05:御城

2006年02月06日(月) 12時04分
──05:御城






第四お題、「05:御城」



──05:御城

5年の頃かなぁ・・・
君が1度だけ あたしを家に招待してくれた事があった。
あたしと裕香がピンポンした時には
君は居なくて、
当時あたしの好きだったT君が中でゲームをしてた。

少したってから君が帰ってきた。
ファンタグレープ、と一緒に

ぞろぞろ皆集まって
確か8人位かな?
全員そろってから君は
人数分のコップを持って来て、ジュースを注いだ。


「あ やっべ」

君が言った。
ファンタが足りなくなったみたい。
今まで注いだ奴のと量を合わせながら
人数分注いだ。

あたしは一番少ない奴を取って
飲み終えた。
一杯分しかなく 皆のコップは空っぽ。
その後 リビングで当時流行っていたボーリングのゲームをした。
あたしと裕香がペア。
ボーリング経験の無いあたしは
投げるのがとてもイヤだった。


「下手だなぁ お前^^」

皆に言われた。
でも 笑い混じりの言い方で
男子と遊ぶのはすっごく楽しかった。

その後外に出て ドロケ。



家の周り・・・てか何かすごい広い範囲だったから
すっごく疲れた。
保育園?っぽい所に無断で入って
怒られたりした。
古いアパートに隠れたり

裕香が4時か5時までで
あたしも一緒に帰る事にした。


「お前まだ居ればいいじゃん。」
みたいに言われたけど
さすがに女一人で居るのはきまづい為
「帰る」
と言った。
どーせT君も塾でもうすぐ帰るし、みたいな考えで





本当に楽しかった。
できれば帰りたくない位だった。
あの頃は男子とばっか遊んでた。
でもそれがすっごく楽しくて
他の女子から何か言われても
やめようとはしなかった。

もう、あのメンバーで
君と
あぁする事は ないんだね。
  • URL:https://yaplog.jp/boro2/archive/18
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:boro2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる