☆追記のお知らせデス

September 15 [Sat], 2018, 6:00
   23日開催”ふれあい会で遊ボーダー♪”追記だよ
    ・・・ と言うことで 詳しくはコチラ boda助♪ blog

”ふれあい会で遊ボーダー♪” 開催のお知らせ

July 22 [Sun], 2018, 17:00
 ・・・・・ちぃ〜と早めに・・・・
     ”ふれあい会で遊ボーダー♪” 開催のお知らせだよ♪


    日にち :  9月23日(日)
    場所 :   ディニーズガーデン (フィールド5貸切)
    時間 :   11時 〜
   参加費 :   1家族 500円 
 ・・・ と言うことで 詳しくはコチラ boda助♪ blog を見てね


羊たちの笑顔記念

June 15 [Fri], 2018, 5:00

   11年前の今日だね
         我が家の ウェリナがやって来たぁ

            羊たちに笑顔が戻った日


        パピーウェリナが 可愛らしくて いとおしくて

羊の使命・・・再び (フード編)

June 09 [Sat], 2018, 8:03
今記事は・・食が細い・少なくなった・体調が悪いというときの参考となれば幸いです。(この経験が、老犬ミッキーの闘病を乗り切る糧となり、ムリかと思ったのに好きな物を食べるトコまで戻ったので)

      ルアナが一番お世話になったのは「ローヤルクイーン」

発症当初から離せないアイテム。何も受けつけなくなったとき、藁をもすがる思いで舐めさせたのが始まり・・・  これで持ちこたえて復活を果たしてから、手放せなくなりました。薬を飲むときもコレ最期まで活躍です。ルアナパワーの源ですね
薬を使用していたルアナには必須アイテムだったかもしれない。

ローヤルゼリー
蜂蜜とは比較にならないほど多くのビタミン類、ミネラル、アミノ酸が
含まれており、高タンパクで様々な栄養素を含んでいる。


ローヤルゼリーで復活した後、体力を少しでもつけるため、
食べられないルアナにハイカロリーミルク・・そして
知り合いの獣医さんに教えてもらった経口流動食「カケシア」
            最期も流動食のお世話になったね。
 流動食や水分を摂らせるのに便利だったアイテムは「薬のみ」(人間用)
 シリンジでは少量ずつで気が遠くなりそう・・というときに便利です。

 そして・・アレルギーや消化器疾患などの処方食でカロリーの高い
     「セレクトプロテイン ダック&ライス」
 これは、弟に教えてもらったもの。自力で食べられるようになってから        けっこう長くお世話になりました。

 P〜〜になることも多かったルアナは「r/d缶」にもお世話になりました。
 1日くらいは絶食して、その後はr/d缶に整腸剤を混ぜてを調整。
 ほどよい堅さに戻ったら普通食・・・というカンジでした。


  その他には・・・・・・・「カバノアナタケ茶」という健康茶。
  弟のトコの患者さんで、ジステンパーだった子が治療とこのお茶で完治したとか  九州の物産展で発見! これは、免疫力を高めるお茶だそうです。
  飲み水代わりとしてだけでなく、流動食もこれで溶いたりしてました。
  信じる物は救われる健康維持にはイイかもしれませんよ


羊の使命・・・再び (お薬編)

June 08 [Fri], 2018, 16:56
  グレーコリー・シンドロームは・・・確かに決定的な治療法のない遺伝疾患です。
  しか〜し 手をこまねいてるだけでは、1歳までも生きられない
  その時その時を、対症療法で乗り切っていくしかない。
  ルアナを含めた闘病犬たちは 幼い頃から薬とは切っても切れない仲

  好中球の増減には周期があり、減少期の最期は非常に過敏になり
  触れるとひどく怒ったりする。
  その1〜2日後に発熱し白血球が増えるの繰り返し。
  最初の頃は抗生剤とビタミン剤の使用で乗り切っていたため、
  調子の良いときと悪い時期がそれぞれ1週間くらいずつを繰り返していました。

  抵抗力が落ちるときは感染症に気をつけなくてはいけない
  少しでも体力をつけたい・・と思っても、この繰り返しで体重は増えては減り・・
  なかなか思うように成長できない・・悩みの種でした

  生後半年を過ぎて・・・ステロイドを使用し始める。
  これにより、落ち込みの期間が短くなり、体重が順調に増え
  元気なルアナが多くなってくる

  ステロイドは万能薬です。 しかし・・極力使用は避けたい・・
  落ちたときにできるだけ速やかに投与して、2日・・多くて3日
  の投与で切り上げる。・・・を心がけてはいたけれど・・・
  それでも、使用は避けられないこと。
  目に見える症状は気がつくことができるけど、
  目に見えない部分・・臓器の異常は恐れていたことでした。

  文献では・・・
  本来、生体防御を担う白血球の機能異常による病気なので、             多くは細菌感染を併発し、全身性の敗血症、肺炎、胃腸炎など化膿性疾患に      罹患し亡くなってしまうことが多いようです。

ルアナも・・兄弟犬も・・直接の原因は「腎不全」でした。
共に1〜3ヶ月前に血液検査をしたときには、数値上は問題なかったのですが・・
急激に進んでしまうのでしょうか
闘病を続けると、感染症よりも薬などの臓器への負担の方が
注意すべきコトなんでしょうね
・・・とはいえ、薬との仲は裂くことができない子たちだったので
仕方がない結果ではあるんですけどね。

羊の使命・・・再びNo.2

June 08 [Fri], 2018, 10:00
なぜ発熱したり、炎症を起こしたりするのか 
    まずは、基本的なお話しから・・・
 ・ 好中球とは
    血液中の白血球の約半数は顆粒球といわれるものです。
    顆粒球はさらに中性の色素でよく染まる好中球と酸性色素で
    染まる好酸球、塩基性色素で染まる好塩基球に分けられます。
    好中球は細菌などの異物を処理し、生体を外敵から防ぐ働きを
    しています。顆粒球の大部分は好中球です。好中球には
    異物の方に向かって進む遊走能と、異物を取込んで処理する
    貪食能があります。取込まれた異物は顆粒中に含まれる酵素や
    活性酸素により消化、殺菌されます。

・・・とあります。なので、好中球が減少すると生体の防御反応が弱くなる。                                (免疫力が落ちる)
             (04. 9.12 ・・・ 3s台推移)
  最初の発症は他の子も発熱や食欲不振、足が上がるなど、同じような症状で      発症したようです。
  でも、その後は同じような症状と違った症状が混在し必ずしも一定ではありません   免疫力の低下によって様々なことが起こりうるためでしょうか・・・

  発症した兄弟犬は体が小柄です。成長途中の写真を見ても小さめだと感じました。
             (07. 3.31..2歳10ヶ月)
  でも、ルアナの小ささは人目を引くほど・・・・ 
       最期まで「何ヶ月ですか」と聞かれてました。(7~8kg推移)

              (前肢の炎症・腫れ 04.11.20)
     ルアナは成長段階で、繰り返し発熱・関節の炎症を起こしたため、          足が成長できなかったからでしょう。
              (後肢の炎症・腫れ 04.12.08)
この年の12月末にステロイドを投与し始めるまで周期的にこの状態を繰り返す。
前肢が上がり後肢が腫れ歩けなくなる・・・
     それ以外にも、ルアナはこの病気の王道を行ったのか

  歯肉炎も起こすので、食事もままならなくなる
               (顎関節・歯肉の腫れ・・04.11.14)

ただでさえ食が細いのに・・・体重は行きつ戻りつ
なかなか増えない。  こういう時は流動食のお世話になる。
           (最後まで流動食のお世話になっていた・・07.04.08)
 
唯一の救いは・・
「グレーコリー・シンドローム」周期性好中球減少症だということ
周期的に落ちるけど、周期的に上がってくるから危機を乗り越えることが出来た

同じ好中球減少が絡む遺伝病に「TNS」(捕捉好中球症候群)があります。
   これは、好中球減少症といわれる。
    周期の有無・・・その違いは、闘病生活に大きく関わってくる・・

共に致死的遺伝疾患ではあれど・・・・・
 羊たちがルアナとの楽しいワンライフを過ごせたのは、
  グレーコリー・シンドローム(周期性好中球減少症)の方だったからとも言えますね

羊の使命・・・再び

June 07 [Thu], 2018, 7:00
 ルアナを失った当初 ルアナの遺伝疾患 ←について記事にしました。 ・・・ が
  10年を超えたので再度 記事に!・・・ と 思い立ち記載しております。

      周期性好中球減少症(グレーコリー・シンドローム) (参照文献・記)
グレー.シルバー等の特定の毛色のコリーにみられる↓常染色体劣性↓の先天性遺伝疾患
です。細胞質内の輸送に関わるタンパク質AP3遺伝子の変異により、白血球内にエラスターゼが蓄積する。AP3遺伝子エクソン21にアデニン残基の挿入による変異
周期的な造血抑制が起こり、細胞性免疫を担っている白血球の一つである好中球.
網赤血球,血小板数が周期的に減少。
・・・・が、血小板や赤血球に比べ好中球の寿命が短いために 好中球の周期的な減少が
最も明確に認められる。
また数の異常だけではなく血小板や好中球の機能異常も認められている。 
このことにより、最終的には感染により死に至る疾患です
11〜13日周期で造血抑制がおこり、全系統の血球が減少しますが、その中でも最も寿命が短く、ライフサイクルの早い好中球の減少が顕著に確認されます。通常、生後2〜6ヶ月齢で発症し、発熱、結膜炎、元気・食欲の低下、関節炎や関節の痛み、下痢、歯根炎などを呈し、多くの場合感染症により数ヶ月齢で死亡します。

◇好発犬種
■コリー ■ボーダー・コリー 

               ルアナ発症時・・生後2ヶ月

  以前の記事にも病名の付いた理由他を記しましたが・・・ 
   ルアナ 発症兄弟犬もブルボーですが、発症同胎犬はB&Wです。
   ”トライカラー同士の交配によって生まれる”との記載文献もありましたが、      ルアナの両親は共にB&Wです。
   近親交配によって発生することが知られておりますが、              ルアナ達は近親交配ではありません 
   キャリア同士の掛け合わせで遺伝病が発生するのはご存じの通り。
    これ程までの確率で発症犬が出ていることから、                  両親ともキャリアであることが考えられます。

 本症は遺伝的疾患のため、発症犬同家系の犬は繁殖に供するべきではありません。
          ・・・・・ということに要約されるかと思います。
 
      ・・・・・ 次回記事に続きます・・・・・

ルアナウェリナ記念日

May 27 [Sun], 2018, 5:30
 今日は羊たちの とっても大切な記念日
   ルアナの誕生日 であり ウェリナとの運命の出会いの日 だもん♪
                            Happybirthday ルアナ

 想い出の神野練習会は・・・トライアルボール・・じゃなくてトマトだったねぇ


   その神野で”練習会があるから来なよ”・・・って  
         落ち込んでる羊たちに ワン仲間が声掛けしてくれたから

     ウェリナとの運命的出会い  があったんだよね
              あの日も偶然に日曜日

ルアナ 虹の橋を渡って来て ウェリナと繋いでくれてありがとう


       羊たちの元に来てくれてありがとう ウェリナ



  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    なんか不思議な気持ち
    事故後の ’12/05/27も 日曜日・・・
    ルアナ パワーをくれて・・家族の元へ引き戻してくれてありがとう
    ウェリナ 姉ちゃんからのバトンを受けついでくれてありがとう
    あなた達のお陰で オカンはこうして生き帰り そして記事を書いている


   
      ルアナウェリナ2人ともありがとう・・愛してるよ 
    


”新緑だぁ ふれあい会で遊ボーダー♪” 無事終了

May 15 [Tue], 2018, 10:00
  ”新緑だぁ ふれあい会で遊ボーダー♪”
  5月13日 無事終了いたしましたぁ
   詳しくは”boda助♪ブログ”を見てくださいマセ 
    記事ラストにオンラインアルバムの記載アリ♪
      ご訪問よろしくお願いいたしますm(_ _)m

       写真と記事の関連はナイですぅ・・・・(@@;)↓

    

今年の桜もキレイだったよ

April 11 [Wed], 2018, 5:00

   ねえ ルアナ
       あの日から・・・もう11年にもなるんだね


   あの日満開だった桜
         今年はなんと 3月末には満開だったんだよ



   1月半ばの雪を見て フッと思い出した

   そういえば ルアナとスキーに行って
     一緒にお泊まりしたよねぇ〜 楽しいし嬉しかったよぉ


   ルアナは長が育てる楽園のプチトマト食べるの メチャ好きだったよね


      ルアナ&ポインセチアでXmasっぽく記念撮影


    写真選び・・・想い出がいっぱいで・・・・


    写真見ながら ブログ記事を読み返してたら・・・・・・
              止まらなくなっちゃったさぁ〜


         永遠のパピボー ルアナと
   2人ともブルーだけど
        よく動くけど・・シニアだよ  ウェリナ


      二人とも 愛してるよ〜


■プロフィール■
ルアナ
2004.5.27生まれの女の子
生後2ヵ月でグレーコリー症候群を発症(詳しくはHPで過去の日記を見てね)チビボーだけど、羊たちをまとめるのに毎日忙しく過ごしてま〜す♪ 病気なんかに負けないもん!

2007.4.11
羊たちに たくさんの仲間と、多くのメッセージを残して虹の橋を渡る
2歳10ヶ月と15日・・
永遠のプリンセスルアナ
ルアナの血統書


■プロフィール■
ウェリナ
2007.3.07生まれの女の子
ルアナの誕生日に羊と運命的な出会いをする!羊たちに囲まれて、ただ今成長中のハイパーガールだよ♪♪
ウェリナの血統書


月別アーカイブ
2018年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

   



    メールはこちらまで♪







**************************************

大好評「手作り肉球クリーム」web販売

ワンコの肉球はモチロン
オーナー様の指・かかとケアでも大絶賛!!



成分 : マカダミアナッツオイル ・    蜜蝋  ・  エッセンシャルオイル      (ラベンダー&マジョラム)

    内容量 ・・ 20g
価格・・500円 (送料別)


ワンちゃんの肉球に塗りながら
オーナー様の手もしっとり  
ヒトにもワンにも優しい
無添加クリームです♪



ご注文はメールにて承ります。  件名は「肉球クリーム注文の件」で・・
注文数により定形外〜レターパックライトでの 発送となります。        (送料は個数により120円〜360円程)



**************************************

”愛犬の写真入りオリジナルキーホルダー”     1個・・・500円 (送料込み)   コチラもweb販売始めました 



  手作り商品なので お持ちの写真をメールでお送りください。
 件名は「オリジナルキーホルダーの件」で

 

キーホルダーとしてだけじゃなく、    ”カバンなどに写真を♪”にもOKの             優れものですよ

**************************************
最新コメント
グランマ
» 明けましておめでとうございます (2017年01月06日)

» 追憶・・ルアナを迎えた日 (2016年07月25日)
給仕
» ”ボーダーふれあい新年会” 無事終了 (2016年02月04日)
ライリー&フィニー母ちゃん
» ”ボーダーふれあい新年会” 無事終了 (2016年02月04日)
ランママ
» ウェリナと一緒に ・・ 東京への旅・・・ (2015年12月27日)
給仕
» ルアナウェリナ記念日 (2014年06月17日)
FIOの飼い主
» ルアナウェリナ記念日 (2014年06月13日)
給仕
» life-6 (2013年12月17日)
まあ
» life-6 (2013年12月16日)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ