Ciccio

June 20 [Thu], 2019, 13:00
Ciccio で7月4日(木)にワインディナーを開催する事は告知済みだが、このお店の雰囲気、値段、ワインの種類、料理の内容を考えると、徐々に人気が出てくるお店だと思う。

未だオープンして間もないし、目立たない場所にあるので、このお店を知らない人が多いと思うが、リピーターが増えてきても不思議ではないお店だと思う。

そういう意味では好条件でワイン会をさせてもらえるのは忙しくなる前の今の時期だけかもしれない。

7月4日のイベントではこのお店の簡単なイントロダクションという感じで、色々な料理をサンプルできる様に特別なアレンジをしてもらう事になった。

ヘッドシェフは元Water Library等でシェフを務めたイタリア人。このヘッドシェフの下にもイタリア人のシェフが在籍する。

オープンキッチンで仕事ぶりが拝見できる。立派なキッチンでシェフにとっては有意義な職場環境だと思う。 
ピザを焼く窯もあり、高温で焼かれたピザが出てくる。

Ciccioのピザは美味しい。各個人の好みは異なると思うが、個人的にはタイで食べれるピザの中では最も美味しいと思える本格的なピザの一つ。ナポリとミラノスタイルの中間的なピザだが、最終的な味とスタイルを決めるまでに色々と吟味したらしい。 

他の料理に関しても安物の食材は使用していない様だ。
欧米人の好みの味付けに近いかもしれないが、結構まともな内容の料理が出されている。

何と言ってもこのお店の一番の特徴はワインの値段が安い事。ボトルを買って持ち帰る事も可能。
ワインは300種類ぐらいあるが、そこらのワイン屋さんよりも値段が安い。お店で飲む場合は300bahtのサービス料が加算されるが、それでも他のお店よりも値段は安い。他のレストランで一本5000bahtぐらいで売られているワインがCiccio でやは約半額又はそれ以下で飲める。
グラス売りのワインは1杯80bahtからある。 100baht、120baht、150baht、160bahtという値段帯で約20種類のワインがグラスで注文できる。

この様なお店が出てきたというのはワイン好きにとっては有難いと思うが、同業者にとっては脅威的な存在になると思う。

このピザとつまみとワインがあれば満足

以下の写真はイベントでの料理ではありません

有名ブランドの豪州産の和牛種タイに入ってきている肉の中では高級肉の一つ。ごく普通の肉と同じ様な値段が付けられている。

手頃な価格帯からグレードの高いワインまで、有名なワイン産地のワインが揃っている。値段はバンコクで最も安い価格だと思える。
キッチンにもお金をかけている。立派なキッチン。
ゆったりとした空間で食事ができる。ソファーの席もあるので、のんびりとしたペースでワインと料理が楽しめる。

この看板は道路から見えない場所にあるので、多くの人はここにお店がある事に気が付かない。
場所はIntercontinental の後ろ側にある。Holiday Inn とIntercontinental Hotel の間の路地を入っていくと、このお店の看板が見えてくる。

今後もCiccio でイベントを行いたいと考えているが、人気が出てしまうと好条件でのイベントはさせてもらえないと思うので、このお店でイベントをさせてもらえるのは今後は難しいくなるかもしれない。

7月4日(木)のイベントに来られない方は是非とも立ち寄ってみてください。ワイン好きにとってはお勧めできるお店です。

番外編は無事終了

June 19 [Wed], 2019, 6:45
予定通りにマニアックな番外編を行った。参加して頂いた皆さま、どうもありがとう。

全部で7種類のワインを堪能
全てのワインは美味しかったが、今回のハイライトは下記のワイン

ロキオリの白。少し寝かせたので色が黄色ぽくなっていたが、ロキオリの中ではRachael’s は白の代表格これは旨かった

2006年Trevor Jonesこのワインがリリースされた時はShiraz の最高傑作と評価されたが、10年近く寝かせる事で素晴らしいワインに変化していた。水を一切与えずに自然のままで栽培された葡萄から造られたワイン。美味しいワインでした。

Napa のカルトワイン10年ぐらい寝かせると良い感じにピークになっているので美味しい。カルトワインと称されるだけあって素晴らしい内容でした。






やはり美味しいワインには美味しい肉というのが抜群の相性。今回もタイに輸入されている肉の中では最高グレードも物を5種類試した。最初の3種類のみ写真を撮ったが、最後の2つの写真を撮るのを忘れてしまった。
起用した肉は2種類。Black Angusと500日間穀物で飼育された和牛種。 両方共に特徴があり美味しい肉だった。最後に食べた物はマグロでいううとトロという感じで絶品でした。

次回は王道とされる極上サーロインの肉を5−6センチの厚さにカットしてステーキとして極上物のワインと楽しみます。 7月14日に行います。 肉は当会の定番肉の最高グレードの和牛種を起用します。健康的ではないかもしれないが、旨さという事に関しては間違いなく絶品。 コレステロールや中性脂肪を下げる為に黒ニンニクも用意すると思う。

8月の最終日曜日にも同じ様なテーマで行う予定。

当会は営利目的を持たないので、高級店でチャージされる金額の半分以下の値段で最高のグレードワインと肉をお楽しみ頂いています。最高の物を楽しみたい方は当会までご連絡ください。
bkkwineclub@gmail.com

+お知らせ+ ワインディナー 7月4日(木)

June 15 [Sat], 2019, 7:19
7月4日(木)にワインディナーをCiccioで行います。
このイベントは全員着席による夕食会です。
お一人様1200バーツ(Net) で行います。

Ciccio は最近オープンしたワインを楽しめるお洒落なお店ですが、素晴らしい内容を提供しています。
今回のイベントはCiccio の全面的な協力によりワイン会を開催する事が可能となりました。

詳細に関しては近日中に配信するイベントの案内メールをご確認下さい。
イベントの案内メールをご希望の方は当会までご連絡下さい。bkkwineclub@gmail.com

参加希望者は事前の予約が必要です。(当会のイベントの全ては完全予約制で行います)
予約はメールのみにて受付ます。 bkkwineclub@gmail.com

予定している料理のメニューは下記の通りです。(予告無しにメニューの内容が変更になる事もありますのでご了承ください)

Start to share
Pizza Fritta
Pizza Margherita and Diavola

1st. Course
Eggplant Parmigiana
Polpette Fritte
Smoked Cheese with speck

2nd. Course
Ravioli stuffed ricotta with truffle cream
Spicy Italian Sausage with Roast Potato

Dessert
Panna cotta with berry gem

ワインは3杯付けます。(このイベントは飲み放題のイベントではありません)
ワインはスパークリング(スターター)、白、赤の3種類(各1杯)
スパークリングはイタリア産、白及び赤はチリ産のワイン。

上記のワイン3杯でボトルの半分以上の分量にりますが、追加で飲みたい方は別途飲みたい分を購入して頂くというシステムにします。
 
過去の例では飲まれる量は個人差があり、一人で2本近く飲む方やボトルの半分ぐらいしか飲まれない方もいらっしゃいました。
公平な値段を付ける為に通常のワインディナーよりも値段を下げてボトルの半分ぐらいしか飲まない人を基準として値段設定をする事に致しました。 
沢山の量を飲みたい方は別途料金をお支払い頂けばお好きなだけ飲んで頂く事ができます。
通常、グラス1杯で150ccぐらいなので、5杯でワイン1本分という事になります。

ワインは1杯80bahtから160baht(+VAT)で販売されます。
約20種類のワインをグラス売りしていますので、色々な種類のワインを楽しめます。
バンコクで最もコスパの良い値段だと思います。

更に、ボトルで買う事も可能です。ワインは少なくとも300種類はあります。
ワインの販売価格はタイでは最安値だと思います。
但し、お店で飲む場合は300バーツのサービス料が発生します。
このサービス料を含めても他店よりも安い値段になります。 
特に値段帯の高い高級ワインに関しては激安価格でワインを楽しめます。 
ワインを持ち帰る場合はサービス料は無しでお持ち帰り頂けます。
ワインに関してはバンコクで最もコスパの良い店と言えるでしょう。

このイベントは完全予約制で行います。席数が限られているので、人数限定で行います。
ご予約はbkkwineclub@gmail.com のみで受け付けます。 

下記の写真は試食時の内容で、今回のメニューをまとめてお皿に盛り付けてあります。
実際の盛り付けは異なりますので、あくまでもご参考までにご覧ください。
ここのPizza はバンコクではトップクラスでしょう




これらのメニューはバンコクでも名のあるイタリアンシェフによるもので、当会の為に特別なメニューを作成して頂きました。 更に、久しぶりのバンコクでのワイン会という事もあり、好条件を提供して頂きました。

ピザを焼く窯。本格的なピザが食べれる
立派なオープンキッチン
手頃な値段のワインから、グレードの高いワインまで多くのワインが揃っている。10カ国以上のワインを買う事ができる。タイで最もコスパの良い値段が付けられている。


場所はIntercontinental Hotel の裏側

7月4日(木)のイベントは久しぶりのバンコクでのワイン会ですが、このイベントとは別に7月14日(日)の正午から世界最高レベルのワインや稀なカルトワイン等の超極上ワインとタイに輸入されている中では最もグレードの高い豪州産の和牛種を思う存分に楽しんで頂く贅沢を極めたイベントを開催します。
最高の物を堪能して幸せな気分になりたい方を対象とした贅沢な特別企画です。 
ご興味ある方は当会までご連絡ください。bkkwineclub@gmail.com

Innocent Bystander

June 14 [Fri], 2019, 13:35
Yarra にInnocent Bystanderというワイナリーがある。 
Tasting Room とレストランが合体した場所で地元では人気スポットの一つ。

比較的に新しい場所だが、単なるレストランかと思っていたが、ワイナリーが所有するお店だった。
このお店の横にもワイナリーとレストランが合体したお店があり常に多くの客が入っている。

この界隈は中国人がビジネスを買い占めている様で、ワイナリー及びレストランは中国人がオーナーになっていると所が多々あった。 ホテル等も中国人に買収されたところがある。 前回来た時と比較して更に中国人が増えたという印象が強かった。地元の連中はどう思っているのか分からないが、あまり良い印象という感じではなかった。
どこに行っても中国人が目立つ。

Innocent Bystander のワインは美味しくてこの界隈の他のワイナリーと比較するとコスパは良い。
ここは中国人オーナーではなくオーストラリア人が経営者。

ここはレストランでもあり地元では人気のあるお店





試飲できるワインは全て試飲してきた。 ワインの多くは90点以上の評価が付けれる内容で、看板ワインに関しては95点ぐらいで素晴らしかった。 レストランも大勢の客が入っており、人気店である。
次回はいつ頃に行けるか分からないが、このワイナリーは再度訪問したいと思う。

バンコクで最も安い値段でワインを楽しめるお店

June 13 [Thu], 2019, 13:06
最近オープンしたワインを楽しめるお店がある。

Ciccio というお店

来月のこのお店でワイン会を開催する予定。 バンコクでワイン会を行うのは久しぶり。
詳細は検討中だが、人数限定のワインディナーを行う予定。

何といってもこのお店の特徴はワインの値段が安い事。 今まで色々なお店のワイン価格を見てきたが、バンコクで最もワインの値段が安いお店だろう。 ここでワインを買って持ち帰る事も可能。 ほぼ卸値に近い値段で販売されているので驚いた。

他のワイン屋さんでは1000−1500bahぐらいのワインが600−900bahtぐらいで買えるので本当に安い。

又、グラス売りしているワインの種類も多く、80bahtから値段が付けられている。 どんなに高くでも180bahtぐらいなので、リーズナブルな値段帯といえる。

このお店の特徴はワインのみだけではない。
このお店のピザは恐らくバンコクでもトップクラスのグレード。 今までタイで食べたピザの中では最も美味しいと思えるピザ。 本格的なイタリアンのピザで旨い。ピザ専用の窯があり高温で焼かれたピザが出てくる。スタイルとしてはナポリとミラノの中間でナポリの様にソフトではないが、ミラノスタイルの様にパリパリでもない。キジの味は抜群によく、素材もまともな物が使われている。イタリアンシェフが2名おり、そのうちの一人はバンコクでは名のあるシェフ。

その他、ここのステーキも最高にコスパが良い。豪州産の和牛種のリブアイをステーキとして注文できるが、この肉は最高レベルのグレードの肉。他のステーキ屋だと2倍以上の値段が付けられても不思議ではない。

未だオープンして間もないが、値段、内容共にコスパの素晴らしいお店だけに、リピーターとなるお客は多いと思う。
久しぶりに遭遇した素晴らしいお店だった。

7月の上旬にこのお店でワインディナーを行う予定。人数限定の完全予約制で行います。
このイベントの告知は近日中に配信します。 

Payten & Jones

June 05 [Wed], 2019, 10:20
ワインカントリーに行くと常に新しいTasting Room に遭遇できる。
レストランと同じで常に新しいワイナリーが出て来る。
ワイナリーの数は毎年増える傾向にあるが、売却をしようとしているワイナリーもいくつかある。
選択肢が増えるという事は消費者にとっては悪い事ではない。平均的にワインのグレードは以前よりも高くなったと思う。 
今回Yarraで新しいワイナリーを見つけたので立ち寄ってみた。Payten &Jones というワイナリー。
何の基礎情報を持たないままTasting Room に行った。 


全部で8種類のワインを試飲してきた特徴のあるラベルのワインが多かった

90点以上の飲みやすいワインが殆どだった。このレベルのワインは食事とも合わせやすいし、単独で飲んだとしても楽しめる。かなり簡単に飲めてしまう美味しいワインだったので、1本購入して後でチーズと一緒に楽しんだ。

特徴のあるラベルワインは美味しかった
このワインはSyrah。オーストラリアだとSyrah ではなくShiraz と表記されているワインが殆どだが、ここのワインはSyrah とラベルに書かれている。他のワイナリーでも同じ様にSyrahと表記されていたワインがあったが、Syrah と表記するのは今後の傾向になるかもしれない。フランス産のSyrah にスタイルがよく似ているので、Syrah としたらしい。ブラインドで飲んだらフランス物かと思うかもしれないぐらいフランス産の特徴が出ているワインだった。

今はYarra のワインが面白いと感じる。スタイルとしてはフランス寄りの所がある。フランスとオーストラリアの良い部分が融合している感じで好きなタイプのワインが多い。オーストラリアの特徴が全面に出ているBarossa のワインとは異なりYarra のワインは新鮮味を感じる。同じオーストラリアでも全くワインのスタイルが異なるのが面白い。
両方共に好きなワインカントリーだが、Barossa だとどのワイナリーに行っても濃厚で強烈なShiraz が中心で評価が高く付けられたワインが多いが、Yarra の方が色々なタイプのワインが醸造されているので楽しめる。
 
このエリアは何回来ても飽きない。又、近いうちに行く事になるでしょう。

ホテルでの会食

June 03 [Mon], 2019, 7:36
普段はホテルで食事をする事はしないが、誘われたので行ってみた。
タイ人は食べ放題が好きみたいなので、全ては先方に任せてワインのみを持ち込む事にした。

ワインの持ち込み料が500バーツという事だったので、グレードの高いワインを持っていく事にした。ホテルだと1本につき1000バーツぐらいチャージするところが多いが5星ホテルで500バーツはリーズナブルかもしれない。

Rochioli のRiver Black95点ぐらいの評価がされていたと思うが、評価通りの内容だった約2年間寝かせたので、落ち着いた感じになっていた

ホテルのビュッフェという事で期待はしていなかったが、これはいけるというものが何種類かあった。
結局タイ人はワインを飲まないで食べる事に専念していたので、当方はワインに合うつまみ等を中心に食べる事にした。

3種類の牡蠣があったので食べてみた。全てが合格点以上。
チーズ類もいくつかあったので、数種類を試食。ごく一般的なテーブルチーズが数種類とソフトチーズの2種類があり、ワインを飲むには十分だった。 

メインはラムチョップにしたが、食べ放題なので数本は食べたと思うが、このラムはかなりまともだったので得をしたと思えた。タイ人はラムとかには興味が無い様で、最初から選択肢に入っていなかった。このビュッフェの中では最もまともだろうと思われた。

どこのビュッフェに行っても刺身や寿司は置いてあるが、タイ人達は喜んでサーモンの刺身や寿司をお皿いっぱいにに盛っていた。 マグロの刺身もあったが、冷凍物のキハダマグロだった。

他のホテルで牡蠣を食べた時に失望した事があったので、今回は赤ワインのみを持っていったが、ここの牡蠣だったら白ワインも持っていってもよかったと思う。

タイ人達は海老や刺身、デザート等が好きな様だったが、当方はチーズ、コールドカット、牡蠣、ラムが中心となった。この日は特別に安くで食事代のみで税金とサービスチャージを入れても一人1100バーツぐらいだったので、この内容だったら再度来ても良いと思った。(通常だと2000バーツぐらいはするみたい)

先日、メルボルンでタスマニアの牡蠣を堪能してきたが、タスマニアの牡蠣と比較すると見劣りはするが、タイにおいてこのレベルの牡蠣は今まで食べた中では最も良かった。 





期待をしていなかっただけに満足でした。 

実話が最も面白い

June 02 [Sun], 2019, 11:20
以前から同じだが、米国で話題となっている事は日本では大きく報道されない。
先般トランプ大統領が来日したニュースは日本では大きな話題となっていたが、それ以外のトランプ大統領の状況は殆ど報道されていないので多くの人は知らないと思う。
しかし、トランプ大統領に関しては驚く様な茶番劇が行われている。
面白いと言うと怒られるかもしれないが、どんな映画や小説よりも興味深い展開になっている。

民主党の議員によるトランプ大統領の弾劾が行われようとしている。弾劾に関しては資金集めの口実や売名行為かもしれないが、トランプが大統領に就任してからトランプを失脚させようという事が実際に行われていた。
元FBI長官のRobert Mueller が責任者となって約2年間もかけてトランプの選挙活動に違反があったか否かを調査していた。
ロシア疑惑と呼ばれているが、この調査に絡む内容を聞いていると滅茶苦茶に思える。
Deep State及び民主党の悪人達がトランプを陥れる為のでっち上げた工作だと思われる。
暗殺すると世間は許さないので、合法的な方法でトランプを失脚させようという事なんだろう。

Robert Mueller はトランプの犯罪は立証できないと調査結果を出した。結局、犯罪を犯したという証拠は見つからなかったらしい。
再度Robert Muellerは以前発表した事が全てでそれ以上の新情報もなくトランプに関する調査は終結したと発表しかし、Mueller は明確な結論を避けている。「トランプを犯罪者として決めつけるだけの十分な証拠はない」と言いながらも「罪を犯していないと言い切れるだけの自信はない」とも言っている。罪を犯した証拠は見つからなかったが、無実だとは断言できないという事らしい。この様な表現をするとトランプは証拠を隠蔽したと可能性があると解釈されてしまう。

Mueller は反トランプ派らしい。この調査には多くの人が関与し、約40億円相当の経費がかかったらしい。
調査は反トランプ派が中心となって行われたらしい。最初からトランプを犯罪者に仕立てる為に行われた調査という印象が強い。共和党はMuellerを証人喚問にかけたいらしいが、既に発表した調査結果が全てで、本人は引退するという声明を出してこの件から逃げてしまった。

結局、ロシア疑惑はトランプを失脚される為のクーデターであったというイメージが強い。誰が裏で操作をしてこの様な工作をしたのかが追及されると思う。トランプ側が反撃に出るのは間違いない。
ロシア疑惑は2020年の大統領選挙に向けて民主党が勝利する為に演出した猿芝居だったかもしれないが、米国民の多くはこの茶番劇にうんざりしていると思う。しかし大手メディアの多くは反トランプ派なので、連日トランプが犯罪者であるというイメージを植え付ける様な報道が行われている。

メディアは視聴者を洗脳し支配者にとって都合の良い情報や考え方を植え付けているので実態を正確に把握していない国民は多い。又、視聴者を感情的にさせ知的で且つ適切な判断をさせない様にするのもメディアの役目の様だ。

メディアの中でもFox Newsは信用できそうな内容を伝えていると思える。CNN やMSNBC、その他の大手は反トランプの情報を報道しトランプのイメージを悪くする事を積極的に行っている。大手新聞も同じでトランプを攻撃する記事が多い。多くのメディアが真実を伝えないというのは今に始まった事ではないので、トランプがTweetする理由がよくわかる。

民主党はトランプが2期目に勝利するのを何としても阻止したいと思っているが、米国の経済は好調で、失業率も過去50年間で最も低く、所得税率も下げ、GDP も上昇しており、数字上では文句を付けられない結果を出している。
民主党の猿芝居も失敗に終わったし、実際に数字上では良い結果を出しているので2020年の選挙でトランプが勝利する可能性は高いだろう。しかし、反トランプのメディアは毎日の様に反トランプの報道を行っている。

世界各国共通してメディアの多くは都合の悪い情報は流さない傾向にある。嘘の情報を流す事も多い。
日本でも政府の悪人や売国奴の悪態をストレートに非難し公表する大手メディアがあっても良いと思うが、現実は違う。メディアの情報を鵜呑みにするのではなく、事実を見極める事が重要だろう。

先日飲んだ美味しいワイン決して高級なワインではないが、美味しいワインだった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:BKK Wine Club
  • アイコン画像 現住所:
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・ワイン
    ・料理
読者になる
BKK Wine Club は2006年にBangkokでスタートしたワイン愛好会で 色々なテーマで料理・ワインを楽しむ会を行っております。 
このブログではワイン、料理、イベント、その他の情報等を紹介していきます。 

2013年4月末までのブログは下記のサイトでご覧いただけます。
http://bkkwineclub.at.webry.info/

BKK Wine Club にご興味のある方は当会までご連絡ください。
bkkwineclub@gmail.com

www.facebook.com/bkkwineclub

最近メールが届かない事が続出しています。 特に会社のメールアドレスではHTML のメールはセキュリティー上の関係でブロックされてしまう事があります。 以前メールを受け取られていた方で、メールが届かなくなった方は個人のメールアドレスを当会までご連絡ください。
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30