出産予定日4日前、妻、入院の理由

2007年04月07日(土) 20時37分
 昨日の、妻の入院決定の記事には、多くの方からコメントをいただきまして、本当にありがとうございました

 まずは、報告ですが、、、
この記事を書いている現在、まだベビちゃんは産まれていません
陣痛もまだですね。

 急遽、入院決定ということで、私も妻も、それじゃ土日あたりにでも産まれる〜?…なんて思っていたのですが、、、
 そう簡単には行かなさそうです。。。

 今日は、お昼前に、妻と一緒に病院へ行きました。
妻も幾分、緊張気味。。。
 入院する予定の部屋は、まだ空いていなく、とりあえずの小さめの部屋に入りました。

 ベビちゃんの心音を図ったり、血圧、体温などを測ったり。。。
そうこうしているうちに、お昼になって、妻には病院食が出されました。

 助産士さんから、「減塩だから、おいしくないかもしれませんが…」って言われましたが、妻は、けっこうおいしいって言って、全部食べていました。
 私は、その間、外に出て、近くでお蕎麦を食べて、また戻りました。

 午後からは内診がありました。

 妻から、先生から聞いたことを聞くと。。。

 これから、まず、子宮口をやわらかくする点滴をするそうです。
そして、明日、明後日で、子宮口を広げる処置を施して、、、
 で、10日に、おそらく促進剤を使って、陣痛にもっていくと。。。

 なので、それまでに陣痛がこなければ、出産は、10日あたり、と、、、言うことらしいです

 なぜ、急に入院になったかというと、結局、妻の血圧があがってきて、今は危険ではないのですが、母体への負担が増してくる可能性があると。。。
 そして、妊娠中毒症の危険が出てくると大変なので、予定日を家で待つよりは、入院して、陣痛を早める方向に持っていったほうが、母体への危険はない、、と言うことらしいのです。

 なので、今は、妻もベビちゃんもいたって元気ではあります。
私も最初はどういうことか分からなかったのですが、とりあえず、「今、危険だから」入院ということではなく、「先の危険を回避するため」の入院ということらしいので、ま、ほっとしています

 この前、「父子手帖」を買って、、、ま、それ以前にもいろいろ育児本などを買って、読んではみているものの。。。

 やっぱり、出産&育児って、机上の「勉強」や「知識」だけでは、あmり意味がないってつくづく思いましたね!

 先輩ママさんからは、「そんなのあたりまえ!」って声が聞こえてきそうですが

 体験しないと分からないことが多いですよね。。。

 あとね、メンタルの面の重要性、これは、ほんとつくづく感じています。
妻の気持ち、それは、どこの本にも書かれているものではないですし、人それぞれ違いますから。。。

 今日もね、、、
病院へ向かうとき、、、
 マンションの前の、施工10周年記念のしだれ桜の木の下で、記念に、妻の写真を撮ってあげたんです。

 撮ったあと、デジカメのモニターで、二人で見て、「せっかくだから、もっと笑顔のほうがよかったんじゃない。」って私が言ったのですが。。。
 「そんな気分になれないよ!」って妻。。。

 やっぱり、入院直前、緊張気味の妻は、朝から笑顔がありませんでした。
そんな妻を元気付けるつもりで、言ってみたのですが。。。

 妻には、申し訳ないことを言ってしまったなぁと反省。。。

 でも、入院部屋に入ってからは、妻も落ち着いたのか元気になりましたけど。。。
日頃、一緒に暮らしていて、妻のことは、よく分かってあげているつもりであっても、、、
 やっぱり、男には、分かりえない、出産に対しての複雑な想いがあるのでしょうね。。。

 今日は、とにかく、陣痛も来そうにないので、私だけ、家にもどりました。
家に帰って、部屋の掃除!
 今までは、妻は、トイレと台所と洗面所と寝室の掃除当番で、それは妊娠していてもできると言っていたので、やってもらっていました。

 今日は、妻の分も含めて、家中全部、がんばって掃除しました
あと、クリーニング屋に行ったり。。。

 夜になって、一人になると、、、
やっぱり、ちょっと寂しいですね。。。
 
 昼間、病室を出るときも、妻は、寂しそうでした。。。
「○○ちゃんのために頑張れ!」と声をかけて、笑顔で手を振って出てきました。

 今は、「○○ちゃんのために頑張れ!」と、心の中で、自分自身に言っています。。。

 

「AneCan」と、キティちゃんマグカップ

2007年03月13日(火) 0時14分

 遅ればせながら、「AneCan」、読みました

 義理の妹が、妻へ貸してくれたので、それを見せてもらいました。
創刊号ということで、さらに分厚い!
 重さもかなりあるね

 これ、学校の帰りや、会社の帰りに買うのは、大変だよね。

 妻と一緒に見ていて、妻は、「早く、妊婦体系から、通常の体系に戻って、洋服も買いたい。」と言っていました

 あと、限定の腕時計も、気に入っていたみたいだね

 それと、妻は、ワンピがかわいい〜!としきりに言っていました。

 妻と一緒に、「どのワンピがいい?」なんて言いながら、見ていたのですが、、、

 妻は自分が似合いそうなものを考え。。。

 私は、妻のお腹の中の姫ちゃんが、将来、どんな感じの女の子になるのかな〜?
 どんなのが似合うのかな〜? 
 …なんて考えてしまっていました

 いつの間にか、そういう視点で、ファッション雑誌を見るようになったんだなぁ〜



 今日は、帰りに、恒例の「洋服の青山」のカード会員限定のプレゼントをもらってきました

 いつものキティちゃんグッズ
今回は、フタ付きのマグカップです

 妻は、毎回、このプレゼントを楽しみにしているんだよね〜

 いつも思うけど、「洋服の青山」、うまく考えましたよね。
これが、男性もののグッズだったら、わざわざ、もらわなくてもいいや。。。
ってなりがちだけど、キティちゃんだったら、奥さんや彼女が喜びそうだし、、、
ましてや、うちみたいに、妻から、「これもらってきて〜!」なんて、言われたら、もらわずにはいられません。。。

 そのプレゼント引換券には、スーツや、小物などの割引券もついているからね。。。
で、お店にいけば、つい、なにか買ってしまおうかと。。。

 でも実際は、ほとんどここでは、スーツは買わないのですが。。。 
 

春の訪れ…。花びら小鉢、CanCam、Jリーグ、新生キューブ家。

2007年03月04日(日) 18時25分
 今日は、とても暖かかった〜
もう、ほんと春だね〜


 昨日は、3月3日、女の子の日でしたけど、私も妻も、全然意識していなかったなぁ、そういえば

 来年は、お腹の姫ちゃんも初節句を迎えるだろうから、この日は、かなり意識しちゃうと思いますが
 

 昨日、妻とアフタヌーンティーに寄ったときに、買ったのが、こちら

 春らしい、花びらの小鉢
薄いピンク色の小鉢は、ちょこっと、ナッツなどのおやつをのせるのにちょうどいいサイズ!
 そしてかわいいです

 それと、私用と妻用のランチョンマットを新調
ときどき、気分転換に、ランチョンマットを新しいものに変えています。



  義理の妹が、妻に貸してくれていた「CanCam」と、「with」を、妻と一緒にペラペラと見ていました

 春らしい、ふんわり、フェミニンなワンピって、かわいらしくって好きですね〜
ふと気づくと、「うちの子は、どんな感じの女の子になっていくのかな〜」
 …なんて、そんな視点で、見ていました

 妻に話すと、「まだ早いでしょっ!」って笑われました

 「CanCam」は、西山茉希ちゃん、かなり多く出てくるようになったね
やっぱり同性からも、異性からも、モテそうだもんね
 以前から言ってるけど、私も、もちろん一番好きですね
 

 Jリーグ、昨日、ついに開幕でしたね!
今年も、レッズ、ガンバ、フロンターレ、優勝争いに出てくるのは、間違いなさそうですね〜。
 
 あと、サンフレッチェも、今期は、強そうだな〜。

 わが故郷の、アルビレックス新潟、、、惜しくも、トリニータに、引き分け
今期こそ、開幕戦には勝ってもらいたかった
 今期は、昨年、届かなかった目標の7位以内には行ってもらいたいなぁ

 アントラーズ、マリノス、ジュビロは、新戦力がどう機能するか見ものです。
常勝軍団復活!になるのは、どのチームか?!ってとこですね。

 アントラーズは、助っ人外国人トリオしだいだと思うけど、初戦を見た限りでは、まだまだかみ合ってなかったなぁ。。。

 やっぱり、Jリーグも始まると、「春!」って感じですね〜


 春って、暖かくなるごとに、ウキウキと楽しい気分になってきて、とても好きな季節です
4月から新しい生活が始める人も多いでしょうけど、頑張りましょうね

 桜が咲いて…

 待望の姫ちゃんがやってきて…

 3人になったキューブ家、、、新生キューブ家の出発も、、、
もう、まもなくです
 

買って、うれしい…

2007年02月13日(火) 23時50分


 今日は、「のだめ…」の単行本17巻発売日ということで、妻が早速買ってきました

 妻は、いままでのも全巻持っていて、この巻も相当楽しみにしていたみたい。。。

 夕食後、一気に全部読み終えてしまいました
 「おもしろかった!」とのことです。。。

 ちなみに私は、読んではいないのですが…


 私が、最近買ったもので、うれしかったのは、、、、


 コレ!

 「紀文」の豆乳、、、
「フルーツミックス」!

 これね〜、すっごい、探していたんだよね〜

 私が、豆乳を毎日欠かさず飲んでいるというのは、記事でも、もう数え切れないほど(?)書いていますが、最近では、、、
 え〜と、、、そ!先月1月の12日の記事に書いていましたね

 豆乳はやっぱり「紀文」の豆乳が大好きで、その中でも、順位をつけるとすれば、1位が紅茶、2位がバナナ、3位が麦芽コーヒー、4位がココア、5位がプレーンタイプ、6位が抹茶…と、そのときも書きました

 でね、この「フルーツミックス」だけ、見当たらなかったんですよね。。。
そもそも、ブロガーさんのコメントで、こういう味があるのを初めて知ったんです!

 コンビニにも、いつも行っているスーパーにもなくて、多分、東京地区には売っていないのかな。。。と思っていたのですが。。。
 この前、妻と、いつものスーパーではなくて、初めてのスーパーに行ったみたのですが、、、
そこで、この「フルーツミックス」を発見したんです

 「お〜!これだぁ!あったぁ!」、思わず叫んじゃいました
おおげさかもしれませんが、探し求めたものが見つかって、とてもうれしかったです。

 味のほうは…、
さすが、紀文ですね!思った以上に、さっぱりしていておいしいです
 オレンジ、りんご、みかん、パインの果汁が入っています。
でも、ちょっとすっぱいかな。

 やっぱり豆乳は、少し甘い系のほうがおいしいかな。。。

 なので、先ほどの順位を修正すると、、、

 1位が紅茶、2位がバナナ、3位が麦芽コーヒー、4位がフルーツミックス、5位がココア、5位がプレーンタイプ、6位が抹茶…かな。。。
 でも、どれもおいしいので、それぞれあまり差がないです。。。
その日の気分で、順位も流動的に変わります。。。


 ってことで、今日は、妻と私の「買って、うれしかったもの」の紹介でした

 

女性に、ぜひ、読んでいただきたい1冊

2007年01月06日(土) 20時43分

 今日は、ひさびさ、書籍の紹介です
今日読み終わったばかりなのが、これ

 「新女性マーケット Hahako世代をねらえ! 〜男が知らない母娘の消費と恋と胸のウチ」 牛窪 恵美著 ダイヤモンド社

 マーケティングの本もよく読むジャンルです。
マーケティングライターの牛窪さん著書の本では、以前読んだ「男が知らない おひとりさまマーケット」という本も、とてもおもしろかったので、この本も、見つけて、即買いでした。

 「ハハコ世代=団塊ママと団塊Jr.娘の巨大な消費パワー」と扉に書いてありますが、この本、ぜんぜん難しい本ではなくて、日頃のみなさんのお母さんとの行動や会話そのままだと思うので、ぜひ、お薦めです
 とてもおもしろくて、参考になって、共感できると思いますよ

 例えば項目を書き出すと分かりやすいと思うのですが、、、
「第1章 カレシ、パパにはナ・イ・ショ!Hahako世代の恋愛消費」
 〜母娘がときめく「初恋、憧れ、結婚」ビジネスの最前線〜

「第2章 フードマーケットヒットのカギは、母娘の深層心理にあり」
 〜団塊クライシスを救う「おうちゴハン」と「外食グルメ」〜

「第3章 なぜ、Hahako世代は、ここまでキレイを求めるのか?」
 〜母娘の心をつかむ「3C」と終わり泣き”美人競争曲”〜

「第4章 母の憧れ、娘の想いが住市場を劇的に変える」
 〜戸建て、リフォーム、ペット、玩具 400人インタビューでわかった意外な事実〜

「第5章 急拡大する思い出マーケットと家族のゆくえ」
 〜投資、旅行、親孝行 Hahako世代が本当に求めるもの〜

…とこんな感じ!ね、おもしろそうでしょ。
 小項目の中であった、「なぜ、父親不在のHahako(母娘)旅行が増えているのか?」などは、私も興味深々でした

 あとね、知っておいたほうがいいと思うのは、、、
母世代で聞いた「娘に言われたくないこと」のナンバーワンはなんだと思いますか?

 それは、「いい年して」…だそうです。

 他にも興味深い小項目がいっぱいです。
『カレシのクルマ選びも「カノママ」次第?』
『母はピンク、娘はベージュのブラがお好き?』
『試着室でライバル心を燃やす母ゴコロ』
『団塊女性が「エビちゃん系」ママに?』
『なぜ、母たちは「手伝って」のひと言が言えないのか』
などなど。。。

 きっとみなさんが読むと、
「そうそう〜!あるある〜!」とうなずくことが多いことと思います。

 出来れば、お母さん、そしてお父さんにも貸してあげて、感想を話し合うのもいいかもしれないですね

 女性に、ぜひ、読んでいただきたい1冊でしたぁ
 

2007年度カレンダーと、「ひろはまかずとし」詩集

2006年12月26日(火) 17時44分
 今日の東京は、朝から嫌な雨が続いております

 さてさて、クリスマスも終わって、、、
2006年も残すところ、あと1週間もないんだね〜

 2007年の、出番を待っている我が家のカレンダーたちですが、、、
 リビングには、いつも子猫のカレンダーをかけています
 今年は、これです

 いつか子猫を飼える日を夢見て、毎月ページをめくるたびに、妻と、「うちもこんなニャンコ、いつか飼いたいね〜」と言っております
 もちろん、我が家の2007年度は、まずは、ベビーちゃんの「子育て」が最重要テーマですが


 私の部屋には、いつものシンプルな卓上カレンダーのほかに、今回は、こんな壁掛けカレンダーを買ってみました

 大好きなひろはまかずとしのカレンダーです

 ほのぼのとしたユニークなイラストと、素朴ながらあたたかな詩がいいんだよね〜

 シンプルな言葉の中に、、、そうだよな〜としみじみ想ったり、ジーンと熱い気持ちになったり、す〜と癒されたり…、、、もう随分前からのファンですね。

 ときどき百貨店の、文具や画材やギフト売り場で、ちょっとしたコーナーがあったりします。

 少し前には、新宿タカシマヤの9Fにもコーナーがあったんですけど、12月の売り場改装の関係で、取り扱いがなくなったそうです

 うちでは、他にポストカードなんかも、妻とお互いお気に入りのを飾ったりしています。
以前、記事にもしたことあったと思いますね

 
 詩集は、昔はいっぱい持っていたんですけど、全部、実家においてきてあります。

 「あなたはもっと輝ける人です」という本。
定価1000円で、薄くてすぐ読めちゃうから、プレゼントにもいいと思います
 今年になって買ったのは、これですね。

 自然体、前向き、無理をしないこと、信じること、愛すること、感謝すること…
そんなことをテーマに、とても分かりやすく、私たちの心に、ふんわりと、しみこんでくるような詩です。。。

 「相田みつを」氏もすばらしいですが、それより、かわいいイラストがある分、分かりやすくて、愛らしくて、ほのぼのとして、どちらかというと、女性的な感じです


この本の中の詩で、私の一番のお気に入りはこれです

『 人生の中で 努力の結果が
 必ずむくわれる事が たったひとつだけあります

  それは 自分自身を
 愛するという 行為です 』

 シンプルですが、とても癒されるいい詩だと思います。。。

 
 私が実家においてきてある、詩集には、ところどころ、えんぴつで丸印や二重丸がついています。
それは、恋愛についての詩集なのですが。。。
 
 妻と知り合う前のことですが、、、昔つきあっていた女性と、その詩集を交換日記のように貸し借りして、お互いが気に入った詩や共感した詩を、いくつか○や◎をつけて渡し合っていました

 自分が相手のことをどう想っているのか、相手が自分のことをどう想っているのか、または、相手の願望や、恋愛感、結婚感などが分かってくるような気がして、とても楽しかったです

 カップルや夫婦で、そういうことをやるのって、けっこうおもしろいですよ
以上、キューブからのお薦めでした

子育ての覚悟と勉強

2006年11月14日(火) 23時46分
 妻のお腹もぽっこり出てきました
思わず、お腹をさすってあげたくなります

 まだ、胎動は感じられませんが、日に日に成長していっている感じです。

 今日は、本屋で、パパ用の子育て本を買ってきました
 今までは、妻が買ってきた、妊娠・出産の本を覗いてみたりしていましたけど、私もキチンと勉強しなきゃと思いました

 「パパの妊娠」と、「新米お父さんの子育ての本」。
まだ読んではいませんが、どちらも分かりやすい感じです。


 とりあえず、今できることといえば、家事の手伝いと、妻の肩もみ

 家事は、妊娠する前も、掃除は、半分くらい私がやっていました。
私が担当するのは、自分の部屋と、リビングと、台所の床。
 妻は、寝室兼妻の部屋と、お風呂と、洗面所と、トイレと、キッチンの流し台。

 妊娠してからは、お風呂も私の担当区域になりました。
トイレは、母親が掃除をすると女の子が生まれると聞いたので、妻がやりたいと言って、掃除を続けています

 妊娠してからは、大好きなマッサージやエステも行けなくなって、ただでさえ肩こりの妻は、「早くマッサージに行けるようになりたい」と言っています。
 今は、私が毎日、妻の肩、首、背中、ヘッド、目などをマッサージしてあげています

 あと、週末の買い物やクリーニングには、毎回付き添って、荷物持ちをやっています

 でも、実際、赤ちゃんが生まれたら、想像以上に大変になるだろうな〜。
今からしっかり、覚悟と勉強をしておかなきゃ
 
 子育ては、ママとパパ両方の仕事。
ママだけのものではないからね。
 子育てを「手伝う」というよりも、全力で、自らも子育てを、率先してやっていくつもりです

妊娠の本とホルモンの不思議

2006年11月07日(火) 23時00分

 妻は、会社の健康保険組合から、これらをもらいました
「はじめての妊娠出産百科」と「はじめての育児百科」の本と、アルバム。

 もちろん、他にも妊娠や出産の本を買ったりしていますが、暇さえあると、これらを真剣に読んでいます

 何ヶ月目のお腹の写真とか載っていて、自分のお腹と比べたりして。。。

 あと、何ヶ月目の胎児の超音波写真などが載っていると、私たちの退治ちゃんの写真と比べたりして。。。

 
 あとね、今日、妻から教えてもらって、気づいたのですが…

 妻は、両腕の裏側あたりに、湿疹みたいなぶつぶつがあるんです。
部分的なのですが、鳥肌みたいになっていて、少し赤くなっています。

 別にかゆいとか、痛いとかはないみたいなのですが、生まれつきで、妻の弟も同じ場所にあるそうです。
 病気とかではないのですが、原因も分からず、妻も普段は気にしていないのですが。。。

 今日、妻が言うには、「ほら、見て!ぶつぶつがなくなっている!」と言うのです
見ると、ぶつぶつは、両腕ともなくなっていて、すべすべになっています。

 「あれ〜!」と言って、よ〜く見てみるのですが、ほとんど、つぶつぶがあったのすら分かんないくらい!
 妻が言うには、妊娠して、ホルモンのバランスが変わったからだそうです。。。

 あと、おもしろいことに、お腹の真ん中辺りの産毛が濃くなっていました
これも、やっぱり妊娠してからとのこと
 男性ホルモンが増えたってことかな。。。

 でも、出産すると、ホルモンのバランスも元通りになるので、それらの変化も戻るらしいです。
ホルモンって、おもしろいね〜

雑誌「DIME」で紹介された、あの名物B級グルメ!

2006年10月17日(火) 19時27分

 私が、毎号欠かさず買っている情報雑誌「DIME」
その本日発売の「DIME」最新号で、あの、ご当地B級グルメが紹介されました

 そうです!、新潟県在住・出身者なら、誰でも知っている、新潟のファーストフード、、、
みかづき」の「イタリアン」です

 こんな風に紹介されております。。。

〜『新潟で「イタリアンください」といって出てくるのは、スパゲティの類ではありません。自家製の太麺の匂いは焼きそば、歯ごたえは焼きうどん。麺の上にはキャベツやもやしがたっぷり入ったミートソースなどがかけられているものが出てきます。イタリアンといいながら、実態は「洋風のソース焼きそば」。』〜
 *以上、小学館発行「DIME」記事より引用

 私も新潟の実家の近くのスーパー内にあったので、子供のころよく食べていました
いまや、懐かしいふるさとの味です

 ちなみに、今年、一昨年と、、、夏の帰省には、2年連続で食べてきました

 今年の記事と、一昨年の記事に、食べる前に撮った画像があるので、ぜひ、見てみてくださいな

 ね、すっごいおいしそうでしょ〜

 ちなみに、ちょっと話題それるかも知れませんが、去年の記事と一昨年の記事、実は、大きな違いがあるのですが…
 お気づきになった方、いらっしゃいますか???

 …実は、今年の帰省には、妻は一緒じゃなかったんですよ

 妊娠発覚の直後で、まだ、そんなにつわりが始まっていたわけじゃなかったのですが、大事をみて、妻は、留守番をしていることになったのです。
 それでなくても、妻は、乗り物酔いしやすい体質なので。。。

 私も、心配でしたが、妻が、「大丈夫だから、行ってきて!それに、1年に1回の帰省なんだから。」と言ってくれたので、今年の夏は、一人で帰省でした

 今年の帰省の記事で、妻のこと、記事に書かなかったけど、気づかれた方っていたかな〜?

エビちゃんOL急増中の記事

2006年05月12日(金) 20時10分

 私が、ときどき読んでいるビジネス雑誌、「日経ビジネス Associe」の最新号で、エビちゃんの特集がありました

 最近は、ビジネス雑誌でも、エビちゃんの露出が多いですね。
 まさに、エビちゃん人気が、真の社会現象の一つになった証拠ですね。

 この雑誌では、「ニュースのキーパーソン」として、毎回、旬の人を取り上げています。

 ジャーナリスト、白河桃子さんの、この記事によると、『エビちゃんがいいと言う男性は、リアル彼女持ちでエビちゃんみたいな女の子を連れて歩きたいという、モテ系が多いのだ』そうです。

 私みたいに、妻持ちで、エビちゃんがいいという男性は少ないのだろうか…

 また、『「めちゃモテ」オーラに憧れるエビちゃんOL急増中』と題した、この記事は、エビちゃんOLをこう分析しています。

 『それでは、20代が求めるリアルな女性像とは何か?キーワードは「愛され」と「モテ」と「バランス」である。エビちゃんOLに実際に取材をした時に感じたのは彼女たちのバランス感覚の良さ。上司に、女性の同僚に、もちろん男受けも、すべてバランスよく配置した全方位外交で、みんなに「愛され」たい。強気に飛んだバブル世代のキャリア女性と違い、不景気育ちで、堕ちる先を知っているからこそのバランス感覚だ。〜中略〜 「愛され願望」の化身、それがエビちゃんなのです。』

 たしかにね〜、バブル世代のキャリア女性って、マスコミがあおっていたせいもあるけど、男性に追いつけ追い越せとばかりに、男性を目のカタキにしたようなバリバリ・ガンガン行く女性ってイメージ、ありましたね。。。

 今は、ブログでもよく見かける言葉だけど、「女の子でよかった〜」とか、女の子でいることをとても楽しんでいる女性が多いですよね。
 変に肩肘張らずに、それでいて、ぶりっ子というわけでなく、とても自然体で、それでいて、とてもバランス感覚がいい感じがしますね

 だから、男性からも、いやみなく受け入れられるし、無理なく「癒し」を感じることができます

 ただ個人的に言えば、私の会社には、エビちゃんOLがいないというのが、少し寂しく思うのですが…

 *画像および『』内の文章は、「日経ビジネス アソシエ」5月16日号、「ニュースのキーパーソン」から引用させていただきました。
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キューブ
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる

家族:妻、2007年4月10日・第一子(女の子)誕生!

最新コメント
アイコン画像キューブより、ruby719-spoonさんへ
» しばらくお休みします (2011年01月29日)
アイコン画像ruby719-spoon
» しばらくお休みします (2011年01月29日)
アイコン画像キューブより、ルルレモンさんへ
» しばらくお休みします (2010年06月28日)
アイコン画像ルルレモン
» しばらくお休みします (2010年06月27日)
アイコン画像キューブ
» 3歳の娘と帰省 (2010年06月20日)
アイコン画像みゆ
» 3歳の娘と帰省 (2010年06月19日)
アイコン画像よっこちんへ
» 娘、3歳の誕生日! (2010年05月10日)
アイコン画像よっこ
» 娘、3歳の誕生日! (2010年04月24日)
アイコン画像キューブより、limpetueuxさんへ
» イヤイヤ期の娘 (2010年04月10日)
アイコン画像キューブより、りおちゃんへ
» イヤイヤ期の娘 (2010年04月10日)
Yapme!一覧
読者になる