3月の思い出・・・

March 13 [Wed], 2019, 18:22

昔,田舎から上京して川崎の下町に住んだのだが,立ち並ぶ家々,戸建てもアパートも外壁にトタンを貼ったものが多いのに驚いた。
ドイナカ村では,筆者家以外は重厚な瓦屋根に厚い土壁・表面はしっくいで真っ白にコーティングする大きな家が普通であった。
それに比べれば,なんだかブリキ細工の街並みなのである。
考えてみれば「土」が無いのだからトタンを使うのが合理的である。
(さすがに最近はオシャレな建材を使っていることが多い)

新聞店の住み込みであてがわれたのは,アパートの2階の6畳一間である。
もちろんフロ無し,トイレは共同。
今にしてみれば「すごい環境」と言われそうだが,ひとり一部屋なだけでもぜいたくな話しであった。
当時の学校やカイシャの寮は,相部屋がフツーだった。
筆者は協調性が無い上にワガママなので,自分だけの空間が持てるという利点で新聞店住み込みを選んだのである。
(正確に言うとヤローとの同居はイヤだが,オネーサンなら大歓迎である)
古いアパート,外階段を駆け上がると建物全体がきしんで「静かに上がれ」と怒られてしまうありさまである。
新聞配達も慣れてしまえば,それほどしんどいものでは無い(早起きは辛いが)。
表通りから路地の奥まで入り込んで,住んでる人々の生活を見聞きするような毎日が面白かった。

学校が始まる前の3月中旬から新聞配達を始めたのだが,嵐のような雨に見舞われた。
まだ不慣れな状態で,横なぐりの雨に打たれて泣きそうになる。
「この時期は荒れることが多いんだ。洗礼だね。」
凍えながら店に戻ると新聞店のオヤジがストーブに火をつけながら慰めてくれた。

今年も夜明けの街角で,ずぶぬれで途方に暮れる若者がいるのだろうと,降る雨を見ながら思う筆者である。

若者よがんばるのだ。
ワシはバカ者になったが・・・・orz
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ