通院地獄・・・

June 30 [Sun], 2019, 18:41

土曜日,けっこう忙しいというのに小雨が降ったり止んだりでイヤになる。
だって,今日は通院が3軒である。
筆者も一人前となったものだ・・・・orz

「筆者さん,ステキ・・・」
看護師が筆者に言う。
(オレに惚れると大変だぞ)
「この血管,針を刺しやすくてホレボレしちゃう」
採血するワケだが,筆者の血管は気持ち悪いほど浮き出るのである。
「筆者さん,続いてお願いします」
看護師が紙コップを渡す。

げっ・・・ヤバ・・・

筆者は元来「近い」ので,何かの時は必ず済ませておくのである。
カイギなんかの前は,どうかすると2回行ったりする。
それでもカイギ中に催したりする。
困ったものである。

今日も家を出る時,しっかり済ませて来たのである。
どうしよう・・・

もはや,乾いたタオルを絞るがごとく悪戦苦闘である。
何とか1軒目の内科終了。

次は歩いて5分ほどの泌尿器科である。
受付で診察券を出してスマホをいじっていたら,年配の看護師のヒトが紙コップを持って来た。
「筆者さん,少しでいいですからね」

ああ・・・・

暑い・・・

June 28 [Fri], 2019, 18:32

晴れるとすぐに30°超えで汗ダラダラだし,雨が降れば蒸し暑くてたまらないのである。
管理の厳しいカイシャだと,エアコンつけるのにもなんやかんや決まりがあって,倒れそうなヒトが出ても,ひたすらガマンということがあるらしいが,幸いヘイシャはそこまでうるさくない。

朝(といっても早朝),出社した時は窓を開けておけば済むのだが,カイシャが始まって9時を過ぎると,パタパタと窓を閉めに来るヤツがいる。
ガマンできないのでエアコンをオンにしたのである。

筆者の窓際席はエアコン無しでも一日大丈夫である。
なんでか・・・
部屋の真ん中あたりが蒸し風呂になってくると,勢いよく風が吹き込むことになるので,ヒジョーに快適なのである。
真ん中あたりのヒトには申し訳ないが。
ただ,涼風どころか強風に近い状態なので,筆者のいるシマで書類ため込み名人のOさんとかSさんの机から,竜巻に巻き込まれたように書類が飛んでいくので不評である。

窓を閉めてエアコンが入ると,筆者席はむしろ暑くなるような気がする。
(シマに新婚のヒトもいるしなあ)

ぜいたくをのたまわって契約打ち切りになるとまずいので,ここはおとなしくしておくしかないのだが,よ〜く考えたら役得で涼しい個室を持っていたりするのである。
その名もサーバ室・・・
こっそりサマーベッドでも持ち込むかと,かなりマジメに考えていたりする。

あきらめが悪い・・・

June 27 [Thu], 2019, 18:22

EPSONの写真であるが,決してEPSONがダメとか言いたいのでは無い。
CANONでも起きる話しだし,例によって筆者のスケベ根性が裏目に出たという話しである。

今まで何回も経験していてわかっていたはずである。
中古のインクジェットプリンタには手を出さない方が良い。

EPSONでもCANONでもインクを飛ばすノズルが詰まっていたりして,まとも印刷できないか,クリーニングにものすごく時間がかかって,大事なインクを使い果たしましたってなことになりがちだからである。
長期間使わないのも良く無い・・・

本体価格が安いのだから,新品買って来た方が安全・安心なのである。
これは今までさんざん経験してきた。

同じ敷地にある別のカイシャで使わなくなったプリンタがあるので,タダで上げますと言われてもらったのである。
もらったは良いが,当座使う予定もないのでしまっておいた。

今週になって使うアテが出てきたので引っ張り出した。
ひととおりセットしてテストプリントするが,な〜んも印刷されない。
インクジェットにつきもののヘッドクリーニングも何度もやった。
見れば「インクがカラ」表示が出ていたので,インクがカラじゃ印刷できるワケが無いと迷わずインクを発注・・・したのである。

結果・・・

新品インクでも真っ白なんです・・・・orz

そうなのである。
捨てるしかないシロモノになっていたのである。
1万円だせば修理してもらえるが,本体の新品価格は9,000円である。
新品のインクが7,000円だった・・・・
「もしかしてインクを交換すれば・・・」などと淡い希望を持ったばっかりに,このザマである。
大事な仕事ではすぐあきらめるクセに,こんなしょうもないところで「しぶとく」なってしまうのである。

妄想みちのくひとり旅・・・

June 26 [Wed], 2019, 8:58
もはや30年以上前である。
当時,毎週のように水沢へ出張していた。
市内で食事を終えた後,同行のKさんが「せっかくだから2軒目に・・・」と言う。
元来くどい性格のKさん,テキトーにその辺の店では許してくれず,ここぞという店のドアを片っ端から筆者に開けさせて中の様子を見ろと言う。
かくして2時間ほど歩き回ってすっかりイヤになり,歓楽街のはずれにひっそりある店に入ったのである。
水割りを頼んだら,南部鉄器の茶瓶が出てきて「お水です」とかい言う。
地主の奥さんがヒマつぶしでやってるような店で,歩き回ったことを話すと「最後にウチを選んでもらってうれしい」と写真を撮られた。
(次に行った時に現像あがりの写真をもらった)



水沢へ仕事ででかけることも無くなり,たまにストビューで町を眺めることがあったが,最近になって店が無くなり更地になっていた。
ママは当時50歳くらいだったはずである。
もうイイトシだから店をたたんで引退したのかと思ったら,隣の雑居ビルの前に店の看板だけぽつんと・・・
これはどういうことだろう・・・・
ママのムスメが跡を継いでいるのだろうか。
うむ,きっとそうに違い無い。
こうなったら確かめにいくしかない。



ドアを開けると,カウンタの向こうに立っているのはムスメではなくて,ママご本人であった。
齢80歳,先客のオッサンも80歳・・・
「ムスコの料理店がうまくいかなくて,借金の清算に店を手放したの」とおっしゃる。
「たまたま隣の元スナックを安く借りることができて・・・」
そう,30年前に「Kさん,ここのスナックにしましょうよ」と言った覚えがある。
ママにムスメなんかいなかったのも思い出した。

勝手な妄想だけで,みちのく一人旅・・・orz

北へ・・・

June 25 [Tue], 2019, 18:12

筆者はB型なので,こうと決めたらとことんやらないと気が済まない性格である。
この「とことんやる」のを仕事で発揮していたら,今頃はブチョーどころか取締役になっていたかも知れないが,ガッコーの勉強とか仕事では,とうとう本領発揮できず今に至るのである・・・・orz
筆者はギャンブルには全く関心が無いのだが,この性格を考慮して神様が調整なさったのかも知れない。

久しぶりに東北新幹線に乗っている。
目的地は岩手県の水沢(今は奥州市)。

筆者は長い事エイギョーをやったとエラソーに言ってるが,20代から30代にかけては,毎月のように水沢へ通っていた。
不良品の対応で。
お客の所で不良が発覚すると,お客の生産ラインも止まる。
これがたまの話しなら寛大に接してくれるが,度重なるともはや遠慮も無くなる。
「ちゃんとしたもの入れろ!石ころの方がマシだ!」
こう怒鳴られたこともある。
お客の門をくぐると最初に守衛所で手続きをするワケだが,こっちが名乗る前に守衛のヒトが「いらっしゃい。今回は何泊?」とか声をかけてくださるのである。

東海道・山陽新幹線に乗ると,西へ向かうに連れ車窓の山なみが昔見た懐かしいものになっていくのだが,北に向かう東北新幹線のそれは大きく違っていて,流れる風景を見ているだけでも寂しく感じるのである。

なのだが,すっかり縁が無くなった水沢,ひょんなことから気になって,どうしてもこの目で確かめたくなったことがあるのである。
(以下つづく・・・)

徒歩でトホホ・・・

June 24 [Mon], 2019, 18:26

土曜日,ジジョがちょっとしたケガで病院に行かなくてはならないから,その間マゴをみて欲しいというので対応したのである。
三歳児,ゼロ歳児どっちかと思っていたら,三歳児をよろしくとのこと。

散歩と称してクリーニングを出しに行くことにした。
曇り空で直射日光が当たらなくて良い。
手をつないでゆっくり歩く分には何ら問題無い。
大人に合わせて早く歩かせるとダメである。
ネコがいたとか,あそこの赤い花が・・・とか言いながらご機嫌である。

クリーニング店まで1キロちょっと。
店に着いてもヘラヘラして余裕。
これは帰路も大丈夫であろう・・・・

だがしかし・・・

歩き始めて少ししたら,ポツポツ降ってきやがった。
まさかの雨である。
油断していてカサもカッパも持って来なかった。
せめてマゴのカッパでも持って来てればと後悔しても手遅れである。
かくして帰路ほぼ1キロ,おんぶで駆け足である。
マゴ大喜び,ジーサンヘトヘト・・・・orz

--------
筆者の生まれたドイナカ村は無医村である。
母は,隣村の内科医院へひと山超えて歩いて行っていた。
今さらであるが,Googleマップで確認すると6キロくらいであろうか。
幼い筆者も何回かいっしょに歩いたことがある。
途中の森の木陰で昼食の弁当を食べた記憶がある。
母はセミを捕まえると,懐から取り出した糸をセミのハラあたりへ括って筆者に渡してくれた。
「具合も良く無かったから,途中で座り込んでしまったら,筆者がワタシの顔を覗き込んできょとんとしてるんだよ・・・」
後年,そんなことを聞いたが,全く覚えていない。
歩くのがイヤだといっておんぶさせたかも知れない。
--------

おんぶ駆け足をやってると,「今度は抱っこちて」などとリクエストを出しやがる。
申し訳ないが,疲労度が全く違うので抱っこは却下である。
なんとかずぶ濡れになる前に家に着いた。

鼻の奥がツンと来るようことも思い出した一日だった・・・と書けば詩的だが,雨がポツポツした時に,思わず配車アプリでタクシーを呼ぼうかと考えたのは,ここだけの秘密である。

七夕・盆灯篭・・・

June 23 [Sun], 2019, 16:49
「○○の件はヤマサキさんが・・・」
会議中にTさんが言う。
おお,懐かしい。
Tさんはご本社から異動して来たヒトで,広島生まれだそうである。
ひと昔前,ヤクザ映画が流行ってた頃は,広島生まれというと怖がられたものだが,今ではそんなことは無い。
Tさんが見た目おっかないのは出身地とは無関係であろう。

そうなのである。
山崎と書けば,関東ではほぼ100%ヤマザキなのだが,西日本ではヤマサキと呼ぶ場合があるのである。
そういえばSさんも山口県出身とかで,彼もヤマサキと言うのを思い出した。
じゃあ筆者はどうなのか?
す-----------------っかり忘れとった。


七夕かざり・・・


広島県西部で見られる盆灯篭・・・


近所のショッピングセンターで七夕飾りが出ていた。
もう7月だものなあ。
なのだが,このでディスプレイを見た瞬間,どうしても筆者は盆灯篭に見えて仕方がないでのある。
西日本の一部ではお盆になると墓にカラフルな灯篭を立てる。
盆灯篭といって,竹と紙でできていて,文字通り夜はローソクをともすのだが,山火事が心配で省略することが多い。
ただし,新盆の時は白い灯篭を立てるのである。

七夕飾りのショッピングセンターが,なんだか墓地に思えてくるのである。
なんてことを言うが,山崎をヤマサキというのも忘れているし,長いこと両親の墓に盆灯篭を立てていない薄情な筆者である。

再会・・・

June 20 [Thu], 2019, 18:34

朝,新聞の占い欄に「すてきな出会いがあるでしょう」と書いてあったので,大喜びわくわくしながら出勤した筆者である。
こりはきっと素敵なオネーサンと出会って,あんなことやこんなこと・・・

10:00頃,通信回線の工事の関係で電話会社のヒトが来ると連絡があった。
おお,こりはきっとヘルメット姿の可愛いオネーサンが来て,そっから・・・と妄想していたら,ごくフツーのオッサンが来やがったので相棒にお任せである。

そして今度は一本の電話。
こりはおそらくどっかのオネーサンから・・・と未だ朝の新聞に期待していた筆者だが,電話の向こうは,ご本社の上司・・・もとい情死・・・もとい情シのオッサンだった。
ヒトの恋路を邪魔すんなと一喝しようとしたら・・・
「これからテレビ会議のテストをしましょう」と言う。

エラいヒトの会議がほぼ週イチであるんだが,筆者の工場のエラいヒトはテレビ会議で出席している。
それが昨日の会議で回線の調子が悪かったのか,2回ほど途中で切れてしまったのである。
「きちっと原因を調べて再発無きよう」と情シのオッサンは言われたらしい。

テレビ会議ってたって所詮インターネット経由である。
たまには切れることもある
ベストエフォートなのである。
そんなこともあると構えるのがフツーである。
情シのオッサンも内心そうは思っているが,命が惜しいので調査することにしたらしい。

かくしてテレビ会議開始。
何の問題なくつながって画面には情シのオッサン大写し。
筆者の顔も向こうの画面にでっかく出てるだろう。
テストはやるが,何か用事があってはじめたテレビ会議じゃないから世間話になってしまう。

インターネットを介して見つめあうオッサン二人・・・
シュールである。
もしかして,新聞の占いはこのことだったの?・・・・orz

不毛・・・

June 19 [Wed], 2019, 18:23

パソコンは簡単にメールが送れたり,ノート型ならどこへでも持ち運べて便利なはずの道具なのだが・・・
セキュリティがどーのこーのとなってくると様子が変わってくる。
メールを間違って送らないように,送信ボタン押しても「大丈夫か?」と確認のポップアップが開いてみたり,ノートを不審なヤツに持っていかれないようにチェーンでデスクに括り付けろなんてことになる。

ヘイシャも親会社のご指導もあって,メールを送信する前にポップアップが出るような細工をすることになったのである。
プログラムはご本社そのスジのヒトが作成,筆者たちはそれをPCへ適用するサポートを担当するワケだが・・・・

「筆者さん,プログラム適用したら,変なエラーが出て送信できません」
どれどれと確認に出向くと,確かにエラーである。
こう見えても筆者は工学部文学科卒業の経歴を持つツワモノである。
どの辺でエラーになってるか,すぐわかった。
さすがである。

だがしかし・・・

どうやってプログラムを直したら良いかはわからん。
だって工学部文学科卒業である。
プログラムの書き方は知らない。
詩の書き方なら任せておいてほしいのだが・・・

あれこれ思い当たるところをやってもダメで,もはやヒジョー手段しなないと決心。
そう,パソコン丸ごと消去して全て再インストールである。
結果はうまくいって,ちゃんと動くようになったワケだが,半日コースである。
忙しいワケでは無いから実務の問題は無いが,こんな不毛の作業はイヤになってくる。
ならばこのトシでプログラムを勉強して,もう少しスマートにやるか,できないなら不毛の作業に甘んじるか・・・

どっちもイヤだ・・・・orz

不審メールは不振状態・・・

June 17 [Mon], 2019, 18:16

この3年は管理職とはいいながらも「ひとり親方」みたいな立場だったし,5月で晴れて満期釈放じゃなくて定年・再雇用なのでヒラになっている筆者である。
そんな筆者に「秘書」ができた。
世間じゃカイシャでパンプスを強要するなとかやかましいが,秘書と言われるとびしっとスーツを着用なさった女史がヒールを履いてらっしゃるのが良い。
そのヒールで踏んづけてくださいまし・・・・

そう,筆者に秘書からメールが届いたのである。
本日出荷分の請求書が。
あまりにおかしくて,つい添付ファイルを開けそうになったのである。

てか,不審メールを出すのも良いが,もう少しマジメにやれと言いたい。
国語辞典をひいて(古い),秘書とは何かくらい確認しろよ。
直通電話(ダイヤルインね)ならわかるが,直通メールアドレスって何よ?
しかも書いて無いし・・・

悪の組織にもクチうるさいヤツがいて,あーだのこーだの注意したら手下が「んじゃ,オマエが書けよ」とか反抗されているのであろうか・・・・orz
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ