葬式の話し・・・

August 18 [Mon], 2014, 20:51
連休明けのカイシャ,始業前に一本の電話.
「今朝,母が亡くなった.」と言う部下の声.
本当に書いていて申し訳無いが,正直なところ,部下の実母とあってはジョーシとして通夜,告別式連チャンで出ないといけないし,香典もそれなりに・・・と今週はきついなあと思った.

そんな筆者の心境を察したのかどうか知らないが,式は家族葬でやるから弔問とか香典は遠慮するようにお願いしますとのこと.
最近,こういう式が増えて来た.
確かに近親者の葬式の当事者になった場合,もはや悲しくて泣いているヒマはなくて,いろんな段取りや来てくれたヒトへの挨拶,はては香典の整理でものすごく忙しい.
だから,ごく少人数の身内だけで最後の時間を過ごそうというのだろう.

筆者の両親をそれぞれ送った時は,式は遠い広島でやったワケだが,兄弟4人(その配偶者含め)いてもかなり忙しい思いをした.
筆者のカイシャ関係のヒトが遠路はるばる弔問に来ることは無かったが,多くの方から香典をいただいた.
西日本の風習としては「半返し」である.
5,000円の香典をもらったら2,500円分の物品を返すのである.
住所を調べて発送の手配をして・・・これもかなり大変.
で,とどめは「香典をくれたヒトは全員,直に会ってお礼を言いなさい」の指示.
田舎に生まれた筆者だから,まあこれは当たり前と思って実際やった.
本当に仕事より大変である.
(香典の整理に「香典管理ソフト」を作ってひんしゅくかいそうになったぐらいである)

かようにチョー忙しいワケだが,もらった香典(半分返したとしても)で葬儀にかかった費用が賄えた.
そうか,香典ってのはそういう仕組みなのかと感心した.
費用がかからないがわずらわしいことばっかりの葬儀より,多少持ち出しになってもじっくりゆっくりした時間を取るか・・・
選択肢が増えたのは良いと思う.

----
慶弔なんでも「半返し」の風習のせいか,西日本では進物店がヒジョーに繁盛してやがる.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗-kikyo
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年12月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像kikyo
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像こだま
» オシャレに飲んでみたい・・・とか (2019年04月10日)
アイコン画像kikyo
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像こだま
» 昼呑み・・・ (2018年12月09日)
アイコン画像kikyo
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像こだま
» 真夏の昼の夢・・・ (2018年07月25日)
アイコン画像kikyo
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像こだま
» 食い初め・・・ (2016年08月22日)
アイコン画像kikyo
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
アイコン画像こだま
» ラジオ体操・・・ (2016年07月19日)
月別アーカイブ