months
Yapme!一覧
読者になる
«2009年03月 | Main | 2009年01月»
1月の鑑賞メーター このエントリーを含むはてなブックマーク  / 2009年02月04日(水)
観た本数:25本
観た時間:2689分

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション [DVD]メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション [DVD]
トミー・リー・ジョーンズにリスペクト。しかし本人が主演したのは予算が不足したからだという。「ガルシアの首」に影響されたという本作は不条理の連続なのだが、それを美しさでねじ伏せる技が見どころ。国境の酒場が素敵〜
鑑賞日:01月31日 監督:トミー・リー・ジョーンズ
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]
地上波で放送された「もうひとつの…」なるスペシャル(ディレクターズカット?)版を見る。より原作に忠実になっているとのことだが放送時間にあわせて大幅にシーンがカットされており、20th Century Boysを演奏するシーンもない。子供カンナの髪型が違うのはなぜだ。原作に親しんだ者としてはこれで話が通じるのかしらんと不安になる。
鑑賞日:01月30日 監督:堤 幸彦
プロフェシー [DVD]プロフェシー [DVD]
うわあ、「ふしぎなこともあるもんだ」で終わってしまった、イライラする〜
鑑賞日:01月29日 監督:マーク・ペリントン
キリング・ミー・ソフトリー [DVD]キリング・ミー・ソフトリー [DVD]
衝動的な恋で結婚した夫の過去に怯える、というサスペンスの王道を、なんでこんなに下手くそに撮れるのか謎。情熱に醒めて離婚するという結末も興ざめ。
鑑賞日:01月29日 監督:チェン・カイコー
孤独な場所で [DVD]孤独な場所で [DVD]
犯罪サスペンスだった脚本をボガードとの即興リハーサルを重ねるうち換骨奪胎してしまったというニコラス・レイの苦い恋愛映画。90分とは思えないボリュームで経済的なショットの連なりにため息。
鑑賞日:01月29日 監督:ニコラス・レイ
ヘヴン 特別版 [DVD]ヘヴン 特別版 [DVD]
ヘリコプターがああいう角度で撮られたのは初めてなんじゃないだろうか。坊主頭になると女性はなおさら変な生き物になると思う。
鑑賞日:01月28日 監督:トム・ティクヴァ
ハプニング (特別編) [DVD]ハプニング (特別編) [DVD]
ああ怖かった。風がそよぎ葉が鳴るだけでこれだけ盛り上げた映画はかつてない。それがやりたかったのだろう。
鑑賞日:01月25日 監督:M・ナイト・シャマラン
ミザリー (特別編) [DVD]ミザリー (特別編) [DVD]
ロブ・ライナーとキングは相性がいいのだろう(キューブリックは悪い)。時間の経過を表すシークエンスに、タイプライターでウェイトリフティングしているジェームズ・カーンの姿がちらりと映る。こういうクラシックなB級センスがキングの感性に合うのだ。撮影はバリー・ソネンフェルド。
鑑賞日:01月25日 監督:ロブ・ライナー
レア・魔性の肉体レア・魔性の肉体
未公開作で、「レア・魔性の肉体」はTXで放映するときの邦題。JSBでは「パルメット/誘拐の甘い香り」となる。原題は「パルメット」。これ、鑑賞メーターでは出てこないので、わざわざ同じフォームでここに挿入しています。ジェームズ・ハドリー・チェイスのハードボイルドを中途半端に映画化した失敗作で、手間をかけてまで紹介するほどもないのだが、前半のエリザベス・シューのファム・ファタルぶりは、さすが、「ブリキの太鼓」(はともかく)「秋のドイツ」「カタリーナ・ブルームの失われた名誉」などを撮ったフォルカー・シュレンドルフと思わせる。
鑑賞日:01月24日 監督:フォルカー・シュレンドルフ
シャイニング 特別版 [DVD]シャイニング 特別版 [DVD]
映画館で1度、ビデオで1度、今度で3度目。たしかにこれは変なオチである。ハロランの存在もシャイニングのタイトルも意味不明になってしまっている。前半までは期待させるのだが…
鑑賞日:01月24日 監督:スタンリー・キューブリック
とらばいゆ [DVD]とらばいゆ [DVD]
塚本晋也なしでは成立しない映画だった。なんでとらばいゆ?
鑑賞日:01月24日 監督:大谷健太郎
降霊 ~KOUREI~ [DVD]降霊 ~KOUREI~ [DVD]
2度目。やたら腑に落ちないストーリーなのである。ナニゴトもなく人生を終わることの恐怖か。霊を見るひとは鬱病になるのだろうか。
鑑賞日:01月18日 監督:大杉漣
キッズ・リターン [DVD]キッズ・リターン [DVD]
声や音が、ときどき、画面の後ろから聞こえてくる。対して登場人物の内声は、画面の最も奥に対象化されて耳に届かない。北野の映画が真正面からのショットに特徴づけられるのはこの構造によるものだ。安藤君は恰好いいな。
鑑賞日:01月17日 監督:北野武
特選 刑事コロンボ 完全版「歌声の消えた海」【日本語吹替版】 [VHS]特選 刑事コロンボ 完全版「歌声の消えた海」【日本語吹替版】 [VHS]
ロバート・ヴォーンは中古車ディーラーチェーンの社長で、社会的名士かどうかはビミョー? 追いつめるコロンボに観る者を感情移入させる一作。
鑑賞日:01月11日 監督:
ナニワ金融道 2 [DVD]ナニワ金融道 2 [DVD]
見そびれていた巻。中居君がいいな、今とは別人のようにソリッドだ(6巻では顔が丸くなってしまっている)。伊藤四郎は、もっと迫力ある演出にしてほしかった。
鑑賞日:01月11日 監督:
スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
鑑賞日:01月10日 監督:ガイ・リッチー
蝋人形の館 [DVD]蝋人形の館 [DVD]
期待せず見ていて思わず身を乗り出す。まぎれもない傑作である。
鑑賞日:01月10日 監督:ジャウマ・コレット=セラ
ダブル・トラブル [DVD]ダブル・トラブル [DVD]
日本未公開で、プレスリーのPVと呼ばれているもの(ファンでなければ楽しめない)。「オールド・マクドナルド」(イヤイヤオー♪)などを聴ける。ヒロイン=アネット・デイはロンドンのデパートガールからの抜擢とか。
鑑賞日:01月10日 監督:ノーマン・タウログ
ユメ十夜 [DVD]ユメ十夜 [DVD]
鑑賞日:01月10日 監督:Array
映画 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者映画 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者
テムポが悪いなー、しんちゃんはなんでつまらなくなってしまったのか。
鑑賞日:01月10日 監督:
チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
これもドラマだっけ。さぞかし煮えきらないものだったに違いない(昨日「HERO」を見たので竹内結子と松たか子の区別がつかないのだ)。
鑑賞日:01月04日 監督:中村義洋
刑事コロンボ〜構想の死角〜 [VHS]刑事コロンボ〜構想の死角〜 [VHS]
スピルバーグ監督ということで有名な第1作。高校生の頃ペーパーバックで読んだっけ…。最後は、今見ても納得がゆかないんだが。コロンボでスカッとするのはいくつかしかないことを思い出した。
鑑賞日:01月04日 監督:スティーヴン・スピルバーグ
HERO スタンダード・エディション [DVD]HERO スタンダード・エディション [DVD]
新春はなぜかドラマづいてる? フジ嫌いなのではじめて見たのだが、シナリオはキムタクの磁力によく合わせており、巧い。最初の10分でチャンネルを変える手を止めさせるのだ。が、韓国に移るあたりからだんだんつまらなくなる。これもいかにもドラマである。
鑑賞日:01月03日 監督:鈴木雅之
ギャンブル・プレイ [DVD]ギャンブル・プレイ [DVD]
クストリッツァしぶいなー。
鑑賞日:01月02日 監督:ニール・ジョーダン
大阪府警潜入捜査官 [DVD]大阪府警潜入捜査官 [DVD]
萩庭君がんばっているなー。冒頭のガサ入れシーンなどなかなかのものである。知らない顔だが主演俳優のきびきびした動きも心地よい。インファナルアフェアばりの設定だがモノローグはすべて不要。BGMも良くない。後半は急激に2時間ドラマふうになって、萩庭君も気が進まなかったにちがいない。女優に恵まれていないのも敗因。
鑑賞日:01月01日 監督:萩庭貞明

 
Posted at 11:36 / cinema / この記事のURL

▲隠れてるぱんだりんをclick!
歌を詠んだらここで報告を!
こうこく
[ウエブ電藝]アクセス推移

dengeiの06
(2005/7〜、加重平均)
 
Related Posts Widget for Blogs by LinkWithin