電話の話・・・・

August 30 [Tue], 2011, 19:39
筆者家ではチョージョのケータイ代はカミサマが,ジジョのケータイ代は筆者としっかり分担している.

もちろんパケホーダイに入っているのだが,どうにもこうにも通話料金は従量制なもんだからリミッタかけておかないと大変なことになるので,一定の料金に達したら強制切断するサービスに加入している.
たとえば1ヶ月の上限を1万円とした時,25日で1万円になったら月が変わるまで電話(パケット含む)が使えませんという方式である.
これは切れる前段階的に警報のメールが届くので,そのたびにジジョに教えてやっていたのだが・・・

8/29時点でみごと上限に達して切れてしまった.
まー残り3日かそこいらだからガマンせいと申し渡したら,ケータイ無くして生きていかれないとか,連絡つかないのでガッコーに行かれないとか,バイトのスケジュールがわからんとかいろいろ文句たれて発狂しやがった.

ガッコーに行かれない?
あっそう,ほんじゃ辞めたら?
頼み込んでまでガッコーに行ってもらうつもりは無い!

薄情な親なもんだから,グズグズ言いながら部屋に引っ込んで行った.

だいたい,調子に乗って夜中ずうっと電話してるからである.
筆者たちの年代の常識は,電話は緊急の時に手短にかけるものというものだから,しょうもないグダグダ話しをしているというのは理解できんのである.
だいたい電話機というのは,実に威厳があって玄関の脇に鎮座していて重厚なカバーさえかかっている家もあって,おいそれと受話器を持つシロモノでは無かったはずである.

などと言う内容を筆者もカミサマも揃って言うもんだから,「時代が違いすぎる」とあきれてやがった.
時代が違おうがなんだろうが,無制限に電話代を払うほど裕福では無いのである.

------
ここまで買うと書くと,ケータイ止まって今時の若いもんとしては暗黒大陸に投げ出された状況に思われるかも知らんが,実はキャツはPHSも持ってやがるので,決して全てを閉ざされたワケではないのである.

しかし,はるか昔,NTTがデンデンコーシャとか言われていた時,バカ高い電話料で暴利をむさぼってやがった時,遠くにいる彼女に長電話して電話代が5万円にもなって腰ヌカしたのはここだけの秘密である.
そして,その彼女が今のカミサマであったこともここだけの話である.

お作法・・・

August 29 [Mon], 2011, 18:58
先日,仕事でカイシャのヤロー2人(40代,30代)といっしょに某取引先へ行った.
会議室に通されて待っていたら,オネーサンが麦茶を持って来て真っ先に筆者のところへ置き,次に40代,30代の順にサービスしてくれやがった.
全く問題ないのである.

お茶出しのお作法として,複数の相手がいて身分がわからない時は,とりあえず年齢の順に置いて行くことになっているのである.
よーするに筆者はハゲてはいないが,オネーサンから見て一番年上のオッサンに見えたのであろう.

間違っていないが悲しいのである・・・・・orz

ところで複数来て年齢が近くて,しかも職位と年齢が逆になっていて,若いのに一番エラいってことがある.
こんな場合,直接関係無いオネーサンは誰からサービスしていいかわからなくなる.
フツーは部屋に通す時に座る位置をそれとなく誘導しておくもんだが,そのとおりに行ってくれないことがある.
もう,ちゃんとしたオネーサンなら顔には出さないがパニックである.
そういう時には筆者たちが応対しながらさりげなく「このヒトが先だよ」と身振りで教えてやるのである.

そんなん,どーでもいーじゃねーかって?
そんなことはござらん.
お茶の出し方ひとつでもちょっと間違えて相手の機嫌でも損ねた日にはおおごとなのである.
たぶん,カイシャにかぎらずプライベートでも同じだと筆者は思っている.

ほんでもって,例のオッサン部下である.
社外のヒトと打ち合わせがあって,内容をコピーボードに書いて最後に全員に配布と言う場面があったんだが,オッサンときたら人数分コピーして自社側から配って最後に社外のヒトに渡しやがった.
この場合はお客では無かったし,そんなことでこじれるようなことも無いんでどうと言うことは無いのだが・・・・

このオッサン・・・・使えん,ホントに.
今まで何していたんだろうか?
大学出てそれなりに勤めて来たんだろうに・・・

てか,使えんジョーシだから使えん部下が来ちゃうのね・・・グスン
(あー,誤解の無いように言っておくが,残る二人のママ部下は全く問題ありませんので)


桜木町・・・・

August 28 [Sun], 2011, 16:23


桜木町駅から野毛方面への地下連絡通路なんだが・・・・

きっと「近道」と「地下道」の両方をかけているんだと筆者は思う.
それにしても・・・
この駅,海側は若いヤツばっかりなのに反対側は思い切り平均年齢が上がって朝から軒下に腰をおろして酒盛りとまるで別世界である.
もちろん筆者は軒下酒盛り組の方が好きである・・・・・orz

いきはよいよい・・・・

August 26 [Fri], 2011, 22:31


おでかけ,おでかけ,うれしいな〜

仕事だろうが何だろうが電車に乗れれば文句が無いオッサンテツの筆者である.
行き先は広島の福山,あんな遠い所まで電車でなどと思う人もいるだろうが筆者には全く苦にならないのである.
天気もそこそこ良いし,目的地での仕事の内容もかなり気が楽だし,ここだけの話ほとんど遊びなのである.



ルンルン(死語じゃのう)

仕事は無事終わった.
帰りも大好きな電車である.
当然大好きな缶ビールをプシューと開けて楽しくやっとったら,最先端のn700系「のぞみ」のくせに岐阜羽島で止まりやがった.
三島あたりでゲリラ豪雨だから様子を見てるとぬかしやがる.

JR東の横浜線とおなじくJR東海も根性無しのようで,こりは新幹線も例の赤い景品休校に経営を任せないとダメなのである.
ちょっとぐらい線路がグラグラしてもまっしぐらで行かんかいっ!

まーそうは言っても,命も惜しいし週末で急いで家に帰る必要も無いのでゆっくりしてもらってもかまわんのだが,問題は中途半端に運行再開された場合の処遇である.
新横浜にたどりついても,ちんたら横浜線が終電が行った後ではどうにもならんのである.
ならば,いっそ岐阜羽島で夜明かししてくれた方が良いのだが,2時間遅れで再開しやがった.

間に合うんだろうか・・・

指導できない話・・・

August 25 [Thu], 2011, 19:26
若い頃,それこそまるっきりヒラの頃,ジョーシが筆者に何か言おうとして途中で止めることがよくあった.
なんだ,せっかく聞く気になっとるんだから最後まで言わんかいと思っていたのだが,今になって,当時のジョーシの気持ちがよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーくわかった.

もう気になって気になって仕方が無いんだが,こんなことまで言うのはさすがにどーなんだろうかと自問していたに違い無い.
筆者はつくづくそう思った.

筆者の部下オッサンなのだが,たとえば誰から電話を取り次がれて電話口に出た時の第一声が『代わりました.』
ん,それのどこがいけないのかって?
筆者なんかはまず名を名乗れとそれはもうさんざん言われていたから,気になって気になって,いつか筆者が外から電話かけて『代わりました.』なんて言いやがったら『ん「代わりました」さんとおっしゃるんですか?変わった名前ですね.』と言ってやろうと思うぐらいなのである.
次に日付印の話・・・
日付と名前がセットになっているゴム印で,書類なんかに見たとかの印で押すヤツ.
外からもらった文書なら宛先に自社の名前が書いてあるから,フツーはその近辺に押す.
(と言うか,実は弊社の新入社員マニュアルに書いてある)
それがオッサンと来たら,書類の右下の隅の隅に押しやがる.
しかも実に薄いインクで・・・
気がつかなくて押してねーぞと注意したぐらい・・・

些細なことなんだが,筆者の部署にいるかぎりちゃんとやって欲しいんだが,どう考えても四捨五入したら50歳になろうかというオッサンに注意する内容じゃないよなあ・・・

あーそうそう,事務所にヒトが少なくて手薄の時,他に電話が鳴っても絶対に取らない.
そこへ行くと筆者なんか「テレクラで鍛えたんですか」と言われるぐらい電話を取るんで,これみよがしに元気よく名前を名乗って応答しておるんだが,全く気がつく風なし・・・

と,もんもんと言うかイライラしとる日々である.

あー誤解の無いように言っとくが,オッサン以外の部下ちゃん(ママだが)はちゃんとできてますから・・・・筆者が神経質だとは思いたくない.

ネコ草の件

August 24 [Wed], 2011, 19:05


ネコを飼っているとエサをやるのは当たり前としても,トイレの砂とか毛並みを手入れするブラシとか,いろいろと必要なものがある.

少々キレイでない話で恐縮だが,ネコはしょっちゅう身体中をなめているため飲み込む毛の量がけっこうなものになる.
んで,これを毛玉にしてたまにはき出しているんだが,このはき出すきっかけのために「ネコ草」があれば良い.
ネコ草とは麦科の一種だそうで,今の時期なら種まいて一週間もすればニラのような葉が出てくる.
小さい植木鉢で栽培してほどよく葉が出たのを置いておけば,ヤツたちは気ままにむしゃむしゃやっている.

このネコ草,ホームセンターなんかですでに葉が出たのを売っているが,タネ買って来て自分で栽培した方が安いので,筆者はタネと土を買ってきている.
実に簡単な話で,鉢に土入れて種まいて水かけて置いておけば良いだけなんだが,このところ葉の出が良くなくてダメなのである.
もう何サイクルかうまくいかないで負けているのである.
負けが続くと損失も大きくなるので,できあいを買って来ているが何か悔しいのである.

土が合わんのかのう・・・

あーそうそう,春夏はベランダで栽培すればいいんだが,冬は寒いので室内でやらないと発芽しない.
しかし,部屋にはネコが待ち構えているもんだから,ちょっとでも芽が出たら即刻食われてしまって育つヒマがなかったりする.

どーもこのところ筆者の仕事も芽が出にくい状況なもんだからネコ草に転移したのであろーか・・・・・orz

電波家・・・

August 22 [Mon], 2011, 19:37


まーなんですなあ,筆者もどっちかと言うとオカシーところがあるんで,あんまり書けたもんではないが・・・

筆者家の隣の区の名所・・・
「ノドチップの館」である.

外観は全くフツーの家なんだが,窓という窓に文句が書かれた張り紙がしてあって・・・
「監視のためにノドにチップが埋め込まれてしまった.プライバシーが筒抜けだ.」とか「KDDIが光ケーブルを通じて監視している.」とか電波系ムンムンムラムラ状態である.

<<張り紙のアップはこちらを参照>>

自分の家の窓に何を貼ろうがもちろん自由なワケだが,隣近所のご苦労が偲ばれると言うものである.
わざわざ見物に行く筆者のようなアフォーもいるし・・・orz

冷蔵庫故障・・・・

August 18 [Thu], 2011, 19:14


この間,クリーナが壊れて修理に出したのだが,今度は冷蔵庫がおかしくなりやがった.
家電のナントカの法則ではないが,こういうのは続くのである.
まー買ってそれなりに経ってるからねえ・・・

筆者家の冷蔵庫は製氷機能があって(たいていの冷蔵庫に付いてると思うが),給水タンクに水を入れておいたら一定時間で数個の氷がコロコロっと落ちてくるようになっている.
これが氷が落ちて来ないで,年寄りのおしっこみたいにチロチロと水が出てきやがって,そいつが製氷ボックスの中で固まって板状の氷になってしまうのである.

冷蔵庫が冷えないのは最悪だが幸いにも冷蔵機能は問題無い.
しかし,氷ができないのも困りもんで,焼酎やウイスキーの水割り製作に大きな支障となって大問題である.
最初,コンチクショーと思いながら板状の氷を引っぺがして捨てていたが,良く考えたら氷には違いないので,アイスピックが無いから千枚通しで砕きながら使っているというなんともトホホな状況である.

クソ暑い中,氷を砕いて汗かいてはどうしようもないのである・・・・・orz

万引Gメン・・・

August 17 [Wed], 2011, 19:18


筆者がたまにでかける少し大きめの古本屋に貼ってあったチラシである.
テレビなんかでスーパーなどの万引Gメンの様子を放映することがあるが,まさかこうやって一般から公募しとるなんて筆者は思わなかった.

てっきりちゃんとした警備会社から派遣されてるプロのヒトだと思っていたんだが,自前だったのね.

給料は面接の時に説明すると書いてあるから,いったいいくらなのかわからんが,この店は筆者家から歩いてせいぜい20分くらいの近場である.
始業が10:00というのは,朝5時半に起きている現状からすればまるで極楽のようである.
(んでもトシのせいで早く目が覚める・・・って,応募しようとしとるんか?)

年齢や性別,資格の有無なんて条件は無さそうで,とりあえず履歴書を送れと書いてある.
しかも『お手数ですが』といたわりの言葉まで付いているのである.
トーシロでもその筋(どの筋?)で教育を受けさせると言うから何の心配も要らんのである.
悪いヤツ相手に反撃されたらどうするんだと心配かも知れんが,古本屋の客で筋肉隆々のムキムキマンって見たことが無いから大丈夫であろう・・・・たぶん.

どーせ,今の仕事なんて先が見えとるしつまらんことばっかりだから,ここはひとつ違う世界に飛び込んで・・・とかなりマジに考えておったが,筆者と同じように張り紙を見てたオバサン曰く・・
『これって募集する気は無くて,Gメンがいるかもねって万引に思わせるのが目的じゃないの?』

どこのオバサンか知らんが,見事な深読みなのであった.
そりゃそーかもなあ・・・・・orz

ソーシキ・・・・

August 16 [Tue], 2011, 18:57
筆者が葬式の関係者として初めて突っ込んで関わったのは20代前半の頃,叔父を送る時だった.
若造なんで言われるがままに通夜から告別式まで手伝ったが,その時香典の集計に参加して気がついたのは見事な相互扶助のシステムであった.
そこそこ社会に出ているヒトが亡くなって,そこそこの規模の葬儀を出す場合,よっぽどのことが無い限り香典の収入で何とか収まるようになっていた.
葬儀に参列するのは第一に故人への追悼としても,それと同じくらい親族に負担をさせないような「助け合い」の構図があると筆者は理解した.

ほんでもってそれ以来,それなりに関係のある葬儀にはできるだけかけつけてムリの無い範囲内で香典を出すようにして来た.
自分の父母を送る時,身内から「(助けてもらったのだから)会葬者,特にカイシャ関係のヒトには後でひとりひとりあいさつしてしておくようと言われた.
実際,お礼に社内を歩いた.
筆者の田舎のドイナカ村地方では「半返し」と言って,もらった香典の半額を必ずお返しするというアフォーと言うかギフト屋しか喜ばない風習があるのだが,それはどうでもいいとしても来てもらったり香典をいただいたお礼は当たり前と思っていた.

ところがである.
ここ数年,カイシャ関係で葬儀に行って,後でカイシャの廊下で出会ってもひとことも無いヤツが多いので,まったくなあと密かに憤慨していたら・・・
最近の葬儀の案内では「家族葬にするから誰も来るな」と書いてあることが多い.
接待なんかで煩わしいことせずに家族で見送りたいのかも知れんが,どうなんだろうかと思うのである.

本当にどうなんだろうなあと思うのである.
いろいろな意味で・・・・

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ