プチ怪談

August 14 [Thu], 2008, 23:14
いつの頃からだろうか,夏のテレビから怪談話が消えたのは.
夏,特にお盆のこの時期はどのチャンネルでも申し合わせたように怪談の映画なんかを流してくれていたのに,最近は何もなくてちょっと寂しい.

そりゃそうである.
深夜(丑三つ時)の街を歩いていたとしようか.
オバケに出られても怖いが,物取りと出会ってブスッとやられる方がもっと怖い昨今である.
こんだけ物騒だと怪談話なんてどっかへ吹き飛んでしまうのだろう.

信じる信じないは別にして,筆者はこの手の話しが大好きなのである.

ずいぶん昔,クルマの免許取り立ての頃に,無謀にも深夜にカミサマとZU市の某恐ろしいトンネルへドライブにも行ったこともある.
まーいろいろなメディアで書かれている某トンネルであるが,実際問題ほんとうにヤバそうなのは近くにある第三のトンネルだったりする.

さて,これも若い頃,遠い昔となり果てた話しだが,当時バイクで三浦半島を走り回っていた.(と言っても夜中に走り回ってひんしゅくをかうヤツじゃなくて,野山を歩き回るトレッキングバイクですけどね.)
ある日,O山の山道を走っていて広場に出たので,ちょっと休もうと思った.
バイクを止めて広場を歩き回っていると茂みのところに黒いゴミ袋が3つ捨ててあった.
そう,不法投棄である.
っったく,こんなところに・・・
何気なくゴミ袋を踏んづけたら・・・・

踏んづけたら・・・・

グニャグニャと何か変な感触が脚に伝わってきた.

そう,紙とかプラとかは明らかに違う感触・・・・

その時感じたのは,『もしかして犬か何かの死体か?』
犬ならまだいいのである(まー決して良くはないが).

犬ならな・・・

それにしてはサイズがビミョーな気がするし,袋があと2つあるじゃないか?

ものすごくイヤな気分になったので,すぐにその場を離れたが,その後特に新聞とかテレビの話題にはなっていない.
単なる思い過ごしであったのだろう(そう思いたい・・・・・orz).

隠れ里

August 14 [Thu], 2008, 0:17
筆者は某Y浜市のはずれに住んでいる.
このあたりは昭和40年代から急速に宅地開発された地域で,田畑はすっかり無くなり山の肌まで住宅地に変身している.
平成になった今でも,残り少ない山や畑が姿を消して戸建てやマンションが建っている.



ところがである,小さい里山に囲まれてひっそりとタイムスリップしたような空間がある.
水田や野菜の植わった畑,麦わら帽子をかぶったオッサンが鍬を持って農作業に精を出したりしている.
遠くに公団の高層マンションなんかが見えるのに,ここだけは昭和の農村のまんまである.

もしかして隠れ里?



実はPCショップの帰り道,クルマを運転していてちょっと道を間違えて入ってしまったのだ.

へえ〜こんなところがあったのか.

クルマを止めて降りてみると,道の脇に道祖神が7体,暑い日差しを受けていた.
畑には里芋が大きく育っている.
さっき降ったにわか雨の粒が葉の上で丸くなって輝いている.

葉っぱの匂い,遠くで草を燃す匂い,そして土の香り・・・
なんかほっとするね.

『兄さん,どうしたね?何か珍しいもんでもあるかいな?』
気がつくと姉さんかぶりの腰の曲がった婆さんがいた.
『こんな場所がまだあったんですね.なんだか懐かしいなあ.』
『そ〜か〜?草刈って耕して種蒔いて,育ったもんを採ってな・・・その繰り返しだ.』
『ボクもやってみたくなったなあ.』
『バカ言うでねえ,もうちょっと苦労してから来いよ.』

気がつくと,最近できあがった住宅地の遊水池脇でぼうっとしていた.
以来,何度か試しているが,あの隠れ里にたどり着けない.



-------------
一般論ですが,昼間の農村は本当にヒトがいません.
どーかすると忘れ去られた異空間のような気がします.
この世に生きているのは自分だけのように思えてきます.
暑い中で仕事すると具合が悪くなるから,畑仕事は早朝にやっつけて,昼間は別の仕事をされているのですけどね,ちょっと不思議な感じがします.


休日出勤の後は景品休校

August 11 [Mon], 2008, 21:08


長い夏休みである.

あるが・・・・・ある仕事がどうにも終わらなくて休日出勤になってしまった.
当初のもくろみは,午前中でちゃっちゃっと片づけてソバ屋でビール呑みながらザルソバでも食べて,高尾山のケーブルカーでも乗りにいくかとプチテツ旅を考えていたのだが,部下君が思いきり引っ張ってくれて終わったのが17:00だった・・・・・・・・・・・・・orz

夕涼みがてらケーブルカーに乗るのも悪くはないが,やっぱ車窓の風景が楽しめないことにはつまらないので,高尾山は別の機会にしよう.

それにしても最近どうも調子が悪いと思っていたら,そーだ,そーだ.
景品休校に乗ってなかったわい.

てなワケで東神奈川でちんたら横浜線を降りて,仲木戸から景品休校に.
金沢文庫を経て新逗子,そっからJR横須賀線で大船まで戻ってくるというコース.

早いぞ景品休校!

やっぱ,電車は赤に限るねえ・・・・

だけど,横浜〜上大岡間はカーブの連続で実は大してスピードが出ない.
さすがの電車もウンウン唸ってばかりで気の毒なのだ.
しかも快速特急のクセに,あのパラパラピュ〜と唄う車両じゃなかったし・・・・

今度ちゃんと乗りに行こう.
(おまえ,いくつだ?)

駅前で買い物

August 10 [Sun], 2008, 23:42



夕方,缶ビールが切れたので買い物がてら駅前へでかけた.
単に酒を買うだけなら近所のコンビニや安売りショップ,セイキョーなんかでもOKなのだが,ちょうど通勤時に携行する文庫本が無くなったので本屋にも寄りたいということで,駅前のM坂屋ストアに行くことにした.

筆者の地元駅HG台は根岸線・横浜〜大船間12駅の中で最も開けていない駅なのだが,それでも駅裏の山がすっぽり無くなってマンションに化けてしまった.
なんだかマンションの1階が駅に見えるような風景に様変わりしてしまった.
マンションに住んで駅まで「0分」のように思えるが,駅の出入り口はマンション側には無いので,マンションから駅までの直線距離は数メートルなのに,歩いてのアクセスは5分はかかるだろう.

今さら自然が無くなってどうのこうのなんて可愛いことを言うつもりはない.
新しいマンションの住民(すなわち地域の仲間ですな)が増えて,駅前がもーちっとにぎわえばいいなあと思う次第である.

特に本屋なあ・・・・

いやね,ちっと足のばせばでかい本屋もあるんですがね・・・

駅前の本屋,文具も扱う小さい店で,文庫本のスペースは幅2間くらいであろうか?
当然陳列される本にも限りがあるので,端から端まで物色しても買いたいと思う本がみつからないことがある.
こんな時,小心者の筆者は実に困るのである.
狭い店内故,レジのオバハンにはじっと見られているし,されど買いたい本はないし,手ぶらで出ようものなら三代先まで呪われそうだし,もー冷や汗タラタラなのである.
そんなにイヤな店なら行かなきゃいいのに,缶ビール買うついでにちゃっちゃっと済ませたい横着な気持ちと怖いのみたさの好奇心でわざわざ行くのである.

今日も入ったが最後,やっぱ買いたい本が無くて右往左往.
本がなきゃ文具でもと思ったが,これも本に勝るとも劣らない品揃えで,ニッチモサッチもいかない状況.
もーしかたがないので,ガマの油のごとく冷や汗流しながら,何とか本を見つけて買いましたとさ・・・・・・・・・・・・・orz

同意書

August 08 [Fri], 2008, 21:50
高校生のチョージョは十分では無いこづかいを補おうと,夏休みにバイトをしようとしている.
まーそれはそれでけっこうなことなのだが,部活や塾の関係で勤務は週1〜2回でできるだけキレイで楽な仕事がいいとほざいているから,なかなか大変である.

筆者はメーカー勤務なので,盆と正月は比較的まとまって休めるし,時には仕事の接待で酔っぱらって帰宅したりするので,もー世間知らずのムスメにはバラ色の職業に見えるらしく,一時は「将来はオトーサンのようなサラリーマンになりたい.」と真剣に言ってたこともあるから,やはり・・・・筆者の子どもである・・・・・・・・・・・・・orz

さて,未成年なのでアルバイトするには親の同意書が必要で,登録先(派遣会社?)から出せと言われて「同意書って何?」と悩んでいた.
どーするかと思っていたら,さすが現代の子である.
「同意書」「同意書 見本」なんてキーワードでググッて探している.
「あった,あった.」と言いながらプリントアウトしたのを見ると・・・・

確かに同意書だが・・・・

携帯電話会社の未成年が契約するときの同意書・・・
こりゃ使えん

しょーがないので自筆でスラスラ(サラサラ?)と書いてやった.

日頃から始末書を書きながら恥もいっぱいかいているのだから,これくらいお茶の子さいさいである.
まったく・・

木漏れ日

August 07 [Thu], 2008, 22:53


たまには山を歩くのもいい.
アスファルトに覆われた蒸し暑くて不快な街中とは違って,同じ暑さでも気持ちのいい汗が出てくる.
森を行く風は木々を揺らし木漏れ日が降り注いでいる.
ちょっと歩き疲れたから,その大きな木の下で腰をおろして一服しようか.
ふもとの酒屋で買っておいたウィスキーのポケット瓶を開けよう.

ああ,なんて気持ちがいいのだろう.
ずっとこうしていようかな?
ああ,いつも遅くまで働いてきたせいか疲れてるなあ.
ちょっと横になろうか.
ああ,いいなあ.
ずっとずっと,ここで眠っていたいよ.

な〜んてぬるいことを言っておるヒマもない毎日である.

後から後から仕事やら雑用やら会議や来客が湧いてくるものだから,どれもこれも中途半端で片づかず溜まる一方で,片づかないもんだからフォローのご指導(or苦情)が入って,ますます時間を取られて・・・・と完全に負のスパイラル状態なのだ.

まー筆者の場合はちょっと大げさに書いているが,世の中には働きすぎて身体どころか心のカゼをひいてしまうヒトも多いと聞く.
確かに定期検診の問診票にもそれらしい質問がある.
そればかりかネット上で質問に答えて健康状態をチェックなんていう企画もあって,勤務内でいいから必ず受診をしろと通達があったが,イザやってみたら質問の項目が多くて面倒くさいことこの上ない.
終わるまで30分もかかった.
これにつきあうこと自体が具合が悪くなりそうである・・・・・・・・・・・・・orz.

しかし,心のカゼ・・・・今まで何人か身近に接したことがあるが,なかなか難しい.
鼻風邪や骨折などの病気やケガは,見ただけで具合が悪いのがわかるからいいが,心のカゼはハタ目には「なまけている」ようにしか見えないから気の毒である.
わかったらわかったで「あいつはもうダメだ.」と冷たいことを言うヒトも多い.

だからと言うワケでもないが,筆者はほどほどのところで絶対に手を抜くことにしている.

「しかしなあチミ,ちょっと大変かも知れんが,いくらなんでも手を抜き過ぎやないか.それじゃあ給料ドロボーと言われてもしゃあないぞ,あ〜ん?」と言われるが,日本は言論の自由があるのだから仕方がない.

電話一本で

August 06 [Wed], 2008, 20:05
みなさんはインターネットはどうやって接続しておられるか?
はあ〜?んなの知らねえよって?
まーこんだけ普及すればそうですよね.

筆者はダイヤルアップしかない頃にはじめたもんだから,昨今の情事接続・・・・もとい常時接続は本当に夢のようである.
ADSLが出始めたころ,さあこれからはADSLだと意気込んで加入していたプロバイダに申し込もうと思ったが,よりによって筆者の加入しているプロバイダだけが筆者の住まいがサービスエリア外とのことで,ADSL導入まで半年遅れたことがある.
それでもADSL開通後は,それなりのスピードが出る中で,一家揃って過不足なく利用している.
そう,メールやネット検索,たまに動画という程度は何ら不満や不便は無いのである.

しかし,世の中は光である.
光も安くなってきて,どーかするとADSLより安い契約もあったりするので,心中穏やかではなかったのだが,筆者はマンションなので「光」と言っても戸建てに比べれば速度も落ちるし,手続きも面倒だし・・・・と自分に言い聞かせていた.
これを自己抑制と言う.

なのに「光にしませんか?」と言う勧誘の電話がかかってくる.
やみくもに片っ端から電話してくるヤツは別にして,どこで調べたか,筆者のマンションには基本ラインの敷設が完了しているので短時間で開通できるとか言われてしまうと,ちょっとぐらぐらくる.

この間も家でヒマにしていたら,そんな電話がかかってきて,つい話しを聞いたのだが,キャンペーン終了後の固定費も電話とペアで考えれば現状より数百円安くなると来た.
もーダメである.
決してバラ色ではないとは予測がつくのに,覗いてみたいのである.光の世界を.
たぶん,速度も今の10倍くらいになるのだろう.
だけど筆者家の無線LANがボトルネックになって,その効果が全く出ないのも知っておる.

でも覗いてみたい・・・光の世界・・・・・・・・・・・・・orz

で,電話一本のセールスに申し込んでしまいましたさ.
開通は8月末頃かな.

接待で呑みすぎて,またしても・・・

August 05 [Tue], 2008, 20:38

タダでさえ慌ただしいのに,来客があって夜の接待まで出るハメになった.
来客はお隣韓国の取引先で,国内の客とちがってフルに一日べったりになるので,もー実にくたびれる.
まー相手は日本語ができるの人なので,見た目はフツーの打ち合わせですが・・・

それにしてもいろいろ問題があって,声を枯らして言わないといけないシーンもあって,そりゃあクタクタですわ.
いくら相手が日本語できると言っても,ビミョーな部分はしっかり説明しないと通じないし・・・

それでは場所を変えて....と第二部・宴会の部になったが,客の身分はシャチョーなので当方も筆者以外はそれなりのメンバーとなり,堅苦しいし居心地悪いことこの上無い.
ただ,幸いなことに流れの中で,飲み物が「お酌をしなくて済む種類」に落ち着いたのがラッキーである.
前にも書いたが,筆者は好きなときに好きなだけ呑みたいので,お酌をしあうというがイマイチ好きになれない.
(そりゃあ高島礼子さんみたいなのが和服で「どうぞ」と言ってくれば前言撤回となる)

飲み始めるまではあーだこーだと考えておるのだが,いざはじまってしまったら野となれ山となれで,大好きな生ビールをガンガン呑んでおりました.はい.

VIPの接待なので,コースも高めのものが設定してあって,そりゃあもう・・・・

数時間後,無事おひらきとなって帰宅の途についたのだが・・・・
ちょっと呑みすぎたみたいである.

東神奈川で大船行きに乗ったハズなのに,うとうとっとして目が覚めたら鶴見だった・・・・・・・・・・・・・orz
単に東神奈川で乗り間違えたのか,大船でUターンしたのかは,がっくりするだけなので考えないようにしよう.



納涼会

August 01 [Fri], 2008, 23:30
まーこの暑い時期,あちこちのカイシャで納涼会なんてのを開催することがあるだろう.



筆者のカイシャがある某事業所ではサマーフェスティバルということで,敷地内のグランドで酒盛りである.
昔景気の良かったころは,ちゃんとステージを組んで割と有名な芸能人を呼んだりしたものだが,今は写真のように出入りの運送業者の10トントラックを借りて即席ステージ,芸能人の代わりに所内の腕に覚えのあるヤツらのカラオケ・・・・
そーいやー親会社のフットボールチームのチアリーダーが来ておったなあ.

筆者は意地汚いもんだから,酒が呑めればなんだっていいのだけれど,やっぱ夕方とは言え暑い中外でやることもなかろうと思う.
どっちかと言うと,涼しいところでお刺身なんかを食べながらキンキンと冷えたビールがいいのだが,生ぬるい缶発泡酒(たまにビールもある)に模擬店の焼き鳥である.



こんなありさまなので,放っておくと参加率が上がらないもんだから「管理職は全員参加のこと!」などと業務命令が出るのである.
命令が出たからにはサラリーマンとしては従うしかないので,もうヤケである.
片っ端から発泡酒の中に埋もれた缶ビールを発掘してグビグビ

ブルーシート広げて酒盛りやってるが,風が吹けば焼き鳥の入ったケースがひっくり返ってタレがこぼれたりして,筆者なんかは自前のズボンにかかったりして,まったくをいをいである.

あ〜あ,もうどうでもいいやあ・・・・・・・・・・・・・orz

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ