ソロバンと算数・・・

May 30 [Sat], 2009, 23:52
テレビを見ていたらソロバンのことを報じていた.

筆者が子どもの頃は確か小四の頃にソロバンの授業があったはずである.
確かに筆者も授業を受けたが,どうにもこうにも手が動かなかった.
と言うワケで今も全くソロバンができない.
筆者が高三の頃,電卓が小遣い銭で買えるようになったからいいが,もし電卓が無かったら,計算ばかりのサラリーマン生活なんて10秒も持たなかったであろう.
そーいやー,筆者が新入社員の頃,お客へ打ち合わせにいったら相手の担当がソロバン持って来て鉛筆を耳に挟んでタマをパチパチやっていたりする.
てなワケでソロバンが全くできない筆者だが,実は「鶴亀算」も全くできない.
ご幼少の折,何回も誰からも聞いて会得しようとしたのだが,さっぱりだったのである.
(連立方程式で言われると何となくわかる)

と言うように,筆者は算数系が全くダメで,ソロバンができないぐらいだから暗算も苦手である.
たぶん,数字の大きさのイメージが身体でわからないのだろう.

会議なんかで数字を次から次へとパンパンと言われると途端についていけないのである.
でも,自席に戻ってじっくりやればどうということないので何とかなっておる.

いわゆるLDだと思う.

算数系が全くダメな筆者なのに,今のサラリーマン生活では経理部門に片足突っ込んだような日々を送っているから面白い.
(こればっかりは電卓とエクセル君のおかげです)

たぶん世の中には,筆者のようなヒトもたくさんいるハズで,算数系は得意だけど国語系は地獄の苦しみとかね・・・

でも不得手な部分も得意な分野でがんばればけっこうカバーできるもので,自分の力を理解して「生き方」を決めればいいと思う.
今の学校制度ではなかなかここまで踏み込まれないだろうが・・・・

筆者は算数系が全くダメである.

先送りにしたハズの案件もいつの間にか目の前に来て右往左往するが,呑みだすと時間を忘れていつまでもグダグダするので,単に数字に弱いというよりは意気地が無いだけなのかもしれない・・・・・・・・orz

バスの敬礼?

May 29 [Fri], 2009, 23:11
通勤でも行楽でもバスに乗ることがあるだろう.
運転士の挙動を見ているとわかるが,走っていて向こうから同じ会社のバスが来ると,すれちがいざまに敬礼までいかんが,右手をあげて「いよっ!」てな感じの挨拶をし合う.
客に対してはかなり愛想の無い運転士でも,この挨拶はきっちりやっておるから,もしかしたら就業規則か何かで決まっているのか?

運行中,むこうから同じ会社の車両が来たら右手を上げて挨拶しなくてはならない・・・

よく見ていると(おまえもよく見とるのう),タクシーでも似たようなことをやっている.

まー,フツーのカイシャでも事務所の中で知り合いとすれ違った時には「いよっ!」とか「おほっ!」とか挨拶するから似たようなものかも知れない.
しかし,大勢の人を乗せて命を預かる人が不用意に片手を離して良いものだろうか?

そーだよ,同じ運送業でも新幹線の運転士はすれちがいざまに挨拶なんかせんぞ.
(てか,速すぎて見えへんわ)

そうそう,こういうのは条件反射というかクセになっているから,例えば自分が自家用車を運転しているときにバスとすれ違ったら右手を上げて見よ.
向こうのバスの運転士も答礼するであろう.

さらに警察の前を通るとき警察官が立っていたら,クラクションを軽くならし敬礼の真似事をしてみるがいい.
警察官があわてて敬礼してくる.
なにしろ上下関係が厳しい世界である.敬礼をサッとやらないとダメなのである.
で,訓練を積んだ結果,敬礼されると条件反射で答礼してしまうのだ.
だけど,あいつはいったい誰だっけと,しばらく悩んでいるのだ.

なんてね,バスも警察官もそんなことはありませんからっ!

高校・・・・

May 28 [Thu], 2009, 23:41
ゆうべ,コンサートの後,勢いでビールをガバガバ呑んだ(別に勢いなくてもガバガバと呑むが).
ウチに帰っても締めくくりということで水割りを・・・
いつもはお湯割りなんだが,ちょっと熱くなってたんで・・・
んたら壊れましたハラが・・・
明け方に腹痛で目が覚めて夜明けの停車場@石橋正次である.


毎日何かしらのカイギがありやがって,そこでもって山のような宿題が出やがって,これじゃゆっくりできんじゃないか(をい).

ところで,チョーナンが家を出た今,筆者家は男は筆者だけとなり1対3で大負けである.
チョージョ(高三)とジジョ(中三)ともに受験に突入しており,それでもまだノンビリはしているが,イロイロ考えているようである.

チョージョが部活優先で横須賀の学校へ入ったはいいが,通学がちと疲れますと反省しているのにジジョときたら,電車に乗って通うことを考えておるようである.
そりゃあ,歩いて数分の高校はちょっと難易度が高いかも知れんが,自転車で通えるもうひとつの所なら何とかなるだろうに.
そこは気に入らないと生意気なことを抜かしておる.

当県でも高校の統廃合が進み近隣の高校もだいぶ少なくなったが,それでも身近のところで複数選べる状況である.
ぜいたくである.

あーすいません.
ぜーんぶ公立の高校のことです.はい.

遙か昔,筆者が高校を受験した時は高校が一カ所しかなくて,なんというか自分の力に応じて選べる状況ではなかった.
一発勝負なのであった.
これはさすがにあせったので中三になって心を入れ替えて勉強したものだが,それまでの2年間のツケはいかんともしがたく,胃がキリキリしておった.
まー幸運にも合格したが,合格発表の日に帯状疱疹が発症してしまった・・・・・・・・orz

ようするにできるだけカネかからんようにしてくれということだ.
安く行ける高校を選んで親孝行せい!(涼しいですか?)

ユーミン

May 27 [Wed], 2009, 23:41


仕事を思い切り17:00でブン投げて,県民ホールで開催された松任谷由実のコンサートにでかけた.

「松任谷由実 コンサートツアー2009 TRANSIT」

ユーミンがあなたの望む世界にご案内します.
でも,それがどこなのかはわかりません.
あの頃の青春の時かも知れません.

ユーミンのステージは唄はもとよりイリュージョンなんかもあって魅せられる.
本当にここまで演出できるものかと感心させられる.

筆者が高校生の頃,音楽の先生が,明星の唄本に載っていたユーミンの楽譜を指して言った.
「この歌い方と曲に,きっとキミたちみんな夢中になるよ.」

観客も筆者と同世代であろう.
男性であれば後頭部がはげた人が目立つし,女性であれば人生を生き抜いて風格のあるお方が多い(意味不明ですか).

でも,ユーミンが出てくれば,一瞬のうちに30年前に戻ってしまうのか.
前半,1時間も経たないのも1階席は,どいつもこいつも立ってやがる.
「この先,もう少しありますから,今のウチに座って休んでください.手洗いも今のウチに.」
MCでこういうユーミン.
それはそれで良いではないか.

あんなに燃えた青春はユーミンのBGMに支えられた日々だった.

筆者は若い頃,ミュージシャンのコンサートにでかける機会がなかったので,大人になった今,あの頃を思い出しながら,今のユーミンの声に慰められた.

アンコールで唄ってくれた「埠頭を渡る風」
これを聴きたかった.
ありがとう.

筆者もそうだが,オッサンもオバサンも少年少女に戻ってスタンディングしていたよ.
てか,立ち上がるのは最後の2曲くらいにしとこうよ・・・・

コンサート終了後,近くの粋なソバ屋で喉を潤しながら余韻にひたった.

山歩き・・・

May 26 [Tue], 2009, 19:18


土曜日,ちっと思いついて里山公園へでかけた.
どこの区でもそうだが,大地主のジーサンが逝ったのはいいが相続税が払いきれないので現物(山や畑)で払いましたら,そこが丸ごと公園になってますというケースがあるだろう.

当区の里山公園がそーなのかどーなのか知らないが,ちょっとした山が丸ごと公園になっていて,敷地の一部に昔の庄屋風の古民家が復元されて畑もあってという実に懐かしい公園となっておる.
駐車場からのアプローチは山道を1キロ程歩かなくてはならないので,ちょっと大変だが,たまにはよかろう.

竹林を抜けていくが,「タケノコを採るな!」との看板があっちこっちに立っている.
こんなことを表示すると「ここにタケノコがあります」と言ってるようなもんだから,そこいら中のタケノコが持っていかれて皮だけが残されておる.
ゲートも何もない山である.
その気になれば夜中に来れば人目も気にせず持って行ける.
(人じゃないヤツが出てくることがあるが・・・ウラメシヤ)
竹なんて相当間引いていかないと大変なことになるから,テキトーに採らせておけば良いと筆者は思う.

竹林が終わると本当に山道になってしまう.



気持ちのいい風が汗ばんだ頬をなぞっていく.
木々の向こうからトリの鳴き声が・・・・・

んん?なんじゃ?なんか変だのう.
ギョエーギョエーと聞いたこともない.
そうそう,映画の南国のシーンで出てくるようなトリの声.
以前テレビなんかで報じられたことがあるが,南国産のペットが脱走して野生化して越冬もしましたなんてことがあるから,その類であろうか.

実はこの間から区内であちこち探しているモノがある.
だからこの里山公園にもやってきたのだ.

それは・・・・ワラビ・・・・
どっかに生えていそうなもんだが・・・

野山を歩きながらクビを突っ込んで探していた.

しかし,昨日の新聞を読んで止めることにした.
フラフラと呑気にワラビ生えとらんかなーと行った雑木林でご遺体が見つかったそうな.

一歩間違えるとワラビワラビとやっているうちにシャレコウベとご対面する所であった.
シャレにならん・・・・・・・・orz

レンキョーのソーカイ

May 24 [Sun], 2009, 23:33


レンキョーの総会にでかけた.
市内某区の市の某施設が会場(てか,すぐにどこかわかるか)で,駅から近くて申し分ないのだが・・・・・

大会議室に240人弱入りまして一日会議やれば,この時期ですからムンムンムレムレで暑いったらありゃしない.
温度計見れば30℃である.
筆者は何の迷いも無く事務室へ飛んで行って係のヒトに「暑いんでエアコン入れてください.」とお願いしたのである.
筆者はすぐにエアコンのスイッチが入って涼しい風が・・・・と当たり前に思っていたのだが・・・・

「この時期は冷房は使えないきまりになっております」

なんですとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暑かろうが寒かろうが暑さのあまり足が蒸れて水虫になろうがどうしようが,6月1日まで冷房は使えないのだそうだ.
今どきこんな融通の利かないことをやってるなんて,ふんとに筆者はガックリしてしまった.

いやね,期間で暖房や冷房の使用を決めるのは理解できないワケでもない.
今はそんなに暑くないからちょっとガマンしようねというのも自然な話である.
冷房使えないから窓を開けて風通し良くして・・・・
んたら窓もロクに開かんし風も通らない.

こんな状態で融通のきかん決まりを押し通すとは・・・・

てなワケで汗ダラダラ・・・・
終わった後で呑んだビールのうまいことうまいこと.
おかげで呑みすぎたじゃねーか.

風に吹かれて・・・・

May 22 [Fri], 2009, 21:22


なんか今日は天気がくずれるという予報だったはずだが,日中はそんなこともなくて日がさして暑いんだけどカラっとして風も吹いているから,外を歩くと気持ちがいい.
こんな味気ないカイシャの中でなくて,どっかのんびりテツ旅・・・・こんな日こそ電車の窓をあけて風をいっぱい吸い込んで・・・・いいなあ.

ふとしたことから長野にいたはずの知り合いが中津川(岐阜県)へ異動したことを知ったので電話をかけてみた.
聞けば昨年,長野にある工場が閉鎖になって,自宅は長野にあるものの仕方なしに中津川へ単身赴任しているそうな.

長野-中津川とくれば何日か前に書いた特急「しなの」で一本である.

「大変でしたね.でも電車で一本じゃないすか.」
「バキャーロー」
電話の向こうでキレられてしまった.

一般人は電車に乗っても楽しくないようだ・・・・・・・・orz

インフルエンザ

May 21 [Thu], 2009, 23:19

朝の通勤電車で立っていた男性(30代後半か?)がいきなりぶっ倒れて,足をピクピクさせていた.
ほどなくして自力で起き上がったが,どうも急病というよりは立ったまま寝てしまったようである.
それにしてもぶっ倒れても誰もすぐに介抱しようとしない.
筆者も含めて薄情なヤツばっかりだから気をつけねば・・・

例のインフルが関東でも感染者が出たとかで,電車の中でもマスクをつけたヒトが急に増えておる.
筆者の職場では大阪方面への出張が多いので,不要不急および物見遊山(そこまでは言わない)の出張を控えろとか指示が出ている.
お客の中には「当分誰も来るな」と取引先へ通達を出したり,「マスクしないヒトは中に入れてあげない」とか連絡が来ておる.

筆者のように毎日長時間満員電車に乗るヒトはヤバいんだよなあ・・・・

筆者の職場では毎週1回,朝会という早朝会議があるのだが,その席上でエラいヒトから指示が出た.
「電車に乗る時はマスク着用.朝,熱が出ていたらカイシャへ来ないこと」
「はいっ!」と思わず大きな声で返事をしてしまった筆者.
「ただし悪用は許さんからな」とにらまれた.

しか〜し,マスク買おうにもどこへいっても品切れなんですが・・・・・・・・orz

どっかいきてえなあ・・・

May 20 [Wed], 2009, 19:19

まったくもって世間は新型インフルエンザでにぎやかだし,カイシャではあんなことやこんなことで手がつけられない状態だし・・・・

旅に出るか・・・

いつものように自宅を出て電車に乗ってカイシャに向かうが,今日はカイシャの最寄り駅で降りず,横浜線の終点八王子まで行く.
中央線に乗り換えて塩尻まで.
久しぶりの中央線.
谷を渡り山の間をぬって走るが,新緑の木々が風に揺れて気持ち良さそうである.
カイシャには電話を入れた.
「体調不良なので休暇をもらう」
電車の中からケータイでかけたが,電話の向こうのブチョーは「まーゆっくり休め」で終わった.
まさか電車に乗って旅に出ているとは思わないだろう.
もし,用事があっても自宅に電話なんかしてくることは無いから,わかりはしない.
家族は家族で,日中用事があっても今どきカイシャへ電話してくることはないから,それこそ夜までに帰れば,カイシャにいったのかズル休みしたかはわからない.

まあ,そんなことはどっちでもいいか・・・・

塩尻で長野から名古屋へ向かう「しなの」に乗り換える.
車窓に流れる風景を肴に昼間からいっぱいやるのも悪くない.

な〜んてことをやる度胸もカネも無いが,行ってみたいな中央線.
乗ってみたいな汽車ぽっぽ.

そう,いいトシしてもテツはテツ

健診

May 19 [Tue], 2009, 19:21
サラリーマンであれば大なり小なり1年に1回,健康診断を受けることになる.
もちろん筆者もそうで,今日がそれだった.
弊社の健診はちょっとメニューが多すぎで,腹部の超音波検査や歯科なんてもありやがる.

毎年のことであるが朝起きた後は飲まず食わずでカイシャまでたどりついて,楽しみにしていたあのヨーグルトを腹いっぱい飲むのである.
おえっ!

まず視力検査.
係のヒトはメガネのよく似合うオネーサン.
「はい,左目で一番下のCはどっちが開いてますか?見えますか?」
「ボクはキミしか見えないよ.わかってるだろ?」
「ハイ,次の方」

次は採血である.
針を腕に刺す前にアルコールで消毒をしてくれる.
係のヒトはちょっと小悪魔っぽい(どんなんじゃ)オネーサン.
「アルコール,大丈夫ですか?」
「ふっ,キミに酔いそうだぜ.」
「気分は悪くないですか?」
「大丈夫さ,血の気が多いから少し抜いてくれ.」
「針の後とお口を5分ほどしっかりおさえておいてください.」

さあ,超音波検査.
姉御肌のオネーサンである.
「お腹の病気とか具合がよくないとかありますか?」
「ああ,少し腹黒いようです・・・」
「はい,息と無駄口止めてください.」

今度は問診.
体の具合やストレスなんかを聞かれる.
白衣のよく似合う妙齢の女史.
「何かつらいことは悩みはありますか?」
「今,キミに会ったことが恋いの悩みになってしまったよ.」
「頭以外は健康なようですね.」

んでもって本日のメインイベントは,やはり胃のレントゲンである.
バリウム飲んで検査の後は下剤をもらうのだが,実は筆者,この下剤があまり効かない.
でも,効かないと放っておくと大変なことになるので,お茶やジュースをガブのみして何とかする.

ってねえ,下剤が効かないことを何と言うか知ってる?

オヤジの寒いギャグ.

くだらん・・・・・・・・orz

しかし,下剤も効きにくいほど丈夫なハラかと言われると,そんなことは全く無くて,大事な通勤時間に思い切り壊れて「各駅停車」なんて情けないことが多々ある筆者である.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ