年末・・・

December 27 [Tue], 2011, 23:18
もういくつ寝るとお正月〜
もはや年末年始正月モードである.
冒頭のウタで思い出したが,大昔筆者が小学生の頃は,冬休みなのに元旦が登校日で寒い中ガッコーの講堂に集まらされて「年の初めの例しとて・・・」と歌わされた記憶がある.
で,歌いながら「マツタケ立てて・・・」というくだりのところで,正月に松茸とはいったいなんだと疑問に思ったものだが,松竹(まつたけ)であったと理解するのはずっと後のことである.

筆者はほぼ毎日,カイシャからの帰宅途上,駅前のスーパーに寄って小さい刺身パックと350mlの発泡酒(ビールに非ず)を買うので,店のヒトはイイトシした「ひとりもの」と思ってるらしいがそんなことは置いておいて,この時期になると刺身コーナが微妙に値上がりしてやがるのである.
で,もう少しするとフツーのサカナが無くなってタコとマグロ,しかも単位が大きくなってどうにもならなくなるのである.
練り物のコーナはこれまた正月価格のカマボコばっかりになるし,あれでよく暴動が起きないものだと思う.
ひと昔前は商店街と来れば,正月3日間はオモチャ屋とレコード屋(死語・・・orz)以外は足並み揃えて休業していたものだが,今やたいていの店が元旦から開いているのだから,もうこのような仕打ちは止めた方が良い.
(店側からすればたまの稼ぎ時かも知れないが・・)

今でもたまに見かけるが,年末の商店街では福引きをやっていた.
大昔のこととて記憶が定かでないのだが,姉に連れられてバスに乗って街へ買い物に行った時福引きをやって大当たりした.
何が当たったかこの後書くが,当時のバスは年末ともなるとやたら混んでやがって,それこそ今の通勤電車なみであった.
ヒトが多い上にどいつもこいつも荷物をいっぱい持って乗るからである.
そんな状況が待ち受けている中で,幼い筆者は福引きで座布団×5枚組を当てたのである.
ものすごく嬉しかったのだが,なぜか姉が無口になるし,なぜか当たった座布団を置いて帰ろうとするし不思議でならなかった.

姉さん,あの座布団って結局どうなったんでせうか・・・・・

ブカツ・・・

December 26 [Mon], 2011, 19:25
コドモたちのガッコーの話なんだが,正式には「クラブ活動」または「部活動」のことを「部活」と言うのは日本中どこへ行っても同じだろう.
どーもこの「ブカツ」と略して言うのが筆者はイマイチ好きで無い.
別に何かポリシーがあるワケではないが,なんかイヤなのである.
しかも大学になっても「ブカツ」という言い方をしているのが,どうにもこうにもしっくり来ない.
「ブカツ」ってせいぜい高校ぐらいまでじゃね?

その部活なんだが,はるか遠い昔,中学の頃筆者は無謀にも三年間野球をやった.
どうしようも無いくらい運動音痴な筆者だから,絶対この道は間違っていたと思うのだが,当時の流れで「部活は運動系であらねばならない」とか「友だちがいるから」とかの要素で選んだ感じで好きになろうと努力して好きとカン違いしていた三年間だったような気がする.
筆者としては文化系でやってみたいものがあったのだが,友だちに遠回しに否定されたのを覆すことができず流されてしまった反省がある.
今の筆者ならヒトはヒト,自分は自分と我が道を堂々といけるんだが,あのトシゴロってのは連なってないと不安なところがあるから,ある程度仕方がなかったのかも知れない.

そんな筆者のコドモたちもそれぞれ部活に勤しんでいたが,ジジョは中学の後半でケガが元で止めてしまい,高校生になった今もいわゆる帰宅部である.
部活,とくに運動系の部活をしていないと余分な遊びを覚えて困るという意見があって,それは半分そうなのかも知れないが,筆者としては「こうあらねばならない」という価値観の押しつけは好きで無い.

筆者の知り合いもジジョと同じ高校生のムスメを持つ親なんだが,最近「クラブに行かせないと家出すると脅されて困る.」とこぼしていた.
その時,ぼうっとしていた筆者は,部活に行かせないくらいで家出なんてするんか?よっぽど好きなんだろうなあ,部活を禁止するなんてガリ勉させて東大でも目指すんかと思っていたが・・・

ガッコーのクラブ活動のことをクラブ活動なんていうヤツは100人にひとりもいないワケで,ガッコーのクラブでなくて六本木なんかにあるクラブなのである.
筆者が若い頃はディスコとかパブとか言ってのが,今はどうもクラブらしい.
であれば,行きたい,行くな,行かせないなら家出するというのも「あり」かも知れない.

ある意味「クラブ活動」だな・・・・・orz
ただ,これは絶対に部活動とは言わないだろう.

カイシャの風景・・・

December 22 [Thu], 2011, 19:13
コンチクショーである.

最近特に気がついたのだが,カイシャ関係で電話がものすごく減っている.
そりゃあ確かに不景気のせいもあるのだが,やはり電子メールの普及のせいだろう.
なので,いくら筆者と言えども社内外から届くメールはけっこうなもんで,毎日ヒーヒー言ってるのである.
電話ならテキトーにしゃべってりゃいいんだが,キーを打つとなるとロクに考えてないことでも一字一字なので面倒くさいのである.

しかし,今や事務系の職場ならひとり1台のPCが割り当てられて,どいつもこいつも朝から晩までキーをカシャカシャ打ってるんだが,本当に仕事しているのであろうか?

筆者が社会人になった頃はパソコンどころかFAXも無かったのである.
(さすがに電話はあった)
社外との連絡は電話が中心になるワケで,声だけで情報を伝えるのは大変だった記憶がある.
あまり急がない場合は,なんと手紙(郵便)である.
書類を作るのは手書きだし,計算は電卓である.
ケーリのヒトなんかはソロバンを上手に使っていた.

んじゃあ,今の仕事と売上げの規模は違っていたかというと,そんなことは無くて同じぐらいだったと思う.
なのに同じ一日をきっちり仕事していたのである.

筆者とて一応パソコンには詳しい方であるからWORDやEXCELの便利さ,データベースを使って効率的で精度の高い情報管理のメリットはわかっているが,今の方が何か余分(ムダ)なことをやってるんじゃあないかと思うのである.

おお,そうだ.
パソコンのおかげで机の上にモニタがあるもんだから.向かいのヤツと目を合わせなくて済むのが良いのである.
だって向かいはつまらねえオッサンなんだもん・・・
あっ!オレもか・・・・orz

師走の背・・・

December 20 [Tue], 2011, 19:32
久しぶりに実家に寄ってみた.
家はちょっとした里山のふもとにあって,集落を見下ろすような小高い場所にある.
散歩に出て東の雑木林の中を抜ける時,アルミサッシが捨てられていた.
割れたガラスの上に巻寿司が1個,ちょこんと置いてあった.
ひと足下を見ると分厚いサイフが落ちていたので,拾い上げて中を見たが空っぽだった.

なんて支離滅裂な夢を見て「損したなあ」とため息をつく筆者であった.

両親なんてとっくのとうに土に還ってるし実家も更地になってカゲも形も無いのだが,たまには墓参りでもせいという故人のお告げであろうか.

もう何年も年末年始に大移動することがないのだが,一人者の時は盆正月は取りあえず帰省していた.
カイシャに入って1年目の冬,カイシャ最終日の夜開かれた忘年会を中座して夜行列車に飛び乗り,仕事はじめの前日に寮に戻ったのだが,当時のジョーシが遠回しに「正月にあいさつに来なかった.」などと面倒くさいことを言いやがって,でも当時は命が惜しかったので翌年帰省をやめて義理であいさつに行ったら見事につまらなくて,ものすごく後悔した記憶がある.

今住んでいる築30年のマンション,入居した頃は正月になると1/3位留守になる(帰省)勢いであったが,今は逆に家を出たコドモたちが孫を連れて戻って来てうるさいぐらいである.
師走の背に夕べ見た夢を思い出しながらしみじみしとるのだが,じゃあ今年は墓参りぐらい行くのかと言われれば,故人には申し訳ないが,寒いし遠いので遠い地から祈るだけにしようと思うのであった.

写真屋消える・・・

December 19 [Mon], 2011, 18:57
筆者の住むヨコハマ市ハズレ区は何もかも空洞化しているどうしようも無い町なのだが,とうとう最後の1軒だった写真屋が閉店しまった.
もう,いまどきネガフィルム出して現像・焼き増しなんてやらんヒトが多いのであろう.
写真なんてモニタで見れば良いワケだし,どーしても紙にプリントするんならインクジェット使えば良いし,いんにゃ高画質でと言うならコンビニのセルフプリントだってあるワケである.

実はこの間,コンビニへ行ったらオッサンがコピー機の前で長時間操作しているので,あーこれはメカ音痴のどうしようも無いヒトと思ったら,SDカード突っ込んで写真のプリントの操作をしてやがったのである.
オッサン,バカにしてすまんかった.謝る・・・

福山おでかけ・・・・orz

December 17 [Sat], 2011, 9:06


おでかけ,おでかけうれしいな〜
月に一度の福山おでかけである.
仕事の後,取引関係で宴会やって例によって岡山から夜行のサンライズ瀬戸に乗って帰るというテツにとってはシジョーにうれしい出張だった・・・はずである.

宴会が絶好調で終わり駅まで送ってもらって(たぶん),電車に乗って岡山まで.
福山から岡山までだいたい1時間くらい.
たぶん,21:00頃乗ったのでサンライズの発車時刻22:30には余裕で間に合うはずなのである.

んだが,しかし・・・
いつのまにか居眠りこいて目が覚めたら寂しい駅のホームのベンチ.

「笠岡」

笠岡ってどこよ?
なんでこんなところに・・・

ぐらぐら酔っ払ってる頭で必死に考えるのだが,なんでここにいるのかわからない.
時計をみれば22:00・・・
笠岡って確か福山から2〜3駅目のはずである.

なんで電車おりたんだ?
オレってもしかしてアフォー?

夜の何も無い駅前で遠吠える筆者であった.

自ら・・・

December 14 [Wed], 2011, 19:04
カイシャの後輩(部署は違うけどね)とお客を訪問した時の話・・・
筆者のことを「カチョー自らやってますから」と紹介してくれたのだが,早い話しが指示して動く部下がいないだけのことである.
正確に言えば部下はいるにはいるが,筆者のやって欲しいことまで手が回らない状況である.

まーそりゃーそれで仕方がないが,筆者のジョーシときたら「プレイングマネージャだから・・」と言うのである.
カタカナで言えば聞こえがいいが,ホントにかわいそうな筆者である.
なので,このトシ(とうかポジション)になってもけっこうな事務の仕事量があるので,カイシャにいる時は鬼のような形相で机に向かっている.
「この職場って雰囲気悪い」とか言ってるアフォもいるが,何しろどんどん片付けていかなきゃならんので大変である.
なんというか,みなさんも覚えがあるだろうが,パソコンでも根詰めてバシバシやっとる時なんかちゃらちゃら打ち込んで最後に「Enter」を押すときに思い切りバチコーンとやったりするでしょ.
キーを打つのもうるさければ紙をぐしゃぐしゃっぽいっとゴミ箱に投げつけたりして,かなり危ない状況に見えるかも知れない.

カチョー自らやってます.誰もやらないからなのである.
コンチクショー・・・

ペンキ塗りで弱った土曜日・・・

December 12 [Mon], 2011, 19:11
仕事関係は「まっこの辺でいいか.」すぐにあきらめたり手を抜いたりするが,酒呑みとなるととことんがんばってしまう筆者である.
てなワケで週末しこたま呑んでぼうっとした土曜日,ちょうどマンションの大規模修繕の一環で玄関ドアの内側をペンキ塗りするとかで業者さんを待っていた.

ペンキ塗りなんで,何回かに分けて塗って乾くまでドアは閉められませんということなので,でかけるワケにもいかんのだが,まーしょうがないがちょっと寒いなあと軽く考えておった筆者はアフォーである.
昼前にペンキ職人のあんちゃんが来て作業を始めたのだが,そりはもう鼻が曲がりそうなほど臭いが強くて閉口した.
確かコンクリートの外壁を塗る時はそんなに臭わなかったはずだが,鉄の部分では塗料の種類も違うのであろうか?
まさに脳天かき回される勢いである・・・

嗅覚のビンカンなネコどもはのびてやがったほどだ.
ちょうど昼どきでこんな臭いしてたらメシも食えたもんでないと,潔い筆者は缶ビールに手をつけるのであった・・・・・orz

将来の夢・・・

December 06 [Tue], 2011, 23:35
カイシャから帰宅したら珍しくチョージョが家にいた.
大学2年生でバイトと遊びに明け暮れる毎日で,帰宅するのは連日午前様に近い状況なんで,なんともはや珍しいことである.
そのバイトと遊びの合間にベンキョーやら将来のことを薄らボンヤリと考えたりするみたいなんだが,将来どんな仕事に就くべきかウダウダ言ってた.

残年ながら相変わらず新卒の就活は氷河期状態だし,たぶんチョージョが卒業する頃もあんまり変わらんと思う.
加えて理系ならイザ知らず文系のようわからん学部ではかなり厳しいだろう.
まーそんなものは己がもがき苦しめばいいんだが・・・

さて,そんなアフォーなムスメを持つ筆者がコドモの時から「何の仕事をしたいか」考えてきた変遷を振り返ってみたら,あまりの世間知らず身の程知らずで顔から火が出て穴があったら入りたくて,フロのフタ閉めておぼれ死にそうである.

(1)幼児の頃
確かバスの運転士さんとか電車の運転士になりたいと思っていた.
(これはよくある話である)

(2)小学生の頃
学級新聞の係になったら変なものに目覚めて新聞記者になりたいと思った.
マジで才能があるとカン違いしとったから学級新聞もひとりで勝手に編集して喜んでた.

(3)高校生の頃
マスコミへのあこがれ絶ちがたく絶対にギョーカイに入ると決意した.

(4)センモンガッコーの頃
マスコミにあこがれるなら日大くらい出ないと話にならないのだが,カネと才能両方無いのでカマタのセンモンガッコーへ夢見て入ってしまったのである.
で,そこで4年間ぼうっとしている間に現実がようやくわかってまっとうな道?に方針転換したのだが,時既に遅し・・・

(5)就職の頃
ケーブルテレビの技術者というシジョーに固い進路を決意して,その筋のカイシャを受検したのだが,肝心の理系の試験結果が惨憺たるありさまで,唯一国語の関係が同期のアフォーに比べて少しマシだったのでお情けで採用.
技術者になれるハズもなく,そのカイシャの変な商事部門に配属されてしまって,そっからエイギョーの道なのである.

(6)バブルが終わった頃
カイシャも終わってしまって・・・orz
ちょっとした縁があって今のカイシャに雇ってもらって今なのである.

結局,何が言いたいかというと・・・まあ,夢なんか簡単にはいかんというきわめて大人チックな結論である.

ん?ちょっと待て.
そーいえば,マスコミ関係の職についた時期もあったなあ.
そう,センモンガッコーの時住み込みでやった新聞配達じゃ!
マスコミ関係には違いない・・・・・orz

自転車のパンク修理・・・・

December 05 [Mon], 2011, 22:40


チョージョが自転車のパンクを直してくれというので,ホームセンターへでかけた.

自転車のパンク修理ってのはそんなに難しいものではない.
タイヤの中のチューブを引っ張り出してパンクの箇所を突き止めて,患部をキレイに磨いてゴムノリをつけてゴムのパッチを当ててやれば良いのである.

というか,筆者が育ったド田舎の中学校で自転車無いと絶対に通えません,パンクしても自転車屋は10q以上かかりますってな所では,自分で直せないと話にならないのである.
なので筆者家に限らず,どこの家でもパンク修理の道具ぐらいは揃えてあるのが常識というものである.村では・・・・・orz

ほんでもってホームセンター.
自転車のパンク修理に必要な材料は自転車コーナに置いてあって,自転車そのものも当然陳列してあるのだが,オールステンレスの新車が19,900円である.
ピカピカの自転車が19,900円である.
もう,前にも書いたが,筆者が中学生になったときビンボーだった筆者家なので新車が買ってもらえなくてイトコの中古をもらって通ったことがあって,みんな新車の中で筆者ひとりだけ中古〜しかも女自転車(今でいうママチャリね)で,もう泣けて泣けて悲しかったことがあるのである.
今思い出しても鼻の奥がつんとするのである.
当時,新車は4万円程したはずである.
40年前4万円もしたのだから大変である.
それが今2万円である.
こういう物価の変遷にちょっとついていけない・・・・

話がそれたが・・・
パンクの修理に必要な材料を揃えると(詳しくは書かないが)500円ほどかかる.
当然ながら買っただけでは直らない.
ふと,チューブを見ると700円である.
これはどういうことか・・・
手間ヒマかけてパンクを直すよりチューブを交換してしまった方がトータルコストは安いかいも知れないのである.
自転車屋でパンク直すと1,500円程度かかる.
これは決して高くは無いと筆者は思う.
んだが,チューブが700円で売られているのである.

モノを大切にして壊れたら修理して・・・なんて言われても・・・・
今時だからそんな感傷にひたってる場合ではないので,クールにチューブを買って交換することに決めた筆者だが,なんかとっても割り切れないのである.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ