PCI元社長の無罪確定へ=検察側上告を断念―東京高検(時事通信)

May 27 [Thu], 2010, 21:08
 中国遺棄化学兵器処理事業をめぐり特別背任罪に問われ、一、二審で無罪とされた大手建設コンサルタント「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)元社長荒木民生被告(73)について、東京高検は21日までに、上告しない方針を固めた。上告期限の25日午前0時に無罪が確定する。
 東京高裁は10日の控訴審判決で、グループ会社への約1億2000万円の利益供与について、「経営状態が悪化したグループ会社への支援には一定の合理性があった」として特別背任には当たらないと判断し、一審無罪判決を支持した。 

【関連ニュース】
PCI元社長、二審も無罪=関連会社への支出「合理性」
「登戸研究所」資料館開館へ=現存建物活用、明大キャンパスに
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練
PCI元社長の控訴審、5月判決=特別背任、一審無罪
「APEC対策、決意新たに」=警視庁が年頭部隊訓練

<民主党>俳優・原田大二郎氏ら公認 参院選(毎日新聞)
<小沢幹事長>再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)
<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
<国会>「会期延長せず」首相と参院議員会長一致(毎日新聞)
世代交代と脱派閥掲げ「新世紀」発足 自民若手(産経新聞)

<J1>清水、引き分け 仙台7戦連続勝ち星なし(毎日新聞)

May 21 [Fri], 2010, 19:27
 サッカーのJリーグ1部(J1)は15日、第12節の5試合が行われた。首位の清水は2点差を追いつかれ、FC東京と引き分けた。4位の浦和は仙台と引き分け、仙台はリーグ戦で7試合連続勝ち星なし。セ大阪は前半ロスタイム、この試合を最後にドイツに移籍する香川の決勝ゴールで神戸に逆転勝ちし、今季初の連勝。香川は今季得点ランク首位タイの7点目。横浜マは京都とドロー。新潟は山形を降して04年以来のリーグ戦4連勝を飾り、山形は今季初の連敗となった。

 △FC東京(勝ち点14)2−2清水(勝ち点25)△

 △仙台(勝ち点13)1−1浦和(勝ち点20)△

 ○セ大阪(勝ち点16)2−1神戸(勝ち点11)●

 △横浜マ(勝ち点18)2−2京都(勝ち点9)△

 ○新潟(勝ち点17)3−1山形(勝ち点14)●

【関連ニュース】
南アW杯:目標は「3ゴール」 清水の岡崎
J1:清水 浦和に競り勝ち首位を守る 第9節
J1:川崎・稲本が清水・小野と久々対戦、互いにフル出場
J1:首位の清水、新潟に敗れ今季初黒星 第11節・8日
J1:新潟、首位・清水の独走止める…5月に一転し3連勝

消費税含む税制抜本改革で合意−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
<名古屋市>全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長(毎日新聞)
官房長官、午後に徳之島住民と会談(産経新聞)
<新型インフルエンザ>余ったワクチン17万回分 国へ返品を要望(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾後半の作業開始 70法人82事業対象(毎日新聞)

NHK偏向報道訴訟 「納得いく説明と謝罪」訴え パイワン族指導者、来日(産経新聞)

May 18 [Tue], 2010, 11:12
 「NHKから納得がいく説明はずっとなかった。きょうの日を待っていた」

 台湾から来日し、14日に東京地裁で意見陳述したパイワン族のバジェルク・タリグさんは、普段は朗らかでどの部族からも慕われている指導者だが、この日の表情は硬かった。

 番組の出演者たちから相談を受けて1年。出演者とともに、「人間動物園」の事実解明を求める書簡をNHKに送ったが、十分な調査報告はなかった。放送法は、出演者の請求に「遅滞なく調査」することを定めている。

 なかでも落胆が大きかったのは、出演者の名の誤りへの対応だ。NHKは出演者の一人、高許月妹さんを「高許月さん」と放送。中国語の妹(メイ)(女性に付ける呼び名)と混同して省略したとみられるが、正しい名を伝えても誤りを認めなかった。

 NHKは第1回口頭弁論の翌日、サイト上の名を修正したが、「取材のときに(高許月と)うかがった」「放送法第4条による訂正放送とは異なる」(NHK広報局)と、今も非はないという立場だ。取材に同席したパラル・ロンシンさんは「人は間違うこともある。でも、間違ったら謝ることが正しい道ではないか」と怒る。

 ロンシンさんは出演していないが、放送では声のみがほかの出演者が話しているように編集された。高許月妹さんも、懐かしい父親の写真を見て涙を流したシーンを、「人間動物園」に父親が連行され泣いているかのように編集されたとしている。

 タリグさんは法廷で「日英博覧会は良い思い出で、そのときに覚えた英語の歌が今も歌い継がれている。屈辱的な仕打ちを受けたらありえない。動物扱いされたら、命を賭けて戦うのがパイワン族の精神です」と述べた。(牛田久美)

<平野長官>「徳之島空港、拡張したい」鹿児島で住民と会談(毎日新聞)
口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に―宮崎(時事通信)
<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
子ども手当満額断念、民主が参院選公約原案(読売新聞)
あおぞら元行員、インサイダーさらに2銘柄(読売新聞)

普天間移設最終案、5月決着を事実上断念(読売新聞)

May 13 [Thu], 2010, 2:27
 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、政府は10日に首相官邸で開いた関係閣僚会議で、移設の最終案を固めた。

 鳩山首相が掲げてきた「5月末決着」は、条件とする「移設先の地元、米国、与党すべての同意」を得られるメドが現時点で立たないとの認識をほぼ共有し、事実上断念した。

 首相が「職を賭して」、今月末までに必ず決める、と宣言してきた移設先は結局決まらなかったことになり、その政治責任が厳しく問われることは確実だ。

 会議は10日午前に1時間余り開かれ、首相と平野官房長官、北沢防衛相、岡田外相、前原沖縄相が出席。この場で、日米が2006年に合意した沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正する案と、鹿児島県・徳之島へのヘリコプター部隊移転を軸とした案を政府の最終案とすることで基本的に合意した。

 さらに、沖縄の負担軽減策として、沖縄県内の他の米軍基地の訓練移転などを組み合わせ、今後も沖縄や米国などの理解を得る努力を続ける方針で一致した。

 首相は10日夕、「5月末に、移設先にかかわりのある国民の皆さん、アメリカの方々、連立与党の皆さんが『こういった方向で行こう』とまとまることを私は『合意』と呼んだ」と述べ、目指す決着は「方向」性の一致にとどめる、との考え方に軌道修正した。首相官邸で記者団に語った。

 また、平野長官は同日午後の記者会見で、新たな滑走路建設の工法などに関連し、「(5月末までに)具体的な技術面や細部にわたって全部詰めていくことは大変厳しい」と述べた。前原沖縄相も同日の衆院沖縄・北方特別委員会で「地元の理解を得る不断の努力は5月を越えてでもやっていかねばならない」と指摘し、月内の決着は困難だとの見方を強調。首相周辺は会議後に「5月末決着は無理だ」と明言した。

 政府は、最終案について、ワシントンで12日に開かれる予定の日米外務・防衛当局の実務者協議で提示するとともに、首相の沖縄再訪問でも示したい考えだ。与党党首級による基本政策閣僚委員会も近く開催する。

 10日の会議では、首相の政治責任を回避するため「決着」の定義変更も議題になったと見られる。関係閣僚の一人は会議後、「沖縄の負担軽減に向け、米側の理解をどう取りつけるかだ」と述べ、米側に負担軽減策を少しでも認めてもらい、沖縄側の一定の理解を得ることで「決着」としたい、との考えをにじませた。

 ◆政府最終案の骨子◆▽米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)を埋め立てる現行計画を修正。滑走路は「杭(くい)打ち桟橋方式」が有力▽鹿児島県・徳之島の徳之島空港にヘリコプター部隊の一部か訓練を移転▽普天間飛行場や米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)でのヘリや航空機訓練を全国の米軍、自衛隊基地に分散移転▽鳥島と久米島(ともに沖縄県)の両射爆撃場返還、沖縄本島東側の米軍訓練水域の一部解除・訓練期間の縮小など

<総務省>在外公館の業務体制見直し求める 岡田外相に勧告(毎日新聞)
「最低でも県外、場当たりでない」…首相が強調(読売新聞)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
<御柱祭>柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
長塚京三さんも被害… 東京・台場のホテルで計19台車上荒らし(産経新聞)