海の日 

July 16 [Mon], 2018, 9:08
今日は海の日だ、平成7年に制定され平成8年から施行された祝日である。
制定当初は7月20日だったが、平成15年の祝日法改正により、
7月の第3月曜日となった。

海の日のもとは海の記念日であった。
明治9年、明治天皇が明治丸に乗り東北巡幸に出掛け
横浜に帰港した日が7月20日であった。
この事から昭和16年、この日が海の記念日に制定された。

46億年前に誕生した地球、地表はマグマの熱と大気中に存在した
二酸化炭素の温室効果で非常に高温となっていた。

水蒸気として大気中にあった水は地球が徐々に冷やされる事により、
雨となり大量に降り続けた、こうして海は誕生した。

地球の表面積の71%を占める海、世界で最も大きい海は太平洋、
次は大西洋、インド洋、北極海の順である。

そして一番深いのは、太平洋マリアナ海溝で10924m、
これはエレベストの高さよりも2000m大きい数字である。

その海の神秘は、まだまだ知られておらず第2の宇宙と言われる。

三鷹事件 

July 15 [Sun], 2018, 9:10
初代国鉄総裁・下山定則氏が轢死体で発見されるという
不可解な事件が起きた9日後の昭和24年7月15日、
今度は国鉄中央線三鷹駅構内で無人電車が突如暴走する事故が起きる。

暴走した電車は駅前の交番を全壊させ民家へ突入、
6人が死亡、重軽揚者20余人に上る被害を出した。

世に言う三鷹事件である。

この事件は、人員整理に反対して辞令返上闘争を続けている
三鷹電車区労組員の一部策動分子が故意に起こした事件ではないかと、
国鉄労組内の共産党員20人近くが次々と逮捕された。

7月18日、国鉄当局は国鉄労組中央闘争委員14人と中央委員45人を免職、
これにより共産党は労組内の主導権を失い、国鉄労組は分裂した。
そして7月21日、国鉄は大量の人員整理を敢行、その数9万余人に上った。

犯行におよんだとして9人の共産党員と、党員でない竹内景助の10人が
起訴されたが、裁判の過程で架空の自白を誘導強要した
検察の取り調べが明らかとなり、アリバイも立証され9人は無罪となった。

そしてこれだけ大掛かりな事件にもかかわらず、
三鷹事件は竹内の単独犯行だと判断、竹内に無期懲役が科せられた。
その後竹内被告は無実を主張、再審を請求したが認められないまま獄死した。

その三鷹事件から1ヶ月後の8月17日、
東北本線青森発上野行き旅客列車が、福島県金谷川駅と松川駅間で脱線転覆、
機関士1人と助士2人が死亡したほか、乗客4人、車掌1人、荷扱手2人、
郵便係員2人が負傷した松川事件が起きる。

原因はレールの継目板がはずされ、枕木の釘が抜かれていた事によるもので、
明らかに複数の人間による計画的な犯行であった。

9月10日になって、19歳の少年赤間勝美が別件の傷害容疑で逮捕され、
その自白から、国鉄労組員10人と東芝松川工場労組員10人が逮捕された。

赤間被告を含め全員が無実を主張したが、
5人に死刑、5人に無期懲役、残る10人には有期の懲役が下った。
しかし昭和38年のやり直し裁判の結果、被告全員の無罪が確定している。

松川事件の場合は不審者の目撃証言が残っている。
午前2時30分ころ転覆現場から足早に立ち去った
9人の大柄な男達を目撃したとの証言である。 

またある目撃者は、通りがかりにレールに細工をしている男達を見てしまう。
するとその中の1人が「口外すればアメリカの裁判にかけられる」と脅した。

恐怖にかられた目撃者は、親類を訪ね横浜で運転手をして身を隠していた。
しかし2ヶ月後、行方不明になりその後水死休で発見された。

いずれにしても3事件とも真実は闇の中だ。
しかし共産党員や労組員が無実の罪を被せられた事だけは確かである。

この謀略により共産党は国民の支持を失い、労働運動は力を奪われた。
その結果、この年の6月から1年間で約100万人の労働者が職場を追われ、
権力による大量首切りは成功する事となった。

戦後、国の大きな政策転換は容易ではなく、
人員整理は国家再建のために必至項目だった。

その妨げとなった共産、労組を潰す事に同じ利害を持ち、
事件を工作できる大きな組織となれば誰にでも想像はつく。

今日はそんな三鷹事件が起きた日である。

アルフォンス・ミュシャ 

July 14 [Sat], 2018, 9:02
アルフォンス・ミュシャ、多くのポスター、装飾パネル、
カレンダー等を制作したアール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠である。

ミュシャは 現在のスロバキアに生まれた。
19歳の時にウィーンに出て風景画家の工房で働く。

その後、C・ベラシ伯爵に見出され、弟のエゴン伯爵がパトロンとなり、
ミュンヘン・アカデミーやパリのジュリアン美大に学ぶ機会を得た。

彼に転機が訪れたのは、印刷工房で働いていた時に、
ルネサンス座から女優・サラ・ベルナールのポスター制作の依頼があった事だ。
これが彼の出世作となる「ジスモンダ」のポスターとなる。

威厳に満ちた人物と、細部にわたる繊細な装飾からなる「ジスモンダ」は、
当時のパリにおいて大好評を博し、
一夜にして彼はアール・ヌーヴォーの旗手となった。

以後、ポスター、挿し絵、雑誌の装丁、アクセサリー制作など、
たくさんの部門でたくさんの作品を発表、生涯を通じて全世界的な人気を集めた。

またチェコの画家として外国支配からの
祖国解放に情熱を注いだ運動家の顔も持っていた。

ミュシャが1910年から18年を掛けた大作「スラブ叙事詩」は
スラブ民族の誕生以来の歴史を、
史実に神話、比喩を交えて描写した絵画20点からなる壮大な作品で、
1枚のサイズは最大幅8m、高さ6mにもなる。

資料収集で訪れた各地で
スラブ民族の苦難を目の当たりにし、突き動かされたという。

郷土ではそのころ、オーストリア・ハンガリー帝国の
支配に対する抵抗運動が拡大していた。

そして第1次大戦でオーストリア・ハンガリー帝国は崩壊し、
チェコスロバキア共和国が独立した。
ミュシャは、新生国家の紙幣や切手のデザインを無償で請け負った。

しかし、ナチス・ドイツの干渉にさらされた祖国は
わずか21年後に解体してしまう。

ミュシャはナチスの秘密警察に捕らえられ、厳しい尋問を受ける。
ミュシャの絵画は、国民の愛国心を刺激するものであるという理由からだった。

その後釈放されるが、老体に尋問は厳しかった。
体調を崩し1939年7月14日に78年の生涯を閉じた。

俺の職場にもミュシャが描いたJOB社のポスターが飾ってある。
この作品はある経緯で手にしたものだが、
ミュシャ好きのお客様から好評を得ている。

1897年に製作された、タバコ巻紙製造会社であった「JOB社」のポスターは、
画面中央に斜め横から捉えられた美しい長髪の女性が配され、
その右手の指先には火の点いた巻きタバコが挟まれている。
挑発的でセクシーな女性像は観る者を強く惹きつける。

また社名の上に人物が被るなど、当時としては斬新な構図であり、
社名を売るのではなく、描く女性のイメージを広告として打ち出すといった
現代では当たり前のスタイルをすでに考案していた。

また特徴的な巻き髪の表現、煙草の煙り、縁取りなど極めて装飾性が高く、
他の画家たちが敬遠気味であった宣伝ポスターを、
芸術性を失う事なく、品質の高い作品に完成させることに成功した
ミュシャの代表作である。

13日の金曜日 

July 13 [Fri], 2018, 13:44
今日は13日の金曜日、子供の頃から意味もなく
きょうは不吉な事が起きる日なんだと怯えたものだ。

しかしその起源は曖昧なものであり、
特に我が国とはあまり縁のない話だ。

まず金曜日だが、キリスト教起源説が有力で、
アダムとイヴが死んだ日、ソロモンの神殿が破壊された日、
キリストが十字架刑に処せられたのも金曜日と伝わるが、
当時まだ金曜日は無いのである。

13という数字にも諸説あるが、
これもキリスト教起源説で、テーブルに13人座るのは
最も縁起が悪いとされている。

これは最後の晩餐で13番目の席に座ったのが
イスカリオテのユダと思われているからだ。

ヒンズー教でも13は嫌われる。
12神がヴァルハラ宮殿で祝宴を囲んでいると、
招いた覚えのない悪戯神ロキが現れ13の数になってしまった。

ロキは冬と闇を司る盲目の神ホドをそそのかして、
善神バルドルをヤドリギの剣で殺めさせ、
ヴァルハラは一転して死の悲しみに沈んだとの伝説からだ。

また女神信仰では13という数字は崇め奉る数字で、
1年が13ヶ月の太陰暦に変わり、12ヶ月の太陽暦が普及すると、
13という数字は忌み嫌われるようになったと言う。

そして13と金曜日がくっ付いたのが、
テンプル騎士団が逮捕された10月13日の金曜日と、
ハロルド2世が崩御した10月13日の金曜日だ。

しかし13日の金曜日が普及したのは19世紀後半、
いずれも後付けと考えていいだろう。

平均して起こる災いも13日の金曜日に起これば騒がれ、
そうでない日に起これば流される、そんな確証バイアスである。

嫌われる数字は国によっても違う訳だし。

ローリング・ストーンズ 

July 12 [Thu], 2018, 9:17
今日7月12日は、「ローリング・ストーンズ記念日」
1962年、ストーンズがロンドンのクラブに初出演した日である。

'60年代はブリティッシュロック黄金期と言っていいだろう。
そのなかでもその名を現在まで不動のものとしているのは
ビートルズとローリング・ストーンズの2組である。

それは音楽シーンだけにとどまらず社会現象や文化に至るまで
多大なる影響をおよぼしたバンドの成せる業だ。

'62年、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ 、
ブライアン・ジョーンズでスタートしたローリング・ストーンズ。

バンド名はシカゴブルースの巨匠、マディ・ウォーターズの
"Rollin' Stone"にちなんで、ブライアンが命名した。

そしてチャーリー・ワッツ、ビル・ワイマンが参加し
'63年に英デッカ・レコードから「カム・オン」でデビュー、
その音楽的ルーツは、黒人ブルースにあった。

R&Bに深く傾倒し、そのスタイルや演奏をバンド形態にしたストーンズは
全米のヒットチャートをも席巻、そのブームは世界中に広まった。

しかし'69年にブライアンが不慮の死を遂げてしまう。
後任にはミック・テイラー が加入、
'74年にミック・テイラーが脱退後すると
フェイセズのギターリストだったロン・ウッドが加入した。
契約書上の正式メンバーになったのは'93年からである。

ストーンズがデビューした'60年代前半のアメリカは、まだ人種差別が根強く、
刺激的なロックン・ロールや黒人音楽をかけないラジオ局もまだ多かった。

こうした時代にイギリス出身の白人のグループがブラックミュージックを演奏し、
アメリカの若い聴衆が無縁だった黒人音楽を浸透させた功績も大きかった。
それ故、黒人ミュージシャンからも敬意を受ける数少ない白人バンドとなった。

ビートルズとはよくライバル視されていたが、実際のところ両バンドは仲が良く、
シングルの発売時期が重ならないよう連絡を取り合っていたほどだったという。

俺のストーンズデビューは小学校4年の時、
姉と一緒に買に行った「サティスファクション」のシングル盤。
あの歪んだギターのオープニングに衝撃を受けた事を今でも覚えている。

長宗我部元親 

July 11 [Wed], 2018, 9:05
戦国時代に土佐を統一した長宗我部氏。
平安時代末から戦国時代に活躍する武家で、
長宗我部元親の代で他の豪族を討滅、勢力を広げ戦国大名となった。

その後も勢力を伸ばし四国統一を成し遂げるが、
羽柴秀吉の四国征伐に敗れ、土佐一国の武将に戻された。

しかし旧土佐国府だった岡豊城から
一躍四国を統一した戦国大名・長宗我部元親は、
武勇に長け、その容姿は役者の様であったという。

「生得背高く、色白く柔和にして、器量骨柄天晴れ
 ”姫若子”と異名を付けて、上下囁き笑ひけり」

つまり、超イケメンで背が高く
「姫若子」のあだ名が付く程だと記録されており、
現在の歴女の間でも人気急上昇の武将だ。

長宗我部家は本来、土佐国守護の細川家の家臣で
戦国時代の守護大名衰退の流れに乗って台頭して来た。

元親は秀吉が九州・島津家の討伐に乗り出した折、
戦いで功績を挙げようと、嫡子を連れて豊後へ渡った。

しかし緒戦となった大分郊外の戸次川の戦いで、
島津の誘い込み戦法「釣り野伏せ」に引っかかり全軍が包囲されてしまう。

そして最愛の息子・信親が、この戦いで21歳にして命を落とす。
この時の元親の落胆振りは大変なものだったという。
 
常軌を逸したのか、信親亡き後の後継者を元親は、
次男3男を飛び越し、4男の盛親を指名した。
それに異を唱えた重臣を2人切腹させ、次男・親和は悲憤に暮れ死亡する。

その後の元親は、憑かれた様に甘いイケメンから鬼に変貌した。
豊臣の小田原征伐では長宗我部水軍を率いて参加、
北条氏の下田城、小田原城攻め、さらには朝鮮出兵にも従軍する。

そして衰えを感じ始めた元親は、
家督相続がスムーズに進む様、3男の親忠を幽閉する。

するとその直後から体調を崩し、名医が呼ばれるものの
快方には向かわず1599年7月11日、61年の生涯を閉じた。

その後家督を継いだ盛親は関ヶ原の戦いで西軍に付いた。
長宗我部軍は戦闘には加わる事が無いまま決戦は東軍勝利に終わった。

盛親は軍を率いて土佐に戻ると、
家康の重臣・井伊直政を通じて家康に謝罪しようとした。

その頃幽閉されていた兄・親忠が謀反を企てているとの噂が流れる。
親忠は藤堂高虎と謀って土佐の半国を手にする策略があると言うのだ。
激怒した盛親は霊厳寺において兄・親忠を殺害してしまう。

家康はこの盛親の兄殺しを咎め、長宗我部氏は改易となり、
土佐は関ヶ原で功績のあった山内家に与えられた。

山内家が土佐藩に入る事で、この後幕末まで続く、
土佐藩の厳格な身分制度が生まれる原因となった。

土佐藩では上士や下士等の身分制度があり、
有名な坂本龍馬は下士の中でも郷士と呼ばれる身分だった。

上士とは上級藩士の事で、
関ヶ原の戦いで東軍側についた山内一豊の家臣達にあたる。

上士と郷士の差別化は徹底しており、
下駄や日傘の使用は上士しか許されなかった。

下士とは下級藩士の事で、
白札、郷士、徒士、徒士格、下席組外、古足軽、
足軽、下足軽、庄屋というように細分化されていた。

白札は藩に対し功績をあげ、認められたものが
郷士であっても上士の扱いを受ける制度であった。

郷士は長宗我部家の家臣の一領具足の系譜を引く者達で、
山内家に取り立てられそう呼ばれた。
こうして土佐藩は上士と郷士の差別化が徹底して行われた。

長宗我部の盛親と親忠の兄弟喧嘩がなければ、
下士達を苦しめた身分制度もなかったかもしれない。

家康が長宗我部を排除し山内家を取り立て生まれた
土佐藩の身分制度が、後に武市半平太や坂本龍馬の
倒幕へのパワーに繋がった事は皮肉である。

つかこうへい 

July 10 [Tue], 2018, 21:14
劇作家で演出家のつかこうへい氏が肺がんで亡くなって8年、
2010年7月10日であった。

俺はこの人の舞台が好きだった。
スピード感にあふれたセリフ回しの躍動感は他に類を見ない。
その演出の厳しさも有名で、つかの劇団で鍛えられたことは
役者の世界では勲章であるといわれた。

「熱海殺人事件」での風間杜夫、平田満、三浦洋一らがよく知られているが、
近年では阿部寛も、つかの舞台にたったことで新境地を開拓した。

またそのプレッシャーからか、つかこうへいの名でホテルをチェックインして、
投身自殺を図ったのが沖雅也であった。

つか氏は在日韓国人であり、本名は金峰雄といった。
貧困・差別・社会問題、言葉そのものへの執拗なまでのこだわり、
そして喧嘩腰の舞台は、彼の生い立ちから生まれて来たものなのであろう。

1974年 「熱海殺人事件」で第18回岸田國士戯曲賞受賞、
若者に圧倒的な支持を得た。

以後「蒲田行進曲」は小説でも発表し、映画化もされる。
いわゆる新劇臭を取り払ったつか演劇は「つか以前、つか以降」の言葉を生んだ。

最近は芝居を観ていないが、振り返ってみるとこのブログでも2回
つかの芝居鑑賞手記を掲載している。
2005年12月5日の「蒲田行進曲」と、
2006年7月12日の「売春捜査官」であった。

森鴎外 

July 09 [Mon], 2018, 9:48
東京上野の杜・上野動物園のすぐ近くに水月ホテル鴎外荘がある。

ここは明治の文豪・森鴎外が処女作「舞姫」の発表を行った場所で
今もなを鴎外の旧邸を保有する森鴎外ゆかりの宿となっている。

東京都内では唯一の天然温泉を有するホテルで、
その佇まいといい、一度は宿泊してみたい場所だ。

森鴎外は夏目漱石と並び明治の文豪として有名であるが、
実は本業は医者で、最終的には陸軍軍医総監にまでなった人物だ。

しかし軍医時代の鴎外は、取り返しのつかない過ちを犯してしまう。

当時軍隊では脚気が猛威をふるい、深刻な事態となっていた。
ひどいときには、兵士の大半が脚気にかかり戦争どころではない状態だった。

その時ドイツで最新医学を学んだ森鴎外は、
脚気の原因について細菌説を主張していた。

だが同じく海軍軍医副総監の高木兼寛は、体に必要な物質の不足による
食物原因説を唱え、白米の兵食に原因があると断言した。

そして高木は海軍練習艦において、食事を白米食から麦飯やパン食に変更、
その結果280日に及ぶ航海において、一人の発病者も出さない結果を得た。
以後海軍の兵食は麦飯とパン食になり、脚気で死亡する兵員は無くなった。

しかし鴎外は白米食至上論を唱え続け海軍の兵食を批判し、
その後も細菌説を主張し続けたのだ。

その結果、明治27年に起きた日清戦争、更には明治37年の日露戦争で
陸軍は戦死者の数倍に登る脚気による死者を出してしまった。

森鴎外が兵士の生命よりも、自己の医学上の体面を守ることを優先したため、
3万人近くもの貴重な生命を失う事となってしまったのだ。

独自の近代文学を創り上げた文豪の側面と、
軍医としてのダーティーな人物像を併せ持つ森鴎外、
大正11年7月9日、萎縮腎・結核により60年の生涯を閉じた。

向島弘福寺に葬られたが、関東大震災で被災した為、
現在は太宰治と同じ三鷹禅林寺に移葬されている。

ロズウェル事件 

July 08 [Sun], 2018, 9:09
1947年7月、ニューメキシコ州ロズウェルでUFOの目撃証言が相次いだ。
するとその翌日、ロズウェルの北西1200km地点で
広域に散らばった謎の残骸が発見された。

政府は現場に警戒態勢を敷き残骸を回収、担当したのは陸軍防空基地の
ジェシー・マーセル少佐と対敵情報将校の2人だった。

回収後にロズウェル基地で会見が開かれ、その言葉は信じ難いものだった。
それは「空飛ぶ円盤の残骸を回収しました」との公式発表だったのだ。

しかしその後、残骸はライト・パターソン空軍基地へと輸送され、
詳しく調べた結果、円盤ではなく気象観測用の気球と
それに取り付けられたすず箔のレーダー装置である事が判明した。

その公式見解を受け大騒ぎとなったこの事件は一日で沈静化した。
ただそこには多くの疑問も残されていた。

軍の態度に矛盾を抱いた地元のラジオ局“KGFL”は、
牧場主からコメントを取ろうとしたところ、
ワシントン連邦通信委員会から圧力が掛かり取材を断念、
また第一発見者のブラゼル氏は事件から1週間ほど監禁されたという。

またその残骸を調べたロズウェル基地の大佐は、
「金属片には意味不明な象型文字が刻まれており、
 その物質は信じられない程軽く、大槌で打ってもびくともせず、
 火を着けても燃えない今まで見た事もないものだった」
と驚きの言葉を残している。

そして15年程前にアメリカ米国防省 ジョン・ハインズ大佐が
ロズウェル事件の正式発表を行った、その発表は次の様なものだった。 

「あの墜落した残骸は宇宙船ではなく観測用の気球であった。
 宇宙人の死体と思われていた物は 観測用の気球に乗せていた人形であった」
この様に政府は公式にロズウェル事件のUFO墜落説を否定した。

多く残った矛盾、何かを隠すような軍の姿勢がマニアの憶測を呼び、
この事件を一人歩きさせ、モンスターの如く成長させた。

多くのUFO研究家は墜落したUFOと宇宙人は
オハイオ州デイトンのライトパターソン基地、
第18格納庫に持ち込まれ研究されていると信じている。

なんとも恐ろしくロマンティックな憶測を呼んだこの事件も
今日で71年の歳月が流れる。

盧溝橋事件 

July 07 [Sat], 2018, 11:39
1937年7月7日午後10時40分頃、
夜間演習中の日本軍に、1発の発砲音が轟いた。

この1発の銃弾がこの後、日本を泥沼の戦いに引きずり込む事となる。
世に言う「盧溝橋事件」である。

第8中隊長は不法射撃を受けたこと及び、
兵1名が行方不明である事を大隊長に報告した。

後に行方不明の兵は復帰しているのだが、
「中国側から実弾射撃を受け、
 それにより兵一名が行方不明」の報告が重視され、
武力行使あるのみの声が高まって行く。

実際には、この発砲は誰によるものか今でもわかっていない。
日本軍の自作自演、中国軍の誤認発砲、中国共産党の計画的犯行など、
さまざまな説が語られて来たが定かではない。

盧溝橋事件には日本国内の意見も割れた。
中国に武力行使をするべきだとの意見と、
満州の発展を考え全面衝突は避けるべきだとの意見だ。

一方北京では日本軍と中国側で、現地協定が成立し、
事件は収拾に向かっていた。

しかし近衛内閣は軍を華北に派遣してしまう。
結局、双方の後交渉はまとまらず全面衝突となってしまった。

盧溝橋事件後、政府は華北での日中の戦闘を「北支事変」と呼んだが
華中にまで広がると「支那事変」と呼ぶようになった。

そして第二次世界大戦後は「日華事変」と呼び、
最終的には宣戦布告のない戦争だった事から、
今日では「日中戦争」と呼ばれている。

日中戦争へと発展してしまった盧溝橋事件を受け
近衛内閣は当初、不拡大方針を取っていたが、
陸軍や政府内の強硬派の意見に押されて強硬方針へと転換した。

この強硬方針は多くの政党、言論機関によって支持され
その結果、陸軍は華北での軍事行動を拡大して行った。

そして8月には上海で、大山海軍大尉殺害事件が起こったのを機に、
海軍も中国の首都南京を爆撃、後戻りの出来ない戦闘へと向かってしまった。

盧溝橋で発射された1発の銃弾、果たして誰が何の目的で撃ったのか。
P R
2018年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ