第2弾、無事にリリースしました!

October 03 [Wed], 2018, 11:22
第二子が、我が家にやってきました



私はなかなか出血が止まらず管理されていましたが、とりあえず母子ともに無事です◎


忘れない内に、リリースまでの道のりを書いておきます。
(備忘録的に…)




前回のお産で”陣痛に鈍感だ”とわかっていたので早目に病院に行ったにも関わらず、助産師さんから「すぐ産まれそう!危なかったですねー」と言われてしまいました


他の方のお産が重なり、「助産師さん、忙しそうだなー」と思いつつ、赤子が良いポジションを探しながらモゾモゾ動いていたので、夫とお喋りをしながら しばし待つ。

(助産師さんは、忙しくても定期的に声掛けをしてくれていましたし、私は子宮口がほぼ全開になっていて、いつでもどうぞ状態。赤子は良いポジションを探してモゾモゾ。赤子待ち。)


他の方のお産が終わって病院も落ちつき、私&夫が待ちくたびれて寝てしまった頃、「マイペースさんだねー!ちょっといきんでみましょうか」と助産師さんに言われて、人工的に破水させたら、数十分後にスルリッと生まれてきました。


第一子は、勢いでポン!と飛び出した感じだったので、すでに性格の違いが垣間見られます。


君を「空気読み検定 1級」に認定します。

いわゆる激しい陣痛の痛みに耐えたり、いきみ逃しをしたりもせず、私が頑張ったのは最後の10分くらいでしょうか。
第二子、グッジョブ。


今回は、胎盤の位置があまり良くないと言われていたため、早産にならないようにヒヤヒヤしながらの10ヶ月の旅。

代打で演奏してくれたベーシストのみなさんや、共演のみなさん、家族のおかげで、なんとか無事に10ヶ月間、お腹の中に第二子を格納しておけました◎
(ベーシストのみなさんには、引き続きお世話になります)


「宇宙人にきょうだいがいたらいいな」と思っていたさなか、はるばる我が家にやって来てくれた第二子!
きょうだい仲良く育ってほしいです。

周りに2児以上の育児をしている人が少ないので、わからない事だらけですが…
とりあえず2人の成長を楽しませてもらおうと思います◎

2人目だから楽勝!って事は全然なくて、「2児の育児は、初めて」っていう感じです。


子の様子をみて、ライブなども復帰予定なので、どうぞよろしくお願いします

サロン・デュ・ショコラ2018に行ってきたよ

January 28 [Sun], 2018, 15:25
寒いですね


ベースの弦がキンキンに冷えて、触るのが辛い今日この頃です…

さて、先日「サロン・デュ・ショコラ2018」に行ってきました!



サロン・デュ・ショコラは、チョコレートの祭典です。
世界中からショコラティエ(チョコレート職人)が集まり、お客さんは色々なチョコレートを見たり食べたり買って楽しみます◎

ショコラティエにサインをもらったり、写真を撮ったり、握手してもらったりする人もいました!


ほとんどの方は、なかなか普段は手に入れられない海外のチョコレートがお目当てだと思われる中、私の目当てはズバリ「明治 ザ・チョコレート」のブースでした。




カカオポッドの展示



明治のチョコレートはコンビニでも購入できるくらいポピュラーですが、今回のサロン・デュ・ショコラでは「ホワイトカカオ」というとても希少なカカオ豆を使ったチョコレートが出品されるということで、興味津々!!


明治のブースは、販売だけでなくチョコレート作りの流れがわかる体験コーナーも設置されていました






写真右側が、よくあるカカオ豆(紫茶色っぽい)。
左がホワイトカカオの豆です。


名前の通り、焙煎する前の豆の色は明らかに違います。


白い!

私は、これが見られただけで7割くらい満足しました。

ホワイトカカオは、世界の生産量全体の内1%以下しか作られていないようです。


病気に弱く収穫量が少ないため、生産者側の採算が取れない事が主な理由でほとんど出回っていない品種なのですが、その貴重な豆を使ったチョコレートが、明治さんのブースにお目見えしたということです。


目当てだった「メキシコホワイトカカオミルク」というチョコレートは完売だったため、味見ができていないのが唯一の心残りです


そして、もう一つのお目当て。



エクアドルカカオドリンク!


以前参加したチョコレートのセミナーで初めて出会ったカカオのパルプジュースを使った飲み物で、すっかりパルプジュースのトリコになっていた私は「これを飲まずには帰れない…」というくらい、楽しみにしていました◎
この飲み物は、今回のイベントのために開発されたようです。


パルプジュースは、チョコレートのコッテリしたイメージとは裏腹に、トロピカルフルーツ特有の甘酸っぱく爽やかな味わい。
ライチやマンゴスチンに似ています。


お目当てのカカオドリンクは、このパルプジュースにカカオマス(食べるチョコレートになる前の段階の、ドロっとしたペースト)がコップの底に沈んでおり、混ぜながら味の変化を楽しめるという、面白い一品。




茶色い部分がカカオマス。

最初は、パルプジュースの部分だけ飲んで…
トロピカル!


今度は底に沈んでいるカカオマスの部分と混ぜて飲んだら、初めての感覚。
私の脳が混乱しました。

チョコレートの風味、なのにトロピカル。


普通のチョコレートドリンクは、甘くて濃くて、ゴクゴク飲む感じではないですが…

このカカオドリンクは、暑い日にゴクゴク飲めちゃう感じでした。
ちゃんとチョコレートの味と香りも楽しめるのに、爽やか

色んなところで飲めるようになることを切望します。



パルプジュースはカカオ豆の発酵に使われるため、パルプジュースそのものを飲む事はほとんどないそうです。
しかし、パルプ部分が多い種類のカカオがあるようで、発酵し過ぎるのを抑えるために、パルプ部分を少し減らす目的を兼ねて、パルプジュースが作られたようです。
一石二鳥!

ということで、私のサロン・デュ・ショコラでの目的は全て果たされました。


せっかくなので、一緒に行ってくれた たをやめオルケスタのうんPとミキティと一緒に、会場をグルリと回ることにしました。


その場で食べるスイーツもたくさんありました。


数あるスイーツの中から、私はミルフィーユをゲット!




全身でチョコレートを浴びて、ホクホクな1日でした◎


おまけ


たくさんのチョコレートの作品に感化されて、お家に帰ってからケーキを作りました



出来上がりー!





もはやチョコレートを全く使ってないけど、満足です。


おしまい。






チョコレートのセミナーに行ってきたよ

October 07 [Sat], 2017, 10:05
ブログを全然更新していませんでしたが、大阪ツアー行ったり、もりもりベースを弾いて夏を満喫しました◎


実は、放置していたブログを書きたくなる出来事がありました。


標題の通り…


チョコレートのセミナーに参加してきました!!



事の始まりは、9月中旬。

チョコレート検定のスペシャリスト/エキスパートの試験を受けました。
合格発表はまだですが、合格者の使命は「チョコレートの魅力をたくさんの人に伝えること」なので、テストの後もチョコレートについて色々調べていました。
(ただチョコレートを食べていただけ…ではない!はず!)

そんな折、セミナー開催の案内が来たので、すぐに参加することにしました◎


セミナー会場は、京橋にある株式会社明治の会議室。

明治さんのお菓子は、チョコレート以外にも私の好きなものがたくさんあるので、このビルの中に入れるだけでテンションMAX!

受付からエレベーターで会場に案内されて…
部屋に入った途端、カカオの香りが充満している


今回のセミナーは、カカオから店頭に並んでいるチョコレートが出来る過程を学べる内容と聞いていました。

まずは、現物を見る事が難しいカカオポッド(カカオの実)をナイフで切って中を観察。

カカオは、基本的に発酵・乾燥等が終わった豆の状態で輸入されるので、模型とかで説明されるのかと思っていたら、まさか本物のカカオポッドが登場とは!
こりゃすごい。



外皮が固そうだけど、果物ナイフでザクザク切れます。
現地では、ナタで叩き切るみたいです。




中でも印象的だったのは、カカオのジュースの試飲です◎


ココアじゃないんです。
カカオ豆の周りについているパルプ(白くてヌルヌルしてる部分)をジュースにしたものです。
ライチに似ています。




種の周りについている白い部分が…




ジュースになってる!

カカオのパルプは、カカオ豆を発酵させる際に利用されるので、ジュースとしてはあまり出回りません。

カカオのパルプジュースは、トロピカルフルーツ特有の甘酸っぱさがあり、カカオがフルーツの木である事を思い知らされました。
ちなみに、このジュースからは、みじんもチョコレートの風味を感じられません。

個人的にはカカオのパルプジュースをもっと飲みたいのですが、近年ではカカオ豆の供給が足りなくなりつつある(というよりも需要が急激に増えてる)ので、ジュースを作ってる場合じゃないのかもしれません


チョコレートの製造過程以外にも、チョコレート農園支援の活動実態や、産地別のチョコレートの食べ比べ、味の表現方法などを学びました。

ローストした豆をチェックする工程。


これは、焙煎などの工程が済んだカカオ豆をすり潰してカカオマスにする機械。



カカオマス製造の合間に、産地ごとのチョコレートの食べ比べもしました。


カカオをすり潰したままの「カカオ100%」のチョコレートの試食もさせていただきました。
お店で売ってるハイカカオのチョコレートは、だいたい70〜95%くらいなので、100%はなかなか貴重な体験。

100%のお味は…
思わず顔を歪める程、苦いっ!


はるか昔、チョコレートは薬として利用されていたと言われていますが、本当に薬みたい。。


これに砂糖やミルクを加えると、ようやく私たちが食べているチョコレートに近づきます。
(現代のチョコレートになるには、他にも色々な工夫が必要なのです)

普段何気なく食べているチョコレートですが、製品になるまでにはたくさんの工程があり、貴重な食べ物であることを再確認しました。


明治さん、ありがとうございました!!





セミナーに参加してからは、「meiji THE Chocolate」の食べ比べが、さらに楽しめるようになりました

6ヶ月の間のこと

June 12 [Mon], 2017, 15:31
宇宙人が我が家にやってきてから、6ヶ月が経ちました。



メチャクチャな生活を覚悟していたけど、想像よりも穏やかな日々を過ごしています
宇宙人、気を使ってくれてるのかな…。

大変なことと言えば、自分が体調不良の時でも育児は待ったなし!なことくらいでしょうか。

夫と、両家の家族から


「母親なんだからがんばれ!」


「こうした方がいい!」


と『助言』と言う名のプレッシャーがない事が、のびのびと私らしい育児をできる要因である気がします。
そして、夫が育児上手でありがたい…


親世代は育児経験があるので、色々伝えたいところをグッと堪えて、見守ることの方が大変なんだろうな…

孫の成長を一緒に喜んでくれることは、どんなアドバイスよりも嬉しいです。
私も次の世代の宇宙人に余計な口出しをしないよう、厳重に気をつけようっと



小さめサイズの宇宙人ですが、宇宙人なりのスピードで大きくなり、できることも増えてきました。

誕生から3ヶ月間は、この世に生まれたことを自覚しておらず、眠り続けていました。





4ヶ月。目がよく見えるようになり、



首を動かし過ぎて、よだれかけがマントになっていることが常でした。
この頃から、髪の毛がモヒカンになってきました。



5ヶ月。寝返りができるようになりました。


からの



からの




寝返りしかできないハズなのに、謎の場所に移動していることがあるのは、宇宙人だから、仕方がない。


最近は、食事を撒き散らすワザを覚えました。





宇宙人はしばしば高熱を発するので、39.0度以上になる度にオロオロしたり、ちょっとしたことに「異常か!?」と心配していますが、それらの心配を上回るくらい、宇宙人を観察できる事は嬉しいです




宇宙人よ、とにかく健康第一でお願いします。
(そして、その父と母も!)


写真の使用許可を宇宙人に取っていないので、レシートの裏に描いた画でお伝えしております。


なんとか復帰できました◎

March 25 [Sat], 2017, 23:56
今日は、浪漫堂で「文化的レトロvol.3」に出演しました◎
産後初めてのライブで、超エキサイティングでした

主催の写真家Lillyちゃん、GYPSY VAGABONZ秀子ちゃんをはじめ、みなさまに色々配慮していただいて、有り難かったです。


人前に立つのは、約4ヶ月ぶり。
こんなにライブとライブの間が空くことは、今まで経験したことがなかったし、宇宙人としばしのお別れだし、ドキドキでした


ちゃんと演奏できるかな。

宇宙人、大丈夫かな。


ライブが始まってしまえば、なんとか大丈夫でした◎
やっぱり、ライブは楽しい。

幽体離脱して自分を冷静に見てるみたいな、出産前とは違う感覚が追加されていて、とても興味深かったです。

さすがに指の感覚は鈍ってるけど、今までよりももっと自由に弾ける感じ
指の感覚が元に戻ったら、さらに楽しいだろうな。


宇宙人が誕生してからというものの、24時間一緒にいる or 宇宙人のことを考えて過ごす日々だったので、久しぶりに自分のことに没頭できる時間ができました。

リフレッシュして、また宇宙人との生活に張り合いがでそうです
ライブと子育てを交互にやることは、両方を新鮮な気持ちで取り組めて、良いかもしれない。


しばらくの間は、色々な人に手伝ってもらったり、迷惑を掛けることが多々あると思うけど…
ライブで演奏できることが当たり前だと思わないで、ひとつひとつ丁寧にやっていきたいな。
と、決意新たな復帰戦になりました。

前にも後ろにも大事なものを抱えて、幸せの極み。




共演した樋口舞さんも今日が産後復帰ライブだったり、お子さんがいる共演の方もいて、心強かったです◎

復帰ライブ、浪漫堂で良かった。
愉快なメンバーたち!



改めまして、これからもよろしくお願いします



実験結果は数十年後!

February 27 [Mon], 2017, 22:45
小さき人が我が家にやって来てから、はや2ヶ月以上が経過しました。


最初はわからない事だらけでしたが、わからない状態で生活することに慣れてきました。
(わからない事には変わりないです…)

オムツ替えは、800枚くらい交換し続けて、ようやくコツをつかんできたところです。


ずっと「わからない時間」だと疲れてしまうので、スキマ時間は、努めて好きな事をして過ごすようにしています。
「好きな事 < 睡眠 」の時も多々ありますが…

小さき人を模写してみたり。




甘酒を作ったり。


子守り歌を作ったり。


先輩ママとお昼を食べたり。
(お出掛けの練習をしつつ、色々教えてもらう!)
↓たをやめトランペットのサッコちゃん親子とパチリ☆



自分の世話すらできていない私が、小さき人を育てることは、なかなか大変に感じます。(命削ってる感じ!)

大変!大変!と言ってても負担が減る訳ではないし、なるべく楽しく(そしてラクに)暮らしたいものです。
大人がなるべく楽しく過ごしていれば、小さき人も楽しく成長できるのかなー、と思ったりしています。

ということで、大人の楽しそうな様子が、小さき人に伝染するかどうか実験をしてみよう。
実験結果がわかるのは…何十年後かな??

でっかいプロジェクトだ。


そういえば、有難いことに産後の復帰ライブが3月にあります◎
4月以降も様子を見ながらライブしますので、会場でお会いしましょう☆

■2017/3/25(土)浪漫堂@青山/HEAVEN
文化的レトロvol.3〜春のお花見ライブ〜
http://www.heaven-aoyama.jp/
開場18:30/開演19:00





思っていたのとは違いました

January 18 [Wed], 2017, 17:17
1ヵ月ほど宇宙人(新生児)を観察してわかったことがあるので、報告します。

家に宇宙人がやって来るまでは「赤ちゃんは天使のようにカワイイものだ」と思っていました。



実際は…

白目をむいて寝る
左右の目がバラバラに動く
ミルク、ヨダレ、排泄物など垂れ流し
皮膚の色は、黄色または真っ赤
歯が1本も生えてない
湿疹が出てプツプツだらけ
いきなり痙攣したように震える(モロー反射)
爪で引っ掻いてくる
ワケもなく泣く


客観的に見ると「なんという事でしょう…!(絶句)」と思うほど、あられもない姿でいる事が常です
お世辞にもカワイイとは言えないです。

特に左右の目がバラバラに動くのは、夜中に見ると恐怖以外の何物でもありません
(初めて見た時は、何かの異常かと思いました。)


で、家にいる宇宙人が可愛くないのか、というとそんなことはなく、
いや…カワイイというよりも…愛おしい存在です。


ということで、「新生児は、天使のようなイメージとは違いました」という報告でした。

育児経験のある方は「あら、懐かしいわねー」と、暖かい目で見られるかもしれませんね
私は新人なので、とにかく毎日「えーー!!」っと、驚いています。


今回書いた内容は、我が子に愛着が持てない…など深刻な悩みがあるわけではありません(念のため!)

新生児の生態を初めて目の当たりにして、驚きと発見があったので記録として書いたものです。

他にも、ビックリすることや「こんなこと、誰も教えてくれなかったー!」ということばかりですが、全部ひっくるめて面白いです◎

そして、全世界のお母さんはすごい!と改めて尊敬。
(最近は事あるごとに母を尊敬する)

これから赤ちゃんを迎えられる方は、必ずや愛着を持って接する事ができると思いますので安心してください


おかげさまで、我が家の宇宙人は新生児を卒業し、「乳児」に昇格しました。

乳児になったら、フワフワで可愛らしい赤ちゃんのイメージに近づくのかな。
引き続き、観察を続けます。


※去年まで知りませんでしたが、「新生児」は生後1ヵ月の間の時期を指すようです。
2ヵ月目から「乳児」と呼ぶようです。

おめでとうは両親へ

January 11 [Wed], 2017, 3:51
本日1/11、ひっそりと誕生日を迎えました◎
唯一、自分でケーキを作らない日です。
(いや、自分で作った事もありますが…)

今年は、誕生日の前日に家族がお祝いしてくれました。
チョコレートケーキわーい!




誕生日には周りの人から「おめでとうー」と言われるのが世の常。
でも、本当は両親に「生んでくれてありがとう」と言う日なんじゃないか?
…と思うに至りました。


だから、知人からの「おめでとう」の言葉は、私に宛てられたものではなくて、両親への言葉を、私が代理で受け取ってただけなんですね。きっと。

今まで自分に言われていると勘違いしてました。
とんだ自意識過剰だわ!


自分が生まれたのは100パーセント両親のおかげだし、今まで死なずに生きてこられたのは両親と周りにいるみなさんのおかげ。

自分ではほとんど何もしてないのに、誕生日を迎えた人がケーキやプレゼントをもらってチヤホヤされるのは、何でなんだろうか。


逆に私が友人に「お誕生日おめでとうー」と言う時はどうなのか考えたら、やっぱり友人の両親ではなく、本人に向けて言ってました。

良く考えたら、私が伝えたいのは「おめでとう」というよりも「この世に生まれて、私に出会ってくれたことで、私の人生に良い影響を与えてくれてありがとう。これからもよろしくねー!」の方がしっくりきます。


セリフが長くて面倒だから、きっとこれからも「お誕生日おめでとうー」と言うことになるのでしょう。

と、いうことを思いつつ、今年の誕生日を迎えました。


結論としては、自分でバースデーケーキを作って家族に振る舞うのは、あながち間違いではないということですかね◎

とりあえず、ケーキを家族や友人と一緒に分けあえるのは嬉しいことだ

2016年、よくできました◎

December 31 [Sat], 2016, 22:08
2016年も残り数時間。

今年は、やりたいことを手当たり次第やった一年でした◎

「家族が増えます」ということがわかってから生活の中身が変わって(変えて?)、やりたい事をどんどんやりました。

行きたい所に旅に出て、









たをやめオルケスタや色々なアーティストのサポートで、ライブやら撮影やらレコーディングやら参加させてもらって、













お菓子を作ったり、食べに行ったりして。






何気ないことばかりだけど、いつもにも増して楽しんだ一年でした。
自分が気持ちよく過ごせる方法を学んだ一年でもあったかな。

そして、年末に子どもが生まれてからは、ライフスタイルがガラリと変わって。




来年も、楽しい事を自分のペースでたくさん集めていきたいです◎


みなさま、良いお年を!

リリースしました◎

December 12 [Mon], 2016, 9:46
私事で恐縮ですが、先日、女の子を無事に出産しました◎
母子ともに、元気です!



私も先生もビックリする程の安産で、「陣痛が来てる気がするです…」と病院に連絡をしてから2時間くらいでポンっ!と産まれてくれました。
注:ただ私が痛みに鈍感だっただけで、早けりゃ良いというモノではないと思います


妊娠期間中は、理解やサポートをしてくれる方々に恵まれていることを改めて実感しましたし、ご協力いただいた(&今現在ご協力いただいてる)みなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、いつも一番近くで支えてくれた夫にも、たくさん感謝です。
出産に立ち会ってくれて、心強かったです


ということで、母親1年生としてこれから学んでいくことばかり。
周りのみなさまに色々教えてもらいつつ、家族で力を合わせて、愉快に過ごしていきたいと思います。


12月からライブはお休みさせていただきますが、来年の暖かい季節になったら少しずつ再開したいですな。
これからも、よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

生まれる前からたくさんの音楽に触れていたので、おしゃべりできるようになったら感想を聞いてみよう。
「ベースの音がうるさかった」とか言われるのかな…。

この手で、たくさん幸せを掴んでね。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:愛沢まり
  • 誕生日:1月11日
  • 血液型:AB型
  • 現住所:東京都
読者になる
◆だいたいベースを弾いています。
愛沢まりHP