なば・・・中国地方の方言でマツタケや椎茸等キノコのことでしゅ

October 30 [Mon], 2017, 18:01

秋の長雨が続いた後,桜の古株から椎茸が生えていた。

どっから見ても椎茸なのだが,まさかこんな所に生えているワケは無い。
いや,いっぺん食べてみないとわからない。
こんなせめぎ合いを心の中に持つ筆者である。

ドイナカ村字山奥の筆者家の山ではマツタケが採れた。
マツタケは,地面に顔出す寸前を採るのがベストなのだが,これを探すのは難しい。
母は実に上手で「ほら,そこにある」「あっちのシダの陰に」と次々に見つけるが,何度教わっても筆者はダメであった。
採れたマツタケは,ほとんど売って現金に換えた。
下手な内職よりよっぽど効率が良い。
病弱で二日に一回は寝込んでるような母だが,山へ入ると途端に元気になった。
それはそうであろう。楽しくて仕方いだろうから・・・
町場の親戚がわざわざ「マツタケ狩り」に来ることもあった。
そんな日は決まって「すき焼き」である。

なのだが,筆者実家自身はマツタケをほとんど食べることは無かった。
「あの匂いがねえ」
「たまらないと言うヒトが多いけど,なんだかカビ臭くて」
「食べておいしいのは,マツタケなんかより椎茸」
筆者もそう思う。

思っていた・・・・
が,最近気がついた。

もしかして,これはマツタケを売ってカネにしたい母が仕組んだマインドコントロールではなかろうか。
筆者が物心つかない頃から子守歌がわりに「マツタケまずい」と耳元で刷り込んだのではないだろうか。

今度墓参りにでも行った時に聞いてみるか・・・

う〜む・・・

October 27 [Fri], 2017, 21:09
何か仕事を引き継いだ時,十分理解できなくて困ったのだが,前任者はいなくなっているので,他のヒトに聞きまわるが突っ込みが足りなくて「何がわからないかわからない」などと寝言を言うヤツがいる。
聞かれた方は「何を今さら?」とか思っているのだが,それには気がつかず,「だって,ちゃんと教えてもらってないだもん」の態である。

もちろん,ちゃんと教えないのが問題だが,己が「自分で道を描いていく立場」にあるなら,やるべきことは自然とわかるだろうに。
言われたことしかしない,わからなければ上司に「わかりません」の丸投げでは,ちょっと困る(筆者の部下じゃないから,困らないが)。

「そんなこと言われても,オレは下っ端だし」と言うんだが,オマエは将来「上」になっていくんだよな。

せめて,カゼひいてないなら,会議の時はマスクをはずせ。

お江戸おでかけ・・・

October 26 [Thu], 2017, 18:03

久しぶりのおでかけ,しかも久しぶりの東京である。

IT商材の販売会社のセミナーへのこのこと出ていったのだが,開始が午前10時。
若い頃なら朝がゆっくりできて嬉しいとか言うところだが,今となっては通勤ラッシュの真っ最中に電車に乗らないといけないのが苦痛である。
どっからヒトが湧いてきたんだというような中をかき分けて歩くのは疲れる。

しかし・・・・
毎回思うのだが,筆者はいわゆる工場でしか働いたことがないので,都心のすらっとしたビルで仕事する感覚がわからない。

どいつもこいつも私服で首から名札をぶら下げてさっそうと歩いてやがる。
洗いざらしの作業服上下でフォークリフトに気をつけながら歩くのと大違いである。
セミナーが終わったのが昼過ぎなので,ちょうど食事にでかけるヒトといっしょになるワケだが,「クライアントに渡すエビデンスが・・」とかカタカナばっかりの会話である。
おそらく彼らはランチに行って,その後ミーティングがあるのだろう。
筆者の場合は「昼メシ」食って「会議」である。

それにしてもである・・・

IT関連でヒトが集まると,どう見ても筆者よりひとまわり以上若いヒトばっかりで,どうにもこうにも場違いで痛々しいのである・・・orz

雨降り・・・

October 25 [Wed], 2017, 18:10

先週,中国から日本へ研修に来ていたヤツが最終日に感想を聞かれて「ずっと雨でイヤだった」とがっくりしていた。
中国人がそう思うように,筆者も中国の生まれなので(まだ言ってる),雨降りはイヤである。

カサを差して駅まで歩くのがまず鬱陶しい。
駅で電車に乗った時のカサの処置が鬱陶しい。
早朝のガラガラ電車なので,テキトーに床に置いておいてもヒトの邪魔にはならんが,できるだけ場所を取らないように「折りたたみ」を使うんだが, 畳む時にびちょびちょと濡れるのがハラが立ってくる。
朝でかける時降っていて,夕方帰る時も同じように降ってますというのが一番頭に来るのである。

これがである,もしキレイなオネーサンが同行していたりして,カサが1本しかなかったりすると,イライラはどっかへ吹き飛んでしまって,「ほら,もう少しこっちへ寄らないと濡れちゃうよ」とかなんとか言いながらヒジョーに楽しくなるワケだが,オネーサンはいなくて雨だけがざんざん降っているだけだから,どうにもならないのである・・・・orz

新人研修・・・

October 24 [Tue], 2017, 18:04
新人のために1時間ほど部署の説明をしてくれと言う。
(新人と言っても,それなりの社会経験を持つハケンのヒトである)
各部門を順番に研修やっていくスケジュールらしいが,筆者の所なんか幻みたいな部門だからわざわざコマを設けてくれなくてもと思うのである。

仕方が無いので部門の説明をパワポで作るのだが,いかんせん中身が無いから冗談でも何でも総動員しないと,とてもではないが間が持たない。

■シート1:自己紹介
実は私は中国生まれです。
その証拠に読んでる新聞は中国新聞,メインバンクは中国銀行,テレビは中国放送,バスは中国バス・・・

う〜む,何のことでしょうかときょとんとしてやがる。
広島方面でやれば,それなりにウケるのだが・・・
(中国から研修に来た中国人に同じ話しをしたが,やはりダメだった)

■シート2:「愛は真心,恋は下心」
これはどういう意味でしょうか?

もはや情シと何の関係があるのかと不審な表情である。
「愛は心の位置が真ん中で,恋は心が下にあるでしょう」と説明を加えるが,冷たい空気がただようばかり・・・

■シート3:「Tobe Tobe Ten Made」
どういう意味か説明してください。

一生懸命ノートを取っていたが,その手が止まりワナワナと震えていた。
筆者があまりに高尚なことを言うから感動したのであろう。

決死?のお誕生日会・・・

October 24 [Tue], 2017, 5:52
10月22日(日)



なじみの店の大ママの誕生日会,今回は豪勢に屋形船だと決めたのが9月頃の話し。
で,当日になってみれば台風がドンピシャで遭難覚悟で船に乗り込んだ。
川崎・塩浜から出てベイブリッジあたりまで行って戻る3時間コース。
「波が高いようなら,その辺で止まって飲み食いしてもらいます」とか物騒なことを言われたが,幸いにも風がそれほどでもなくて無事周遊。



大ママは今年で75歳。
筆者が上京して住み込んだ新聞店の隣で小さな赤ちょうちんをやっていたのが運のツキである。
40年前,37歳だったはずなのだが,なんで計算が合わないのであろうか。
当時,4歳の娘がいて,何でか知らないが子守させられたことがあって,泣きわめかれて手に負えなかったのだが,その娘が今店を切り盛りしているのである。
で,この娘はすでにマゴもいるといる状況で,そのうち娘の娘が店を継いだりすると,親子何世代にも渡って商売繁盛に協力させられるというオトロシー状況である。



呑み屋の常連客が20人ほど集まっているワケだから当然ながらガンガン呑む。
12時出港の3時間コースを終えて戻って来ても物足りない。
かくして二次会へ突入なワケだが,自分の店へ連れて行かれて「もうダメだ」と腰を上げたのが夜中の9時。

お祝いだから二次会はご祝儀だとばかり思っていたのだが,きっちりお勘定されるのである。
さすがである・・・・orz

出張に行くヒト・・・

October 20 [Fri], 2017, 20:58
「電話連絡じゃあラチがあかないので行こうと思います。」
隣のシマのエンジニアがリーダーに報告している。
まあ,よくある光景である。
「で,先方は受け入れOKなのかな?」
「え?なんですか,それ・・・」

ん?まさか・・・
行くのを決めたは良いが,先方の了解を取ってないみたい。
てか,一連の話し合いの中で確認しとらんのか?

しばらくして言われたとおり先方の確認を取ったらしく・・・
「話しはついた?」
「ええ,月末だから十分な相手できないって言われましたけど。」

そ,それって・・・

「月曜の朝に入るので,日曜日の夜に現地に泊まろうと思います。」
「うん,それがいいね。」
「どこへ泊ったら良いのですか?」

広島県第二位のフクヤマ市の隣の小さな町の山奥に行くのだが,今どきだからちょっと調べれば良さそうなものを・・・

「う〜ん,オレ詳しくないからなあ,駅前のキャッスルホテルとか・・・」

をいをい,そんな高い所へ泊ってどうするんじゃ。
ついついたまらなくなってクチを挟んだ筆者である。
「現地に近いフチュー市のダイイチホテルがリーズナブルじゃぞ!」

アドバイスを聞いてそこに決めたようなのだが・・・
「電車が何時になるかわかんないから,チェックインの時間を連絡できません。」
「え?」

人間のできたリーダーは笑っているが,筆者だったら30秒もガマンできない。
世間知らずのキレイなオネーサンだったら,自腹で付き添い指導するところだが,世間知らずなだけで〇〇〇ではないので知らん顔である。

現地で仕事できるんか・・・・orz

くん・・・

October 18 [Wed], 2017, 18:30

中学生の部活なんかで上級生を「先輩」と呼ぶことがある。
わずか1歳上で「先輩」かよと思ってしまう。
大人になって就職すると,自分より先に入った経験の長いヒトを「先輩」と言って立てることは良くある。
経験の長いヒトが後輩に対して「クン」と呼ぶのもよくある。

しかしである・・・

大人になってからの5年10年は,もはや年齢差でどうのこうのでは無かろう。
年下だからと先輩風吹かして「クン」と言っているうちに,その「クン」が自分の上司になったりする。
これもアルアルである。
なので筆者はカイシャで年下のヒトを「クン」と呼ばない。
ちゃんと「さん」で言う。
----------------
若い頃は,自分がブチョーになった暁には,かわいい女子の部下が自分に惚れてくるから,その時は「〇〇子クン,残念だがねえ・・・」とやるんだろうと夢見ていたのだが,ブチョーにはならんし,かわいい女子の部下にもとうとう恵まれなかったので,「クン」と言うことも無かったのである。ぐすん。
----------------

異動で自分より年下のリーダーがいる職場に配属されて
「□△クン,この手順がよくわかんないんだけど」とやってるのを見かける。
当事者どうしは今までの流れで気にしていないようだが,ハタから見るとおかしい。
今さら「さん」とも言えないだろうから,せめて□△リーダーとか肩書で呼べばと思うが。

文庫本の市場・・・

October 17 [Tue], 2017, 18:24

真っ青なのである。
新聞を読んでいたら「文庫本の市場が毎年5%ずつ縮小している」という。

筆者ときたら,相当おかしい活字中毒で,電車に乗っている時に読む本がなかったらどうしようと悩んでしまうタチである。
出張なんかで長時間電車に乗る時は,往路で全部読んでしまったら困るから復路の分に何を持っていくかとか考えてしまうのである。
(同じようなことを池上彰氏も言っているのでホッとしている)
もう少しじっくり読めば良いのだろうが,こらえ性の無い性格なので「斜め」に読んでしまって「もたない」問題もある。

また,ヒマはあってもカネが無いので,休みの日に某ブック◆フで文庫本や新書をしこたま買っておく。
しかも100円コーナで。

なので,文庫本の市場が縮まっていくと古本も減るワケで,困ったなあ・・・・
でも,よ〜く考えたら・・・・古本しか買わない筆者みたいなのも市場が縮む原因なのか・・・・orz

保育園にひとり・・・

October 16 [Mon], 2017, 18:03

「オマエが保育園へ迎えに行くのが難しい時は代わりに行ってやるぞ」とジジョに言ったら,親以外のヒトは事前に顔写真を登録しておかないと引き渡してくれないらしい。
何があるかわからないからだろうが,オトロシー時代になったものである。

もはやものすごく昔,筆者は1年間だけ保育所に通った。
母は専業主婦だったので,小学校へ上がる前に団体生活に慣れさせる意味合いもあったのだろう。
保育所は小学校の向かいにあった。
家から2キロ,小学生の登校班に引っ付いて通っていたと思う。
時々,町の工場へ出勤するオヤジのバイクに乗せられることもあった。
家にはクルマが無く,母はバイクはおろか自転車も乗れないヒトだった。

バイクの荷台に乗って通うのは楽である。
歩かなくて良いから。
ただ,問題がひとつあって,オヤジは当然工場の始業時刻(8:00か?)に間に合うように出るので,保育所のに着くのが7:30頃なのである。
今と違って早朝保育や園長保育は無いから,先生が来るのは早くても8:00頃である。

じゃあどうするか・・・・
オヤジは人気の無い保育園の渡り廊下に筆者を置いて行くのである(をいをい)。

先生が来るまでの30分間,ひとりぼっちで待ってるワケだが,寂しくなってワンワン泣いてしまうのである。
向かいの小学校は生徒が登校してきてワイワイとにぎやかなのに,こっちはだーれもいないくて余計悲しくなるのである。

今思い出しても鼻の奥がツンとする・・・・てか,よくもまあ何も起こらなかったもんだ。
悪さするのは「あの世のヤツ」くらいしかいないド田舎なのか・・・orz
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ