ディナポリ氏の用語:パターンフェイラー

June 08 [Wed], 2011, 19:57
ディナポリ氏の分析には、パワーシグナルと呼ばれる方向性指標というものがあります。パワーシグナルと呼ばれる通り、非常に勝率の高いシグナルのことで、ディナポリ氏も、《最も難しいのは、方向性指標は示現されるのを待つこと》と述べるほど、出くわすことは稀です。

ディナポリ氏の論ずる方向性シグナルの背景にある考え方は、大衆に追随すのではなく、むしろこうしたパターンプレイヤーが間違いを犯す時を見定めているのです。
大半のプレーヤーは同じものを読み、同じ時にパニックに陥り、そして耐えきれなくなって手仕舞うのです。この時こそディナポリ氏の方向性指標は、最も効力を発揮するのです。

パターンフェイラーはその用語の通り、典型的な誰もが知っているパターンが崩れた時のことを言います。(例えば、ヘッドアンドショルダー(三尊型))
典型的なパターンが崩れた時、大衆はこぞって手仕舞うか、崩れた方向にポジションを取るでしょう。しかしながら、そういう腰の引けたプレーヤーを狙って《だまし》を行うのは大口の常套手段です。その大口に乗るのがパターンフェイラーの神髄とも言えます。

ただし、パターンフェイラーの重要なポイントは、発生してから仕掛けることです。未確認のシグナルとして仕掛けないことです。典型的なパターンに逆行し、トレンドに逆らうことはあまりに無謀です。ただの値頃感からのカウンタートレードになりかねません。

パターンフェイラーについては、ディナポリのパワーシグナルと題してまとめる予定ですので、今しばらくお待ちください。

赤やらピンク字を多用しましたが、それだけ大事な項目だと私がおもっていることを記載しました。ご了承ください。
  • URL:https://yaplog.jp/bjaeopgj/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。