子宮内膜症の卵巣癌化、ARID1A体細胞変異が関連

September 14 [Tue], 2010, 12:30
子宮内膜症の卵巣癌化、ARID1A体細胞変異が関連
2010年09月14日 ソース:NEJM(論文一覧) カテゴリ: 産婦人科疾患(関連論文) ・癌(関連論文)

文献:Wiegand KC et al. ARID1A Mutations in Endometriosis-Associated Ovarian Carcinomas. NEJM. September 8, 2010

卵巣癌の遺伝子解析を行い、子宮内膜症の卵巣癌化に関連する遺伝子変化を調査。卵巣明細胞癌119例中55例(46%)、類内膜癌33例中10例(30%)にARID1Aの体細胞変異が見られた。ARID1AがコードするBAF250a蛋白の欠失とも強い相関を認め、これらの変化が癌化の初期現象である可能性が示された。