メールが滅入る・・・

July 31 [Fri], 2015, 5:57
異動にともなってひととおりの引き継ぎは終わってるんだが,全く別の場所に移ったワケではないので,確認とか質問とかちらほらある.

客先からある要求があって,難しそうだったのでいったんは断った案件.
どうもぶり返したみたいで,筆者の後釜のヤツ(A)が社内の担当(B)に「先週,筆者さんが依頼した件,再燃しまして・・・」と送ったメールがCCで入ってきた.
AとBは同じフロアの隣り合ったシマにいる.
筆者の感覚では,メールなんかしなくても「実は・・・」と話しかければ良いと思う.
Bもそう思ったのか,メールでの返事はせず口頭で返したらしい.

AのメールがCCで再び届いた.
「さきほど口頭で聞いた件・・・」

言った言わないで大きな損害が出るような状況ならいざ知らず,なんでこんなのにイチイチと筆者はもはや当事者でもないのにハラが立ってくるのである.
「記録をきちんと・・」とか言うんだが,こういうメールを受け取った相手がどう思うか想像できないのかなあと思う.

ヤマイモ・・・

July 29 [Wed], 2015, 18:34


コドモの頃大嫌いだったものが,いつの間にか大好きになっていたりする.
ヤマイモもそのひとつである.
遠い昔の記憶をたぐり寄せると,山歩きをして採ってきたとかいって,よく食卓に上がっていたような気がする.
すり下ろしてネバネバドバドバになったヤツを麦ゴハンにかけて,みんなでうまそうにずるずる食べている中,筆者ただひとり「気持ち悪い」と逃げ回っていた.

あれから幾星霜・・・
ヤマイモと来れば,丼いっぱいにすり下ろしてすすってしまうほど好きなのである.
今日のカイシャ食堂の麺類がヤマカケウドンだったので,それは狂喜乱舞して喜んでいたのである.

しかし,いつから食べられるようになったのだろうか・・・



そういえば先週でかけた福山の山の中,風呂神社を訪ねた時,ちょうど馬の背を歩くような地形で若干びびってしまったのだが,自然薯でもありそうな山であった.
好きなヒトはクルマの板バネを加工して特製のクワを作って掘りに行くというから,そのうちやってみるかと思う今日この頃である.

ウシガエル・・・

July 28 [Tue], 2015, 18:52


ギンギンギラギラ夕陽が・・・うるせーぞ,このヤロー.
カイシャを出てバス停に立つと,ちょうど西へお隠れになる太陽が思い切り照りつけて来やがるのである.
夏がいつからこんなに暑くなったんだと思う今日この頃であるが,夏と言えばカエルである.
突然ながら.



筆者家のマンション裏を流れる川,昭和40年代はドブ川だったらしいが,行政や住民みなさんが努力なさった結果,今ではかなりの自然を取り戻している.
サカナが泳げば,いろいろな鳥も集まってくるし,カメに混じってスッポンがいたりして,スッピンのオネーサンがびっくりしたりしている.

最近気がついたのだが,朝方野太い声で鳴くヤツがいる.
そう,ウシガエルである.
フランク永井のような低音で不気味な声を上げてやがるのである.
ドイナカ村は田んぼだらけなので,夏の夜はカエルの合唱でにぎやかなんだが,暗い夜道を歩いて沼や池にさしかかるとウシガエルが低く長く鳴く.
後ろから「オーイ,オーイ」と呼ばれているみたいで気味が悪い.
ウシガエルが鳴いてるんだが,実はこの世のお方ではない方が・・・なんて想像していると,不意に鳴き止んで・・・ドッポンと大きな石を投げ込んだような水音.
なんてのが思い出される.

ウシガエルくん,この辺で鳴くと110番されるかもよ・・・

淀媛神社,阿伏兎観音・・・

July 24 [Fri], 2015, 18:12
ぽーにょぽーにょ,サカナの子〜
福山を海側から見ると,右半分がJFEをはじめとする工業地帯で,左半分は昔の風情を残す観光地・鞆の浦という構図になっている.
川崎市に鎌倉市をくっつけたような感じである.



駅前からクルマで30分ほど走ると鞆の浦に着く.
狭い道を挟むように古い家なみが続き,姉さんかぶりの老婆がサカナを焼いて売っていたりする.
静かな鞆の浦を見下ろす高台にあるのが淀媛神社である.
この神社の祭神は淀姫命(よどひめのみこと)で,三韓征伐を行った神功皇后の妹君・・・・なんたらかんたらとかなり歴史的な神社だそうだ.
暑い日ざしの下,石段を登っていくとぐっと本殿にたどりつき,鞆の浦が一望できる.
鏡のような海面を小船が走っていくと後に一条の線が残る.
潮の香りにセミの声,本殿の縁側に腰をおろすと気持ちのいい風が吹き抜けていく.
カンカン照りの暑さだが,都会のビル街のようなまとわりつくような不快感は無い.
これで冷えた缶ビールでもあれば最高である.
いつものように今月の売上げ達成を願い200円を投じ参拝.



さらに海岸を走り沼隈町に入り,阿伏兎観音と描かれた看板を左に入っていくと磐台寺観音堂がある.
拝観料は100円.
断崖絶壁の上に建つ観音堂は別名「おっぱい堂」.
安産を願い「おっぱい」を作って願いを書いて奉納するらしく,「おっぱい」が「いっぱい」である.
筆者としては思い切り煩悩が舞い降りてくるところであるが,お堂を囲む回廊は海に向かって傾斜がつけられていて油断していると海に落ちそうである.
というか筆者は高所恐怖症なので,立っているのがやっとである.
「写真でも撮ったら?」と言われてようやく気がつく始末・・・・orz



広島おでかけ・・・

July 23 [Thu], 2015, 18:31


恒例の広島出張である.
今回は二日間なので,持ち歩く資料もそれなりなので,カバンが重いのである.
IT関連の専任となってしまったので,これからは紙を電子化して身軽にならなきゃいかん,そう,PDFかなんかにして全部タブレットに入れて出張すれば楽であろう.
ということはタブレットを買わなきゃいかんか・・・
毎度のことながら形から入ってちっとも身につかないパターン,かつ安物買いの銭失いの兆候か・・・・orz


福山の福山通運


福山のヤケに愛想のいいクロネコ

センコー

July 21 [Tue], 2015, 19:42


昨日のことが思い出せないのに,大昔のことは鮮明に覚えているお年頃の筆者である.

高校は国道2号線沿いにあった.
ドイナカ村字山奥では「今日はクルマを見なかった」という日があるような状況だったので,高校に通いグランドの南側を走る2号線は刺激的であった.
途切れなく次から次へと行き交うクルマ.
昼も夜もトラックがたくさん走っていた.

「オレの前のセンコーがよう,急に止まりやがって背中にぶつかりそうになったよ.」
「だっせいなあ,センコー」
「だよなあ,あぶねーだろって怒鳴ったら,センコーのヤロー,プーとか言ってんの」
「バッカみたい,センコー」

そこへ通りがかった体育教師
「おい,先生に向かってセンコーとはなんだ!」
「い,いえ,違いますよ.今,西へ走っていったトラックのセンコーですよ.」
「ぬあんだと,今トラックを走っていたのはワシだ.」

体育祭前のグランドはトラックに真っ白いラインが引かれ,いきり立つ体育教師.

センコー・・・・orz

はたらくくるま・・・

July 20 [Mon], 2015, 17:39


今年も暑いか中,地元駅前で「はたらくくるま」のイベントをやっていた.
消防,警察,土木事務所やバス会社からクルマを持ってきて並べてあるのである.
これらを自由に見て触ってもいいですというのだから,もはや盆と正月がいっぺんに来たようなもんである.
白バイにまたがったり,消防車の運転席に乗ってハンドルまわしたり無線のマイクもったりとお子様が楽しそうにしているのだが,できれば筆者もその中に混じって思う存分・・・とかなり本気で思っているのである.



しかし,どーせムダに広い地元駅前広場である.
「はたらくくるま」と銘打っているからには,もちっと展示を充実させんかいと思う.



40フィート海上コンテナを引っ張るトレーラとかクルマを頭の上まで乗せて唸っているようなキャリアカーとか,宅急便のデリバリーカー?に新聞配達・郵便配達のバイク・・・
ぜひお願いしたいのである.

名刺・・・

July 18 [Sat], 2015, 22:28


私の悪いクセなんですよ.小さいことが気になりましてねえ・・・

筆者は異動で某プロジェクトのリーダーとなっているワケだが,専任の部下がいなきゃ窓際に席が移動して・・・というのは前回書いた.
専任の部下はいないと書いたが,毎日半日程度生活をともにする部下がいて,実質二人の組織で,これでパーティションなんかで区切ってあったら,水谷豊の「相棒」みたいである.

カイシャの方針による指示ななので,異動とともに席を移動し業務を開始したのだが,実は電話の工事が遅れていて,自分の席で電話が使えないのである.
そして新しい部署の名刺も実はまだできていないのである.

なければ作るまでである.

早朝電車・・・

July 17 [Fri], 2015, 18:06


京浜東北線,早朝の大船発の電車には夜遊びして朝帰りのヒトも乗っている.
車内に入ると並んで座るカップル.
細身の男子の隣は,ちょっと大柄の女子.
髪の毛がキレイにカールしていて,黒のフリフリの短いスカートから伸びるなまめかしい白い足.
正面に座るとちょっと見えそうである(何が?).

筆者は彼女とならぶ格好で少し間をあけて座った.
ほどなく乗り込んで来た中年のオッサン,彼女を見て「!」の表情.
迷うことなく彼女の正面の席に.
新聞を読むフリしてやがるが,彼女の白い足に釘付けである.

「今日はずっといっしょにいたい.」

文字に書けば,彼と朝を迎えた彼女が甘えているようだが,これが野太い低音・・・
筆者も彼女の前のオッサンも「?」と顔を上げた時・・・

「今日はずっといっしょにいたい.」
もう一度,可愛い顔の彼女の口元が動き,聞こえて来るのは低音の魅力・・・

彼女の白い足に釘付けになっていたオッサン,人生で一番の失敗のようにげんなりした表情で席を立ち,隣の車両に消えた.

始発電車には魔物が乗ってる・・・・orz

異動・・・

July 16 [Thu], 2015, 19:16


ぬあんと,本日付(7/16)で筆者は職場が変わったのである.
永いことサラリーマンやってカイシャの名前も何度か変わってるのに,ずーっとエイギョーだったのである.
学生の頃,新聞の拡販やらされてちっともうまくいかなかったせいで,就職してもエイギョーだけはしたくないと思っていたのだが,見事にエイギョーに配属されて今日まで至るである.

新しい職場は某プロジェクトで,筆者はぬあんとプロジェクトリーダーなのである.
カタカナの肩書きである.
もはや渋谷・原宿・六本木とかに出しても恥ずかしくないのである.
日本語で言うなら特命係・・・「相棒」みたいである.

しかし・・・

直接の部下はいなくて,席は窓辺.もしかして・・・・orz
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ