カイシャのこと・・・

February 27 [Sat], 2010, 18:39
金曜日,仕事で遅くなったのはいいが,土曜日も出勤になってしまったのである.
コンチクショー・・・
筆者のカイシャは製造業なもんで,計画どおりモノが作れないと月末の土曜日が出勤になることがちょくちょくあるのである.ったくもう.

ところで中学生なんか見てると学年がひとつ違うだけで「○△先輩」と位の差が歴然としておるのだが,社会に出てそれこそ40歳過ぎたら年齢は関係ないですよねえ.
たぶん,トシとともに成長(頭のな)が鈍化するんだろうと思うのだが.
なので,筆者の場合,トシが下のヒトでも「さん」で呼ぶようにしているし,上司が年下のヒトになっても気にならない.
幸いにも今まで,上司は必ず年上で,部下も5歳以上離れた年下だったので,何も考えることはなかったのだが,どうも4月頃から同い年の部下ができそうで,そいつが何やら身構えてやがるから・・・・めんどくさいのう.

今のカイシャはわかりやすく言うと,3個のカイシャが合併したようなものなので,どうも派閥というか「□◇出身」なんて見方をしがちなんで,よけい「なんでアイツが上司なんだ.」と思ってしまうようである.

あのー何でしたらポストそのまんまお譲りしますんけど.
あなたがジョーシで私がブカでもOKです.はい.

疲れてはいないが,仕事しながら居眠りこいてそう思った・・・

無事合格

February 26 [Fri], 2010, 23:12
今日はジジョの高校受験の合否の発表であった.
結果は無事合格で,まずはひと安心である.

実は第一志望の一次試験(内申+面接)に落ちてしまって,本人少し弱気になっておった.
もちろん第一も次も公立である.
だって,当家の場合,公立に行ってくれないと効率が悪いので,高校へ行って孝行してくれと何を言ってるのかわからんのである・・・・orz

線路内ヒト立ち入り・・・

February 25 [Thu], 2010, 22:54
まったくもう・・・である.
今朝もいつもどおり起きて,いつもの電車に乗っていつもの時間どおりに出社するハズであった.
が,しかし・・・
東神奈川に着いてみたら何やら風景が違う.
止まっているはずの横浜線の電車がいないのである.

「△駅付近で線路内に人が立ち入ったため安全確認で・・・」

遅れてやがるのである.
ったくもう・・・

勝手に入ったんだから,いーじゃないか.
安全なんか確認せんでも(違う?)

そこまできついこと言うことはないだろう?
いーえ,冗談ではないんです.
割と余裕もって早い電車に乗ってるんで遅刻することはないんだが,始業ギリギリに入ったのでは具合がよろしくないんで,電車を降りたらカイシャまでタクシー使ったりして帳尻合わせんといかんのですよ.
それでも遅刻することがあるでしょう.
管理職じゃなかった時は勤務成績が「遅刻」になってしまうのはイヤなんで,その日は有給休暇にしてしまうんですわいな.

グータラの筆者なんだが,この辺だけは妙にこだわったりする.
B型じゃからなあ・・・・・orz

しかし,どーせ線路に立ち入るんならテコでも動かんと,半日くらい電車止めてみい.
(カイシャが休めるからのう)
だいたい,立ち入っておいてコソコソいなくなる手合いが多いので,確認に走るJRのヒトも張り合いがなかろう.
と,ここで吠えても仕方がないが・・・

カミサマ留守・・・

February 24 [Wed], 2010, 23:44
カミサマがムスメを連れて実家に帰ってしまいますた.
今宵どう楽しみませうか?
あっ,いかんムスメがもう一人の残っておった.
うーむ小遣い渡して口止めを・・・(以下自粛)

岐阜に住んでいる義父が・・・なんてことはなくて義父は広島なんだが,少々具合がよろしくないもんで急きょでかけていったのである.
いろいろ事情があって現地の市役所へ行く用事もあるので,筆者も同行せよと指示があったのだが,いかんせん期末を迎えたこの時期,カイシャの重鎮として一日たりともカイシャを留守にするワケにはならんのです.エヘン.
なので涙を呑んで・・・
てか,フルムーンみたいだし(暴言自粛)

んで,ひとりでは心細いんでチョージョを連れていったとさ・・・

みなさまお気づきのとおり(気づいてない?),筆者も広島出身で両親はとっくのとうに逝っておるが,存命末期は介護を巡って修羅場であった.
4人兄弟のうち二番目の兄夫婦だけが実家の近くに住んでるもんだから,おのずと世話のほとんどが負担になってくる.
それは事実だしかなりの重荷になっていたことも認める.

んでも,何か話し合いのたびに呼び出されはるばる新幹線乗っかってぶっ飛んでいったあげくに怒られて嫌みをいわれてたまったもんではなかったのである.
好き勝手に田舎を出て無責任だとか,今すぐ連れて帰れとか,(人におっつけておいて)感謝の姿勢が見えないとか言われ放題である.

マジで凹んだ・・・orz

後にカイシャでおっかない上司に恵まれて朝から晩まで熱血なご指導を仰ぐことになるのだが,こん時の叱責に比べりゃどうってことないと思ったほどである.

なかなか避けては通れんのだが,こういうことは前もって冷静に計画を練ることができない.
余裕もないし・・・
なので,なった時に考えようとなるのだが,どうなることやら・・・

高校受験・・・

February 23 [Tue], 2010, 22:59
あともう少しで2月も終わって3月である.
3月というとまだまだ寒い日が続くのだが,なんだか春の予感がしてうきうきするのである.
早朝に歩いていると吹いていく風が少し柔らかく感じたりするのである.

もう今となってははるか昔,筆者が中三の頃であるが,高校受験でそれはもう背水の陣であった.
話しは簡単である.
ビンボーな家なので私立はあり得ない.
県立が第一志望で滑り止めに私立も受けたが,最初かっら私立進学の選択肢は無い.
なので,三年生になってからはそんれはもう気が気でない.
さすがの筆者もかなりまじめに勉強したつもりであるが,積み残したものがそう簡単に取り戻せる程甘くはないのである.
秋になるとあせりまくりで,木枯らしが吹くころには,心の中もびゅうびゅう冷たい風が通り抜けていくのであった.
試験が終わり・・・・

てか,今更ながら言っておくが,当時は9教科フルに試験がありやがって,体育の実技試験まであったんですからなっ!

将来への不安・・・受からなかったらどうしよう・・・を重い鉛のようなものが頭の上に乗っているような感じで試験を受け合否発表があったのが確か2月末だった.
幸い受かっていた.
ほっとした.
肩の荷が下りるというのは正にこんな状態かと思った.

合格者発表の掲示板に自分の番号を見つけた時,胸にちくっと痛みが走った.
なんだろうと思いながらも合格の嬉しさやいろいろな手続きなんかでバタバタしていたが,日増しに痛みは強くなり胸のあたりが真っ赤に・・・

そう,帯状疱疹が発症したのであった.

3月になって医者にかかって治療をはじめた.
通院の帰り,バスを降りて家に向かって歩き始めた時,曇っていた空が急に陽が差して目の前がぱあっと明るくなった.
そして草むらのむこうから風が吹いてきた.
筆者はこの時春の臭いを確かに感じた.

今週末,ジジョの高校受験合否発表である.

土曜日出勤決定・・・・orz

February 22 [Mon], 2010, 23:41
筆者のカイシャは製造業なんだが,今月はモノの上がりがちっと良くないんで月末土曜日出勤ということにあいなりやがった.
根性無しの上に遠距離通勤の筆者としては,土曜日にわざわざカイシャなんか行きたくはないし筆者なんか居なくても実務は十分機能するんだが,全くもう仕方ないのである.

筆者は高校卒業とともに都会にあこがれて上京したバカ者であるが,親の仕送りなんぞ無理な状況・・・・んん?

無理な状況で上京・・・・orz

だったので住み込みで新聞配達しながらガッコーへ通った.
学費が出て住むところと食うものが何とかなって少々のこづかいがもらえるんで悪くはないが,休刊日以外は土曜日も日曜日もないのが少し辛いのである.

で,何とかかんとか卒業して就職した.
当時入ったカイシャは町工場だったので,隔週土曜日休みだった.
それでも日曜日は完璧に休みな上に月の半分は土日連休なもんで,それは嬉しくて嬉しくて週末はフィーバーしたもんである(表現が古いなあ).
んでもって今から10数年前に今のカイシャに入ってみたら(入れてもらえたら),完全週休二日で,それはそれはびっくらこいて感謝感激雨霰の想いをしたもんだが,慣れてしまえばタマの土曜日に出ろと言われてブーブー言っておるのである.

ったくもう・・・・


高校3年生の2月・・・

February 20 [Sat], 2010, 23:59
2月も終わりが近づいて来た.
高三のチョージョは大学が決まり,高校の単位も一通り取得できたので,学校よりアルバイトに忙しい毎日である.
もうひとり,ジジョも高校受験で,この一週間ハラハラなのである.
何とか高校受かって,親コウコウせいとシャレを言ってる場合でないのである・・・orz

筆者が高三の頃は,今から33年前になる.
いんやあ・・・降参

今と同じで年が開けると受験との関係で,まともな授業はほとんどなく毎日自習のような感じであった・・・確か.
頭が痛いとか腹がイマイチとか言って授業を抜け出して,学校近くの小さな喫茶店でヒマをつぶしていた.
カウンタだけの穴蔵のような店.10人も入れば満席である.
マスターは髭を蓄えた人だった.年齢を聞かなかったが,今このトシになって推察すると30代前半てとこか.
コーヒー一杯で半日居させてくれるのだから,優しいと言うか客が来ない,そんな店だった.

客が来てドリップでコーヒーを淹れた後はパイプをくゆらせながら「学校さぼってもいいけど,何かやる時は人の倍は力出せよ.」と言われたものだ.

ある日,女友達の百合と授業を抜け出して店に入ったら先客がいた.
何やらくたびれたサラリーマンって感じだった.
すっかりはげ上がった頭をたたきながらスポーツ新聞を読んでマスターと話しをしていた.
「いろんな事件があるが,この街は平和でいいね.」
私たちはカウンタの隅に並んで座ってタバコに火をつけた.
いろいろ興味があるというか,悪ぶってみたい年頃でもあった.
「ほう,セブンスター吸ってるのか?今いくらだ?」
オッサンが聞いてきた.
「100円です.」
と答えた(えっ,そんなに安かったんだ>>当時)
「そうか,どーせ先生に頼まれたとか芝居しながら制服着て買いにいくんだろう.」
「あーそんなことは・・・あります.はい.」
「ところで,今授業中じゃないか?おまえら二人で何やってんだ?」
「この時期は自習ばっかりなんで,抜けて出てきても関係ないんで・・・」
「へえ・・そうなんだ.」
「おじさんだって仕事中じゃないですか?」
「ああ,そうだよ.」
「お互いさまじゃないですか?」
「おお,そうきたか.そうだな.私も確かに仕事サボってるからな.内緒だぞ.」

などとバカ話しているうちにオッサンは出て行った.
「なんだよ,今のオヤジ,うるせーな.」
マスターに言うと,
「ああ,今の人なあ・・・生活安全課の刑事だぞ.」

カギ・・

February 19 [Fri], 2010, 21:22

ケーリ課の真由美が私の席にやってきた.
「カチョー,これに目を通しておいてください.」
書類の束や封筒を置いていった.

書類をめくっていると,なにやら金属片がデスクに落ちた.
鍵である.
急いで真由美を追いかけた.
「き,君,鍵が挟まっていたぞ.」
「私にも目をとおして欲しいんです.」
「・・・・」

てか,てか,んなワケは全くねーーーーーーーーーーーーーし.
ふんとに毎日妄想一直線である.
もうそうか・・・・・orz

カギと言えばロクな思い出がなくて,真夜中にへべれけに酔って帰宅してドアにカギを差し込んでもまわらないことがあった.
いったいどうなっておるのだ.
小一時間ドアと格闘したが全くダメ.
もう頭に来てドアにガツンとケリを入れてやったら,『こんな時間に何ですかっ?警察呼びますよ.』とオトロシー声が.
階段を一本間違えてよその家のドアを開けようとしていた.
マンションに住んでるヒトなら一度や二度経験が・・・ありませんか・・・

若い頃,バイクで首都高をかっ飛んでいた時,バイクのキーとアパートの鍵を同じキーホルダにつけていたのだが,ちゃちいキーホルダなもんで道路のつなぎ目をドスンと越えた拍子にキーホルダがはずれて,家の鍵がどっかへ飛んでった.
帰宅してしょうがないんでバールでドアをこじ開けていたら110番されたとか・・・

あとサイコーに恥ずかしかったのが,ウン年前に海外のホテルでのカードキー.
カードを差し込んでピッといったらカードを抜いてドアノブを回せばすんなり開くのに,カードを挿したままドアノブをがちゃがちゃやって開きゃあせん.
そのうちボーイがやってきて「May I help you?」である.
ドアの開け方がわからんと英語で言えないもんで笑うしかなかった.

こういうのを何というか・・・

あかんわ・・・orz

雪・・・

February 18 [Thu], 2010, 19:12
朝起きたらハラハラと雪が降ってやがって寒くて仕方がない.
電車を待つホームも寒けりゃ,バス停でなかなかな来ないバスを待つのも寒い.
あたりはうっすら雪景色・・・

てか,降るならドカンと30pくらい積もってみせんかいっ!
ちまちま意気地の無い降り方するんじゃねえ.
『あーもしもし,筆者です.ブチョーですか?頑張って駅まで来たんですが,この雪で電車が動いてませんので,残念ですが自宅待機します.』
と,布団の中から温々と電話ができるのに・・・


ビルの最上階にあるラウンジで・・
「見てごらん,雪がだいぶ積もってきたよ.」
「ほんとねえ,すっかり白くなって・・」
「ねえ,街におおいかぶさって,辛いことや悲しいことを全部隠してしまったみたいだね.」
「そうね,私たちの過去もね・・」
グラスを揺らすと氷の音がした.


『あー筆者クン,何を寝言を言っておるんだ.立ったまま居眠りするんじゃないぞ.そんなに自宅待機していたきゃ一生やってろ!』

やっぱり現実は寒いのである・・・・orz

通勤時間・・・・

February 17 [Wed], 2010, 23:14
相変わらず筆者は朝の早うから家を出て通勤しとるのだが,気持ち夜明けが早くなったようだ.春は近い・・・・かな?

カイシャは8:30始業なのだが,5:40に起きて6:00出発,カイシャ着7:40の行程が最も最短なんで毎日がんばっておる.
最も最短というのは乗り継ぎが実にクリチカルなワケで,6:00出発のところを何かモタモタして6:02スタートになった日には最寄り駅6:11発の電車に間に合わない可能性もあるのだ.
すんげえだろ.えへん.

で,6:11の電車に乗って東神奈川へ着くと,同じホームの反対側では横浜線が発車ベルを鳴らしながら待っている状態で,優しさとかおおらかさを捨て去ってダッシュして駆け込むのである.
これがクセもので,電車がほんのちょっと遅れると,東神奈川でタッチの差で横浜線が出発しやがるのである.
そう,電車が東神奈川に着いてドアが開きかけた時,横浜線がプシューとかいってドアが閉まるパターン.

ハラが立つやら情けないやら・・・・orz

遠距離通勤していないヒトに,毎日よくやってられるなとか,往復の時間がムダじゃねえかと言われるんだが,諸般の事情と言うか,他に選択枝がなかったんで仕方がない.
カイシャ入る時に単身・・・という手もあったのじゃが(以下自粛).

まー確かにそうなんだが,朝の5時,6時に起きているヒトはいっぱいいるし,筆者のカイシャがある相模原市の場合,市内といいながらも端っこの方からバスで来るヒトは小一時間かかっていたりするんで,どっこいどっこいではなかろうか.

それにしても長らく遠距離トップを誇っていた筆者だが,実は合併とともに二番手に落ちぶれてしまった.
埼玉県の鶴ヶ島から電車を4回程乗り継いで2時間半かけて来ているヤツがいるのだ.

筆者は思わず言った.
毎日よくやってられるな,往復の時間がムダじゃねえか・・・・

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ