原発事故ハザードマップを知らしめてはいけない!

2013年05月31日(金) 21時40分
5月16日に以下の記事を書いていました。
------------------------------------
東京電力は契約者に福島原発事故処理を料金請求するくせに、月々の請求書・領収書に汚染水放水の説明はなし。
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/10184
------------------------------------

さっそくこれみよがしのプロパガンダが掲載されました。
これが5月25日の記事。いつものセオリー通り、都合の悪い記事は週末に書かれます。

------------------------------------
浜岡原発:中部電、DMで安全対策説明 新規制基準で、周辺9万戸へ /静岡
毎日新聞 5月25日(土)12時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000092-mailo-l22

 浜岡原発の再稼働を目指す中部電力は24日、原子力規制委員会の新規制基準(7月施行)への対応を説明するため、御前崎、牧之原、掛川、菊川の周辺4市の住民や事業所にダイレクトメール(DM)を送付すると発表した。返信用はがきを同封し、希望があれば社員が訪問して追加説明する。
. 対象は約9万2900戸で、安全対策をカラー印刷で紹介した説明紙を送付する。同社は東日本大震災後、これまで2回、津波対策を説明する資料を送付。前回12年8月は意見を寄せる返信が約300通あり、約20戸を個別訪問したという。
 中部電の4月26日の発表では、5号機の地震動が従来想定していた最大1000ガルよりも、方向によってはより大きい1900ガルとなることが分かり、耐震性の精査や設計を見直す必要が出た。13年末としていた防波壁のかさ上げなどの津波対策完了時期も、15年3月末へ遅らせるとしている。【平塚雄太】
5月25日朝刊
------------------------------------

電力会社は実施が完了していない「安全対策」でも紙に書いて送れば説明が済んだことになるそうです。
本当に、絵に描いた餅です。

ありもしない「安全対策」より、電力会社が知らせるべきなのは原発ハザードマップです。

------------------------------------

2011年07月10日
原発ハザードマップ
原発ハザードマップを掲載しているサイトを案内致します。
仮に日本全国の原発が爆発したら・・・・という恐ろしい想定をすることもできます。
http://www.nanchatte.com/map/NuclearPowerPlant.html


原発ハザードマップ 1988年の雑誌から抜粋しました
http://miraihikou.blogspot.jp/2011/03/blog-post_13.html
2011年3月13日日曜日
未来飛行


原発事故ハザードマップを知らしめてはいけない!?
http://blog.goo.ne.jp/activated-sludge/e/7c747d79c959f913d1e4371ed1c3aac1
Activated Sludge ブログ 〜日々読学〜


10月20日 未だにSPEEDIデータを隠そうとする理由 小出裕章(かんさい情報ネットten!)
2011年10月22日

2011年10月20日(木)放送の、読売テレビ「かんさい情報ネットten!」の中の特集「ゲキ追」にて小出裕章氏のコメントがVTRで紹介された。

SPEEDIの今後の利用に関する重要な報道です。


録画
http://youtu.be/ScfEFUePEYw



小出裕章氏のコメント

小出裕章「30キロ圏内の南相馬市の人たちは避難をしろと言われて飯舘村に逃げた人達もいるのですけれども。そうするとむしろ沢山の被曝をしてしまったと、いうことが起きたわけで。やはり風向きによって、放射能の汚染が広まるということを大前提にしながら、どういう防災措置が取れるかとういことをはじめから考えて置かなければいけません」

小出裕章「様々なシミュレーションをしながら防災計画をしていく必要が必ずあるだろうと私は思います。ただしそれは、今の原子力を進めてきた日本というこの国にとっては、それをやれば命取りになると。そんなことを住民に知らせてしまったら、もうみんな嫌だと言うに決まってるから。え……住民に対しては安全だ安全だと言い続けてきたわけだし、これからも彼らはそう言いたいだろうし。その範囲を超えて何十キロにもわたって被害が及ぶということは出来れば隠しておきたいと思いつづけている筈だと思います。」




浜岡原発のSPEEDIによる放射能拡散予測図の全面公開を求める:住民は自主避難の権利を有する
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/matiplanplan/comment/20111008/1318037502
2011年10月8日(土)
まちづくり連れ連れ騒士


 繰り返しになるが、市町村・都道府県が防災計画を立て、住民が防災予防対策を行ううえで、もっとも重要なのは、ハザードマップ(災害予測図)である。
 洪水や津波、地震、土砂災害などが心配される地域では、各戸にこの防災マップが配付されているはずである。東京の荒川沿いの私が仕事で関わったことのある市の場合では、荒川が氾濫した場合には、全市が数mの水に浸かることを想定していた図面が配付されていた。

 原子力災害についても例外ではありえない。事故が起こった場合には、住民は放射性核物質の拡散を予想して、ただちに避難して生命と健康を守る権利を有する。秘密主義で迅速な決定などできない国や県などの指示を待っていたら、福島の人々のように、不必要な放射線を浴び、一生、不安におののきながら暮らさなければならないことになる。
 自主避難者に対して、東電は補償を拒んでいるが、これから、公害裁判を越える大きな裁判になることは必至である。

 繰り返すが、「SPEEDI」「世界版SPEEDI(WSPEEDI:広域版)」は、電力会社のためのものでも、文部科学省や経済産業省の一部の官僚の所有物でもない。国民の共有財産である。
政府は、昨年10月、浜岡原発事故を想定して作成された「浜岡原発事故の影響予測図」を直ちに開示しなければならない。
 同時に、全ての原発の再稼働を巡っては、「ハザードマップ作成」を義務づけることを主張したい。
 また、中立性を保てず、秘密主義を貫いている政府関係の研究機関は、すべて、大学に移管することを、再度、提案したい。大学といえども、御用学者の巣窟のようなところもあるが、官僚の御用研究機関よりははるかにましである。

------------------------------------
長くなったので続き。

子ども・被災者支援法を東京電力・政府・自民党は葬ろうとしている。

2013年05月31日(金) 21時30分
是非ご覧ください!闘いの中で、皆さんに伝えたい!「現在、我々はこういう状況にあります。」
http://mak55.exblog.jp/18661000/
南相馬市 大山こういちのブログ
2013-04-28




----------------------------------
放射能から子どもを救う法律は、すでにある
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/05/post-29.html
投稿日:2013年5月21日by 高橋 仁也カテゴリ: 土壌・空気・海・河川の汚染
KAZE to HIKARI


--前略--

しかし今、この法律は機能していません。『子ども・被災者支援法』としては、一切予算がついていないのです。今の政府は「すでに支援パッケージでこの法律の具体的計画は満たされている」と言っています。しかし、母子避難者などの高速道路無料化はされたものの、支援パッケージはこれまでやっていたものを寄せ集めたものに過ぎません。

■(KAZE解説)

この法律は、正義を強調するが実効性にとぼしい理念法の色彩もつよく、それが全会一致を可能にした側面があります。ですから、巨大な復興予算を集めたにもかかわらず、この法律には1円も予算がついていない異常な状況を許しています。政府・自民党はこの法律の理念は、20ミリシーベルトまでは我慢をしなさいという、これまでの施策をあつめた「被災者支援施策パッケージ」ですでに実現できているとうそぶいています。


< 解説 >

政府が支援法を踏みにじり、でたらめな「被災者支援施策パッケージ」にすり替える訳
『子ども・被災者支援法』は、福島原発事故によって被害を受けている福島県に限らない広範囲にわたる地域の、子どもや住民に「避難の権利」を認め、健康や暮らしの支援を目的にしています。この法律は子ども達にとって最後の命の綱として迎えられたのに、現在まったく活かされていません。強制避難区域の以外の自主避難者への国の支援は一切ないのです。
 
法案は、日本版「チェルノブイリ法」と呼ばれ、昨年6月の国会で、超党派提案の議員立法として全会一致で成立しました。ウクライナの「チェルノブイリ法」では、年間被ばく線量が1ミリシーベルト以上の地域を「移住(避難)の権利地域」と定め、とどまる人にも、避難する人にも医療や生活を支援しました。日弁連なども、被ばく線量年間1ミリシーベルト以上(汚染状況重点調査地域)を「支援対象地域」にするべきだと主張しています。それにより支援は福島県外にも拡大します。これと同じ考え方で、千葉県内9市なども合同で復興庁に「子ども・被災者支援法緊急要望書」を提出しています。
 
「汚染状況重点調査地域」
http://josen.env.go.jp/zone/summary/list.html
 
ところが、政府・自民党が『子ども・被災者支援法』の"代替"として示しているのが「支援パッケージ」です。根本復興大臣は「支援法の目的、趣旨をしっかり読み込んで取りまとめた。必要な施策については、盛り込んだ」(2013年3月15日)、と述べています。
 
しかし、「支援パッケージ」は避難者への国の支援など何ら含まれていません。そればかりか、経産省は支援パッケージの発表に呼応するように、20ミリシーベルトで問題ないという「年間20ミリシーベルトの基準について」を発表しました。その中で、チェルノブイリ原発事故の避難措置は、「過度に厳しいものだったと評価されている」と言っています。
 
『子ども・被災者支援法』に「チェルノブイリ法」のように1ミリシーベルトからの移住権限や5ミリシーベルトからの強制避難の実行力を持たせると、放射能の危険性に対する懸念拡大、避難コストの拡大、賠償責任の範囲拡大、そしてさらに全国に点在する原子力発電所の再稼働に困難が生じます。政府・自民党はこうした状況を回避して、地震大国日本での再稼働を狙っているのでしょう。これまでの原発政策の推進者、自民党は責任も一切取らず、さらに子どもたちに20ミリシーベルトで我慢しろと責任をなすりつけています。

福島原発の地下水でトリチウム除去を可能にしたら、日本全国の原発に導入しなければならなくなる。

2013年05月31日(金) 20時59分
トリチウム除去方法は秘密でもなく、既に存在します。

---------------------------------------------------

気になるニュース29
http://plaza.rakuten.co.jp/shimojim/diary/201304130000/
shimojim 4/13/2013

--前略--

トリチウムは、三重水素からなる水と同型の分子構造からなる液体で、強烈な放射能を持ち、極めて有害なのだが、これを減容するのが不可能という訳ではない。

電気分解法で、トリチウム液から、酸素と水素を分離すれば、減容の目的は達成される。濃縮され、減容された後の高濃度のトリチウム液をしっかり保管することで、海洋投棄は不要になる。海を汚さなくて済むのだ。

この処理に必要な電力は、メガソーラー発電装置や風力発電装置の設置で賄えば、クリーンな電力がトリチウム処理対策に使用できるはずだ。発電所の周辺部には、メガソーラーや風力発電装置の設置に必要な土地は、十分に見いだせるであろう。

さらに、そこで得られる水素を燃料電池システムへ投入することで、夜間電力を確保して、24時間体制のトリチウム処理が可能になるであろう。

いくら費用がかかろうと、この方法によって、トリチウム汚染水の海洋投棄を回避するべきである。

---------------------------------------------------


・では、トリチウムが漏れているのは、事故を起こした福島原発だけでしょうか?


---------------------------------------------------
原発は通常運転中でも放射性物質を垂れ流す。原子力ムラは、これを隠蔽。
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11422286575.html
泣いて生まれてきたけれど
2012年12月07日(金)

@tokaiama
放射性希ガス、トリチウム・ヨウ素・キセノン・クリプトン・ラドンが
原発フィルターに捕集されずタンクに貯められ
週に数回夜中の三時頃こっそりと排出します。
この時間帯、計測する人は少ない。
もちろんモニタリングデータは操作隠蔽します。
これが原因で呼吸から内部被曝肺ガンに

浜岡原発。
「稼働していた頃には、排気塔から定期的に汚染物質が放出されていた。
以前は中部電力も地域の人々の健康を考慮して、
風向きが陸地から海に向かっているときだけ放出していた。
しかし、最近ではそのような住民への配慮もなくなり、随時垂れ流すようになった」
川上武志 (原発放浪記)より


--後略--


原子力発電所(平常運転時)と癌の関係
http://nueq.exblog.jp/15924355/
2011年 07月 11日

--前略--

原発からは核物質(放射性物質)が垂れ流しの状態となっています。

もちろん、ウランとプルトニウムはフィリタリングされて外部には漏れないように
されていますが、その他の放射性のトリチウム、ストロンチウム、キセノン、
クリプトン、セシウム、ヨウ素などはまるでフィルタリングされることなく、
排ガスや排水の中に混入されたまま環境中に垂れ流されているのが実情です。

これはそれぞれの核物質をフィルタリングするためには、
多種に亘る同位性元素ごとにフィルターが必要となる上に、
完全にフィルタリングする為にはそれぞれの核種ごとに
大変な技術とコストが必要とされるためです。

電力業界・政府はこうした事実を隠蔽して国民には知らせないまま
原発の導入に踏み切ったのです。

また、ピッツバーグ医大:放射線医学名誉教授のスターグラス博士は、
原子炉の中の冷却水も放射性を帯びているために、
配管が錆びて出てくる鉄、マンガン、コバルトなどにも中性子がぶつかって、
普通の元素まで放射性になって大気に飛び出てしまうことを指摘しています。

これが体内にも必要な物質の場合、放射性の鉄分だって
血液に入ってしまう訳です。

--後略--


六ヶ所再処理工場が平常運転時に予定している被曝
http://www.cnic.jp/modules/smartsection/print.php?itemid=16

--前略--

トリチウムについては、その一部を飽和蒸気として排気筒から放出するとしているが、トリチウムを排気筒から放出する場合、等量の排水口からの放出に比べて17倍の被曝を与えると日本原燃自身が評価している。放出する空気の除湿は簡単なことであり、除湿して捕捉したトリチウムを排水口から放出しさえすれば、被曝量は大幅に低減できる。また、費用はかかるが、トリチウムの同位体濃縮技術はすでに確立されており、トリチウムを捕捉しない理由も要は経費がかかるというだけである。

--後略--

---------------------------------------------------


通常に運転している原発・再処理工場からも漏れています。

・では、福島原発の地下水でトリチウム除去を行って、他の原発・再処理工場ではトリチウム除去を行わなくてもいいのでしょうか?

トリチウム除去が全国の原発・再処理工場に波及した場合のコスト、さらに今ならば再稼動までの日数に影響します。

だから電力会社・日本政府は福島原発の地下水からのトリチウム除去の実績が出来るのを恐れています。




・では、トリチウム除去を行わない理由は単にコストだけでしょうか? 

長くなるので続き。



東電の故意のトリチウム海洋汚染を許してはならない
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/10093


米原発で微量の放射性トリチウムが地下水を汚染し、ガンが急増(NHK)
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/10034


トリチウムによる被曝の恐ろしさ
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/10003


6000兆ベクレルのトリチウム放流の可能性、新たな汚染水処理装置、規制委が試験運転を了承
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/9983

100万ベクレル(1000tあたりのCs137)含有を「地下水」と言い切った東京電力

2013年05月31日(金) 20時58分
くみ上げた地下水、結局海に放出することに。東電「海洋汚染などの悪影響はない」・・・そりゃ薄まってるからね
http://hibi-zakkan.net/archives/26165781.html
日々雑感 4/27


おそらくこれかな。(去年の9月に放出した時に東電が出してきた資料)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/120924/120924_01n.pdf
これだと基準はCs137が1Bq/L

とあるので、

1000トン海へ垂れ流すということなので
1リットル=1Kg
1000トン=1,000,000kg だから
よってセシウム137だけの基準は1,000,000ベクレル(100万Bq)までOKということだね。
100万Bqまでは、海に放出してもいい!ということです。


気になるニュース29
http://plaza.rakuten.co.jp/shimojim/diary/201304130000/
shimojim 4/13/2013

日量400トンの地下水の流入があるとされ、汚染水は増大の一途を辿り、敷地内での保管が限界に達しようとしている。

東電は、この事態の対策として、上に載せた記事にあるように、ALPSと呼ばれる浄化装置を導入して、放射能汚染水を濾過して、基準値以下の浄化水に転換して、海に放出することを狙っている。

しかし、この場合、放射能汚染水の浄化といっても、どのように手を尽くしても除去できない物質が残っている。トリチウムだ。それも、海洋投棄限界の数十倍の濃度の汚染レベルである。

ここで、思い出されるのが、東電がすでに開始した、敷地内の内陸側での地下水の汲み上げ作業ですね。原子炉建屋地下室に流入する地下水の水量を減少させようとの狙いで実施に踏み切った。

この地下水は、当然、敷地内に一時的に保管され、海洋投棄される予定となっているのだが、この際、懸念される事態がある。増大する汚染処理水のトリチウム濃度を下げるために、この地下水が使われる可能性があるという点だ。

つまり、トリチウムの抜本的な除去ではなく、希釈という、姑息な手段で濃度を下げて、海洋投棄が可能だと言いつのるやり方です。東電らしいと云えば、そうなのだが、何と情けない連中だ。





東電が出してきたトリチウム安全プロパガンダを検証
http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-749.html
nuclear allergy 〜福島の悲劇を二度と繰り返さないために〜
2013-03-03



京都大学名誉教授 斎藤眞弘 「トリチウム、水、そして環境」より抜粋
http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub040208saitou.2.htm

■胎児期に母体を介して取り込んだトリチウムは4週間後(ヒトで言えば多分15歳くらい)には90%以上が体外に排出されてしまう。一方、体内に残留するトリチウムを、自由水、たんぱく質、脂質、DNAなどの成分ごとに計ってみたところ、たんぱく質やDNAなど有機成分に含まれるトリチウムの割合が、時問とともに増えることがわかった。

■生物学的に長く生体内に残るトリチウムによる被ばく線量は、短い期間で体外に排出される自由水型トリチウムによる被ばく線量に較べて無視できなくなる。

■DNAに結合したトリチウムは、細胞核の外に存在するトリチウムに較べてより多くの傷害をDNAに与えることになる。

これはマウスによる実験なので生命維持年数が数十倍の人間に、更にどのような影響があるかは判っていないが、以前NHKがうっかり放送しシニア原子力関係者からバッシングを受けた「追跡!真相ファイル」(12月28日放映)では、「アメリカでは原発から流れ出た微量の放射性トリチウムが地下水を汚染し、周辺地域で小児ガンが急増した」という報道があった。



トリチウムはこれまで考えられていたよりも2倍危険。英国健康保護局の電離放射線諮問グループが報告書を公表。
http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/rokkasho_series6.pdf

■六ヶ所村再処理工場の海洋放出がもたらす被曝線量は約3マイクロシーベルトから約4.5マイクロシーベルトになるだろう。

■膨大なトリチウムが出ていた英国のセラフィールド再処理工場周辺で多発している小児白血病。


「エコノミスト」誌にイアン・フェアリー氏が「トリチウム―見過ごされた原子力災害」より
■カナダ/ピッカリング重水原子炉周辺ではトリチウムを年間2,500兆bq(ベクレル)放出していますが、周辺の都市では80%増ものダウン症候群の赤ん坊の出産がはやっています。また中枢神経系統に異状のある赤ん坊の出産も明らかにされています。(カナダ原子力委員会報告)

LOG0531-2

2013年05月31日(金) 19時06分
B-18357 A333 CAL100
B-6127 A333 CES523
A6-EYH A332 ETD878
C-GFAF A333 ACA003
A6-EDC A388 UAE318
ZS-RSA B737 LMG1 18:26
OK1 GLEX F001 13:38
5X-UGF G550 17:25
B-2808 B752 14:15
A6-RJX B737 ROJ05 15:56
3DC-SWZ MD87 SWZ001 14:56
C5-RTG IL62 M01234X5 17:46
XT-EBO FA7X 14:10
P4-CLA B762 CHAD001 17:05
TC-JJI B773 THY51 13:01

LOG0530-2

2013年05月30日(木) 19時13分
B-18306 A333 CAL100
B-5908 A332 CES523
A6-EYN A332 ETD878
C-GFAF A333 ACA003
A6-EDD A388 UAE318
TU-VAO R722 14:36
B-5273 B737 CBJ632 17:21
ET-APF B ETH9201 16:37
EI-UNY B TSO864 13:49
VT-EVB B744 AIC1 10:48
N800AL G450 N800AL 10:13

LOG0529-2

2013年05月29日(水) 19時26分
B-18306 A333 CAL100
B-6586 A320 CES523
A6-EYD A332 ETD878
C-GFAF A333 ACA003
A6-EDO A388 UAE318
M-ANGO CL60 18:21
OE-IRT GL6T OEIRT 16:29
B-2809 B752 14:41

LOG0528-2

2013年05月28日(火) 19時24分
B-18359 A333 CAL100
B-6755 A320 CES523
A6-EYK A332 ETD878
N791AN B772 AAL175
C-GFAF A333 ACA003
A6-EDY A388 UAE318
VT-JSE CL30 22:24
D-ADCA G550 DCS680 16:04
OE-IRT GL6T OEIRT 12:18
C-GGBL CL60 15:04
N528MP GLEX N528MP 15:21

LOG0527-2

2013年05月27日(月) 19時14分
B-18316 A333 CAL100
B-6538 A332 CES523
A6-EYO A332 ETD878
N791AN B772 AAL176
C-GFAF A333 ACA003
A6-EDN A388 UAE318
B-99888 G550 B99888 16:46

LOG0526-2

2013年05月26日(日) 19時01分
B-18311 A333 CAL107
B-18316 A333 CAL100
B-6592 A321 CES523
A6-EYE A332 ETD878
N791AN B772 AAL61
C-GHKW A333 ACA003
A6-EDO A388 UAE318
D-ADCA G550 13:23
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Rakuten Widget
楽天
【amazon】デジタル家電