右欄“CATEGORY”にあるメンバーの名前をクリックして、メンバーごとに日記を読みましょう。  メンバーそれぞれの意外な素顔や日々のつぶやきはもちろん、ライブやスタジオの裏話を知ることができるばかりか、更新具合によってその人のズボラ度までも知ることができてしまいます。

« おふくろの味 姉さん | Main | 二子玉で見せる男気 »
スケートは速弾きじゃないのだ / 2006年02月24日(金)
 ミキティがこけた。4回転ジャンプに失敗したのだ。それにしても4回転、4回転とうるさいのである。イングウェイのスウィープピッキングじゃあるまいし。

 バンドマンなら若かりし頃に誰もが経験するのが「速弾き至上主義」である。俺も学生時代は、ギターを速く弾けるやつがエライ! という風潮の中に身を置いてきた。速弾き王、イングウェイ・マルムスティーンのコピーバンドが氾濫し、スウィープ奏法ができるギタリストが音楽性とは関係なくもてはやされ、ポップスなどの手数の少ない音楽は「簡単な音楽」であり「ダメな音楽」とされた。

 どうもフィギュアスケートをみていると、あの速弾き時代を思い出してしょうがない。「トリプルアクセル! ダブルトウループ! ダブルトウループ! 決まった!!」なんていう実況を聞いていると、「スウィープ! ライトハンド! ライトハンド! すごい!!」といってるのとあんまし変わんねえんじゃねえかな、なんて思ってしまう。

 まあ4回転ジャンプだろうがスウィープだろうが、個人の身体能力の限界に挑んでいることは確かだし、速弾き君に関していえば、テクニック偏重主義から脱却することができれば、速弾き時代に培った実力は素晴らしい肥やしとなることは間違いない。

 でも4回転だからすごいとか2回転だからダメだとか、そういうことではなく、演技と呼ぶのであれば観た人がなにを感じるかが重要であり、もっと構成とか表現という部分に重きを置いてほしいものだ。

 とはいえ確かに4回転はすごい。世間が騒ぐのもわかる。しかし「速弾き」というフィルターを通して観た途端に、4回転4回転と騒ぐことはいきなり不健全に映り出し、ウンコ臭くなる。「たくさん回れるヤツがすごい」と「速く弾けるヤツがエライ」が限りなく同義に思えてしまうのだ。やはり諸悪の根源は、速弾き至上主義なのだろうか。

Posted at 22:43 / Toru / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/c_clover/archive/155
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

   
Powered by yaplog!