タガ・・・

June 30 [Mon], 2014, 20:57


近所の商店街に樽を改造した植木鉢があるんだが・・・

タガがはずれてやがった.

一気に緊張感が無くなるというか,もうどうでもいいですもんと言う感じである.
タガが外れたんだから・・・

気になる・・・

June 29 [Sun], 2014, 22:30


部屋に入った時,食事の時,ヒトと話す時・・・
帽子は取るもんだとやかましく言われて育ったもんだから,これを見ているとそっちばっかり気になる・・・

北関東おでかけ・・・

June 27 [Fri], 2014, 23:47


久しぶりに北関東のおでかけである.
行き先は東武佐野線の田沼,浅草から特急「りょうもう」で1時間,館林で佐野線乗り換えである.
現地集合が12:30なので,家を出るのは8時くらいでも余裕なんだが,もはやそんな日でも朝5時にはばっちり起きてしまうのでやることがなくて困るのである.



少し早めに出て出張報告のネタに佐野厄除大師へ行ってみることにした.
大師は佐野駅から歩いて10分,平日なので商店街は閑散としているが,お寺はそこそこ参拝客がいてさすがである.
本堂では赤い炎が大きく立ち上がって護摩たきの真っ最中である.
見ているだけで汗だくになる.

1時間早く出てきたので楽勝だと思っていたが,駅から寺まで往復20分,集合までに昼飯も済ませないといかんし,けっこう慌ただしい.
佐野線の電車はだいたい1時間に1本だから,うっかり乗り遅れると大変である.
でも,寺から駅へ戻る時に目につくのが「佐野ラーメン」である.
時間的に調理に手間取られるとアウトなんだが,欲望には勝てずラーメン屋へ.
幸いにも手際の良い店だったので,すぐにラーメンが出てきた.

どうせ時間はいっぱいあったのだから,もう少し早めに来てゆっくりすれば良かった.
そう,ゆっくり参拝した後は,ラーメン屋でシナチクで生ビールとかなあ・・・

ん?待てよ.
これからが今日のメインイベントだった.
忘れるところだった・・・・orz

電話のようなメール,手紙のような会話・・・

June 25 [Wed], 2014, 19:42
仕事上の連絡は大半がメールになっている.
メールの利点もあるワケで,筆者としてはそれを全否定するつもりはないのだが・・・・

■電話のようなメール
「○○の件,その後どうなりましたか?状況お知らせください.」という問い合わせ.
ちょこちょこっと電話して会話した方が早かろうにと思いながらも返信しようとしていたら・・・
同じ相手から「あともう1件思い出しました.△△の状況も・・・」

■???の添付ファイル
大量のデータや本文に書ききれない時添付ファイルで送信ということはよくあるのだが・・・
「添付に貴回答を記入して返信ください」
添付ファイルを開けてみれば,たった1品種のみ記載.
本文にさらっと書きゃいいじゃん・・・

■電話のようなメール,手紙のような会話
最近の若いヤツという年寄りの決まり文句はいいたくないが,会話がバカ丁寧.
「筆者様より賜ったご回答をお客様へ展開差し上げましたが,先方のご納得が賜れず・・・」
ナントカ様と口に出すのはホテルか結婚式場のヒトぐらいかと思っていたが,どうも書き言葉と話し言葉の使い分けが無いようである.

ラジカセ・・・

June 24 [Tue], 2014, 18:16


ラジカセを買った.
今どきカセットなんか使わないだろうと突っ込まれそうだが,押入には筆者の怪しいオリジナルテープがあるのである.
聞きたい時に手軽に聞けるためもあるが,このラジカセは安物のくせにUSBメモリへのコピー機能がついてやがるのである.
ヒマな時にデジタル化しようと思う.

押入の奥には,さらに直径30センチのレコードもあるんだが・・・・orz

横須賀線・・・

June 23 [Mon], 2014, 19:24


横須賀線のイベントポスターが貼ってあった.

筆者は昔から思い込みが激しい方であるが,生の横須賀線をはじめて見たのは30数年前の川崎である.
テツの筆者が間違えたな,川崎は通らないぞと指摘しそうになったあなた,昔は大船から東京までは東海道線と同じ線路を走ってやがったのである.

川崎駅のホームで電車を待っているとアナウンス.
「今度の○番線は横須賀線の・・・」
おお,夢にまで見た横須賀線.
ほどなくブルーの電車が入って来るワケだが,もはや筆者の頭の中は「これっきりですか〜」の百恵ちゃんの唄がリフレインしているのである.
横須賀と付くだけでそう思うのだから単純である.

だがしかし・・・
今冷静に考えてみると,「横須賀ストーリー」は無理矢理電車とくっつけるならJRの横須賀線より,やっぱり赤い矢のような京浜急行であろう.

な〜んも根拠は無いが,そう思うのである.

梅・・・

June 22 [Sun], 2014, 18:38


スーパーの店頭に梅がならんでいた.
梅酒や梅干しはどうかというところであろう.

コドモの頃,梅を生で食べると死ぬから絶対やるなと注意されていた.

その指示を忘れることは無かったのだが,ある時近所の畑の梅の木にたわわについた実を見ていたら,プラムのように思えて無性に食べたくなった.
もちろんいっしょにいた友だちは「死ぬからやめろ」と言う.
だが,欲望に負けた筆者は(昔からすぐ負ける)手をのばして梅をもいで口に入れた.

プラムとは食感が違うが,酸っぱくてけっこううまい.
3〜4個食べた.
体調の変化も全くなかった.

なので筆者の常識は生でもOKなのであったが・・・

近所をぶらついていると梅の木が・・・
よし久しぶりに食べてみるかと思ったが,ちょっと待てよと家に帰ってグーグル先生に聞いてみた.
「300個程度口にするとやばい」と書いてある.
ぬあんだ数個ならやっぱり大丈夫か,食べておけば良かったと思いながら,さらに続けて読むと・・・
「幼い梅は10〜30倍の・・・」

やっぱり生で食べるものではなかったのである.

正論・・・

June 20 [Fri], 2014, 23:50


月イチの広島おでかけである.
帰りの電車のことなんだが・・・・

30代のオネーサン二人に50代のオッサン三人のグループが乗って来て,缶ビールを空けた後は持ち込んだワインで大宴会である.
酔っぱらいのでかい声を聞いていると,どっかの商社のようである.
アグレッシブにグローバルなオーバーシーの展開を・・・などと会話してやがる.

オネーサンもかなり「いける」方で,ガンガン呑みながら「ホンブチョー,Wさんの言われることは正論なんですよ.でもワタシの部署にはそんなふうに思うヒトがいない!どういうことなんでしょうか!?」
かなり威勢がよろしい.
で,言われたホンブチョー(50代後半)が返す.
「キミの言うことももっともだが・・・」
「もっとも何なんですかあ〜」
「セイロンはここには無いんだ」
「どこにあるんですかっ!」
「インドのとなり・・・」

・・・・・・・・・・

もうここで筆者は呑んでいたビールを思い切り吹きそうになったんだが,オネーサンはポカンとしている.
ホンブチョー,そのオヤジギャグは30代のヒトにはちょっと通じないかも・・・・orz

社内宴会・・・

June 18 [Wed], 2014, 23:26
久しぶりに社内宴会に出た.
親会社より出向中の某氏がこのたび親会社へ戻ることになったので,いわゆる送別会である.
総勢15名のこじんまりした会であったが,この位がテキトーに呑んでる分にはちょうどいい.

久しぶりのビールなので,会費の元を取るべくがんばったのだが,いかんせん送別会なので主賓の会費分を他のメンバーで負担している関係上,とってもでは無いがムリである.
食べ物も今回は大皿式なので,隅っこに座ってしまった筆者はもはや負けである.

それにしても親会社へ戻り,しかもご本社勤務と来た日にはめでたいとフツー思うのだが,かなり面倒臭くてイヤになる職場らしい.
日本各地にある工場勤務の方がイロイロと楽しいらしい.
もちろん親会社の社員ではない筆者にはわからない.

そんなことよりあっちの大皿の肉が食べたい.
こっちの皿の野菜は飽きた・・・

田舎のバス・・・

June 17 [Tue], 2014, 20:44
今日もバスネタ.

高校生の頃,通学にバスを使っていた.
当時は乗車時間が長かったように思っていたが,今思い出すと15分位であろうか.
ぬあんだ,たった15分かと思われるだろうが,道中信号無し渋滞なしである.
田舎でクルマで15分ということは,軽く10qは走ってしまうのである.

それにしても今から見るとあり得ない状況であった.

(1)バスに車掌が乗っていた.
今は日本中どこへ行っても99%ワンマンカーであろうが,筆者が利用する路線は車掌が乗っていた.
ワンマンカーがはしりだったせいもあるが,田舎の狭隘路で対向車と離合できずバックしますなんてのはザラだったから,運転士ひとりでは運行できなかったのである.

(2)車内は喫煙OKだった
観光バスとて禁煙の時代からすればウソみたいだが,通勤通学の時間帯でも喫煙OK.
席には灰皿が付いていて好きなだけタバコが吸えた.

(3)バスにラジオが付いていて運行中聞くことができた
特に朝の時間帯はラジオが必ず聞こえていた.
たぶん乗客サービスのようなものだったのだろう.
スマホや携帯オーディオなんか無い時代である.いいヒマつぶしにはなった.

(4)エアコンが付いていなかった
フツーの乗用車だってエアコンがついていなかった時代である.
真夏の車内はさすがに暑い.停車中は.
だがしかし・・・
走り出してしまえばド田舎高原のオゾンたっぷりの風が吹き込んで来て全く問題ない.

たま〜に帰省した時,バスに乗ろうかと思うんだが,走っているバスは都会と変わらない今風のヤツになっているが,本数が当時の2/3位に削減されてやがって話しにならないのである.
言っておくが,10分おきの便が2/3になったのではない.
1時間に1本あるか無いかのが2/3である.

ド田舎力はアップしてやがった・・・・orz
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ