2005/08 @

August 03 [Wed], 2005, 1:48
彩雲国物語〜欠けゆく白銀の砂時計〜 著:雪乃紗衣  ☆★★★★
<紹介>
新年の朝賀という大役を引き受けた、女性州牧の紅秀麗は、もう一人の州牧・杜影月に茶州を任せ、王都・貴陽へと向かう。
久しぶりに彩雲国国王・紫劉輝と再会した秀麗。相変わらずの甘えん坊……かと思いきや、しっかり王様している劉輝は、昔とは少し違っていて。
一方秀麗の知らないところで、な、なんと意外なアノ人との縁談が進行中――!? どうなっちゃうの!?
恋も仕事も波乱万丈、超人気の極彩色ファンタジー第6弾!


<感想>
今回は脇が素晴らしかったと思うのです。
某兄弟とか某兄弟とか某同期組とか・・・話が魅力的過ぎます!
紫兄弟紫兄弟なちょびっとに当然スコープは行きつつ(苦笑)、素敵な人物を沢山書いてくださった雪乃先生に謝意を捧げます。
香鈴と影月の幸せだけが気懸かりです。。。影月くん………!(早世決定ですか?)救いがあるよう願うばかり(涙)
そして、やっぱり静蘭大好きです!(今更言わなくてもいいですか?笑)そうなんですよね、彼って自分から袋小路へ入っちゃう(しかも案外わかってるようでわかってなかったりする)危うい感じがあるんですよ・・・我が侭で唯我独尊な性格な癖に。厳しいほどの完璧主義なだけに。最後、楸瑛の質問になんと答えたのか………色々気になりつつ、やっぱお兄ちゃんって単語はいいなぁ〜と妙に思ったものです。 ここの楸瑛は一見の価値有りだと思いました。
そして。双花と劉輝の距離。。。これも私は納得です。そんな一朝一夕で臣下と君主が膜のひとつもない仲良しでは・・・ねぇ;・・・おかげでこの先の劉輝の王としての立場とは別の素の劉輝が張るという布陣(やっぱり戦いなのかしら?爆)が面白くなった!と思います(キャラ萌えもしつつ、ストーリーがあってこそのキャラだという基本が私の中ではあります。笑)
ただ………静蘭党員の嘆きも;; うう。もう劉秀か李姫かとかなんでしょうか?! むしろ龍秀ですか?!(挿絵は素晴らしかった・・・!でも大穴ですッ)なので、今後のこの辺りも楽しみにし隊と思います。燕青もっと出てーと思ったのは、静蘭寂しそうだったからかな・・・(苦笑) 主役の秀麗は………次刊以降に期待します。酒比べだけじゃ・・・ちょっと・・・うう。 なので星は期待を込めて4つで。
  • URL:https://yaplog.jp/bluerose7/archive/15
P R
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



























https://yaplog.jp/bluerose7/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bluerose7
読者になる
Yapme!一覧
読者になる