どうすれば・・・

August 14 [Tue], 2012, 8:48


店員の声が小さいとの指摘.
まーたいていの小売業は朝礼なんかで元気よくいきましょうなんてやってるから,ごもっともの指摘である.
ただ,投稿された方の筆跡を見ると,どうもこのヒトも蚊が鳴くような声じゃないかなと思うは筆者だけだろうか.



同じ店,今度は声が大きすぎる.頭に響くから少し抑えろとの苦情である.

もう,いったいどうすればいいんじゃ,ボケ!
恐らく店長はバックヤードでちゃぶ台をひっくり返しているに違いない.

インボディ測定・・・

August 11 [Sat], 2012, 11:53


健診であれやこれやひっかかって以来,カイシャの診療所がなにかと保健指導というおせっかい・・・もといお世話をしてくれる.
なにしろ運動しろと言うのだが,根が横着な筆者がやるワケが無い.
で,今度は就業中に呼び出されて近所のスポーツジムでインボディ測定を受けろと言う.
もう面倒くさくて断ろうと思ったのだが,診療所の保健師だか看護師だかが『行ってくれないの?』と潤んだ眼を向けてきやがるもんだから,休みの日にわざわざでかけた.
カイシャの近所ということは,筆者の家からは思い切り遠いのである.

インボディ測定というからオネーサンがあっちこっち測ってくれるのかと思っていたら,なんのことはない体脂肪計の高級バージョンみたいな機械で裸足になってのっかるだけで,体脂肪や筋肉状態がわかるというものである.
それをスポーツジムでやろうということは,要するにグルになって入会させようという魂胆であろう.
で,インボディ測定・・・
結果は案の定,隠れ肥満で筋肉が足りませんと出た.
応対してくれたトレーナーがぜひこの機会に入会して運動しましょうと言いやがるが,ちょっとこのあと所用が・・・と言ってジムを後にした.

そう言えば何年か前,当時のジョーシがテニス大好きのスポーツマンだったが,健診で無茶苦茶ひっかかりまくりで「運動しましょう」とアドバイスを受けて怒りまくっていた.
彼は確かに毎日運動しているのだが,いい汗をかけばかくほどどんどん呑んで意味が無かったのである.

暑いから,とりあえずビールだな・・・

戦争とドイナカ・・・・

August 10 [Fri], 2012, 21:09


筆者は広島県の生まれである.
なので,小学校からずうっと原爆のことを教えられてきた.
夏,8月はじりじりと鳴くセミの声と原爆の日の朝の黙祷の印象が強いのである.

1945年の8月6日に広島,9日に長崎と2発の原子爆弾が落とされ15日に降伏調印して戦争が終わったことになっている.
市民は,もう空襲におびえることなく安らかな毎日が過ごせるとほっとしたはずである.

だがしかし,そうは思わなかったヒトもいる.
連合軍に占領され米英の軍隊が進駐して来て,あいつらは人間の皮をかぶったケダモノだから何をされるかわからないとデマが飛びマジに信じたヒトが多いらしい.
で,都市部にいたヒトの中にはあわてふためいて家財道具をまとめ田舎へ疎開するケースがあった.
今から見れば滑稽でもある話だが,当時は真剣だっただろう.

実は筆者の両親がそれなのである・・・・・orz
父母は呉に所帯を持っていた.
今でこそ商店街はシャッター通りと化し寂しい町だが,戦時中は戦艦大和を産んだ軍事大都市だった呉である.
当然,目をつけられ徹底的な空襲を受けたし戦後は進駐軍が大挙してやって来ることが予想された.

父母は家財道具を大八車に積んで某ドイナカ山奥村に疎開したのである.
そして1958年に筆者がその超自然の中で生まれてしまう.
あのまま呉にいて,そこで筆者が生まれていれば,都会にあこがれて上京するようなアフォーなことはしなかったかも知れない.
『今思うとバカみたいだけど,あわてて逃げたのよねえ.』と疎開の顛末を母から聞かされて育った筆者なんだが,もしかしたら引越しの真の理由は他にあったのかも知れない.

しかし,二人とも土に還った今では確かめるすべも無い.
暑い夏,今年もセミの声・・・


ゴーヤ・・・

August 09 [Thu], 2012, 19:44
カイシャの事務所,南側の窓に緑のカーテンよろしくゴーヤを植えたヤツがいる.
まーそんなの気休めじゃねと思っていたが,すっかり成長して窓の向こうが緑の葉に覆われて,なんだか森の中にいる気分である.
思ったよりイイ感じなので,来年は自宅でやってみようかなと思う今日この頃.
ゴーヤは苦いからキュウリにしようか・・・

相模原のバス・・・

August 07 [Tue], 2012, 21:11


筆者のカイシャ前を走るバスである.
要するに盆休みだから本数を減らしますと言うのだが,ふだんでも盆休みのような本数なのに,これ以上何をどうしようと言うのだろうか・・・

ところで,筆者のカイシャは某相模原市にある.
この地域で圧倒的なシェアを持つバスはご存知神奈川中央交通である.
今時,日本中のバスはどこへ行ってもワンマン運転だから,ドアが二つあって,前から乗って後ろから降りるバスがあれば,後ろから乗って前から降りる路線もある.
神奈中もドアを二つつけたバスばっかりなんだが,相模原地域,ほとんどの路線が前のドアだけ使って乗り降りさせる.

はじめて見た時はびっくりした.
ハイウエイバスなんかはそうなんだが,単なる路線バスが,前のドアだけ使って乗り降り乗り降り・・・
要するにそんだけバスの利用者がいないということか・・・orz

となると,後ろのドアなんか使わないんだから,最初からつけなきゃいいのにとマジに思う筆者であった.


待合室で・・・

August 05 [Sun], 2012, 20:03


ジジョのおともで某クリニックへでかけた.
結果は何ともなかったので良いのだが,さすがは?医療関係の施設である.
禁煙は当然としても,入る前にケータイの電源を切ってくれと言われた.
まあ,患者さんの中にペースメーカをつけたヒトもいるので,当然であろう.

で,待合室に貼ってあるのが看護師か誰かが書いたポスターで,宇崎竜童のようなオッサンと松下由樹がメガネかけて60歳くらになった感じのオバサンが描いてあって,大きく×印が打ってある.
なんだろうと思ったが,どうも匂いのきつい整髪料や香水の類いを控えてくれと言うことらしい.
なにをそこまで神経質にと思ったが,このクリニックではMRIがあってその注意書きが恐ろしい.
「化粧品には微量に金属が含まれていますので,そのままMRI検査を受けるとヤケドする場合があります.」

しかし,なんである.
ケータイなんか依存してないつもりなんだが,ちょっとした空き時間はケータイいじってることが多いようで,このケータイ禁止の空間での待ち時間が大変である.
置いてある本でも読もうと思ったら,これまた医療とか健康関連の本しかなくて,中性脂肪がどうとか,血圧をとか休肝日がすべったころんだ等イヤなのばっかりである.

昔話で恐縮であるが,幼い頃母に連れられて行った病院の待合室.
(母が受診するために,小さい筆者をひとり置いとくわけにもいかないので連れていかれた)
長いすが向かいあって置かれていて,間に灰皿が置いてあった.
直径30センチくらいの灰皿には白い小さな石が敷き詰めてあって,2〜3人がタバコを吸えば待合室は煙もうもうであった.
病院(医院)によっては,あろことか灰皿のソバに小箱が置いてあって中にタバコが入っていた.
ご自由に吸ってくださいということである.

ウソのような話だが,本当だったから仕方が無い.

夏の朝・・・

August 02 [Thu], 2012, 21:03


暑い夏である.
寒い夏も困ったものであるが,今年は特に暑い気がする.
寝ていても朝っぱらに暑くて目が覚めるし,7時頃にカイシャ近くの駅に着いた時にはもうカンカン照りである.
こう暑いと,ついキオスクで缶ビールを買って,呑んでしまいそうである.

今から30数年前,山奥のドイナカ村から大都会・川崎へ出てきた初めての夏も暑いと思った.
新聞配達をしていたので,朝の5:00に起きていたが,何というか,熱気がこもったまんま朝になっていますという感じなのである.
そりゃー熱帯夜の翌朝なんだから仕方がないよと言われそうだが,それまで筆者はそんな夏の朝を経験していないのだから,もうカルチャーショックである.

山奥のドイナカ村でも夏は暑い.
30℃を超えるのはあたりまえで,都会となんら変わりない.
だがしかし,朝は違う.
夜が明けて日差しが強くなるまでは,涼しいどころか場合によっては肌寒いこともあるぐらいである.
草木は夜露に濡れていて,不用意に歩くとびしょびしょになる.

都会はコンクリートの建物や地面がほとんどアスファルトに覆われていて熱がこもると言われているが,まさにそのとおりである.
ドイナカ村では道路もろくに舗装されていないし,山とたんぼしかないから熱なんて全然こもりませんというのを今さらながら思い知ったのである.

上京当時,いつも乗っていた京浜東北線は冷房が100%でなかった.
編成によっては,冷房のある車両と無い車両があって,当然ながら冷房の車両に人が殺到していた.
アフォーな筆者は,ずいぶん空いてるなあと乗り込んではじめて冷房が無いことに気がつく始末であった.

夏が来れば思い出す.はるかなおおぜい通勤電車・・・orz

仕事のはなし・・・

August 01 [Wed], 2012, 20:59


仕事の話である.
例えばトラックの運転士さん,イヤイヤやっているヒトは少ないと思う.
仕事が辛くてイヤになっていることはあるかも知れないが,運転が好きとかトラックを愛していると聞けば言うだろう.
大工さん,仕方なしにやってるヒトはまずいないと思う.
ものづくりが大好きと聞いても言わないかも知れないが,きっと顔に書いてあるであろう.
たいていの仕事はそうだろうと思う.
(違うって突っ込まないでね)

ところが筆者が生きている事務系の仕事になるとそうも言えなくなってくる.
例えば設計をやりたいと就職してもカイシャの都合や第三者から見た適正によって意としない職場へまわされることがあるのである.
それは仕事にもよるが,特段秀でた能力を必要としないもんだから,マトモな人間なら誰が何をやっても何とかなるようにできているからである.

で,意としない職場にまわされた時の身の振り方で後が大きく変わってくる.
たいていは行った先で自分なりに面白いものをみつけて楽しく過ごそうと工夫するはずである.
ただ,イヤだとふてくされていては何も身につかないから足手まといになるだけだし,そんなオーラを出しているヤツは誰も相手にしなくなる.

この間,ある会議で集まった5-6人のメンバーどいつもこいつも入社時の配属と今の部署が全く違っているのに気がついた.
サラリーマンだからそんなもんだろう.
かくいう筆者は就職して今までずーっとエイギョーの分野である.
変わらなくて幸せって言いたい?
今さら好き嫌いを言うつもりは無いが,入社する時は唯一行きたくない部署がエイギョーだったのである.


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ