沈黙の「菅官邸」 首相、朝のぶら下がり取材を拒否(産経新聞)

June 11 [Fri], 2010, 19:50
 菅直人内閣は、「開かれた官邸」を掲げた鳩山由紀夫前内閣と対照的に、記者団への取材対応に消極的な姿勢を見せ始めた。

 8日の就任記者会見で「取材を受けることで政権運営が行き詰まる状況も感じられる」と語った首相は9日朝、前政権で通例だった朝のぶら下がり取材をさっそく拒否。続いて仙谷由人官房長官の秘書官が9日、内閣記者会に今後の取材対応案を提示した。

 内容は(1)首相の朝夕2回のぶら下がり取材のうち朝の分はやめ、代わりにフリー記者も含めた記者会見を月1回程度開く(2)官房長官の記者会見は1日1回とし、午前の記者会見は官房副長官が行う−の2つ。いずれも旧自民党政権の報道対応に比べても大幅に後退した内容だといえる。

 今後、内閣と内閣記者会で協議していくことになるが、8日夜に閣議決定した「情報公開をさらに進め、行政の透明さを推進する」とした菅内閣の基本方針はどこに行ったのか。

【関連記事】
クリーン菅に「政治とカネ」直撃弾 疑惑の否定も説明拒む
首相、荒井氏の事務所費疑惑に「問題なし」
「読売新聞に抗議したい」 荒井戦略相
「ボロでないうちに選挙だ」政府内で会期延長不要論高まる
荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判 
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

盗撮行為の大阪市職員逮捕 東成署(産経新聞)
会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
日光東照宮など5億円の申告漏れ…国税指摘(読売新聞)
菅首相誕生へ 東京選出首相は鳩山一郎氏以来(産経新聞)
機密費、平野氏から説明受ける=仙谷官房長官(時事通信)
  • URL:https://yaplog.jp/c5pl6pcy/archive/19
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。