工学部文学科

August 31 [Tue], 2004, 22:40
高校を卒業して田舎から川崎にひとり移り住み4年間の学生生活・・・
と言うと誰もが「どこの大学ですか?」と聞く.
しかし,大学には行っていない.2年で済む専門学校に4年も通っただ
け.
まあ,それは良いとして,4年も電子工学を勉強したのに全く身について
いない.会社もそれなりの学歴で入っているのだが,あまりの無知に
あきれられている.
仕方がないので工学部の文学科と言い訳して来たが,最近では周囲も洗
脳されたのか「ああ,そうかもな.」と妙に納得している.
そんなのある訳ないじゃない!
もう少しまじめに勉強していれば人生も変わっていたろうに・・・
学校がつまらなくて一日五木寛之を読破したのも今は昔.
ブルーノート.

怖かったこと

August 31 [Tue], 2004, 0:08
夏もそろそろ終わりの今,怪談もへちまもないのだが・・・
杉の木に囲まれた,ほとんど山中の家に育ったので,夜は怖
かった.
しかも,お盆には墓場にぼうっと灯籠の灯りがともるから,
もうイヤ!!
でも,それは状況的に怖がっているだけで,真底怖い訳では
ない.
真夜中にクルマで寂しい道を走っても何ともなかったが,一
度だけ,本当に一度だけ寒気がしたことがある.
家族を連れて帰省した時,数日経って荷物だけ先に送ろうと
言うことになり,夜中にひとりで荷物をコンビニへ持って行
った帰り道.
どうも後部座席に誰かいるような気がしてならない.
ミラーを見ても何も映らないが,誰かいる.
息づかいがわかるような気がして,実に気持ち悪い.
そんな気持ちを味わったのは生まれて初めて.

ネタをばらすと,できすぎと言われそうなので内緒にするが,
全てが終わって気持ちの整理をした時,やはりあの時乗って
いたことになる.
その時は生きていた人だが,身体はぼろぼろで気力だけで命を
つないでいた状態.
後になって何でも言えるだけで,その時気がつかなかった自分
が情けない.
と今頃反省しても遅い.

松茸

August 30 [Mon], 2004, 0:30
スーパーへ買い物に出かけたら松茸がならんでいた.
中国産なので値段は高くはないが,やはり香りがイマイチ.
なんでだろう.
私の田舎の山には松茸が生える.
亡き母は松茸採りの名人で,具合が悪くて寝込んでいても山に入るとしゃき
っとしてたちどころに見つけてしまう.
カサが開いた松茸は素人でも見つけることができるが,開く寸前のものは,
落ち葉から頭を出す寸前でないとダメなので,なかなかわからない.
シダをかきわけながら落ち葉の微妙な盛り上がりを察知する能力が必要らし
い.
子どもの頃,母に連れられ山に入ったが,何回言われてもわからなかった.
と言う訳で,子どもの頃から松茸を食する機会は多かったが,臭いばかり強
くておいしいとは思わなかった.
今でこそ酒をのみながらつまめば・・・と思うようになったが・・・
椎茸のように栽培できないし,あの香りが人を惑わすのだろう.
食べることよりも,追い求めて見つける喜び.
苦労して巡り会えた松茸を手にしてかぐ香り.
これ以上踏み込むと全てが終わってしまうのだろう.
何かみたい.??

ネチケット・・・

August 27 [Fri], 2004, 22:25
仕事で電子メールを使うのが当たり前のようになった.
不要不急の電話がかなり減ったように思うが,世の中には
「メールで済ませおって!」と電話をかけないと腹を立て
る人もいるから容易ではない.
そんな中で変なことをする人が増えて来たのが気になる.
(これをご覧の方でもやっている人がいるかも知れない)

届いたメールを開けるとヘッダーの宛名に自分の名前が
表示されるが,ここに・・・殿と敬称をつける.
作業的にはアドレス帳の氏名に殿を加えるだけ.
例えば私が○×さんにメールを送る時,アドレス帳の○
×さんの後に殿をつけると,先方に届いた時,ヘッダーに
○×殿と表示される.
手紙だってそうだから失礼のないようにと言う配慮だろう
が,私はなんだかなあと思ってしまう.

もちろん文中では相手を気遣い失礼のないように書くことを
こころがけているし,必要と思ったら文頭に相手の社名,所属,
肩書,名前も書く.
しかし,アドレス帳まで手を加えて敬称をつけようとは思わな
い.
元来,電子メールは個から個へストレートに伝わるもので,原
則として第三者は見ないし,ヘッダーに表示されるのは単なる
アドレス帳に書かれた内容と相互に理解しておけば無用の気遣
いと言うものだ.

そうは言っても,私のようなことを言うのが少数派になってし
まったら従わざるを得なくなるだろう.

市民団体

August 25 [Wed], 2004, 1:39
いつもの例会.終わったのは11:30(昼ではない).
やることが多すぎるのかも知れないが,どれもはずせない問題ばかり.
要するに時間がなさ過ぎ.でも仕方ない.
どこで折り合いつけるかだろう.
時間を気にして,だんだん駆け足になって行くのが,なんだか人目を
避けて逢瀬を共有する危ない関係に思えなくもないが,なんとも解決
のつかないもので,本当に歯がゆい.
身体がふたつあって一日が48時間あれば全て解決するかも.
いずれにせよ,物理的に時間切れになったので,続きは次回臨時会.
諸先輩方々は,こんなことを老体にむち打ってやって来たのかと思う
と若輩の自分は何も言えなくなる.
じき老体になるのだろうが,同じ道を歩むのかなあ・・・

夏の終わりに

August 23 [Mon], 2004, 23:16

暑い暑いと毎日こぼしながら日々過ごして,ああ今日は少ししのぎやす
いかと見上げたらこんな雲・・・
もう夏も終わりなんだね.
夏はいつもそこにあったから,いつでもできると高をくくって何もしな
かったら,いつの間にか遠い所へ行ってしまった.
毎年そんな反省をしているような気がする.
子どもの頃,夏のはじめに新しい麦わら帽子を買ってもらい,朝から夕
方まで一日中野山を駆け回ったのがウソのよう.
少しお腹が空いて,よその畑になっているトマトをこっそりもいで食べ
た.酸味の向こうに太陽の臭いがした.
山の湖(正確には溜め池)でイカダを組んでクルージング.
水草の向こうにイモリが泳いでいた.
そんな夏が終わると,なぜか麦わら帽子もどこかへ行ってしまい見えなく
った.
吉田拓郎「夏休み」そのまんまだけどね・・・

パンク

August 22 [Sun], 2004, 21:39
愛車がパンクした.
20年クルマに乗っていてパンクの経験は2回.
これが不幸なことに,どちらもタイヤのサイドに傷が入ったため
修理不能.
この際だから全輪交換しても良いのだが,懐と相談した結果,1本
のみ交換した.
世の中便利なもので,タイヤメーカーのサイトでタイヤが生産終了
になっていないか確認して,メーカーお勧めのタイヤショップを検
索できる.店頭在庫は無いが半日で取り寄せ可能と言うことで,無
事修理完了.
支払いの際,「大変ですよ.空気圧が極端に低かったです.こんな
んで高速走ったらタイヤはずれますよ.」と言われた.
どうりで最近フワフワと乗り心地が良かった訳だ.
それにしてもこんな状態で5月に高速かっ飛んで敦賀まで行って来た
のだから寒気がして来た.
なにせ話題のメーカーのクルマですからね.
タイヤでも飛ばしたら新聞に載るだろうなあ.
今のところ火は噴いていない.

最終回

August 22 [Sun], 2004, 0:55
オリンピックのおかげで影が薄くなっているが,今日は冬ソナ
の最終回だった.
人間関係が複雑に絡んでドロドロしたドラマだが,何となく20
ウン年前の「赤い・・」シリーズによく似ていると思った.
登場人物や話しの展開が,どうしてもこの年代の琴線に触れて
しまうのだろう.
くさいなあと思っていても,ついウッと来てしまう.
聞けばこのドラマ,40を境に関心の持ち方が大きく異なるら
しい.
会社で聞いても若い子は「なにそれ.どこがいいの.」と言う
が,おとしの方に視聴を勧めたら「前後のストーリーはわから
ないけど,泣けました.」と言う.
遠い昔の胸キュンを思い出すのか,今の自分が失っていること
を期待して見るか,と言ったところだろう.
自分の思い出や期待を投影できる・・・これが共感を生むドラ
マなのだろう.
本当はね,自分の生き方そのものがドラマなんだけど・・・

東京でお仕事

August 20 [Fri], 2004, 22:35
書いて良いものかどうかと思ったが,特に問題ないだろう.
今日はなんと東京電力を訪問した.
別に電気代を滞納したからではない.仕事である.
立派な本社の玄関を入ると,キュートなママでおなじみの鈴木
京香がいて「こうするのっ」とボタンを押してくれる.
メガネをかけたボクは「あっ」と言って動けなくなる.
なんてことはなくて,どこにでもいるわざとらしい受付のお姉
さんであった.
いろいろな事情で,屋外での打ち合わせとなったが,台風の影
響で風が強かったので,上着を着ていても何とかガマンできた.
日差しが問題になる打ち合わせだったが,時間とともに指定場所
では日があたらなくなった.
「日があたる場所があります.」
「よし,そこへ移動しよう.」
「い,いや当社の敷地ですが,皇居の対面なので問題が・・」
ええ,いまどきそんな制約があったんだ.
千代田区って大変なのね.

August 19 [Thu], 2004, 23:59
大きくなったらなりたいものがある,と夢を持っていた頃があるでしょう.
今でも思い続けている人もいるかも知れない.
さて,自分は何をやりたかったんだっけ,とわからなくなることがある.
中学・高校の頃聞いたラジオの深夜放送に影響を受けて,ラジオのDJになり
たいと思ったことがある.
内輪で楽しむ「もどき」を作って仲間で楽しんだがイマイチ.
次に思ったのがミキシングエンジニア.
放送局やコンサートで音声を担当する人.
これも仲間うちで,そこそこやっていたが,これだけを専業にするとなると
不満が残る.
偉そうなことを言っても所詮シロートの遊びなので,プロから見れば笑われ
てしまう話しだが,勝手にそう思っているから仕方ない.
最近になってようやく悟ったのだが,自分がやりたかったこと・・・
それはシナリオ制作や企画だったにちがいない.
若い頃に気がついても実ったとは限らないが,一時期相当近いところまで,
あわよくばと言う線に達したことがある.
でも身を託しようと思わなかった.

案外保守的なもので,エンドレスな仕事がイヤなのだ.
夜更かしは苦にならないが,いつ終わるとも知れないダラダラが好きになれな
かった.
それと,きらめく一作を作るのは訳ないが,続々と輩出させるのも大変.
結局,不適で素質がなかったと言うことになるが,要は人並みの生活を望んで
いたのだろう.
それだけで終わるのもくやしいので,今の仕事に生かすことがある.
・でかける前に出張報告を書いてしまう.
・出張時の先方とのやりとりを戯曲にして報告する.
シャレのわかる偉い人は楽しみにしてくれていたが,いなくなった今ではバカ
らしいので止めた.
シャレのわからない人に評価されるのもイヤなので,昇任試験も見送った.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2004年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ