きゃわいく。詩などを徒然と書きますぉィ。中@のドアホが書いております。

« 小説『キーボード』 りくから見た。 | Main | 本題小説『キーボード』 »
本題小説『キーボード』 / 2007年02月02日(金)
掲示板か、、、。こんなむしゃくしゃな感じ。誰に吐こうか。掲示板。
実際友達のいない私にとっての。最後の望み。掲示板。掲示板。
で、掲示板へと、私の全てをぶつけてやった。
そこにコメントは、返ってこない。。これが一番悲しい。
そこへコメントが。。!
『あなたの今回の恋は、いい経験だ。まだ。何回も恋するチャンスがあるだろう?』
泣けた。もちろん。さっきのひどい言葉も泣けたんだけどさぁ。違う涙が流れようとしていた。
そして私の涙が、キーボードへと落ちたその瞬間。
わたしの体が浮いた。。。。
そしてなぜか眠りへと落ち込んでいた。











Posted at 17:03 / 小説。。きゃピィ。 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/budou/archive/14
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

P R
メールフォーム
タイトル

内容
   
Powered by yaplog!