堪忍袋・・・

September 29 [Mon], 2014, 18:04
筆者の職場は少し変わっていて,5名の部下(いちおう)がいるんだが,2名はふだんはほとんど無関係な状態でデスクも全く別の場所にあって,まさに名目状態なのである.
なので仕事上の報告とか相談なんてほとんど無いわけだが・・・

オツボネママ部下が珍しく筆者のところへやって来て,「ワタシ,セーカンへ異動の希望出そうと思います.」とか言う.
今,いる職場(他部門の連携含め)の仕事のやり方に不満があるらしい.
小柄でカワイイ(40代後半ではあるが)し仕事もまあまあできる彼女なんだが,不平不満や文句が多すぎるのがダメなのである.
「ほんとうにもう,やってられないですよ」
「前からそうなんですけどね」
・・・以下省略・・・

彼女の後ろをシャチョーが通り過ぎて事務所の中に入って来ても止まらない.
シャチョーもヒトが悪いから,咳払いのひとつでもすればいいのに静かに空いてる席に座って上体を低くして隣のヤツと話しをはじめてやがる.
しょうがないから筆者が目で合図を送ってやるんだが・・・

「筆者さん,どーしたんですか?目がかゆいんですか?」

おまえなあ・・・・orz

てなワケで,20分ほど聞くだけ聞かされて,言った方はなんだかすっきりしましたと言って帰っていきやがった.
オレは堪忍袋じゃないぞ・・・

五輪真弓・・・

September 27 [Sat], 2014, 23:20
五輪真弓のコンサートに行って来た.

はるか遠い昔,1972年(昭和47年)にリリースされた「少女」が筆者の耳にはいつまでも残っていて,雑音だらけのラジオから流れていた「あの唄」が目の前で生でくっきりと聴くことができるのは感慨深いものである.
声もほとんど変わっていないし,歌い方も当時とほとんど同じなのがいい.

あの頃,本当は歌謡曲の方がなじみやすかったのだが,イイカッコしたくてフォークとかジャズ,ロックしか聴かねえよみたいに言っていた.
フォークがはやりはじめた頃でもあったのだが・・・
てなワケで,あのおしりが青い頃を思い出すと,こっぱずかしくてフロに入ってフロのフタ閉じて中でうぎゃーと言いそうになるのである.

デビュー当時は斜に構えた愛想の無い少女(に見えた)だったのだが,もはや還暦過ぎて3年経つという状況で,短いMCの中で「少女でデビューしましたが,今や老女です」とか言って笑いを取るあたりはさすがである.
デビューして40年とおっしゃる.
客も40年前に20代でしたというヒトばっかりで,筆者たちは最年少クラスである.
なにしろ筆者は40年前はかろうじて10代であった・・・

広島おでかけ・・・

September 26 [Fri], 2014, 23:54


月イチの広島おでかけである.
目指す福山は城下町で,福山駅のすぐそばに福山城がある.

だが,しかし・・・
もうひとつお城があったのである.
新幹線で岡山を出て,倉敷を通過して福山市に入ると進行方向右手に見える.

ちゃんと城に書いてある.
ここに女王がいると・・・・

バス・・・

September 24 [Wed], 2014, 20:37
カイシャの帰り,相模原駅に着いたら妙にざわざわしていた.
人身事故で止まっております状態であった.
じたばたせずに1時間待てば再開なんだが,一歩でも前に進む事を信条とする筆者はバスで相模大野まで行くことを思いついた.

筆者と同じようにバスを選んだヒトでバス乗り場は大混雑である.
やって来たバスの運転士,状況を理解したものの,ふだんこんなに乗ることは無いから妙にハイテンションになった.
積み残しが出そうな状況で発車.
国道経由の比較的速いバスだが,相模大野まで30分の旅である.
車内はぎゅうぎゅうで,途中のバス停で乗せることはできそうに無く通過するしかない.
「少しでも詰め合わせてお進みください」
「揺れますから,ご注意ください」
運転士,はりきってやがる.

駅を出て最初の停留所に近づいた.
10人位の客が立っている.
「う〜ん,どうしようかな・・・」
マイクのスイッチを切らずに独り言の運転士.
通過するかと思ったら,バス停に止まってドアを開けずに「申し訳ありません.満車のため通過させていただきます.後続の・・・」と車外に向かってお詫びアナウンス.
次の停留所でも同じようにお詫びアナウンス.
で,発車直後,ぼそっと・・・

「こりゃあ暴動が起きるな・・・」

いくら何でも暴動は起きんと思うが・・・
それより満車なんだから知らん顔して通過してくれた方が,待っている身としてはマシであろう.
待ち焦がれたバスが来て止まって乗ろうと思ったら「だめだよ〜ん」と言われるのだから・・・

電車に乗るのも好きだが,実はバスも大好きな筆者であった.

休日出勤・・・

September 23 [Tue], 2014, 19:19


休みの日わざわざ出勤した・・・のでは無くて,フツーに出勤日である.
ヘイシャの場合,土日から離れた所にある祝日は,他の週末週初めの休業と振り替えてしまうのである.

家にいても光熱水道費がかかるので,出勤した方がコストパフォーマンスはいいのだが,電車は遊びに行くヒトばっかり乗っている.
あたりまえである.

景品唐変木線,ちんたら横浜線ともに,祝日も平日も本数はほぼ同じなので特段困らない.
問題はバスである.
相模原駅からカイシャまで使うバスは,ほとんど過疎地のそれと同じ状況で,日中は1時間に1〜2本.
時間を覚えてそれに会わせるワケだが,祝日の朝は始発が思い切り繰り下がってやがる.
早朝出勤の筆者は6:40〜7:00のバスを使っているのだが・・・
祝日は思い切りカットされてやがって始発が7:30という潔さなのである.
いくら筆者がヒマでも1時間近く待つ粘り強さは持ち合わせていない.
仕方がないので,とぼとぼ歩くのである.

じゃあゆっくり家を出ればいいだろうって?
もはや何をどうやっても早く起きてしまうから,どうにもならないのである・・・orz

看板取り替え中・・・

September 22 [Mon], 2014, 18:15


カイシャのロゴが変わったので,このカイシャの日本中の事業所で取り替え工事が行なわれているワケだが,すごい費用がかかってんだろうなあと,ぼうっと眺めていた.

下品ですいません・・・

September 20 [Sat], 2014, 21:44


これが筆者にはどうしても「ウンコ」に見える・・・・orz

静岡おでかけ・・・

September 19 [Fri], 2014, 21:39
おでかけおでかけ,ヒジョーに嬉しいな〜



隣の静岡のお客へ訪問である.
昼前にカイシャを出て午後お客の所へ入って,あーだのこーだのやって直帰である.
用件はかなり微妙な話しなので,メモを取らない方が良いと思ったので,そうでなくても忘れっぽい筆者は少々大変である.
面会の後,大急ぎで手帳を広げて思い出しながら書いていくのであった.



相手の本心は,胸元をこじ開けてもわかるものではないから,自分の想像でしかないけれど,用件の物理的なやりとりは電話やメールでも済んでしまうことだが,30分でも1時間でも顔を合わせてやりとりしないと「通じない」ことがある.
そう意味では,今日は非常にうまくいったような気がする.

新聞奨学生・・・

September 18 [Thu], 2014, 19:23


新聞の折り込みに入っていた.
新聞奨学生・・・
筆者も30数年前にやったワケだが,要は学校へ行く2〜4年の間,新聞配達をしてくれれば学費出して住む所と生活費を面倒見ますというしくみである.
奨学金とはいうものの,新聞配達の給料のようなもんだから返済する必要が無い.
これは就職した後,かなり楽である.
(筆者のコドモはヒーヒー言いながら返済中)

まあ,仕事(アルバイト)だから楽ではないが,待遇はかなり良い.
新聞側から見れば,身元が堅くて決められた期間きっちり働いてくれる人材はとても助かるのである.
裏を返すと根無し草のような人が多い業界なのである.

興味本位で資料請求なんかした日には,新聞社の担当の人が地の果てでも会いに来て熱心に勧誘してくれる.
今はどうか知らないが,筆者の時は東京からドイナカ村字山奥まで本当に来た.
到着が夜になったもんだから,暗くて歩けないと困ってやがったが.
で,無事任期を全うすれば豪勢な宴会やって感謝状をくれたのである.

チラシを見ていたら,ふと思い出した.
しかし,今でも時々配達先を忘れて路頭で真っ青になる夢を見ることがある.
困ったもんだ.

おでかけの調整・・・

September 17 [Wed], 2014, 19:14
今週の金曜日は恒例の広島おでかけで,やれうれしやと準備万端整えていたのだが,月曜日になって先方から連絡あり「急な出張になったので延期してくれ」と言う.
後から入った用件なら,オマエのジョーシを出張に行かせたらどうかと言いそうになったが,フトコロの大きい所を見せるべく「わかりました.いいですよ.」と快諾してやった.

しかし・・・

すっかり出かける気になっていたのが一日カイシャになるのでは,とてもではないがたまらないので,どっか別に行き先を探すことにした.
昔と違って日本中どこでもというワケにはいかないが,探せばある.
静岡のお客へコンタクトである.

実はこれと言った用事はないのだが,訪問を断られるとがっくり来るので,お願いの仕方が難しい.
単に訪問したいからと申し込むと,わざわざ来られて中身が無いのは申し訳ないからと思って断られることが多い.
こんな時の殺し文句・・・

「近くまで参りますので,よろしければ少しお邪魔したい.」

一般的なカイシャに勤めているヒトで,多少なりとも仕事のつきあいがある場合,こう言われて断るのは,よっぽど忙しいかヒトとつきあうのが苦手な場合である.
人間ができたヒトなら,用件の中身さえ聞かない.

かくしておでかけの穴埋めは成功したのである.
近いので直行というワケにはいかないが・・・

あとはブチョーにどうやって許可をもらうかである.
「○○の案件の状況について,先方の考えを周辺からオフレコで探ってきます.事が事なので報告書のような文書化はできないかも知れません.」

完璧である・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ