2年保育か、3年保育か。

November 10 [Thu], 2011, 9:48
びこちゃんは今2歳10ヶ月。来年には3歳です。

ということは、来年4月から年少で幼稚園に入れる年齢。



べべちゃんは4歳の時に年中から幼稚園に入れました。

べべちゃんを2年保育にしたのは、年少から入る年齢の時に転勤&引越しが重なってしまったので年少から入らず年中から入ることにしたのが理由。

年中から入ってちょっと戸惑うところもあったけど、年中から年長の1学期までの1年3ヶ月ほどでも十分に成長が感じられた期間でした。



今年の春にべべちゃんが9月にアメリカンスクールに入ることを決めるまでは、びこちゃんは3年保育で年少から幼稚園に入れようと思っていました。

3年保育で幼稚園に入れるとびこちゃんも大きく成長するだろうと思って。

それに、びこちゃんが幼稚園に行くと私もひとりの時間が持てて、また違った生活になるかと期待もあって。



だけど、べべちゃんがアメリカンスクールに通うようになり、その送り迎えを毎日しているとびこちゃんを3年保育で年少から幼稚園に入れるのはちょっと大変かもなぁと思うようになりました。



メインの理由は2つ。

1) 通園バスの時間に間に合わない日が出てくる
朝、べべちゃんを学校に送ってから、たいていは通園バスが通る時間前には自宅に帰ってくることが出来ます。だけど、帰りの時間は通園バスの時間に間に合わない日もあります。その度に幼稚園にびこちゃんを迎えに行ったりするのも大変。(←これは私の都合。)

2) 体力的にもたない
べべちゃんを学校に送るために家を7時に出ます。なので、べべちゃんとびこちゃんは朝早く起きないといけない。最近起こすのは5時半すぎ。となると、びこちゃんは午前中に眠くなってしまうわけです。早い時には8時半ぐらいからまた寝ちゃったり。

来年4月から幼稚園に通うとしても、幼稚園に行く直前に寝てしまったり、幼稚園の時間中に寝てしまったりする可能性が非常に高い。



そんな感じなので、びこちゃんは来年度1年は家に居て、年中から幼稚園でいいんじゃないかと結論を出しました。ダンナ君もこれには同意見で、夫婦揃って「びこちゃんは4歳の年中からにしよう!」と決めていたのに。。。



10月末。

びこちゃんを連れて幼稚園の未就園児のためのプレイグループに行ったら、ママ友さんたちが教えてくれました。

「来年の園児募集、年中の募集はないかもしれないって!」

と。


つまり、今年の園児募集(来年4月からスタートする園児の募集)で、年少から入りたいという園児が例年よりも多く、募集人数をオーバーするかギリギリになるかもしれないとのこと。

そして、もし年少から入る園児の数が募集人数いっぱいになってしまったら、その子達が年中になる年に新しく年中から入園する園児を受け入れる余裕がないってことです。



この情報には、「年中から入れようと思ってる」と言っていた他のママさん達も焦ってました。



だって、いつもは年中や年長から入園する枠があったから余裕で構えてたのに、もしかしたら年少からしか入園できないかもしれないという事態になっちゃったんだもの。



この話を聞いてすぐに幼稚園の事務の人と話をして、一応願書を貰ってきました。

そして、入園願書提出日までの10日間程、ものすごく悩みました。

いっぱい考えました。

びこちゃんにとって何が良いのか。



結局、びこちゃんはやっぱり2年保育で行こうという結論に至りました。

体力的な問題が一番の懸念で。



そして、その幼稚園の年少から入園する園児は、70名募集中69名が入園ってことになったらしいです。

ということは、その学年で年中から入園できる園児の枠は1名だけなんだろうか。



そうなると、その幼稚園に入園できないことも想定して、他の幼稚園に入園するかもしれないことを視野に入れなきゃなぁ。

それはまた来年考えることにします。 

目覚ましアラーム

October 24 [Mon], 2011, 8:11
皆さんは朝目覚まし時計やアラームで起きてますか?

私はべべちゃんのお弁当を作るために平日は毎朝5時に起きております。

そして、ダンナ君も仕事が早い時間から始まるために、だいたい5時ぐらいに起きて6時には家を出るという生活です。

これがたまに、仕事の時間が早まり、4時半に起きたりもします。



そこで活躍してくれるのがアラーム。



私は自分のケータイで、5時にアラームがなるように設定してあるので、アラームが鳴ればちゃんと起きる。まだアラームが聞こえなかったり、アラームだけ消してまた寝てしまったりということは無いです。

べべちゃんとびこちゃんも5時50分には起きないとダメなので、べべちゃんは目覚まし時計を使っています。ただ、アラームを解除した後また寝るので、私が二人とも叩き起こしておりますけども。




で、ダンナ君の場合。

ダンナ君は、3種類のアラームを使っております。

1) 現在使用しているiPhoneのアラーム。

2) iPhoneを使い出す前まで使っていたBlackberry(ドコモのスマホ)のアラーム。

3) ガラケー(普通のケータイ)。

つまり、ケータイ3台がアラーム。



それをですね、時間差で大音量で鳴らすもんだからウルサイのなんのって。

しかも、4時半ぐらいから鳴り始めて、止める、また鳴る、止める、を繰り返して実際起きるのは5時すぎとか5時半。



メーワクだよ!!!



ただ、ダンナ君の目覚ましの音で起きるのは私だけなので、子供達が起きることは滅多にないです。

私は5時に起きるつもりなのに、ダンナ君の目覚ましがフライングするもんだから4時半とかに起こされるわけで。



ダンナ君の目覚ましで起きて時計を見て、「4時半」だったときの「あ〜、あと30分寝れたのに。」感がハンパない。(笑)


ダンナ君もアラームが鳴ったら一発で起きたらいいのに。

そしたら、4時半からアラームをかけてジワジワ起きるんじゃなくて、5時にスパッと起きたら30分は長く寝れるのにね。

べべちゃんの英語

October 18 [Tue], 2011, 11:28
べべちゃんがアメリカンスクールに通い始めて1ヶ月以上が経ちました。

あれだけ毎日泣いていたべべちゃんですが、最近は泣くことも無くなりました。

ただ、自分が言いたいことを言えなかったりする時やどうしていいか分からなくなったら泣いたりするみたいですけど。ま、それはいつものことなので。



で、べべちゃんの英語ですが。

じわじわと来てますよ〜。英語の波が!(笑)



まだ家でしか英語は話さないですが、明らかに以前よりは英語を話すようになりました。


【英語で話そうとする】

まず、ダンナ君に英語で話しかけようとするようになりました。

以前は「Dadaになんて言っていいか分かんない。」と言って、英語で話すことを拒んでおりました。

でも、最近は「Dada!This is my phone!」って言ったり、自分から話しかけるんです。


【文を作ろうとする】

まだちゃんとした文で話をすることは出来ませんが、なんとか自分の知っている単語を繋げて話をしようとします。

例えば、先日お友達(Noah君)の誕生日でクラスのみんなとカップケーキを食べてお祝いしたということをダンナ君に伝えようとしていた時、べべちゃんはこう言いました。

「Dada、 Today、 Noah、 Happy Birthday、Cupcake、Eat!」
(「Dada、今日ね、ノアの誕生日でカップケーキを食べたよ!」と言ってるつもり。)

これはすごく分かりやすい例なんですけど、明らかに日本語の文法で文を作ろうとしています。

こういった文を聞くと「やっぱり日本語がベースになってるんだなぁ」って実感しますね。

ESL(英語が母国語でない生徒のためのクラス)の先生にこの話をしたら、「今は日本語の文法で考えているかもしれないけど、英語の環境に居ることによって自然に英語の文法で文を作って話すようになるから心配は要らない」と言ってました。



さらに面白いのが、長い文章を話そうとする時は基本日本語の文法に忠実な感じで単語を並べていくのですが、否定文を作るときにはちゃんと動詞の前に「NO」を入れるところ。

例えば、上の文章だったら「Eat」の前に「No」を入れて「No eat」として「食べない/食べなかった(まだ過去文は出来ないので)」と表現します。



これがどのようにして英文法に変化していくのか、かなり興味があります。

じっくり観察しようっと!(笑)



【フレーズをそのまま覚える】

普段家や学校で聞くフレーズをそのまま覚えて、そのまま言うようになりました。

例えば、学校で覚えたフレーズは、「No talking!」など、普段先生が言っているフレーズ。

家では「Put the shoes up (靴を靴箱に片付けて)」や「Pick up toys! (おもちゃを片付けて)」など、片付け関係が多いですけど、いつも言われているフレーズ。

こうやってフレーズとして覚えたものを、妹のびこちゃんに言っているシーンをよく見かけます。

「びこちゃん!Pick up toys!」なんて感じに。

これも、今までは日本語でしか言わなかったこと。



【単語を覚えてきて、後で聞く】

やっぱりお友達と遊んでいるときにお友達が何を言っているのか気になるみたいで、お友達が言っていたことを覚えて帰ってきます。

例えば、昨日も「Mommy、『ギグリー』って何?」と聞いてきました。

そういう時はたいていべべちゃんに「いつ、誰が、どこで、どんな時に言っていたか」を聞いて、だいたいのシチュエーションを予想して、べべちゃんが知りたいであろう言葉を見つけます。

今回は、「ギグリー」とハッキリ覚えてきたので、すぐに「あ、これは『Giggly(クスクス笑う)』って単語だな。」とピンと来たのですが、たまにあいまいなまま覚えてきたりして結局何の単語なのか分からないこともあります。

今回の「ギグリー」は、「お昼寝の時間にお友達が言ってた」って説明だったので、きっとお昼寝の時間にお隣のお友達とふざけあって笑ってたことを言ってたんじゃないかと思います。

その前は、「Mommy、『あーゆーしゅぁ』って何?」と聞いてきて、そのときの説明は「べべちゃんが2階に居て、下に下りようとして階段のところに居たらDadaが『あーゆーしゅぁ』って言った。」とのことでした。

ま、これは簡単に「Are you sure?(本当に?)」って言ったんだろうって分かったんだけど、驚いたのがこれを聞いてきたのが、実際にべべちゃんがダンナ君に「Are you sure?」って言われた2日後ぐらいだったこと。

2日も疑問に思ってたんだろうか。(笑)それとも学校で同じフレーズを聞いて、「あ、これDadaも言ってた!」って思い出したんだろうか。

とりあえず、「知らない単語を耳にする」→「覚える」→「数時間後(数日後)に私に聞く」ということを簡単にやってのけるべべちゃんにビックリします。

子供の記憶力、スゲー!(笑)



1ヶ月ちょいでこんなにも変化があったので、これからどう変化するんだろう。

来年の6月に学年末を迎える頃には、どれぐらい英語を話し、理解するまで成長するんだろう。

ボランティア

October 14 [Fri], 2011, 9:27
アメリカでは「ボランティア」という奉仕作業がとにかく盛ん。

なんでもかんでも「ボランティア募集」。

そんな感じ。



もちろん学校でも常に「ボランティア募集」がされていて、
時間に余裕がある人なんかはいろんなボランティアに参加しています。


例えば、学校前の交差点で子供達が登下校する時間に
横断歩道を渡る補助をするボランティアや、

学校行事のサポートをするボランティア、

ランチタイムに子供達がお昼ご飯を食べるのを手伝う
(開けられないやつがあったら開けてあげたりとか)ボランティア、

学校のオフィス業務を手伝うボランティア、

などなど。



例を挙げたらキリがないほどボランティアの種類があります。



べべちゃんのクラスにおいてもいろんな形でのボランティア作業があり、
私もたまに手伝っています。



こないだ私がしたボランティアは、

クラスで使用する教材を作るボランティア。



アルファベットの勉強をする時に使う、アルファベットにちなんだ絵を作る作業です。


例えば、「Q」は「Queen(女王様)」で、女王様の絵を作ったり、
「D」は「Dragonfly(トンボ)」で、トンボの絵を作ったり。


そんな作業を家でコツコツしていました。

これがなかなか大変、というか時間がかかる!


確かに先生が一人で作ってたら時間が足りないだろうなぁって思うけど。



でも、日本の学校だったら先生が全部自分で教材を用意するんだろうなぁって思ったら、
日本の学校の先生はスゴイなぁなんて感心しました。

幼稚園でさえ、先生はいつも教室の壁に飾る壁面製作を作ってたりするから、
幼稚園児が帰った後でも結構遅い時間までそういう製作をしてたりするし。



その点、べべちゃんが学校からもらってくる宿題のプリントは、
いつもどこかのサイトに乗っている教材をプリントアウトしたものだし、
先生の手作りの宿題とかはまだ見たこと無い。

教室の壁にしても、
いろんなポスターとかは飾ってあるけど、
先生が手作りしたものっぽいのはない。



ってことは、先生は何してるんだろうって疑問が沸くけども。

だって、2時に学校が終わって、3時半には先生は帰宅するんですけど。

早くない?

日本の学校の先生は、子供達が帰った後もなんだかんだと次の日の準備とかいろいろとして
結構遅くまで残ってるように思うけど。

それに、べべちゃんの学校では、音楽の時間やスペイン語の時間などは
音楽の先生やスペイン語の先生といった専門の先生がいて、
その先生の教室に出向いて授業を受けるという形です。

ということは、子供達が専門の授業を受けに行ってる間は、
クラスの担任の先生は、作業をしたりする自分の時間が持てるというわけで。

きっとその間に保護者向けのお知らせとかを作成してるんだろうと思う。

日本の学校の先生と比べて、アメリカの学校の先生は、
時間に余裕がありそう。

教材は親がボランティアで作ってくれたりするしさ。

もちろん、学年によってとか先生によって、という差はあるだろうけど。



以上、ボランティアしながら、ふと思ったことでした。

アメリカンスクールに通ってるので。。。

October 07 [Fri], 2011, 9:27
先日市役所の方から、住んでいる地区の小学校で、来年4月から新1年生になる子供達の健康診断があるという内容の書類が届きました。

各学区で別々に日が設定されており、その日に健康診断を受け、家庭調査票みたいなものを提出してください、と。



しかし、べべちゃんはもうすでに9月からアメリカンスクールに通っており、今住んでいる場所の小学校に入学する予定はありません。


なので、市役所に問い合わせをし、今の学区の小学校には行かないという手続きをすることになりました。

ちなみにべべちゃんの場合は、アメリカと日本の2重国籍なので、アメリカと日本の両方の国籍があることを示すものということで両国のパスポートと、今の学校に通っているという証明になるもの(在学証明)の2つを持ってきてくださいとのことでした。

学校に問い合わせたら、日本の学校で発行してくれるような在学証明書なるものはないので、本人の名前と学校名が記載されている生徒登録レポートみたいなのを発行してくれました。



必要書類を持って市役所の学校教育課に行くと、「就学義務の猶予・免除」みたいな書類に記入しました。

うろ覚えで申し訳ないですが、そんな感じの書類で、義務教育を受けさせない期間、理由などを記入するようになっていました。



つまり、日本の義務教育を受けさせないという手続きですよね。

べべちゃんの場合は、2重国籍でアメリカの学校に通う権利があるということで簡単に日本の義務教育を受けない手続きが出来たのですが、日本国籍のみの子供が日本の学校に行かずに各種学校扱いになっているインターナショナルスクールに子供を通わせる場合はまた違うのかもしれません。



また、「今はアメリカ国籍があるからアメリカンスクールに通えるけど、義務教育の年齢において何らかの理由で日本国籍のみになった場合、速やかに日本の学校に通う手続きをしてください。」と念を押されました。

しかも「そういった場合、日本の小学校や中学校に途中から入っても勉強についていけない」とお小言も言われましたけれども。



ま、今のところはその予定は全くないので大丈夫だと思います。

これから先、日本に滞在できるのは限られているし、次の転勤先はアメリカ国内もしくはヨーロッパあたりだろうから。それにもし日本国内での転勤となっても、きっと同じようにアメリカンスクールに通わせることになると思うので。



驚いたのは、「日本の学校には通わないけども、教科書を配布することが出来ます。貰っておきますか?」と聞かれたこと。

まさか日本の学校に通わないのに教科書をいただけるとは思わなかったです。

ただ、手続き等で時間がかかるので、手渡しできるのは夏ぐらいになるだろうけど、とのことでしたが。



もともと、今後の日本語の勉強は「こどもちゃれんじ」で続けていく予定をしていました。

その「こどもちゃれんじ」が教科書を基にして勉強していくという内容で、「教科書が手元になくても内容を理解するのは大丈夫かなぁ〜。」って思っていたところだったので、教科書をいただけるということは願ってもないこと。



夏に教科書をいただけるのなら、夏休みを活かしてべべちゃんと一緒に日本の学校で学ぶことを見ていきたいと思います。

独り言なのか、話しかけてるのか。。。

October 05 [Wed], 2011, 11:21
先日学校のオフィスに用があり、オフィスで働く女性に書類の作成を依頼したのですが。


この女性がですね、やたらしゃべるんです。



おしゃべりをしているのではなく、PCに向かって一人で書類を作成しているはずなのにずっとしゃべってるんです。

もはや、独り言ではないレベルの大きい声で。



「これじゃない?」

「あ〜、やっぱりこれだよね。」

「開くのに時間がかかりすぎよ。」

「どうしてこうなるの?」

「これかな?あら、違うかも。こっちかな。」


って感じでずっとしゃべってる。



私と彼女の距離は、オフィスのカウンターを挟んで4メートルぐらい。



たまに彼女が私に話しかけているのか、大きな独り言を言っているのかが分からなくて、「え?何?」って私が答えてもスルーだったり。(←独り言だったらしい。笑)

逆に、「きっと独り言だろう」と思って私が聞き流してたら、どうやら私に話しかけているらしかったり。



もうすっごくややこしい!(笑)


独り言なら小さな声で言ってくれたら紛らわしくないのになぁ。

無駄に聞き返してしまって、スルーされる方が寂しいんですけど。(笑)

謎の数字 『116』

October 01 [Sat], 2011, 10:21
べべちゃんがよく「116」と言います。

例えば、

「Mommy、今日ね、たくさんぶどうがあったんだ。多分、116個ぐらい。」

「Mommy、116回頑張ったらべべちゃんも出来るかもしれない!」

「これ1個しかないけど、116個あったらどうする?」

「べべちゃんのお友達が116人に増えたらどうする?」

「びこちゃん、色鉛筆はもう削っちゃダメだよ。116回削ったら、芯が折れるんだよ!」



なんて感じに。



「たくさん」=「116」なのではないかと推測いたします。


でもなんで「116」なんだろうなぁ。

手術前後の写真公開 (パスワードはいつもと同じ)

September 30 [Fri], 2011, 11:35

アデノイド&扁桃腺摘出手術 〜その後〜

September 30 [Fri], 2011, 11:09
べべちゃんがアデノイド&扁桃腺の摘出手術を受けてから1ヶ月が経ちました。

もうすっかり元通り、のようです。

飲むのも食べるのも痛くないし、違和感もないそう。



一番違いが分かるのは夜に寝ているとき。

今までは口を開けていびきをかきながら寝ていたのに、手術後は口を閉じて鼻呼吸で静かに寝ています。そのおかげで、今までしつこくあった目の下の隈がマシになったので、睡眠の質が良くなったんだと思います。



先日術後の検診に行き、ドクターからも「もう大丈夫!」とお墨付きももらいました。



手術後10日ほどは食事もまともに摂れず、やせ細っていくだけのべべちゃんを見ていて、「本当にこの手術は必要だったんだろうか」と不安も頭をよぎりましたが、完治した今は、

手術して良かった

と心から思っています。



そして、べべちゃんは手術をしたから早く走れるようになった、今までよりも高くジャンプできるようになった、と信じて疑わない。(笑)

それというのも、手術後にナースが「この手術をしたら、これからは今までよりも早く走れるようになるし、もっと高くジャンプできるようになるよ。」と声をかけてくれたからです。

詳しくは聞かなかったけど、きっと体を動かす時に鼻呼吸だと口呼吸のときよりも体の能力が使えるようになるってことなんだろうとは思ったんだけど、どうなんでしょう。

べべちゃんは時々、家の中を少し走ってみて、「ほら!前より早くなった!」って目をキラキラさせて喜んでいるので、それはそれで良しとします。(笑)

早く走れるようになったと信じているべべちゃんは、「もうDadaよりも早く走れるようになったかも!Dadaと競争しなきゃ。」と張り切っております。

水筒の保冷力

September 29 [Thu], 2011, 10:42
最近の水筒の保冷力はスゴイですね。

うちでは、5個の水筒があるのですが、どれも保冷力がスゴイ。

真夏でも、朝入れた氷が夕方になっても残ってるんだもの。

地味にその保冷力に感動しております。(笑)

だって、私が小学校の時にあった魔法瓶なんてさ、夕方ぐらいには少し温くなってたり、落としたら中が割れちゃったり、重かったりしてたのに、最近の水筒といったら!



中でもサーモスの水筒の保冷力が一番スゴイと私は思います。

今、べべちゃんが学校に持っていっているのがコレ。↓




これがですね、すごく優れものなんですよね。

軽量モデルだからとにかく軽い!

300mlとコップ2杯分ぐらいの量だけど、お昼ご飯時にちょっと飲むぐらいなら十分だし。

これに朝5時に氷とお茶を入れ、学校でべべちゃんが少しお茶を飲んできて、あまった分を夕飯時に飲んでいるのですが、夕飯時になっても中にちゃんと氷が残ってるんです。

つまり、12時間以上氷が残るという保冷力。

まだ暖かい飲み物を入れて使用したことがないので、保温能力については分からないですけども。



それにこのフタを閉める部分が良い。

カチッと閉めた後、さらに外側の薄いピンクの部分でロックするんです。(表現力が乏しくてすみません。笑)

だから、かばんの中で転がってもこぼれる心配がない上に、5歳児でも簡単に開け閉めが出来るところが高ポイント。


まとめると、

1. 軽い
2. こぼれない
3. 開け閉め簡単
4. 飲み口が洗いやすい
5. 直飲みタイプだけど、子供でも飲める(慌てて飲もうとすると溢れてこぼれるけどね。)




小さな水筒なクセに少し値が張るのがマイナス点だけど、買って正解だと思った一品。

軽いというのがいいんですよ。
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
comments
アイコン画像Bubu
» 明けましておめでとうございます。 (2012年02月07日)
アイコン画像NZ在住のM
» 明けましておめでとうございます。 (2012年02月05日)
アイコン画像Bubu
» 2年保育か、3年保育か。 (2011年11月11日)
アイコン画像ケイチャン
» 2年保育か、3年保育か。 (2011年11月10日)
アイコン画像Bubu
» べべちゃんの英語 (2011年10月20日)
アイコン画像よす
» べべちゃんの英語 (2011年10月18日)
アイコン画像台湾在住のM(群馬県民)
» 手術前後の写真公開 (パスワードはいつもと同じ) (2011年09月30日)
アイコン画像Bubu
» 「わかってるよ」の威力 (2011年09月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Bubu
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
読者になる
Mixiの方でマイミク限定で写真なども公開しています。
Yapme!一覧
読者になる
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/bubu28/index1_0.rdf