臨時増刊号A 『まったりゆったり幸せな休日』

2010年03月06日(土) 21時46分
第2増刊号は『奥琵琶湖〜梅小路』のまったりゆったりドライブです。 あいにくの小雨でしたがその分、人出も少なく私の好きなスローな時間を過ごしました 

滋賀高島 白鬚神社

2010年03月06日(土) 22時05分
 琵琶湖大橋を通ってまず最初に訪れたのが『白鬚神社』です。この神社の御神体は古事記に記されている、猿田彦神で近江最古の大社だそうです。





参拝前に心身を清めるために”手水”を・・・。 





神社の境内には与謝野寛・晶子の句碑があります。その句碑には
『しらひげの 神のみまへに わくいづみ これをむすべば ひとの清まる』 
と刻まれており、上の句が鉄幹、下の句が晶子の作です。 これは大正初年参拝の2人が、社前に湧き出る水の清らかさを詠んだものだそうです。





 神社の前の道路の琵琶湖の湖畔には『湖中鳥居』が・・・。 社伝に依ると、古来波打ち際に鳥居が見え隠れしていたとも、天下変災の前兆として社前の湖中に石橋や鳥居が突然姿を現したとの伝説もあるそうです。 その鳥居の向こうに見えるのは琵琶湖最大の島=沖の島です。





 琵琶湖の湖畔も雨で煙っている感じ。それでも心は穏やかになるのは、この時間が幸せだから

冬場は通行止めの琵琶湖から朽木までの近道

2010年03月06日(土) 22時53分
琵琶湖湖畔沿いの湖西道路を経て県道295号線(たぶん)を通って朽木へ。結構な山道で運転は大変そう。でも私は車中で「きれ〜い すご〜い」と云ってる係りなので そして『沼隧道』というトンネル。少し薄暗く神秘的に見えたのは気のせい・・・? そしてこの隧道、不思議な事に帰ってから地図を見ても「入部谷越」としか書いてなくて、「隧道(トンネル)」としての名前が書いてないの・・・。 文字通り『神秘的』。 ちなみにトンネルに刻まれた字も達筆で
より 不気味。 さらに付け加えるとこのトンネルを挟んで道路はがらっと変わり朽木側は2車線の快適な道路になりました。





 その山道側からの風景。風も強く・・・あの隧道から吹き抜けている感じがしました。







くつき温泉 てんくう

2010年03月06日(土) 23時49分
 峠も越え朽木市に入ってお待ちかねのです。 ここは『想いでの森』というフィールドパーク内にあり アルカリ性温泉のさらっとした私の好きな泉質でした。





 温泉入り口までの渡り廊下。その窓からは森林の美しい風景が見えます。





 そして 露天風呂がやっぱり一番。 水風呂もあったので長湯をしてしまいました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:素敵通信社 見習い編集人
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像sho
» あとがき (2010年10月30日)
アイコン画像>sho 様
» 一期一会・・・春の一日 (2010年05月09日)
アイコン画像sho
» 一期一会・・・春の一日 (2010年05月04日)
Yapme!一覧
読者になる