 [Sat], 2012, 23:00
毎日新聞社 4月28日(土) 配信
ポリオワクチン:不活化承認

 厚生労働省は27日、フランスのワクチンメーカー、サノフィパスツール社に対し、ポリオ(小児まひ)単独の不活化ワクチンの製造販売を承認した。9月から乳幼児の定期接種に導入される。接種は原則、公費負担となる。

 今回のワクチンは同社が1982年から販売し、海外86カ国で承認されている。日本で定期接種に使われている生ワクチンは、まれに手足のまひが生じる恐れがあり、厚労省は副作用の危険がない不活化ワクチンへ切り替えることを決めている。【井崎憲】