夏(休み)の終わりに

August 18 [Sat], 2007, 23:59


写真は山百合である.
筆者の知っている山百合は薄暗い森の中でポッと妖しく咲く白い花だが,当地では白昼堂々とド根性ナントカよろしく擁壁の隙間にたくましく咲いていたりする.
高速道路の側壁に植えられていたりして,今の時期大きな白い花が目をなごませてくれたりする.

死ぬほど暑い・・・事実暑さで死人も出ていったいどうなるのかと思っていたが,ひと雨降ったら急に涼しくなった.

街を歩いていて百合の花に気がついて写真を撮ったら,となりにはススキが写っていた.
若い若いと思いながら,ふと鏡をじっくり見たら白髪が意外にあるなあと気がつくようなもので,秋はすぐそこまで来ているのであろう.
そうは言っても季節がすっかりズレた昨今,9月,10月でも暑い日が続くので要注意である.

ウダウダ過ごした夏休みもじき終わり.
来週から会社だと思うとなんだかなあともの悲しくなってくるが,生活の糧となるありがたい会社である.そんなネガティブな姿勢ではあかんだろう.
がんばりましょうねえ〜

三浦へ

August 17 [Fri], 2007, 23:01


毎年夏には1回だけ三浦までスイカを買いに行くのだが,今年は暑いさなか今日,ジジョをともなってでかけた.
街道沿いに農家が店を出しているが,この時期ともなると在庫一掃セールでスイカも残り少ない.
店番は農家のオカーサンかオトーサンで,スイカのみならずカボチャやトマトを並べているところもある.
店頭でコンコンとたたいて品定めして「これは甘いよ!フツー1,500円だが800円でいいよ.」と言われるととてもいい買い物しとような気になる.
しかし,いくらなんでも三浦の農家だってウブではなかろう.
当然,市場価格はご存知だろうから破格で買えるワケではない.
しかも,こちらは悪名高い横横道路を使って出かけるのだ.

横横の通行料金が700円,三浦縦貫道が300円.片道1,000円の旅である.
往復2,000円かけて燃費が無茶苦茶悪いクルマを飛ばすと費用対効果は最悪だ.
でもまあ,休みのヒマつぶしなのでソロバンをはじくこともなかろう.
当地から三浦までは約30kmだが,横横がバカバカしく高いので利用者が少ないため30分くらいで着いてしまうのだ.
従って,快適さの観点からは,片道1,000円を使って800円のスイカを買う行為は,まあよかろうということになる.

帰路,ジジョが海を見たいと言うので長井から荒崎へ出る.
このあたりの海岸は漁師町で砂場も少ない岩場ばかりだが,マイカー以外で来るにはとても不便なので海水浴客が少ない.
鎌倉や逗子の海岸でイモを洗うより,そんなところは足を洗って,こういうところでまったりするのがいいかもね.

思い出した.
連休前に「筆者クン,連休明けはクビを洗って出て来い.と言われたのを.
ちょっとしみるかも・・・・

ジジョの通院.オヤジは痛飲!

August 16 [Thu], 2007, 11:23


最近できた住宅地の看板である.
一体何かとのぞきに行ってみた.
内科,小児科,整形外科のクリニックと薬局がひとかたまりになっていた.
子どもがいるしトシとれば足腰もおかしくなって「整形」通いというパターンの地域なので,この組み合わせはピンポンかも知れない.
宅地開発業者もこの辺まで企画しないと売れないということを聞いたことがある.

しかし,揃いも揃って今日は「盆休み」だった.薬局も・・・・
医者が激務だというのは理解できるが,患者や病気に「盆休み」がないのも事実だ.3軒も医者がいるなら輪番で開けるとかできんのかなあ?
例えば「整形」の看板出していても医学の知識はシロート以上のハズだから,専門外の患者が来ても応急的な対処はできると思う.
一度検討してみてください.

さて,筆者のジジョがブカツ関連で足腰を痛めているので受診につきあった.
かかりつけはO船(って今さら地域匿名にする必要はないか)のクリニック.
医者自身がスポーツをやっているので的確な指示やアドバイスがもらえるだろうと選んだらしいが,いざ待合室でぼうっとしていると,患者は圧倒的にお年寄りです.
みなさん辛そうですが,悟りというか達観というか「文句言ってもしかたがないのでうまくつきあっていく.」とのスタンスのようです.

診察を受けた.
先生の説明はわかりやすくていいのだが,問題はカルテ作成.
今はやりの電子カルテなので,モニタに向かってキーをたたいていくことになっているが,手書きのカルテに比べて明らかに字数が減ってます.
しかも記入の一部始終がモニタに映ってるし日本語だから,ごまかしがきかない!
手書きのカルテはドイツ語かなんかでサラサラ気取って書いているが,今日のように目の前でキー入力されると内容は怪しい限りである.

先生,もしよろしければインプット代わりましょうか?
なんだかんだと言っても手書きに比べれば,キー入力にそがれるパワーは段違いで,診察の姿勢にも出てくる.
入力が全て英語でブラインドタッチなら「電子カルテは効率的」と筆者は思った.

待ち時間約1時間,受付のオネーサンがモニタに向かってパチパチやっている.
電子カルテや処方箋を扱ってるのだろうが,画面が切り替わるサマは筆者のレベルで言うならば,メール,BBS,2チャンネル,ブログの画面をひっきりなしに切り替えてチェックしているのと同じに見える.
ホントすまんなあ・・・・

廃線記念日

August 15 [Wed], 2007, 23:47
8月15日は終戦記念日ということになっている.
当時の戦争の是非はおいておいて,ここでも言葉のあいまいさを感じずにはいられない.
終戦記念日・・・言葉は間違っていないが・・・・

具体的に言うと敗戦記念日ではないでしょうか?

戦争の善し悪し,アメリカ・日本いずれが正しかったか,原爆投下の是非,それらは置いておいても日本が「負けた」のは紛れもない事実だと思う.
ものすごく大きな犠牲を強いて惨めに負けたことが明らかになった日が8月15日ではないだろうか?



写真は何の変哲もない直線道路.
実は筆者の住むマンションの前を通る道だが,古い道のくせに本当に一直線だ.
だいたい道路なんでクネクネしているのがフツーなのに,この道は定規で引いたように真っ直ぐ.
なんでか?
戦時中,この地に海軍燃料廠があって,東海道線大船駅から引き込み線を最短距離で引いた跡なのである.
通すと決めたが最後,軍のすることなので有無を言わさず進めたであろう.
大船から工廠まで真っ直ぐにつながっていた配線も敗戦とともに廃線になったのだ.
(どうだ!三連発)

さて,海軍工廠といえば,筆者の亡き父も当時はそこに勤務していた.
広島の呉市にあった工廠に.
まさに戦艦大和を産んだ場所である.
当時,父はすでに母と結婚していて呉に住居を構えていて,それなりの生活だったらしい.
それが,1945年の10月に疎開をしてしまうのだ.
8月に終戦となっているのに10月に疎開・・・何を考えていたのか?
終戦の声を聞いてアメリカ軍等が進駐してくるのだが,進駐とともに男は銃殺,女子どもは奴隷としてコキ使われる(本当はもう少し違う表現)というウワサがたち,それはまずいとあわてふためいて大八車に家財道具積み込んで逃げ出したワケだ.

かくしてド田舎に移り住んだ夫婦の下で1958年,筆者が生を受けるワケだが,戦争がなければ,両親があわてふためいて疎開しなければ,どうなっていたのだろうか?
歴史にifはないと言われるが,ついつい考えてしまう.

エラそうなことを言うつもりはないが,戦争して幸せになった人はいない.
勝った側にしても,さんざんヒトを殺してようやく勝っているのだから,まともな精神構造なら決して心穏やかではないと筆者は思う.

慰安旅行はイヤン旅行・・・orz

August 14 [Tue], 2007, 23:31


会社の旅行で会津若松へでかけた.

郡山で新幹線を降り磐越西線に乗り換えて30分,左手に猪苗代湖が見えてきた.
ほどなくして川桁駅に到着.
電車は少し急ブレーキをかけるような形で停車し,車内は少しどよめいた.
「筆者クン,今のブレーキ操作は問題だ.後でいいからJRに注意をしておくように.」
そばにいたエラいヒトが出先であってもご指導をくださる.
文句があるなら自分が直接言えばいいじゃないかと思うが,じっとガマンの子である.

そうこうしているうちに目的の猪苗代到着.
電車を降りて徒歩で今日の宿の某民宿へ向かう.
熱海や伊豆の大きなホテルではないが,この民宿は山菜と豆腐料理はちょっとしたものである.
派手さは無いが,味は絶品で誰もが納得するはずだ.
ところが宴会になって重役の方々が次々に怒り出す.
「こんなしょうもないものより肉を食いたい.」
「刺身の舟盛りはどうした.」
ホント,てめえらは文句しか言わないのか?

食事も済んでやれやれと思っていたら,これまた重役がそろってカラオケに行きたいと言う.
仕方がないので民宿の近くにある「水牛」という黒いドアのスナックへ.
店に入ると牛のようなご立派なオネーサン(ママ?)がいて,内心こりゃークレームがつくかなと思ったが意外にもおとがめ無し.
しかし,重役の方々は次々に聞いたことのない古い曲を言う.
東海林太郎,ミスコロムビア,渡辺はま子・・・・
曲が無いことを告げると,はたまたご指導である.
「筆者クン,チミの段取りの悪さはどうしようもないな.全く.」

さすがに筆者もガマンの限界である.
テーブルを足蹴にして店を出た.もういい.もういい.
「筆者くん,チミは自分のやったことがわかっておるのか!」
夏だが猪苗代の夜は肌寒い.荷物をまとめて終電車で帰ろう.

ってヘトヘト・・・・ぜ〜んぶ夢でした.
しまった,ガマンすべきだったと真っ青になって大汗かいて目が覚めたかわいそうな筆者.

レンキューはレンキョーへ

August 13 [Mon], 2007, 23:05
事務所のPCをメンテに出勤(と言っても無給だが).
筆者はO船からS原までの高額通勤定期を持っているので,途中のレンキョー事務所のある関内駅に行くにはカネがかからないのだが,横着なヤツなのでクルマででかけた.
クルマで行くと100円パーキングなんかでけっこうカネがかかるのだが,なにしろ横着なんだから仕方がない.

事務所の周辺は「どっちかというとオフィス地域」なので,この時期は人通りが少ない.
辻にはヒマを持てあましたネコがぐーたらしている.
最近できた「マンション形式の墓地」から喪服を着たオヤジと学校の制服をきたガキ(小学生?)が出てきてなにやら探している.
たぶん,コンビニか食堂の類をさがしているのだろう.

このあたりって何もないんだよね.
食堂・・・今週はどこも休みだし,大通り渡ったハッピータウンなら何でもあるよ.行ってみる?

こうして半ば意地になってブログを描き続けているが,連休明け期限の作文の宿題(レンキョーの)があった!
こんなことをしているバヤイではない.
と気がついた時には意識朦朧(毎日晩酌&ナイトキャップ)で先送り.

やってることが子どもと変わらない・・・・・・・・・orz

炎天下の三ツ沢へ

August 12 [Sun], 2007, 23:23


暦では残暑というそうだが,現実は真夏真っ盛りで毎日死にそうな暑さである.

こんな時にチョージョのコーコーが県の陸上競技会に出るというので,三ツ沢グランドへでかけた.
午後1時過ぎの出番ということなので,筆者としては行動パターンを決めなくてはならない.
(1)昼メシにビールを呑んで,電車+バスで移動する.
(2)ビールはガマンしてクルマで移動.
(3)ビールを呑んで三ツ沢に行かず家でヒルネ.
と3個の選択肢があるのだが,実際は(3)には地雷が仕込んであるので,絶対に選ぶワケにはいかない.

チョージョは「3000m競歩」に出た.
1週400mのトラックを7周半,ひたすら早歩き.
細かいところは知らないが,フォームやルールにうるさい定めがあるらしい.
3000mを走るのも大変だが,ひたすら歩くのもどうか?
いらついて,つい走り出してしまわないか?

景品休校の快速特急に「おまえは今日は各停だからそうしろ.」というようなもの?

それにしても中学の頃に比べて参観する親も少ないですねえ.
子どもも大きくなんたので,もういいでしょう.
暑いから,もういいです.
そんな気持ちか?筆者は両方なんですけど・・・・・・・・・orz

盆休みの雑感

August 11 [Sat], 2007, 23:00


夏休み(盆休み)と言えば,世間の例に習って慌ただしく実家に帰省したものだが,二親も草場の陰のヒトになっては足も遠のき,子どもが部活やバイトとかでスケジュールが合わないとなおさら「まっ,いいか〜.」と墓参りさえさぼってしまう筆者である.
ほら,高名なウタでも「墓だけが魂がいるところではない.千の風になって日本中を吹いている.」と諭しているではないか.

筆者は4人兄弟の末っ子で,オヤジが50ウン歳の時の子どもなので当時は正に「お孫さんが・・」と言われたこともあるらしい.
親がトシいってからの環境に生まれた子どもの心境はどうだと思われるか?
筆者が小学校6年生くらいでオヤジは定年を迎えている.

はっきり言って幼心に将来が不安でした.

今の筆者の家庭や多くの仲間のように夫婦ともに働いているならまだしも,筆者の母は病気のデパートと言っても足りないくらい満身創痍の身体,全てがオヤジの双肩にかかっていた.
高齢の両親,特に母はいつ逝ってもおかしくない状況.

それでも筆者がなんとか職につき家庭を持って二人目の孫が愛想をふりまくようになった頃,母が逝き,それから6年経ってオヤジも鬼籍に入った.
親が死ぬ時の感覚,感情は人によってさまざまだろう.
親が若くして突然いなくなればあきらめきれないはずである.
筆者の場合はどうであったか.
そりゃー悲しくて涙ぐらいは流したが,「まあ,そんなもんか.」「もういいでしょう」と意外に淡々としたものだった.
自分がいちおう大人になって家庭を持った時,親の死よりも関心が強いものがあるから淡々としていたのか.
社会で生きていくだけの自信を持つことができたからなのか.

母が亡くなる年,いつものように帰省したが,母は死ぬほど悪い体調を隠して明るく振る舞っていた.
無神経なムスコは全く気がつかず「せっかく来てくれたのに気分がすぐれないから,○○○(ムスメ)抱っこして落としたら大変だからやめとく」と言う母に「来年もあるさ.」と脳天気に応えるのであった.

法事にでかけても数珠も持たずバチあたりなヤツだが,こうして年に1回は考えてみたい.
・・・・と酒を呑みすぎてふと思った.・・・・・・・・・orz

連休の初日は連協だ

August 10 [Fri], 2007, 23:59
さあ,いよいよ筆者の夏休み(10日間)のはじまりである.
そう言えば昨日イヤイヤ出た会社の納涼会で,筆者と同じくらいエラいヒトのご指導を受けている某さんが「連休みの前の晩あたりが一番楽しくて,あとはやってもやんなくてもあっという間.」と言っていたが,けっこう当を得ているのではないか.

大した予定はないが,この連休を利用して連協の(シャレです)PCを改修しようと思う.
だいぶ老朽化したPCがあるので,ハードディスクを交換する.
ハードディスク交換して再インストールするだけだが,データやソフトが肥大化した今では,なんやかんやで一日仕事になる・・・まあ,ヒマだからどうってことないですが・・・
前回改修した時は,うかつにも大事なデータに気がつかずまっさらにしてしまって関係者の恨みをかって死にそうになったので,今回は気をつけよう.

今日は定例役員会なので夕方から事務所へ出たが,HP・ブログの更新で忙しくロクに話しも聞かず終了.この辺,なんとかシームレスにやる方法はないものか・・・

サマーフェスティバル

August 09 [Thu], 2007, 23:30


さあ,いよいよ連休前の最終日である.
5時のカネとともにずらかってと考えていたが,今日は福利厚生の一環で社内でサマーフェスティバル.グランドにシート敷いて模擬店が出たり余興を見たりして過ごす夕暮れのひとときだ.
筆者は身体が弱いんで,できれば冷暖房完備の会場でお願いしたいんですが・・・・

生ぬるい缶ビールと安上がりなおつまみで,クソ暑いなか過ごすのも勤め人の性かも知れない.



以前はこの祭りもカネがかかっていて,有名な物まね芸人を呼んだりしていたのだが,最近は安上がりにテキトーなことをやっていたので,筆者はトンづらこいていたのだが,エラいヒトのご指導があって「ちゃんと出んとあかんだろ.あ〜ん?」と指示も出たのでしぶしぶ・・・・
「そんなくだらないことやってられるか!」と言ってみたいが,子どもも小さいし家のローンもたっぷり残っている身としては,強きを助けて弱きをくじく軟弱サラリーマンの王道をいくしかない.

それにしてもビールは,とりあえずたっぷりあるが,おつまみが・・・・
さっきからポテトと唐揚げしか食べてないんですが・・・・
すんません,社長の前に置いてあるカッパ巻きが欲しいんですが・・・

いえいえ,社長のお酌はけっこうですから,そこのカッパ巻きが・・・・

いえいえ,遠慮してませんって.
どんどん呑めと言われても・・・とりあえずカッパ巻きを食べたい・・・・

仕事の成り行きを聞かれても,今の筆者はカッパ巻きが食べたいだけなので気もそぞろ.
ちょっと黙っててくれませんか!お腹がいっぱいになるまで.

言えるなら言ってみろ・・・・言えるワケありません.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ