親指をかけるオープンブリッジで

2015年03月30日(月) 5時52分
<アンケートを実施しています!PCからか、スマホの場合は「PC版サイトを閲覧」で見ることが出来ますので、クラス等関係なくどしどしご回答お願いしまっす!>



土曜日の夜です。

この日も夜〜深夜コースでセスパで練習。さすがに週末の夜ですので混雑しておりました。

相変わらずまずはこの練習配置から。



前日と変わらず、大して上手くいかず。。。(泣)



その後、この日は現キャプテンとJPAルール練習試合に、エイトボールのセットマッチにナインボールのセットマッチをやり、結構没頭して球を撞くことが出来ました。よきかなよきかな。


前日に引き続き、オープンブリッジオンリーで球を撞きました。スタンダードブリッジは1度も組みませんでした。やっぱり、時折ここは普通だったらスタンダードブリッジじゃないとキツイよなーってところが出てきますが、我慢してオープンブリッジで撞くのであります。


遠かったり、、、キューを利かせなきゃいけなかったり、、、ハードに撞かなきゃいけなかったり、、、それでもしっかりとしたストロークで撞けていればオープンブリッジで十分のはず、、、っていうところまでもっていきたいのですが、さすがに一朝一夕で出来るもんじゃぁありませんわね(苦笑)


なお、改良を意識しているのはそれだけでなく。。。


ヒネった場合でもオープンブリッジで撞く、っていうことなんですけど、その中でも、、、


この、親指をかけた形のオープンブリッジでもヒネるということです。



一般的な親指をピンと立てるこれではありません。


もう、何年も前の記事になるんですけど、オープンブリッジで撞くときに、ヒネらない場合は上記の親指をかけるタイプにして、ヒネる場合は親指が立つタイプにして使い分けるっていうのを書いたことがあります。上記の写真はその時の記事でアップしたものです。


要はですね、、、


ヒネる時に、“さばく”ような撞き方(軸ずらし?)をずっとしてきたため、左右の支えがないとブリッジからキューが落ちてしまうんですね。当時はそれを防ぐ意味と、ヒネるのかヒネらないのかはっきりさせるために使い分けるようにしておりました。


しかしながら現在。


ヒネる時も平行移動でキューは真っ直ぐ出せば十分ということが分かりまして。(むしろキューが逃げないように芯に向かって押し込むくらいでも大丈夫)であれば、ヒネるからといって左右の支えも必要なく、しっかりとした真っ直ぐのストロークを構築する意味でも、親指をかけるオープンブリッジでいこうかなという方針になったのであります。


なお、この親指をかけるタイプのオープンブリッジですが、以前、体育の先生だったでしょうか?そういった方に聞いた話では、肩の方まで腱が伸びているようで、親指をかけることによって腕全体に力が入るようになるらしいですね。すなわち自然とブリッジに力が入って固定しやすいようです。

以上のことから一石二鳥の効果ですね!



ということで当面はブリッジが組める範囲においては、この親指をかけるタイプのオープンブリッジを使っていきたいかなと思います。


自然といいストロークが出来上がって来るといいなぁ、、、なーんて思いますが、はたしてどうなるかな?



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


オープンオンリー

2015年03月29日(日) 6時42分
<アンケートを実施しています!PCからか、スマホの場合は「PC版サイトを閲覧」で見ることが出来ますので、クラス等関係なくどしどしご回答お願いしまっす!>


さて金曜日の夜です。

この日もせっせと一人練習。合間に1ゲームだけ現キャプテンとJPAルール練習試合をしました。


最近ではとりあえず台に入ったら15球この前の練習配置をやってます。



んまあ、この日は全然出来ないことできないこと(泣)入らないし引けない。入ったら引けない。引けたら入らない。まともにいいショット出来たのなんて数えるほど。いやはや自分の未熟さばかりが目立つ練習ですこと。


んで、この日の課題としては、オープンブリッジのみで撞こう、と思っていたのですよ。


撞いた時間を通して1度もスタンダードブリッジを組みませんでした。そうしたらね、、、ここはオープンブリッジじゃ気持ち悪い!っていうようなところが何度もあったわけです。自分にとってどこがオープンブリッジでいったほうがいいのか、スタンダードブリッジにした方がいいのかわかったような気がしました。

にしても、もう少しストロークを安定させないと厳しいなぁ。。。


今まで通り結果を優先して撞いていけばそれなりに撞けることは分かっているものの、そこからもっと安定感を出したいと思って苦手なことにトライすると下手なところが凄く目立ってきて、自分が嫌になるなんてことはよくあることかと思いますが、まさにそれ。

自信もなくなるでしょ(もともとたいしてないが)、、、迷いも生じるでしょ、、、当然いいプレイも出来ないでしょ、、、何かを得るために一度沈む時期っていうのはそんな感じですよね。


ひとまず、オープンブリッジでのプレイをちょっと続けてみたいと思います。



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


疲れたね

2015年03月28日(土) 7時18分
<アンケートを実施しています!PCからか、スマホの場合は「PC版サイトを閲覧」で見ることが出来ますので、クラス等関係なくどしどしご回答お願いしまっす!>



さて、木曜日の夜にセスパに行ってきました。


いやーー、、、いろいろとやること、やりたいこと、意識すること、チェックすること、などなど・・・現在盛り沢山なようです。

この日は終始一人練習。

この前の練習配置をやったりー、オープンブリッジのみで取り切る練習したりー、右に構えないように修正していることを確認しながら取り切る練習したりー、立てキューの練習したりー、、、いろいろやりましたね。


うむ、疲れた(^_^;)


1日の練習課題は1つくらいにしたいところですが、どうにも欲張りなようで、あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい(by ブルーハーツ的な?)状態になっておりました。

お陰様で体も動かすわ、頭もフル回転だわで一人練習の割にかなり疲労感たっぷり。改めてビリヤードってすげぇなっと感じた次第であります。


んじゃあ、そんだけ頑張ったからって収穫があったかというと、これまた微妙(苦笑)やっぱり1つ2つくらいの課題に絞って集中してやる方が良さそうです。そして、適度なところで相撞きなどで実戦チェックっていうのも必要でしょうかね。


一人練習の手応えとしてはだいぶ良さそうなんだけど、今一歩どうかな?って微妙な感じなので、次は相撞きでもお願いしようかなっと。



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


リンクの追加

2015年03月27日(金) 12時14分
<アンケートを実施しています!PCからか、スマホの場合は「PC版サイトを閲覧」で見ることが出来ますので、クラス等関係なくどしどしご回答お願いしまっす!>


最近ビリヤードブログを始められた方がいらっしゃるようなので、新たにリンクを追加してご紹介だけさせていただきます。

ビリログB to A
fumy_billiard さんのブログです。


これから楽しみに読ませてもらいまっす!(^^)!


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!

アンケート!的球?手球?

2015年03月26日(木) 12時00分
そういえばこの前の練習配置を見ていたら思い出しました!

この話が出た時に上級者が「撞くときに手球を見るようにしている。以前変えた。」と言っておりました。

僕は昔から「的球から目を離さない」ということで一貫して来ましたが、最近ちらほら「手球を見る」という意見を聞くようになってきました。

以前上級者の方々に聞いていた時には「的球」という方が多かったのですが、最近は「手球」というのも耳にします。


はて、これ、いったい皆さんどうしているんでしょうかね?? 
と、気になりましてね。


・・・


・・・


ドン!!

(またか(笑))


アンケートを作成してみました!!


PCからこのブログを見てもらうと右側のバーにアンケートがあります。スマホから見てもらう場合は「PC版を閲覧する」にしてもらうと見れます。ぜひこのブログを見てくださった方々の見ているものを教えてください!!

あ、基本プレイ中の狙いってことでお願いします m(__)m


なんとなくなんですが・・・的球派はイレ系、、、手球派はダシ系のプレイヤーのような気がしないでもないんですが。。。潜在意識的に“球を入れたい”から的球を見て、、、手球をよくコントロールしたいから撞点をしっかり見る意味で手球を見て、、、っていうことなのかもしれませんね。その辺も踏まえて、ぜひお願いしまっす!!!


4月12日(日)まで受け付けてマース !(^^)!


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


オープンブリッジの効果

2015年03月26日(木) 6時06分
さて、昨日の練習配置について、さりげなく記載されていて見落としがちかもしれませんが、ポイントはオープンブリッジで行うことです。


以前1度書いたかと思うんですけど、オープンブリッジの効果について。

よく言われるのは、キュー先のラインが見やすいってことですよね。まさにこれに尽きるのではないかと思います。


思い返せばブランク以前の学生時代。球を始めたころは、スタンダードブリッジが普通でした。基本スタンダードブリッジ。教わるときもまずはスタンダードブリッジの組み方からっていう時代でした。

それが、今や基本はオープンブリッジの時代です。基本オープンブリッジで撞くことが勧められますね。

僕が憧れる台湾のカー・ピンイーやウー・チャーチンはじめ、数多くのトッププロたちも基本オープンブリッジで撞いているように思います。

やはりシュートラインやキュー先の向きが見やすいっていうのがあるものと思います。



しっかし、なぜこうもオープンブリッジに移行してきたのでしょうかね?ふと思ったんですけど、昔はノーマルシャフトしかない時代でした。ヒネる時のトビを「見越す」ことが当たり前の時代。撞き方でヒネった時のトビをなるべく少なくしようとすると、いわゆる「軸ずらし」の撞き方だったんじゃないでしょうかね。そうするとキュー先は左右に逃げていきますので、スタンダードブリッジを作ってしっかりと押さえてあげる必要があった。。。

一方、ハイテクシャフト全盛の現代。ヒネる際には「平行移動」してそのまま撞けばいい、、、すなわちキュー先が左右にずれない撞き方で十分ヒネれるしトビもないわけです。そうであればスタンダードブリッジで左右を押さえつけなくてもオープンブリッジで問題ない、、、見やすいし、これがイイじゃん!!

・・・って話なんでしょうかね?よくわかりませんが、なんとなく。



では、キュー先のラインが見やすいっていうだけなんでしょうか。


実は僕たちのようなアマチュア趣味プレイヤーには、オープンブリッジで撞くことが結構大事なんですね。

オープンブリッジで撞く場合、ストロークが不安定だと、極端な場合ブリッジからキューが抜けてしまいます。そこまでいかなくてもブレることがあります。

すなわち、しっかりとしたストロークで撞けないと、オープンブリッジでは撞けないということになります。特にハードショットや多めのヒネリなど。


ということで、ストロークがまだまだ不安定な人が、それでも一生懸命オープンブリッジで撞き続けていると、、、しっかりとしたストロークが身に付いてくる!ということになりますね。

特に土手撞きや立てキューなんかでもオープンブリッジでもしっかりと強く撞けるようになってくると、かなり安定したストロークが得られるものと思われます。


・・・と、以前ラミール・ガレゴが言っておりました(笑) そういった意味でもオープンブリッジで撞くことをお勧めすると。



ある程度スタンダードブリッジで育ってきた自分としては、以前オープンブリッジのみで撞く期間などを設けて取り組んでましたけど、まーあなかなか難しくてね(苦笑) ストロークの未熟なところをいかにスタンダードブリッジの恩恵に与ってプレイしていたかがよく分かったもんです。それを我慢してオープンブリッジに移行していくのはなかなか大変でしたわ。今でも引き球なんかオープンブリッジでは気持ち悪いですし。

でもやっぱりオープンブリッジで撞く方が狙いやすいので、撞けるものならオープンブリッジにしたいっていうところでしょうか。



それでもですよ。あのカー・ピンイーにしてもウー・チャーチンにしても、しっかり引きを利かせたい時はスタンダードブリッジを組んでいるわけで。やっぱり大事なのは使い分けなのかなと思います。

僕たちのようなアマチュア趣味プレイヤーのスタンスとしては、練習時にどしどしオープンブリッジを取り入れてストロークの安定化を図り、通常の相撞き等でもしっかりとオープンブリッジで撞き、結果の求められる試合等では確率の高くできる方で使い分けられるようにしていくことが大事なのかもしれませんね。



あー、またやってみるかー、オープンブリッジ週間(笑)


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


ストローク安定化練習配置

2015年03月25日(水) 6時04分
さて、火曜日の夜はセスパに行ってきました!この日は一人練習をしたかったんです。大きな課題が2つほどありまして、それをじっくりとやってみたかったためです。半額デーだったので、無理かなーって思ってましたけど、珍しく空き台が数台ありまして、念願かないました(笑)


2つの課題と言いますのは、、、

1) 右に構えてしまう → 右コジリor手球が左にずれる ことの改善。
2) いい練習配置をもらったのでその練習

です。


1) につきましては、色々と試行錯誤しております。全然問題ない配置から、ミスが発生しやすい配置まで何となく自分でわかっております。その辺も踏まえてもう少し何とか改善できないかとあれこれ考えた結果、、、1つの案が浮かび、それを実践して来ました。これに関してはまだ検証が必要なので、もう少し固まってきたら記事にするとして。


2) についてなんですけど、先日BNさんと相撞きした後に、上級者の方がBNさんにアドバイスしているのを一緒に聞きましてね。ストロークの安定化をはかる練習配置です。


こちらです、、、



ドン!!

(あれ?昔よくこんなことやってたブログあったな(笑))





少し拡大しますよー



そうなんです。右利きの人が前提ですけどね。右側長クッション沿いに的球と手球をセットします。それぞれ、2ポイント当たりの位置に置いて、ちょっとだけ(2〜3mmほど?)浮かしておきます。

これをオープンブリッジで、、、

・入れる
・引いてスクラッチ
・押してスクラッチ

・・・メインは引いてスクラッチさせること

です。

とりあえずは、的球は3ポイントくらいの位置でもいいかもしれません ↓↓↓↓




これが安定して出来るようになって来れば、かなりのストロークだと思われます。そもそも、構えた時の景色が錯覚を生みやすいですからねー。


早速やってみたんですけど、、、


入れることはとりあえず出来るとして、引いてスクラッチが思いの外出来ましたね!!これは嬉しい。確率は、、、それほどよくはないかもしれませんが、とっかかりにしてはだいぶ出来たので良かったと思います。

しかし、押してスクラッチがほとんど出来ませんでした(泣)

なんと押しの難しいことか!

自分の中のイメージでは、押してスクラッチの方が引いてスクラッチよりやり易そうだったんですけど、結果が真逆だったのにはびっくりしました。いやはや。。


結局この日はそれほど長い時間撞かなかったのと、1)と2)の課題を交互にやっていたため、そこまでじっくりとは検証しきれていないので、またじっくりと一人練習出来る機会があったら試してみたいと思います。ストロークの安定はプレイ全体の安定につながると思うので、取り組んでみる価値がありそうです☆



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


開幕まであと少し!

2015年03月24日(火) 6時26分
さて、プロ野球も開幕が近づいてまいりました!!

今年のプロ野球はなにやら例年以上に盛り上がりそうですね!

パ・リーグに関しては、巨大戦力のソフトバンクの牙城を崩すところが現れるのか!?一番手は大型補強のオリックスですが、、、各個人が団結して本来の力を発揮すれば脅威でしょうが、バラバラでの戦いになると意外と大型補強はもろいですからね。個人としてもメジャー帰りの松坂、マイナー帰りの中島など、どれくらいやれるのか?ってところも興味ありますね。


セ・リーグに関しましては、我らが巨人軍が例年になく不安視されている状況ですね。野手も不調・高齢化・故障でやりくりがままならない状況に加えて投手陣も不調・故障などなど。。。オープン戦でまともだったのは抑え転向の澤村くらいなもんでしょうかね。

ここまで巨人が弱体化していると、大混戦になる可能性がありますねぇ。

なんだかんだで近年安定のAクラスを維持している阪神。なんといっても黒田効果でチームもファンも盛り上がっている広島。層は薄いものの、ナンバーワン強力打線のヤクルト。このあたりでAクラス争いが激化しそうです。特にヤクルトは結果を残すべき人が結果を残しつつ、毎度毎度の怪我人が抑えられれば可能性あると思うんですよねー。

横浜も悪くはないと思うんですけど、上記の4チームがそれなりに力を発揮してきたら厳しそうです。中日は、、、すみません、今年はちょっと(苦笑)



それで、なにやら巨人の集まりで村田を開幕スタメンで使うことが公表されたとか!?まったく大丈夫なんでしょうかね?


そこで僕は考えた。


どうせならベテランぞろいで開幕迎えたらどうなん??と。どのみち若手も育ってきてないし。。。


ちゅーことで以下。

1.中堅 長野
2.遊撃 井端
3.右翼 高橋
4.一塁 阿部
5.三塁 村田
6.左翼 金城
7.二塁 片岡
8.捕手 相川
9.投手 菅野

はい、野手全員オーバー30で構成してみました(笑)


まあ、実際のところはないでしょうけど(←当然)、坂本は不調でしょ?井端は好調でしょ?村田はなぜ使うの?長野・阿部は怪我明けでしょ?小林は使えるの?高橋はまだまだやれるでしょ?・・・などなど、いろいろ思うところはあります。


最近ではテレビでめっきりライブで試合を観ることが減ってきてしまいまして寂しいところです。ネットのニュースや速報なんかではよくチェックしているんですけどねー。


まあ、夏頃には実際にスタジアムに行ってビールでも飲めたらいいなと思っております(笑)



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!



※ ↓ ご興味のある方、ご参加くださーい!(^^)!

なぜ右に構えてしまうのか、手球が左にずれるのか

2015年03月23日(月) 6時28分
さて、日曜日に自宅で素振りをしている時に、ふと気付いたことがありました。もしかしたら、これは大きな発見かもしれないので、記録しておきたいと思います。


そもそも昔からなんですけど、僕は普通に構えに入った時に、無意識的に「右の撞点を狙っているように構えて、そこから修正している」というような悪癖があるのです。

昔っから現在に至るまで、僕が構えに入るところを後ろから見た人にことごとく言われるのです。「右を狙ってるんですか?」と。自分では全く、ほんとに全く意識はないのですが、どうやら右に向けて構えてしまっているようです。

そして、外す場合に、手球が左にずれてしまう(的球が右に外れる)ことがとても多いのです。左フリなら薄く、右フリなら厚くですね。

この前ペアマッチ戦の前の練習試合で動画を撮ってもらったのを観ても、ほんと右に構えていて自分で愕然としたものです。また、自宅での動画撮影で後ろから撮った時に、最初構えたところから右ヒジが徐々に外側に移動していくのも観られたんですね。


んで、その原因かもしれないことに気付いたのです。


それは、、、


ブリッジを少しだけ右に置いてしまっているのではないかということです。


すなわち、、、


本来は、真っ直ぐ撞く場合、グリップ−ブリッジ−キュー先−撞点−手球−厚みのラインが真っ直ぐであることが理想的ですが、そのうち、ブリッジを本来置く場所よりちょっとだけ右に置いてしまうとどうなるか、、、


グリップの位置が変わらないとすると、そことブリッジを結んだ線の延長上の撞点は、右を撞くところを向くことになりますね(!)

おそらくこれが自分の構えた時点でたまに出てしまう状態かと。


そして、そこから撞点を無意識に真ん中に修正しようとすると、、、ブリッジは固定されていますので、グリップを少し右側(外側)へ移動することになりますよね。

結果、グリップから撞点までのラインは真っ直ぐになっても、狙い全体としては、厚みに対して左にずれることになります(!)



まさに、物理的な理論として自分の悪癖の発生状況を説明できるんですよね〜。


単純に「右ヒネリ」をかけたい場合はブリッジを置く位置はこれでいいのかもしれません。ただし、真っ直ぐに撞きたいのにこの位置に無意識にブリッジを置いてしまうのはちょっと問題ですよね〜。


故にですよ、、、これ、、、僕が右ヒネリが圧倒的に得意で左ヒネリが苦手っていうのにも合致するんです。右コジリしやすいっていうのも当てはまりますしね〜。


ブリッジの「左右」のちょっとした位置っていうのは穴でしたね〜。まだ実際に練習に行って確認していないので決定的ではないんですけど、かなり要因としての確率は高そうです。


そもそも、ブリッジの「前後」については、ショットの強さの大小だったり、キューを利かせるときに少し調整したりなどと、意識したことは結構ありましたけど、「左右」についてはあまり考えたことがありませんでした。


今度練習に行った際に、実際に構えに入るときに意識してブリッジを置き、ちゃんとラインが真っ直ぐに出来るかどうか確認してみたいと思います。


どっちかの方向にコジリやすい癖のある方々、、、もしかしたらストロークが曲がっているということではなく(それもあるかもしれませんが)、ブリッジを置く「左右」の位置にも問題があるかもしれませんよ?


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!

Rootsレディーストーナメント

2015年03月22日(日) 14時59分
さて、メイさんのブログにもありましたとおり、Rootsでレディーストーナメントが開催されるようです!




4月18日(土)10:30〜
USナインボール、ダブルイリミネーション
LA4先、LB3先、LC2先
エントリーフィー2000円、賞典は2位からです。
12名限定ですので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。

ビリヤードカフェ Roots

ご興味のある方は是非ご参加ください!(^^)!



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!
2015年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ブラッドEX
» ストローク・・・ (2019年05月23日)
アイコン画像ポルです。
» ストローク・・・ (2019年05月23日)
アイコン画像ブラッドEX
» 初マンスリー (2019年03月13日)
アイコン画像HY
» 初マンスリー (2019年03月13日)
アイコン画像ブラッドEX
» 初マンスリー (2019年03月13日)
アイコン画像HY
» 初マンスリー (2019年03月12日)
アイコン画像ブラッドEX
» 先球に力を伝える (2019年02月26日)
アイコン画像ポル
» 先球に力を伝える (2019年02月26日)
アイコン画像ブラッドEX
» チョーク (2019年02月21日)
アイコン画像栃木の元A
» チョーク (2019年02月21日)
月別アーカイブ