カメラ片手に 運転免許証返納を決断

July 10 [Tue], 2018, 7:37
 ▼大人の味のある話と演技で知られているタレントの伊東四朗さんが免許証を返納した理由とその時の心境を週刊ポストに述べています。車好きで28台を乗り継いできたそうですが、相当の車好きだったと思われます。

 私は車を長く乗り続けるタイプでしたので、乗り換えた車は5台でした。ほとんどが通勤と旅行の足代わりでしたので、走行距離がさほどありません。乗り換えをしても、走行距離のメーターが3万kmでしたので、維持費から見ると車の出費は馬鹿になりませんでした。大して走っていないのに面倒な車検を受けなければなりません。車検制度って車両税を取り立てるために國と車検業界が結託しているように思えてなりません。外国では車検制度が義務づけられているのかといつも思っていました。昔と比べると車の性能は向上してるのに車検制度だけは昔のままです。日本では車に関わる税金が多種に亘ってありすぎるのではないでしょうか。軽自動車が売れる理由は税制の優遇があるからでしょうね。無事故無違反のゴールド免許は5年で更新でしたが、高齢ドライバーは3年ごとになり、その書き換え講習が煩雑になってしまいました。免許があっても運転を控えるようになったので、思い切って車をただで手放しました。今は免許を返納したので気持ちがさっぱりしています。渋滞に巻き込まれてイライラすることもなく、事故を起こす心配もなくなりました。かみさんがいちばん喜んでいます。



免許返納した伊東四朗

 日々の生活の足となり、仕事道具となるなど、長い年月を車とともに過ごしてきた高齢ドライバーが、運転をやめたり免許返納を迫られている。そんな社会の流れに従う人、抗う人はどんな感情を抱いているのだろうか。俳優・伊東四朗(81)に聞いた。
 * * *
 免許を返納したのは2年前の6月。79歳の時です。女房と自宅近くの警察署に行って2人揃って返納したんだけど、応対した警察官の愛想がビックリするほど良くてね。「これで仕事(事故)がひとつ減る」とでも思ったのか、ずっとニコニコしていた(笑い)。
 歳のせいで運転が難しくなったとか、具体的な理由があったわけじゃないんです。今年もコントライブを半月以上ブッ通しでやったりしてますし、体力に問題はなかった。
 返納しようと思ったきっかけは、75歳をすぎて世間から「後期高齢者」と呼ばれるようになったこと。当事者にとってはショックな呼称で、「俺はもう運転しちゃいけない年齢なんだな」と思っちゃった。
 それ以上に、75歳を超えると認知症の検査(認知機能検査)を受けないと免許の更新ができないのは、面倒だなと感じていました。72歳以上になるとゴールド免許の有効期間が3年に短縮されるでしょ。私もゴールド保持者だったけど、年齢だけを理由に期間を切り詰められるって「理不尽」ですよ。
 そういうことを考えているうちに、免許の切り替え時期がきて、そのタイミングで返納を決めたんです。
 車を手放したことで得たのは爽快感! だって、これで事故を起こすリスクや責任から解放されたと思ったら、心が晴れ晴れした。
 これまで買い物などちょっとした用事の際に車を使っていたから、車がないと生活が不便になるかと思ったけど、そんなこともなかった。いまの移動手段は主に電車。車だと渋滞などで時間が読めないけれど、電車は時間が正確でイイね(笑い)。意外に思うかもしれないけど、電車に乗っても、“本物かな?”と訝る人が時々いる程度で、普通に乗れるもんです。
 1962年に免許を取って中古のダットサンを22万円で買って以降、日産オースチンやグロリア、シトロエン……最後はレクサスと28台を乗り継いできました。ひとつ分かったのは、私は車そのものより、運転している時の“独りの空間”が好きだったということ。
 もう十分乗ったので心残りはないですね。 ※週刊ポスト2018年7月20・27日号



 ▼昨日から真夏日へ逆戻り、青空が戻ってきました。昨日の空をスナップしました。



直線で仕切られた空







横田基地を離陸した米軍輸送機







昼下がりのショッピング




車内で見かけた幸せ家族 

  • URL:https://yaplog.jp/blueskytokyo/archive/2135
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
nさん
こんばんは

東京では車のない生活で不自由は感じませんが、地方へ出かけるとレンタカーが利用できないのが辛く感じます。免許証を残しても良かったのですが、3年ごとの講習と実技テストが義務付けられるのが面倒ですので、思い切って返納しました。でも、大型の自動二輪だけは今でも惜しまれます。安定感のある大型バイクなら、疲れることもなく、ツアーができますからね。今でも憧れています。
July 15 [Sun], 2018, 20:14
ブルースカイ様

免許返納
大変お疲れ様でした。
そして安全運転長い間有難うございました。
ブルースカイ様のお気持ちも
奥様のお気持ちも
どちらにも拍手を送りたいです。

うちの父は75歳で母に言われしぶしぶ。。。笑

正直、あの悲惨なニュースを見るたびに
ご家族をまず思いますよね〜
どうしてつぐなっていくのでしょうと



July 15 [Sun], 2018, 18:44
kusakabe-dcさん

バスが走らない山間部や過疎地では車が唯一の交通手段ですから、免許を返納するのは難しいと思います。しかし、高齢者の運転事故がつきまといますね。もし、運転ミスで加害者になったら、その時では遅すぎます。

家族の方は、心配してるでしょうから、早めの決断をしたらどうかと思います。ご本人は自転車感覚かもしれませんが、間違えたら凶器になることを自覚したら、自分だけは大丈夫とは言えないでしょう。ブレーキとアクセルの踏み間違えや高速道の逆走行など、高齢ドライバーの特質と言われています。巻き添えを食う人が出る怖さがありますね。

いつやめるかは、早いほどいいのですが・・・家庭の事情もあるでしょうし・・・過疎地の自治体ではコミュニティバスをどうかと思います。
July 11 [Wed], 2018, 18:05
東京は公共交通機関が発達しているので、免許証返上もこちらよりは気楽にできるのではないでしょうか。
こちらは車がないととても不便な生活を強いられるようになるので、うちには90歳過ぎても自分で運転してくる患者さんもいます。
そういう人に限って昔のセダンタイプの大きい車なんですよ。
小さい軽自動車にでも乗ればいいのにと思ってしまうのですが、歳をとると、新しいことにチャレンジするのが、相当おっくうみたいですね。
July 11 [Wed], 2018, 5:54
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ブルースカイ
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:公務員
  • アイコン画像 趣味:
    ・ジャズ・ボサノバ-BGMにしています。
    ・温泉旅行-観光地ではない秘湯での連泊が好きです。
    ・写真-何でも撮してしまいます。
読者になる
花や風景の美しさ、人の暮らしなどを撮りだめした写真アルバムから気の向くままに紹介します。立川から見える朝夕の富士山もお楽しみください。上の写真は立川から見た冬の日没時のダイヤモンド富士です。 http://twitpic.com/photos/blueskytokyo blueskytokyo twitpic (検索) お問い合わせは  ugn69345@nifty.com
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ガリちゃん
» カメラ片手に あり得ないCGが作る世界 (2018年11月14日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 紅葉と黄葉の公園スナップ (2018年11月10日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 紅葉と黄葉の公園スナップ (2018年11月10日)
アイコン画像miu2☆
» カメラ片手に 紅葉と黄葉の公園スナップ (2018年11月10日)
アイコン画像kusakabe-dc
» カメラ片手に 紅葉と黄葉の公園スナップ (2018年11月10日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 桜紅葉 (2018年11月09日)
アイコン画像kusakabe-dc
» カメラ片手に 桜紅葉 (2018年11月09日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 疲れた一日 (2018年10月17日)
アイコン画像kusakabe-dc
» カメラ片手に 疲れた一日 (2018年10月17日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に Anne of Green Gables (2018年09月24日)
ヤプミー!一覧
読者になる