ボナロン点滴 効果と副作用

January 01 [Wed], 2014, 10:49
ボナロン点滴の効果と副作用を
みてみよう。

効果は破骨細胞の働きを抑制し、
骨量の減少を抑え、骨粗しょう症の
進行をとめます。

経口薬のボナロンの場合、
胃のびらんがおこる副作用が
ありますので、
注射ですとその副作用は避けられます。

ボナロン注射、作用が早いので、
石灰化には注意ですね。

薬に頼らず、早めに予防できるのが、
体に負担なく、一番いいですね。

>>薬のいらない小山田式骨粗鬆症改善術

ボナロン錠35mg副作用

April 29 [Sun], 2012, 18:30
ボナロン錠35mgの副作用について調べてみました。
ボナロン錠35mgの添付文書をみてみると・・・

有効成分名は、アレンドロン酸ナトリウム水和物で、
製薬会社は 帝人ファーマで変わりませんね。

食道穿孔、食道狭窄、食道潰瘍、食道びらん、食道潰瘍、口腔内潰瘍・・・

やばい症状が続きます。

ボナロン錠35mgを服用した場合、30分横になってはいけないと
言われる理由は、焼け爛れるということですね。

本当に作用の強いお薬なんですよね。

副作用がこれだけあるなら、しっかりと骨粗鬆症が治れば
いいのですが・・・

やっぱりボナロン錠35mgの副作用を考えると
できるだけ飲まない方が賢明ですよね。

骨粗鬆症になるまえに、またひどくなる前に自分で
しっかりと対策をたてないといけませんね。

骨粗鬆症対策なら、この先生の指導がおすすめです!

>>自宅で出来る小山田式骨粗鬆症改善術

ボナロンを飲み忘れたとき

February 11 [Sat], 2012, 17:27
ボナロンを飲み忘れたとき、
どうすればいいのでしょうか?

気が付いたときに飲む?
それとも明日にする?

なんて、迷っちゃいますよね。

ボナロンは朝起きた時に飲みますよね。

飲み忘れて朝食を食べてしまった時には
今日の分は、飲むのはやめましょう!

明日の朝、いつも通りに飲むようにしましょう。

あわてず、朝起きた時に飲み、
横にならず、ごはんも30分食べずに静かにしてましょうね。

ボナロン、本当は飲まずにいきたいですが、
骨粗鬆症が・・・

でも自宅で骨粗鬆症を治せる方法もありますよ。

こちらを参考にしてみては?

>>自宅で治す、小山田式骨粗鬆症治療法

ボナロンの添付文書をみてみましょう

October 11 [Mon], 2010, 16:15
ボナロン35mg錠は1週間に1回服用するタイプです。
ボナロン5mgは1日1回服用します。

ボナロン錠の飲み方は、朝、起床したら
水分約180mLで服用します。

ボナロンは副作用が強いですので、
服用後は少なくとも30分は横にならないようにしましょう

それにボナロンは薬の吸収が悪いですので、
吸収阻害されないように、服用後30分は
食事やほかの薬を服用しないようにしましょう。


>>薬に頼らない骨粗しょう症改善方法をみてみる


また水といってもミネラルウォーターも吸収を悪くなります。
薬剤を噛んだり、口の内で溶かさないようにしましょう。
口腔や咽頭部に潰瘍をつくるおそれがあります。

ボナロンの半減期は、10年くらいといわれています。
あとボナロンを飲み忘れた場合は、
その日にまだ薬以外のものをとっていなければ、
飲み忘れに気付いたらすぐにボナロンを飲むといいと思います。
そうでなければ、今日の分は飲まずに次の日から飲むようにしてください。


>>自宅で治る、骨粗しょう症治療法

ボナロンの副作用について注意すること

October 11 [Mon], 2010, 16:09
ボナロンを服用したときの副作用についても
長期投与する場合には知っておく必要があるでしょう。

ボナロンの有効性はわかりますが、
どんな医薬品にもある副作用の方はどうなのでしょうか?


>>副作用のない、骨粗しょう症の治し方


ボナロン錠は、上部消化管粘膜に対して、
刺激が強いです。
服用したら横になってはいけないとか、
十分な量の水分で飲み込むのは、
口腔、咽頭、食道と早く通過させないとただれて、
口腔内、咽頭、食道に潰瘍ができますので注意が必要です。


>>薬に頼らない骨粗しょう症の治し方


食道炎や嚥下困難、体を起こしておくことのできない人、
ビスホスフォネート系薬剤に対するアレルギーのある人、
高度な腎機能障害のある人、胃腸に病気がある人は用いられません。

ボナロンの副作用として、顎骨壊死、低カルシウム血症、
肝機能障害、黄疸、食道炎、食道狭窄、食道潰瘍、
食道穿孔(せんこう)、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの
消化管障害などもあります。

ボナロンを服用する前に歯医者にかかっている人は、
抜歯など歯科治療を済ませておきましょう。


>>医者にかからず、自宅で骨粗鬆症を治す方法とは?

薬のボナロンとは

October 11 [Mon], 2010, 15:54
ボナロンは、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)に対して、
病院の処方箋で出されるビスフォスフォネート剤です。

帝人ファーマという製薬会社から出されている
ボナロン錠というものです。

ちなみにボナロンの保険薬価は、
5mgで1錠 135.10円、
35mgで1錠 805.30円です。

同じアレンドロン酸系でフォサマック錠や
ベネット錠というお薬もあります。

>>薬を使わずに自宅で骨粗しょう症を改善する方法とは

骨粗鬆症は、骨密度(こつみつど)が
若者の平均から70%未満になった状態で、
骨がもろく折れやすくなっている状態です。

とくに閉経後の女性は、女性ホルモンが
急激に減少して発症しやすくなります。

このボナロンという薬は、骨の新陳代謝で
破骨細胞が骨を溶かし出すのを抑える薬で、
尿と一緒に排出されるカルシウムを
そのまま骨に留めておく作用をします。

ですから、骨の骨量は増えますが、
骨の強度の方は食事等から新しいカルシウムを十分に摂り、
新しく骨にカルシウムを沈着させる方がよりよいです。

カルシウム吸収をよくする目的で一緒にワンアルファや
アルファロールといったビタミンD製剤がよく処方されていますよ。


>>最新の骨密度UP方法をみてみる

seo great banner