months
Yapme!一覧
読者になる
    ゲーム <ジャンル> とはなにか このエントリーを含むはてなブックマーク  / 2001年04月16日(月)
    前に <ゲームにおけるプレイ時間> の話を書いたが、これについて、あるゲーム会社の人と話をしてみた。クリス・クロフォードという人(パソコンゲーム黎明期における伝説的な名作「バランス・オブ・パワー」などをデザインした人)の仮説によれば、ゲームというものにおいて、プレイ時間とプレイヤーに任された意思決定項目の多様さをそれぞれ縦横軸にとった場合に描かれる矩形の面積は一定であり、このバランスが崩れるとき、ゲームの <おもしろさ>(?)は破綻していくのだという。

    プ↑
    レ|■■
    イ|■■
    時|■■
    間|■■
     └─────────→
      意思決定項目の多様さ

    プ↑
    レ|
    イ|
    時|■■■■
    間|■■■■
     └─────────→
      意思決定項目の多様さ


     
    つまり、わかりにくいかもしれないが、上がプレイ時間の長いドラクエ、下がプレイ時間の短い「鬼武者」というわけ。

    クロフォード氏が言っているのは、自らがデザインしたシミュレーションゲーム(いわゆるナポレオンが愉しんだといわれる戦争ゲームのことではなく、意思決定がゲームの中心をなすデザインのゲーム、ぐらいの意味)のことであろうから、これを何にでも当てはめていいとは限らないのだが、このようにすれば、恣意的に思えるゲームの <ジャンル> 分けというものが、ある <バランス> のヴァリエーションを指しているのであろうと、おぼろげに感じることができる。

    Posted at 13:24 / game / この記事のURL
    この記事のURL
    https://yaplog.jp/blogdengei/archive/209
    こうこく
       
     Powered by yaplog!