「人間の体内の「除染」が先だろ!」

2013年05月31日(金) 20時51分
被曝をラジオオートグラフで映像化 福島県飯舘村のウグイス
福島第一原発 159 

飯舘村のウグイス ラジオオートグラフで被曝を映像化 
http://mphoto.sblo.jp/article/55571894.html

先日、森敏先生から以前お願いしていたラジオオートグラフの写真が届いた。
私が飯舘村で昨年12月に採取してきたウグイスの死骸だ。
やはりだいぶ被曝していた。

ウグイスの被曝の状況を映像化したものだ。



モノクロのレントゲン写真のようなものがラジオオートグラフ。
黒い点々としたものがCs137の放射線がでているため黒くなった。
羽の部分は表面に付着したもの、腹の部分の黒くなったところはお腹の内部から放射線がでている。
汚染した虫などを食べたことで食物連鎖で濃縮されたものと思われる。
これはお腹側を羽を広げて撮影したものだ。

--------------------------------------------------------
東北大、福島原発警戒区域内に残された牛の人工放射性物質の体内分布に関する系統的な研究成果
http://hibi-zakkan.net/archives/22621464.html

福島第一原子力発電所事故に伴う警戒区域内に残された牛における
人工放射性物質の体内分布を明らかに


<研究成果の概要>

 福島第一原発事故によって大量の放射性物質が環境中に放出されました。この原発事故に伴う放射性物質の体内動態と内部被ばく線量を評価するための基本データを得ることを、この研究では目的としました。福島原発から半径20km圏として設定された警戒区域内に残され、2011年8月29日から11月15日の間に安楽殺された、川内村と南相馬市の79頭の牛について臓器別にγ線を放出する放射性物質の放射能濃度を計測しました。すべての臓器でセシウム134とセシウム137の放射能がほぼ1:1の濃度で検出されました。さらに、半減期の比較的短い放射性銀110mが肝臓に、テルル129mが腎臓に特異的に集積していました。回帰解析の結果、臓器中の放射性セシウム濃度は血液中の放射性セシウムに比例しており、骨格筋で最も高く、血中の約21倍でした。また、各臓器別に放射性セシウム濃度を比較すると、臓器によらず母親に比較して胎児で1.2倍、仔牛で1.5倍でした。放射性セシウムの放射能濃度は牛の捕獲場所と餌に依存していました。本報告は福島原発事故に関連して警戒区域内に残された牛の放射性物質の体内分布に関する系統的な研究成果です。
 なお、本研究は東北大学加齢医学研究所、農学研究科、理学研究科、高等教育開発推進センター、歯学研究科、山形大学、新潟大学、放射線医学総合研究所、理化学研究所の共同研究として行われました。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=328478&lindID=5 

>放射性銀110mが肝臓に、テルル129mが腎臓に特異的に集積
>器中の放射性セシウム濃度は血液中の放射性セシウムに比例しており、骨格筋で最も高く、血中の約21倍でした
>各臓器別に放射性セシウム濃度を比較すると、臓器によらず母親に比較して胎児で1.2倍、仔牛で1.5倍


これらは、山本太郎さんと広瀬さんのDVD「太郎ホントの話の」放射能編

vol.2「放射能のどこがこわいの?」
でも解説してましたね

「太郎ホントの話の」放射能編 vol.2「放射能のどこがこわいの?」 より

--------------------------------------------------------
福島第一原発 113 

直接リンクが貼れないので2011/11/16(水)の欄をご覧ください。
http://grnba.com/iiyama/
◆2011/11/16(水) 人間の体内の「除染」が先だろ! 飯山一郎

このところ「除染馬鹿」の影響を受けてか、「除染」に関する問い合わせが多い。 いま、「除染馬鹿」たちが税金を使ってやっていることは、庭や運動場など屋外に 降り積もった放射能混じりの表土をはぎ取るという愚劣な作業である。これで「線量が下がった!」と大袈裟に報道するのだから、欺瞞というより詐欺だ。
このような「除染馬鹿」たちのことなどは忘れて、本当に大切なことを書く。 いま、国家が総力を上げてしなければならないことは、表土の剥ぎ取りなどという百害あって一利なしの愚かしい税金の浪費作業ではない。
先ず、私たちが本当に心配すべきことは、8ヶ月以上もの間、数千万人の国民が放射性物質を呼吸と飲食によって体内に摂取して、内部被曝してしまっている!ということだ。
次に、ただ今現在もフクイチが放射性物質を噴出させていて、さらに今までに降り積もった死の灰が風によって舞い上がり、再度大気中をただよっていることだ。 ようするに、311以来ずーーっと、今現在も私たちは大気中に漂い続ける放射性物質の微粒子を吸い続けているのだ。 このことの重大性は、空中線量が下がったの、やれ上がったのと一喜一憂する空中線量馬鹿には分かるまい。

数値が高くても低くても線量が計測できるということは、大気中に放射性物質の超微粒子が浮遊していて、コレが放射線を放射しているということだ。 この放射性物質の超微粒子を、私たちは呼吸するたびに体内に吸引している…。
この内部被曝の危険性は重大である。 やがて、致命症!になるからだ。 「放射能は身体に良い場合もある。また、人間の体細胞には修復力がある…」 こんな「学説」を言いふらす原子力資本に洗脳されて安心している脳天気は論外としても、私たちが最も優先せねばならないことは、内部被曝対策である。

最近、「除染」に関して、電話などで私に問い合わせをされた方々の質問内容は、庭や通学路や運動場に微生物を散布するという方法論・技術論についてである。
「線量の高い通学路に微生物を散布する場合の散布回数は?」
などという質問である。
これは、ハッキリ言って、愚問である。
「シロウトが微生物を使って通学路の除染をすることなど、無理だし、無意味だ!」
と、私は愚問には答えない。

そのかわりに、こう言う。
「線量が高い通学路や運動場の除染作業より、あなたやあなたの家族の体内に蓄積して、5年後以降に大変な悪さをする放射性物質を“除染”しなさい!」

関連記事
福島第一原発 158 放射能 「直ちに影響ない」 国民に放送したのが、大ウソだった。甲状腺検査、35%−チェルノブイリ・ゴメリ地方以上の甲状腺異常の可能性
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/8764

福島第一原発 被爆対策。摂取したほうがいいもの。
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/8563

福島第一原発 体調と対策メモの続報です
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/8815

福島第一原発 148 乳酸菌 34

2012年03月19日(月) 20時35分
タバコに隠された真実

http://ameblo.jp/fotografia-h/entry-11174716725.html

皆様とうに周知の事かと思いますが
4月から放射性セシウム、その他の核種が入ったタバコが普通に店頭に出回ります。


JTに、セシウムタバコがいつから市場に出てくるのか確認した方がいます。

「2011年3月以降、福島原発事故による放射性物質はタバコ畑も汚染しているはず。その汚染されたタバコ草も収穫をして加工し、寝かせ、出荷するのであろうが、いつから出荷するのですか。」

というものでした。
それに対する回答は

「2011年度産の国産葉たばこを購買するにあたりましては、野菜類等について出荷制限または出荷自粛が行なわれた地域において耕作された葉たばこにつきまして、弊社暫定基準値を設定し、購買前検査を行なっております。

その検査結果につきましては、報道各社や弊社ホームページに発表させていただいており、2011年度内の使用予定はございません。

また、西日本地域で耕作された葉たばこ等、上記地域外の葉たばこにつきましては、一部の葉たばこ処理済品といたしまして使用しております。

たばこは、食品ではございませんが、弊社暫定基準値につきましては、政府が食品に設定した暫定基準値を参考にして、たばこが煙として吸うものであることを考慮のうえ、弊社にて検討し決定しており、仮に製品中にこの暫定基準値相当の放射性物質が含まれている製品を喫煙されましても、放射性物質による健康影響はないものと考えております」




はっきり言える事は

*2011年度中は、放射能セシウム葉タバコを使用していない事。
*今年4月から2011年に収穫された放射能葉タバコが使われているタバコが売られるようになる事。


ただ、JTに問い合わせた別な方の話によると、2012年2月頃から、少しずつ放射能セシウムタバコが市場に出回る、という話だそうです。

どっちにしても、この4月からセシウムタバコによる放射能再拡散で、吸わない人も吸入被曝する事になるでしょう。

そもそも、副流煙は喫煙者の吸う本流煙の5倍危険だといわれています。
喫煙者の吐き出す煙は、タバコのフィルターを通って、さらに喫煙者の肺に吸着・吸収された残りの煙なので多少はマシですが、副流煙は、タバコのフィルターさえ通っていないそのままの煙ですから、喫煙者が吸っても危険性は高いのです。


そして、4月からは更にそこに福島由来のセシウムやその他の核種が加わる事になります。

セシウムガスは空気清浄機を素通りしてしまいます。
マスクも気化したセシウムはブロックできません。

気化したセシウムは、日常生活をしている限りは、どんなことをしても防御できません。

家電メーカーの「タバコの粒子を取り除く」という謳い文句は、単なる消臭効果のことで、タバコの極微粒子を吸い取ることはできません。

タバコの煙の成分のほとんどは、葉、添加剤、化学物質などが燃焼によって気化したガス成分です。

特に、もっとも危険な副流煙の成分の97%がガス(気体)ですので、どんな最新の空気清浄機でも素通りしてしまいます。

セシウムが気体になるのは、671℃ですから、タバコの燃焼熱(700℃〜900℃)によって、セシウムは簡単に気体(ガス)に変わります。
もう何をやっても、セシウムは防げないということになります。

当然、マスクをしても効果はほとんどありません。
セシウム毒ガスから身を守るためには、その場を、素早く立ち去る以外にないのです。
これは喫煙者も同様です。

ちなみに、JTは放射性ヨウ素と放射性セシウムしか計測していません。
プルトニウムやストロンチウムその他の核種については、今後も計測しません。




それと、皆様バージャー病(ビュルガー病)と言う病気をご存知でしょうか?
バージャー病とは、脱疽のことです。

抹消血管に血液がいきわたらなくなって体が腐る。腐るから切除する。
通称「タバコ病」といいます。
20〜30歳代に多い病気で、発病する人の92%は喫煙者だそうです。
日本でも1〜2万人ほど患者がいるとか・・・。


見たくない人は見ないで下さい。

今回の事で知った病気ですが、恐ろしいですね・・・。








−放射能セシウムタバコに殺されないために知っておくこと−

4月1日から食品の放射能・新基準値が採用されます。



           今までの暫定基準値   新基準値

・米などの穀類  500ベクレル/kg → 100ベクレル/kg
・野菜        500ベクレル/kg → 100ベクレル/kg
・肉・卵・魚など  500ベクレル/kg → 100ベクレル/kg
・飲料水      200ベクレル/kg →  10ベクレル/kg
・乳児用食品   200ベクレル/kg →  50ベクレル/kg


法律を、そのまま解釈すれば、国産タバコの製造元・JTは、2012年3月31日までは現行の暫定基準値「ヨウ素2000ベクレル、セシウム500ベクレル」を採用することになります。
これは国が葉タバコの基準を設けていないことから、JTが「タバコの葉も野菜に準ずる」と拡大解釈して、都合のいいように決めているからです。

ただし、野菜は食べ物ですが、葉タバコは吸うものです。
食べ物から体内に取り込んだ放射性物質は、時間の経過とともに何割かは発汗や排泄物とともに外に出て行きますが、肺に取り込んだものは、ほとんど出て行かないのです。

内部被曝は深刻です。
国としては安定財源であるタバコ税をなくしたくないものの、かといって、肺ガンを始めとする健康被害が葉タバコに含まれている放射性物質によるものである、と証明された場合、「責任は取りかねる」という考えです。

仮に、数年後、数十年後、肺ガンの発症率が劇的に増えたとしても、「それは放射性物質によるものではない」ということにしてしまおうと考えているのです。

税収と国民の命・健康を天秤にかけて、今はJTの独壇場での振る舞いを黙認しよう、ということなのです。
法律が法律として機能しない国、それが日本です。


食品の新基準値は4月からですが、米、大豆、牛肉などに関しては、在庫調整などの関係から4月以後、6ヶ月〜9ヶ月の間は、現行の500ベクレルの暫定基準値のまま経過措置を講じると言っているのです。

JTは、「葉タバコも野菜に準ずる」としているのですから、本来であれば、2012年4月からは、現行の500ベクレルから100ベクレルに基準を厳しくせざるを得ません。

しかし、これから出回るタバコは、2011年(去年)の秋に収穫した葉っぱを使っています。

政府が、「米、肉、牛肉などに関しては最長で4月から9ヶ月間は、現行の暫定基準値を適用する」といっているわけですから、JTの放射能タバコも、4月から100ベクレルという新基準値が採用されたからといって、以前の上限500ベクレルまでの葉っぱが使われているのです。

要するに、4月からの新基準(上限100ベクレル)がタバコに適用されるのは、2012年の葉タバコの収穫後の話になるのです。

4月から100ベクレル/kgに変更されても、少なくとも、今年いっぱいは500ベクレル/kgのタバコが流通するということです。

乾燥重量に換算したら、セシウムはどれだけ濃縮されているか分らない

タバコの葉は収穫後、洗浄せずに、そのまま発酵させるので、葉にセシウムが堆積しています。
JTが都合のいいように解釈している「500ベクレル/kg(現行)」という値は、収穫直後の水分を含んだ状態のことを言っているのです。

これを1年かけて乾燥・発酵させるのですから、1kg当たりに含まれる放射性物質の量は、その数十倍に濃縮されます。
これは、日本茶と同じです。

日本茶が、あれほど騒がれたのに、葉タバコは、どのメディアも、まともに報道していません。
まったく、日本のメディアは役に立ちません。

副流煙は、とんでもなく恐ろしい毒ガスになるというわけです。


タバコを止めろ、といったところで、そう簡単には止められないのがタバコなのです。

今はまだ情報が少なすぎます。
なにしろ、厚生労働省がJTについては野放し状態なのですから、基準も何もあったものではありません。

ただし、4月が近づいてくるに従って、新聞・雑誌がこの話題を取り上げるようになるでしょうし、多くの研究熱心なブロガーさんたちが、独自に調べて記事にしてくれるでしょう。



いくら言っても言うことを聞かない、ヘビースモーカーのご主人がいる家庭では、以下のことを徹底して行う必要があります。





@放射能セシウムタバコは、空気清浄機やマスクでは防ぐことができないので、タバコは家の外に出て吸ってもらう。
家の中で吸い続ければ、部屋自体がマイクロ・ホットスポットになってしまう。
小さい子供のいる家なら、なおさらのこと。


A家族でドライブなどの時も、高速のサービスエリアや、道の駅に停車して、車外に出てから吸ってもらう。
車の運転をしながら吸うと、窓を開けても車内にセシウムガスが渦を巻いているだけ。第一、車の中がマイクロ・ホットスポットになってしまう。


B神奈川県に次いで、兵庫県でも受動喫煙防止条例制定の動きが出ています。
やがて、京都府、千葉県、大阪府へと広がっていくでしょう。
といっても、居酒屋、バーなど、しばらくは条例を守らない店があるでしょうから、そういった店には行かないこと。
客席とガラスで完全に仕切った喫煙ルームを常備していないお店にはいかないこと。


C飲食店、マージャン屋などの喫煙OKの遊技場には、行かないこと。


Dそうしたところで働いている人は、4月以降の経営者の対応次第では、慌てる必要はないが、一度は転職も考えてみること。


Eタバコによる急性心筋梗塞は、今まで以上に増えてくるものと考えられます。
ガン保険の見直しを。
まして、これから住宅ローンを組もうという人は、ガン保険のオプションに絶対に入っておくこと(ほとんどがそうなっていますが)。


Fその他、想像力を働かせて、セシウムガスから身を守ることが大切です。


しかし、それでも、協力しそうもないご主人には、煙の出ない水タバコや、ニコチンガム(大リーガーが、くちゃくちゃ噛んでいる)などもありますが、煙が出ないと我慢ができないというスモーカーが大半ですから、もう外国タバコに切り替えるしかありません。


じっくりネット内を検索して、日本の葉タバコが使われていない外国産銘柄を探し当てるしか方法がありません。

ただし、それでも、ポロ二ウム−210は入っています。


----------------------------------------

生まれてこの方喉が弱いので、タバコは吸わずに過ごしてきました。これからはタバコを吸う人は大変だと思いました。

但し上記記事の通り受動喫煙でセシウムタバコを吸わされているので、対策として「米とぎ汁乳酸菌の豆乳ヨーグルト」を摂取して、体内の免疫力を高めていこうと思いました。


今度は原料を変えて紅茶豆乳で豆乳ヨーグルトに挑戦してみました。

完全に分離してしまいました。

福島第一原発 146 乳酸菌 33

2012年03月12日(月) 20時33分
木炭から放射能「焼き肉」「焼き鳥」「蒲焼き」が危ない!? (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/441.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 2 月 28 日 15:06:41


木炭から放射能「焼き肉」「焼き鳥」「蒲焼き」が危ない!?
http://gendai.net/articles/view/syakai/135358
2012年2月27日 日刊ゲンダイ

 <ガス焼きが無難>

 昨年10月に施行された新基準に違反したとして、札幌市の焼き肉店が摘発された。
 1月中旬に専用のまな板や包丁を使わず調理した牛ユッケを提供したという。食べた客は発熱などの症状を訴えた。
 もっとも、肉は焼けば安心というわけではないらしい。何で焼くかによっては別の問題が生じる。NPO法人「食品と暮らしの安全基金」の中戸川貢氏が言う。
「今月沖縄で、窯焼きピザに使う薪から、1キロ当たり468ベクレルの放射性セシウムが検出されました。使用後の灰は4万ベクレルです。薪は福島県産でした。宮城県でも、地元の森で伐採された薪を使った薪ストーブの灰から、5万9000ベクレルの放射性セシウムが検出されています。林野庁は薪の出荷に関して、国の基準を超えたものとそれ以外のものを組み合わせることを推奨しています。全体で基準をクリアすればいいという考え。本来なら放射能に汚染された地域の木材は出荷停止にして損害を賠償すべきなのに、やっていません。炭火焼きの店で食べるときは、木炭の産地に注意してください」
 東京農大が南相馬市の杉を調べたところ、中心部に近い04年の年輪から930ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。樹皮だけではなく、内部まで浸透しているのだから深刻だ。
「焼き鳥や焼き肉、ウナギの蒲焼きなどは、炭の産地の分からない店よりも、ガス焼きの店の方が無難です。薪のセシウムは、最大2%が食品に移り、8%が気化する。もし炭火焼き肉店の木炭が放射能に汚染されていると、肉に放射能が付着すると同時に、焼いている人は肺に直接、放射能を吸い込むことになります。できるだけ内部被曝(ひばく)を減らさなければならない妊婦や子供は要注意。成形木炭も、国産品は汚染地域のおがくずを使っている可能性があります」(中戸川氏=前出)
 安全とうまさの両立は難しい。


--------------------------------------------

放射能は姿を変えていろんな所に潜んでいるのですね。炭火焼きの木炭に放射能なんて想像もつきませんでした。

自宅で作っている米とぎ汁乳酸菌の豆乳ヨーグルトですが、湯煎で12時間を過ぎた頃には表面に切り込みが入ってきます。

中身の上半分くらいまでは固まりますが、下のほうはどろどろです。それでも全体にすっぱい味がするので、市販のヨーグルトと見栄えは異なりますが、これで豆乳ヨーグルトの出来上がりと思っています。

セシウム・・・再飛散の恐ろしさ(瓦礫と同じ新しい危険)

2012年03月09日(金) 20時34分
福島第一原発 142 乳酸菌 31

武田邦彦
セシウム・・・再飛散の恐ろしさ(瓦礫と同じ新しい危険)
http://takedanet.com/2012/02/post_b805.html

福島を中心にセシウムの「降下量」が12月から増え、2月になっても一日あたり100ベクレルをこえる日が続いています。これについて政府、自治体、マスコミが報道しないのは、その重要性について理解していないものと思います。

3月に東北南部・関東北部の国民は被曝の一撃を受けました。それは徐々に減少し、6月から7月頃には「空から降ってくる放射性物質」は減り、ようやく打撃を受けることが少なくなったのです。

10月、11月になるとセシウムの定時降下物は1日あたり10ベクレルを切るようになり私もホッとしていました。

ところが12月中旬からセシウムが増え始め、1月には400ベクレルを超えることや、100ベクレルを超える日が多く出てきました。2月も15日に300ベクレルに達するなど、むしろ増加傾向が続いています。

この問題の危険性は上の図に示したように、「3月、4月の一撃だけ」から「あちこちから来る放射性物質で、100年間繰り返し被曝する」という状態へと変わったことを示しています。つまり、放射性物質は100年は無くならないし、人の体を何回も通り過ぎてもその量は変わりません。

つまり、1月の被曝量が規制値の10分の1でも、1年(12ヶ月)では規制値の1.2倍になってしまうという「繰り返し被曝」が発生するからです。

初期の除染が大切なのはこれも心配だったからです。つまり、地面に降った放射性物質が土にしみこみ、そこからの放射線で被曝するばかりではなく、空気中に飛散したもので呼吸から内部被曝を受けます。

良く原理を知らない人が「セシウムの降下物が増えていると言っても、空間線量が変わらないから大丈夫」のように言っていますが、空間線量の主力は地面からで、セシウムが空気中にあればそれを呼吸で吸い込んで3ヶ月分、被曝するからまったく別なのです。

また、福島県が1月2日の432ベクレルについて、「被曝量は規制値の500分の1」という発表があり、私の計算とかなり違っていたので、「100ベクレルはとれた野菜が危険なレベル」という表現にしておきましたが、よくよく検討すると、福島県の説明はおそらく間違いと思います。

つまり、福島県の「500分の1」というのは、空中に飛散する放射性物質を呼吸で体内に取り込むことはなく(福島県の人は呼吸しないという仮定)、地面に落ちた放射性物質からの空間線量のことを言っていることがわかったのです。「福島の人は呼吸しない」という県の仮定もかなり大胆で、セシウムが降下するというのは、降下する前に空中に漂っていたからですから、もっとも注意を必要とするのは呼吸、つまり「マスクをかける」ということだからです。

瓦礫やゴミの焼却、薪ストーブがすべて危険なのは、日本人がドンドン内部に放射性物質を貯めてしまうからで、政府発表の80億ベクレルという数値は、日本人が平均的に被曝すれば日本に誰も住めないという数字であることを再確認し、また県は県民の健康を守ることを第一にして欲しいと思います。

内部被曝量は、降下する物質が5ミクロン以下か、以上かで肺に入るか、胃に行くかなど難しいところがあり、さらに降下しているものは、5月頃まではヨウ素も含み、現在は少ないとはいえストロンチウムやプルトニウムも含んでいます。


また人間が一日に呼吸する量は約20立方メートルですから、どのような粒がどのよに飛散しているかによって違いますが、おおよそ、100ベクレル(平方メートルあたり)なら、一日に100ベクレルの被曝を受けることになり、これを毎日続けていると、100で割るとミリシーベルト(年間)になりますから、100ベクレルのところに住んでいれば、マスクをしなければ1年1ミリの被曝になります。

これは福島県発表の500倍ですから、もしできれば福島県と計算を検討したいと思いますが、おそらく応じてくれないでしょう。これまで、福島の原子力センターや放射線防護の機関に度々、質問をしているのですが、返事がありません。


-----------------------------------
「福島第一原発 121 乳酸菌 23」で「1日10ベクレルの食事がもたらすもの」の危険性を掲載していました。
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/8309



「12月中旬からセシウムが増え始め、1月には400ベクレルを超えることや、100ベクレルを超える日が多く出てきました。」とは、今年の状況は思ったより酷いものなんですね。10ベクレルの危険性の、さらに10倍とは驚きました。

せっせと米とぎ汁乳酸菌の豆乳ヨーグルトを作って摂取しています。

使用しているヒーターは水容量で約25L以下の水槽まで対応しているとの説明なので、これぐらいの量なら保温が容易いですね。

福島第一原発 139 乳酸菌 30

2012年02月20日(月) 20時27分
2012/02/12(日) 知恵のないヤツァ、カネ使え! 飯山一郎
http://grnba.com/iiyama/index.html#rr02122

全国でインフルエンザが猛威をふるう中、風邪薬
やマスク、空気清浄機といった対策関連商品が
爆発的に売れている。
明治のヨーグルト「R−1」は、TVなどで乳酸菌
が免疫力を高め、インフルエンザに感染しにくく
なる、などと紹介されて売れ行きが急増。
1月の販売数量は、前年同月比5倍!だってサ。
やっぱり、みんな、放射能で免疫力が低下して、
病気になるのがコワイんだろう。つらいとおもう。
いまの日本人は、みんな、ワラにもすがりたい気持ち! これが本心だ。
たまに、放射能はカラダにEー! なんてコトを本気で信じているシトがいるが
それはそれでEーと思う。
こゆシトは寿命を全うせず、早めに死んでゆくので可哀想だが、自業自得だ。
実際は、東電や民主党政府の「棄民=皆殺し政策」の犠牲者なんだけどネ。
皆がどんどん死んでいって、20年もたてば、賠償金はゼロ! だもんネ。
しっかし…、
「放射能はカラダにEー!」 などと言ってるシトには、イヂメ人間が多い。
放射能から身を守ろうとしている人間を猛烈に非難するイヂメ屋。
こんなヤツには早めに自業自得になって欲しいけど、こーゆーヤツに限って
元気モリモリなんだよねーー。
「放射能がコワイ、コワイ!」ってオビエてるヒトほど、弱々しいからなー。

ほんと、みんな、だれもかれも、可哀想だ。
涙が出てくるよ、鷲は。
なんで、こんな日本、こんなミジメな国になってしまったんだろーー、って。
チキショー、このウラミ忘れねーぞ! 畜生!って…。

ところで…、
機能性ヨーグルト「R−1」なんて、あんなモノは効かねーよ! つの。
殺菌処理されてるから、乳酸菌が少しはいるとしても、虫の息!
しかも、動物性乳酸菌だから、胃酸に殺されて、小腸には届かない。
だから効果ゼロ!
まぁ、多少の「プラセボ効果」(効く!と信じると効く効果)はあるだろが。

アレは、よーするに、テレビ局と巨大乳業メーカーが組んだヤラセ。
「牛乳って、放射能が生物濃縮された危険な飲み物だってね!」
こーゆー認識が増えてきたから、牛乳を別の形のヨーグルトにして売ろう!
ってゆー誤魔化し。
それにベラボーな付加価値つけても売れるから、牛乳よか儲かるCー(爆)

まーーアレだ、米とぎ汁乳酸菌と豆乳ヨーグルトがあれば、市販の乳製品
など、一切なにも買わなくてEーー! ってこと。


-------------------------------------------------

飯山先生、手厳しいですね。

とはいえ、何処へいっても明治のヨーグルト「R−1」は売り切れ状態。あちこち探し回るよりも他の選択肢として、米とぎ汁乳酸菌の豆乳ヨーグルトを自分で作ってしまえば、何の心配もいりませんね。

次に考えた米とぎ汁乳酸菌の豆乳ヨーグルトの培養方法ですが、ホームセンターにヒントがありました。導入したのはこれです。

ペットコーナーに売っている、サーモスタット付のヒーターです。温度調整が可能で、温度を一定に保ってくれるヒーターを使ってみました。

出来上がりはこんな感じです。

福島第一原発 136 乳酸菌 29

2012年02月13日(月) 20時26分
内部被曝の症状は「3月にも出始める」
http://news.livedoor.com/article/detail/6247151/
2012年02月03日10時00分 提供:ゲンダイネット


<どの医師も「病気じゃない」と放り出す恐れ>

「市民と科学者による内部被曝問題研究会」(内部被曝研)が先週27日、都内で設立会見を開いた。今後、福島原発事故で放出された放射性物質による人体への影響などを検証する。当日、あいさつに立った識者メンバーのひとり、元広島陸軍軍医少尉の肥田舜太郎医師(94)の“警告”は衝撃的だ。住民の内部被曝の症状は「おそらく3月以降に出始める」と言った。

「広島、長崎の経験で言うと、診察していて(症状の)理屈が分からず、困ったのは、ちょうど1年ぐらい経ってからでした」

 肥田医師は、自らも広島原爆の被爆者で、日本で初めて「内部被曝の危険性」を指摘した人物だ。日本原水爆被害者団体協議会の医師として全国の被爆者診察に奔走。66年間で診てきた被曝患者は少なくとも6000人に上る。

 そんな「内部被曝」の第一人者はこう訴えた。

「福島第1原発から出ているのは、広島や長崎の原爆で使われたウラニウムとプルトニウムを混ぜ合わせた(より強烈な)放射線です。将来、広島と長崎の被爆者が経験したことが、そのまま起こってくると考えるほうが常識です。(今回も)おそらく3月以降、(放射線の影響を受けた住民の中に)医師が診ても診断がつかない、非常に不思議な症状で苦しむ人が出るでしょう」

 内部被曝の“生き証人”の発言だけに背筋がゾッとする内容だ。しかも内部被曝の恐ろしさは、原因不明の「奇病」「難病」だけじゃない。体調不良を訴えても、外見上は変化が見られないため、周囲に「病気」と理解されない精神的苦痛も考えられることだ。

 政府が「直ちに健康被害はない」と繰り返してきた中、この国で「内部被曝」の的確な診断は可能なのか。

「残念ながら日本の医療界には、相手(診察)のできる医師はひとりもいません。おそらく、どの病院も『病気じゃない』と放り出す。広島、長崎でも『ブラブラ病』という名前で(患者は)社会から抹殺された。同じことが起きないか心配です」

 肥田医師の懸念が現実になった時、政府はどう責任を取るのか。原発事故対応の議事録の未作成が次々と明らかになっているのは、まさか「責任逃れ」の準備をしているワケじゃないだろうな。

(日刊ゲンダイ2012年1月31日掲載)


周囲でも内部被曝の症状が出てきている
http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-138.html
2012.01.07 アーバンプレッパー


---------------------------------------

豆乳ヨーグルト についての飯山先生のHP記事、ツィートです。
http://komenyusankin.blog.fc2.com/blog-entry-28.html


2月になると気になるのは、花粉が飛んでくる季節という事です。花粉症の自分はしばらくはつらい時期が続きます。そこで花粉症対策に今年はいよいよ飯山一郎さん流豆乳ヨーグルトを導入しようと思います。

乳酸菌液の培養に使っていたUSB接続の毛布を使用して、発酵に必要な温度に近づけようと考えました。

毛布で上下から挟む形にしてみました。それでも温度が安定しないのか、ヨーグルトらしくしっかりと固まってくれませんでした。

福島第一原発 133 乳酸菌 28

2012年02月06日(月) 20時33分
首都圏に居住できない二つの理由(Cs−137はロシアの安全基準に抵触・プルトニウムは放射線管理エリアに相当) その2
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/295.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 12 月 13 日 04:50:10

 ヤブロコフらによると、安全域だと考える土壌汚染レベルは、セシウム137の汚染レベルが0.1キュリー/km2つまり、約3700Bq/m2までである(注1)―表10.2,10.10,10.18で「安全な」対照群として0.1キュリー未満の汚染エリアが設定されている。また、来日した医師スモルニコワ・バレンチナ先生は次のように述べている―「子供は20Bq/kgの土壌汚染だとまだ安全。子供は50Bq/kgから危険がはじまる。大人は200Bq/kgから危険です(注2)。」。要するに、0.1キュリーまでが安全域だというのは、チェルノブイリを経験したロシア人による共通見解であるが、このことはしっかり認識されていない。ジャーナリストの木下さんも同様の結論に達している(注3)。かくして、避難基準が明確になる。つまり、『セシウム137による土壌汚染レベルが、0歳−6歳なら20ベクレル/kgまで、小学生・中学生なら50ベクレル/kgまで。大人なら100ベクレル/kgまで、が安全域だと結論できる。』この基準を超えるようなところならば、移住した方が安全だと言える。しかし、首都圏(関東)土壌調査結果(注4)を見ると、50ベクレル未満のエリアはほとんど存在しない。他方、西日本の土壌調査結果(同注4)を見ると、20ベクレル/kg未満のところが全てだ。つまり、西日本の土壌は、乳幼児が地べたをハイハイしても安全である。

 次に、プルトニウムの土壌汚染レベルが、放射線管理エリアに相当している点があげられる―(注5)と(注6)。米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)が、神奈川県横須賀市泊町のベースと呼ばれる海軍基地の土壌、および御殿場の土壌において測定した結果、そのようなレベルのプルトニウムが検出された。もちろん福島県全域はプルトニウムで汚染されている。首都圏もそうだったわけで、α線核種が広範に飛散している(チェルノブイリではこれほどまでに広範囲にα線核種が散らばらなかった[ヤブロコフの『チェルノブイリ』に記載された超ウラン元素の汚染地図と比較すれば一目瞭然]。それが福島の事故とチェルノブイリとの違いだ)。

以上、土壌汚染のレベルが安全ではない二つの理由で、避難・移住するのが望ましい。

 土壌汚染のレベルが危険なところで作られた農産物は同様に危険であり、西日本の安全な土壌で作られた地元の野菜を食べれば、内部被爆は避けられる(日本中どこでも汚染されており、西日本に移住しても同じだ―被爆は避けられない―という言説は、印象操作のためのもの。東日本から西日本への移住をしにくくするためのイデオロギー)。
 また、ガイガーカウンターで空間線量を測定して、それで安全かどうかを判断しているのは、端的に言って情報操作のイデオロギーにひっかかっている。安全かどうかは土壌汚染のレベルが決める。空間線量で判断できるかのような錯覚を与えているのは、情報操作であることに気がつかねばならない。

 はっきりいって、このようなことを指摘しても、大半の人は引っ越すことはできないだろうし、土壌汚染による健康被害の危険性は無視して暮らしてゆくだろう。しかし、衝撃波が来ると分かっているのといないのとでは対処の仕方が違うはずだ。来ると分かっていれば、子供は逃がし、大人もときどき汚染されていない空気を吸うために転地療法なり、疎開先での夏季休暇を長めにとったり、短期旅行に行ったりするはずだ。

福島第一原発 130 乳酸菌 27で、乳酸菌液の培養にUSB接続の毛布の利用を挙げていました。
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/8444

しかし2012年の寒気は強く、熱源がまだ足りないと思いました。

そこでプリウスで使用していた、バリアメタルホイルを乳酸菌液の培養にも使用しようと思いました。


家の中でバリアメタルホイルとは思ってもいませんでした。

福島第一原発 130 乳酸菌 27

2012年01月30日(月) 20時31分
首都圏に居住できない二つの理由(Cs−137はロシアの安全基準に抵触・プルトニウムは放射線管理エリアに相当) その1
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/295.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 12 月 13 日 04:50:10

01. 2011年12月13日 05:24:34: HYHUspnQ6g
ポリーテイアーさん、投稿ありがとうございます。
-------------------------------------
チャーリー吉川医師のつぶやきです。

「出荷制限地域の○○産をうっかり並べたら、客から注意されてすぐに撤去した。納入業者にきつく文句を言ったら、地元JAの担当者から、『うちが扱う梅は独自検査でセーフだから、どうしても売ってほしい』と頼まれたそうだ。そこでまた売ることになった」

「和歌山県産が1キロ980円、栃木県産が580円、県内産に280円の値段をつけた。でもなかなか売れなくて梅の下側から黒く腐れてくる。JAに睨まれて得はないから仕方なく置いているだけ」 県内で行き場を失った梅は南下、北上を続けながら産地を偽装し、今なお県外のスーパーで売られている。

県内産が県民に受け入れられていないことは明白。そこで問題になっているのが梅である。春が遅い東北では、6月中旬から7月初旬まで収穫が続くが、しかし基準値を超えるセシウムが検出されたことで、いくつかの市町村では出荷が制限された。にもかかわらず、同じ市町村から出荷が続く。(吾妻博勝)

「福島県産が売れないからと廃棄処分にできない。売れ残りトマトは閉店後の今夜か開店前の明朝、店長の指示で千葉県産売り場にそっと移す。また、近いうちに『札を書き換える』と店長から言われている。売り場を同じくして表示を『千葉・福島産』とする。バレた時、産地偽装で問題にされるから」

いくつのもスーパーを見て回ったが、トマト、キャベツ、ほうれん草、チンゲン菜などは他産地の物と比べて明らかに売れ行きが悪い。開店直後と閉店直前に見ても、野菜の山が動いた様子はない。トマトは隣の千葉県産はすぐに売れて次々と補充されるが、形も色もいい県内産に手を出す客はほとんどいない。

「野菜は例年通り県内、県外に出荷するが、自家消費用は作付けしないことにした。土壌が放射能に汚染されていたら、野菜だって危ないだろう。そんなもの家族に食わせられないよ。国や県は『畑地の放射能物質は基準値以下』と言っているけど、汚染されていることに変わりはないからね」 (つづく)

農産物の出荷農家にも責任も問題がある。犯人探しが始まると「村八分にされる恐れがある」と言われたので、地域名や栽培品目は出せないが、福島市と白河市を結ぶ中通りの野菜生産者は、悪びれもなく言い放った。by 吾妻博勝 (つづく)

「大学の同級生で旅行会社に勤めている友人がいる。彼が言った。『放射能が怖くて県民が逃げ出す所に客を連れて行くことはできない。庭に狂犬病の犬を放しているからいつでも遊びに来てくれと言われノコトコ行く馬鹿がいるか』って。農産物もそれと同じということを福島県民とくに生産者は自覚すべき」

都内有名デパートの売り場主任は「風評被害と非難されるのはハタ迷惑」と苦笑。「福島県民が怖がって食べないのだから、『私たちも食べるのよしましょうよ』となるのは当然。当店も福島県産の農産物を並べているが、お求めになるのはお年寄りが多い。『出身が同じ福島』と同情心から買うケースもある」

英国のウィンズケール再処理工場による海洋汚染は、放出量を減らしても、魚介類の汚染度グラフが30年後でも下がらない。ロブスターなんかがそう。なぜかといえば、放射能が海底にたまって循環するために、いつまでも消えない。それを事もあろうに、今回、東電は「低汚染水」と称して海に放出した。

動物性たんぱく質の4割を魚介類に頼っている日本人は、ヨーロッパ人とは比較にならないほどの危険性を持っている。私たちは寿司が好きだ。毎日魚を食べて生きている人間である。この海に、大量にジャージャーと放射性物質を流している状態である。(広瀬隆)

-----------------------------------------

以前に「福島第一原発 113 乳酸菌 19」で、コップの保温用のUSB接続のカップウォーマーを培養のペットボトルに巻いて保温することで、気温の下がる夜間でも乳酸菌液の保温に役立つと書いていました。しかし真冬をなめてました。2倍の培養時にペットボトル2本になった時に、USB接続のカップウォーマーでは力不足とわかりました。

そこで急遽USB接続の毛布を用意しました。


これを2枚用意すれば、ペットボトル2本になった時でも慌てずに済むと思いました。

福島第一原発 127 乳酸菌 26

2012年01月16日(月) 20時26分
周囲でも内部被曝の症状が出てきている
http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-138.html
2012.01.07 アーバンプレッパー


4月1日から適用される放射能の新基準値は、飲料水で1キログラム当たり10ベクレルです。
なんと、東京都の水道局では79ベクレルで基準値以下とされて、いったん摂取制限が解除されたのです。
去年の3月、多くの都民が、この危険な水道水をしばらく間、飲んで内部被曝したのです。


強烈なめまい、耳鳴り、足のむくみ…

私が体験した体調不良について書いておきたいと思います。
なぜ、書く気になったかというと、私の体調が最悪の時期に同じような症状が出た人たちが複数人いたからで、何かの傾向があるのかもしれない、ということからです。

ほとんどが、閲覧者の方々からのいただいた情報ですが(返信せずに申し訳ありません)、身近な人の中にも、やはり同じ症状の人が出てきたので、何かの参考になるかもしれません。

共通しているのは、足のむくみ、耳鳴り、もの凄いめまいの二つでした。

私の場合ですが、4月の中旬頃に風邪をひいたわけでもないのに頭痛が数日続き、ごくごく微量ですが、鼻血が出るという症状がありました。
水のようなサラサラした鼻水も続きました。鼻水は10年以上、出たことはありませんでした。

8月頃からは、心臓の周囲が鉛を付けたように重く感じられ、ときどきチクチクと痛むことがありました。不整脈も少し。
長い間、万年睡眠不足状態の上に喫煙者。ただし、少し自重すると、すぐに治ってしまうので大して気にも留めませんでした。

不整脈が出たといっても、日常生活で不都合が生じたわけではありません。
自分でも自覚していることですが、フィールドに出ると、かなり過激な運動をしているから当然といえば当然です。
「こんなことをやっていたら、いつか突然死するかもしれない」と常々思っており、今回の件でやっと自重するようになりました。
ストレスは、もともと溜まらないほうです。

11月になってからは、朝起きるとめまいがして、壁を手で伝って歩かないとトイレまでいけない状態が続きました。
このグラグラするようなめまいは、まるで自律神経失調症のような症状です。(自律神経失調症になったことはありませんが、あくまで他からの知識と照らし合わせて)

また、夜、記事の更新作業をやっていると、耳鳴りがよくしたものです。
さすがに、連夜、耳鳴りが続くと、これは、明らかにおかしいと感じるようになりました。

「おかしい」というのは内臓疾患や、ストレスから来る神経症の類ではない、何か今まで体験したことのない異常が体の中で起こっていると感じ始めたからです。

そうしているうちに、左足の感覚が麻痺してきました。
右足で感じることが、左足では、あまり感じられない、というようなことが起こってきたのです。

これは、いよいよマズイ。

ここで、やっと放射能の影響に違いないと、確信するに至ったのです。

そこで、水と食事を徹底して改善しました。

今まで飲んでいた水は、アルカリイオン電気分解水と南アルプスの天然水と、市販の日本茶のペットボトルです。
ペットボトル飲料にも防腐剤が入っているので、たまに水道水を電気分解したイオン水を飲んでいました。

食料は、私が子供の頃から常に備蓄しているような家でしたので、放射能にまったく汚染されていないものが、そこそこの量あったので、それを中心にしました。
外食は、その時点では危険があったので、可能な限り控えました。

あとは、ついつい食べたくなっても、出所のはっきりしていないものは、一切口にしない、ということを徹底しました。
こういう節制生活は、性格的に難なくできるほうなので、いったん決めると改善は早いだろうと期待しながら…。

それでダメなら病院に行こう、と決めていました。

ただし、病院に行ったところで、放射能が原因だったとしても、そうした診断が下されるはずもないので、あくまで参考程度に診察を受けるつもりでいました。
仮に医師から処方薬を飲むように指示されたとしても、薬だけ購入して飲まないと決めていました。

とにかくできることは、追加被曝を限りなくゼロにしようということです。食事面を徹底しました。
セシウムが体外に排出されるのを邪魔しないようにと。

運動もしないようにして、とにかく睡眠時間を長く取り、風呂も長湯はしないとか、突然死の連想につながるようなことを一切止めたのです。

そうこうしているうちに、だんだん体が軽くなってきて、足の腫れも引いてきました。
そして、ある朝、目が覚めたら、まるで昨日までの自分とは別人のように体が軽くなっていて、両足のむくみも、すっきり取れていたのです。

耳鳴りもなくなって、頭もすっきり。
この激変には驚きました。たった一晩で。

体調が、いままでと違うと感じ始めたのは6〜7月頃だったと思います。
そして、「いよいよ、これは本当にマズイことになった」と自覚したのが11月。以来、徹底的に生活を自重して一ヶ月間は修行僧のような生活でした。

現在は、疲労感が続いているだけで、ほぼ3.11の前の状態に戻りました。

やはり、頭痛、めまい、鼻血、耳鳴りなどより、なんといっても両足のむくみには驚かされました。

今になって、いろいろ情報を集めて原因らしきことを推測してみると、3月15日頃から、外に出ている時間が長く、この辺りで被曝したものと思われます。

もちろん、放射性物質が大気中に放出されていることは知っていました。
しかし、原発から200km以上も離れた場所に、こんなに濃度の濃い放射性物質が大量に飛んできていると考えもしなかったのです。

それに水道水も影響しているかもしれません。(個人的には、これがいちばん大きいと思っています)

3月20日頃からは、乳児の粉ミルクを溶かすための水が危険ということで、いままで水道水を使っていたご家庭も、いっせいにペットボトルを買いに走ったのです。

ぺットボトルは、どの量販店に行っても品切れで手に入りませんでした。
安全な水は、赤ちゃん優先ということもありましたから、あえて遠くまで探しにいきませんでした。
断水が長引きそうな東北の被災地向け飲料確保ということからも、政府は個人の買い控えを呼びかけていました。

量販店に残っているのは得体の知れないウーロン茶とスポーツドリンクだけ。
スポーツドリンクは苦手です。

仕方なく、以前から家に常備してあったペットボトルの水を使い切ると、水道水を電気分解したアルカリイオン水を飲んでいました。
このとき、ちょうど高濃度の放射性物質が水道局の浄水場に降り注いでいたのです。

水道局が浄水場の放射性物質の検査を行い、「暫定基準超えのヨウ素とセシウムが水道水から検出」と、その結果が発表されたときには、市民は水道水を飲み、料理に使った後でした。
それは、ちょうど、このような事態http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110324/lcl11032409300002-n1.htmでした。

このときの東京都水道局のND値は、今の数値の何倍も緩和したものでした。
水道局は、3月中はND値を高めに設定していたのです。

水道局は、数日後には「暫定基準値以下に下がりました」と摂取制限の解除を宣言したのですが、それでも、今の基準より高いND値だったのですから、それ以後数日の間は大量のヨウ素とセシウムが含まれた水道水を都民は毎日飲んでしまったのです。

これは隣県でも同様です。

水道局は、明らかにパニックを避けるためにND値を高めhttp://noguchihiromi.blogspot.com/2011/05/blog-post_5570.htmlにしていたのです。

このように、3月から4月の上旬にかけては、多くの隠された犯罪的な行為が行われていたのです。

私も、このあたりで内部被曝してしまったのだと思います。
水道水の水が大きな原因です。

原因不明の体調不良が出てきたら、この記事↓に書かれてある症状と照らし合わせてみてください。

チェルノブイリ原発周辺住民の急性放射線障害に関する記録
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Lupan-j.html

第2度急性放射線障害
1 甲状腺からの放射線レベル−10〜16ミリレントゲン/時
2 全身の衰弱,頭痛,腹痛,吐き気,おう吐,下肢のむくみ
3 汚染地域の幼児


放射線被曝症状
放射線被曝症状はつぎに述べる臨床症状に分類される.

1.血液像症状:血球減少症,白血球減少症

2.自律神経失調症
  〜

急性放射線障害など、大変なことです。
でも、私にはそうした症状が出ていました。

尿からセシウムが検出された子供たちのその後http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-858.htmlの記事を書いたとき、とにかく大切なのは、追加被曝しないことであることが分かっていたので、徹底的に米と水にこだわったのです。

ガンダーセン氏、バズビー博士によると、被曝後9ヶ月経った頃から、影響が顕著に出てくるということなので、私の場合も、ちょうどその頃ということになります。

また、多くの芸能タレント、テレビの司会者が白血病や原因不明の体調不良を訴えだしたのも、私の症状が酷くなった頃と同じ11月頃からです。

こうしたときは、医療は当てにできないので、民間療法として、味噌汁や、玄米といった自然食で免疫を高めたり、サプリメントでデトックス効果を期待したりと、さまざまな方法をトライしてみる価値はあるのでしょう。
ダメもとで、プラシーボ効果を期待するというのであれば、それはそれでいいと思います。

もっともサプリメントは薬事法の上では単なる食品なので、もともと効果効能があるはずがない、ということなってしまうのですが。

マクロビオティックといった自然食療法もいいとは思いますが、放射能の内部被曝のような、1秒でも体内に放射生物質を置いておきたくない、というような場合では、やはりなんといっても米と水、それに空気を変えることで累積内部被曝量を増やさないこと。これに尽きると思います。

悠長に、「いつかは体質が良い方向に変わるさ」というものでは困るわけです。その間、細胞は傷つけられ続けているのですから。

肺に入ってしまったものは、もう一生ものと諦めるしかないのですが、消化器系に取り込んだものは、きれいな水と汚染されていない米・野菜を摂り続けることで、徐々にセシウムが体外に排出されていくと思います。
それを実感することができました。

あとは、気持ちをゆったり持って免疫に期待することにしましょう。

問題は、食欲を抑えることができるかどうかということ。グルメ好きのエピキュリアンには過酷な修行かもしれません。

-----------------------------------------------------------

とにかく、少しでも「おかしいと思ったら無理をしないこと

8月頃から、急性白血病や急性心筋梗塞で、比較的、若い人の突然死が増えています。

新聞で報道された例、報道されていない例(福島の掲示板や、一部のtwitterなどで伝わっている話)も併せると、かなりの人たちが亡くなったことになります。

特に、若い人、それも十代の若者の突然死は衝撃的です。福島県の男子高校生や、関東の女子高生が急性心筋梗塞で突然死しています。

なぜか。

上に書いた私の体験ですが、こうした場合、あらかじめ、なんらかの兆候があるはずです。必ずあります。
しかし、若い人たち、特に体育会系の血気盛んなスポーツマンは、兆候はあっても、それは自分が精神的に緩んでいるからだ、と思い込んで、さらに気合を入れてしまうのです。

放射能には、人智では勝てないのですから、とにかく安静にしている以外にないのです。
傍目から見ると、若いのにゴロゴロしてばかりいて、怠け者のように見えるかもしれないのですが、本人は辛いはずなのです。

お子さんや、ご主人に、今までの生活において、病気とはいえない曖昧模糊とした体調不良が出て来たら、無理をしないように、声をかけてあげることが大切です。

これから、心筋梗塞や急性白血病が増えることは避けられないでしょう。
でも、兆候をしっかりとらえて、最悪の事態に至らないようにすることは、ある程度可能だと思います。

でも、それは根本的な解決法にはなりませんが。
避難しかありません。



-----------------------------------------------------------

上記の記事の方は11月に「朝起きるとめまいがして、壁を手で伝って歩かないとトイレまでいけない状態」と書いていました。自分はこの兆候がちょうど夏の8月に現れて、夏バテにしてはひどすぎると思っていました。

6月から手作りの乳酸菌液を飲んでいましたが、それでも悪い兆候が出ているように思ったので、それまで習慣だった夜食のヨーグルト摂取を止めました。

「ベラルーシの部屋ブログ」さんで勧められているように、「もうすでに被曝したと、いう確信のある方、体内被曝量を測定して、すでによくない結果が出てしまったと言う方は、放射能の体内排出策を今すぐ始めてもいいと思います。」とあります。
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/c/fa2f1fe45f2d7bdcf973f70628601cec

3月の時点で救援機の取材と称して出かけていて被曝には思い当たる節があるので、放射性物質の体外排出を進めようと、アップルペクチンを9月から飲みはじめました。おかげで自分は11月頃には体調が改善に向かいました。


放射性物質という目に見えないものへの対処で、乳酸菌液には助けられていたと思いますが、兆候が思ったより重く一刻も早く改善したいのであれば、乳酸菌液であろうとアップルペクチンであろうと、要するに何でもありだと思いました。

福島第一原発 125 乳酸菌 25

2012年01月09日(月) 20時42分
直接リンクが貼れないので2012/01/06(菌)の欄をご覧ください。
http://grnba.com/iiyama/

最愛の家族と、年老いた親友たちに捧げたい、飯山一郎


ところが、別のスレッドに深刻な書き込みが投稿された。それは次の文章だ。

飯山先生へ
いつもブログ拝読させていただいています。
自家製豆乳ヨーグルトで日々免疫力を高めています。
おかげさまでこの冬は、風邪をひくこともありませんでした。
感謝しております。
実はお聞きしたい事があるのですが、私の家内が本日の検診にて
乳がん(初期段階)を言い渡されまして、不思議に思っております。
マクロファージががん細胞を駆逐してくれていると思っていました。
摂取量が少ないかもしれませんが・・・・。

これを読んだ私は、全ての作業を中止し、しばし黙想したあと、一気に書いた。
最愛の家族と親友に読ませるつもりで書いた。以下の文章である。

        『癌は人生を豊かにする病気』
清水さん
世の中のお医者さんに嫌われるのを覚悟で懸命に書きます。
先ず…、
癌は、昔と違って、今は「死に至る病」ではないということ。
私の親友のヤン教授のように、乳酸菌と春ウコンと散歩と入浴。これだけ
で癌が完治しました。このような完治例は少なくありません。
次に…、
最大の問題は、日本の医療システムにあります。
最初は検診の結果、厳(おごそ)かに告知されます。
そして、告知する医師は必ず言います。
「まだ初期段階ですから心配要りません! ただし、早期発見、早期治療の
原則どおりに早めに治療を受けて下さい!」
こうして患者は、「早期治療」を受けることになります。どんな治療なのか?

  1.患部の切除  2.抗癌剤の投与  3.放射線の照射

  上の3つの「治療法」しか、日本の医療システムはもっていません。
どれも、大変な荒療治です。荒療治すぎて、身体は免疫力が落ちてしまい
自然治癒力もなくなります。
ですから、私でしたら、上の3つの荒療治は、頑として拒否! します。

さて…、
清水さんの奥さんの乳がんは、初期段階ですから、乳房に癌が形成され
はじめたのは、5〜10年前のことです。
つまり、清水さんの奥さんの乳癌は、5年〜10年かかって、やっと検診に
引っかかるだけの大きさになったのです。…これはどうしてなのか?

癌細胞は、活性酸素や放射線によって正常細胞が癌化したものです。
この癌化する細胞は、正常な人間でも、一日に5〜7千個できます。
それで、この癌細胞は、マクロファージやNK細胞という白血球やリンパ球
が、どんどん呑食していきます。
清水さんの奥さんの場合、マクロファージやNK細胞の数が少なかったか?
癌細胞の生成数が多かったか? …で、乳部において癌が育ってしまった、
ということです。

では、今後どうしたらいいか?
 1.先ず、上に書いた3つの荒療治は、絶対に受けてはいけません。
 2.次に、免疫力(=血中のマクロファージやNK細胞の数)を上げるために
   腸内の乳酸菌の密度を濃くすること。
   そのためには、乳酸菌の密度が濃い豆乳ヨーグルトが最適。
   普通、米とぎ汁乳酸菌の乳酸菌密度は、1cc当たり、数百万個。
   ところが、良く発酵して酸っぱい豆乳ヨーグルトは、1cc中数億個!
   この濃密な乳酸菌が腸内に入ると、血中マクロファージが激増する!
 3.あとは、激増した血中マクロファージが癌細胞を呑食します。
   これを自然治癒力と言います。癌が自然に治る力です。
   この自然治癒力は、癌が消失するまで続きます!
 4.そのほかに、気をつけることは…、
   A.少食。食べ過ぎると癌細胞が喜んで増える。
   B.温暖。身体が冷えると免疫力が落ちる。
         身体が温まると癌細胞は増えない。
   C.散歩。速足・大股で汗が出るまで歩くと新陳代謝が亢進し、身体が
         温まり、免疫力があがり、癌細胞が減ってゆく。
   D.色素。春ウコンなど、色素、ミネラル、ポリフェノールの多い食材は
         血中のマクロファージやNK細胞の数を増大させる。
   E.感性。そうなんだ!貴男が飯山さんに聞いた方法でEんだ!という
         自信と確信をもって二人して生き抜いていく仕合せ…。

清水さん、以上の文章を何度も読んで、自信と確信をもって、奥様と二人、
力をあわせ、心をあわせながら実行して下さい。必ず!長生きします。

                             飯山一郎 拝む

上の文章をココに載せた理由は、もう一つある。
今後7〜8年後から、日本における癌の発症率は激増する。
その時、私たちは、どう対処したらいいのか?
上の文章は、その時の一つのシナリオとしても活用できる。
わずか1時間弱で一気に書き上げたが、日頃から自分のこととして考えていた
ことなので、文章は悪文だが、内容というか、闘病哲学的には自信がある。
上の文章は、清水さんのほか、最愛の家族と、年老いた親友たちに捧げたい。

----------------------------------------------------------

新年早々に、飯山一郎氏が本年に望む決意を見させていただきました。

「福島第一原発 119 乳酸菌 22」で、「毎日数千ものがん細胞が作られている」と書いていました。
http://yaplog.jp/birds-eye/archive/8287

「癌細胞は、活性酸素や放射線によって正常細胞が癌化したものです。
この癌化する細胞は、正常な人間でも、一日に5〜7千個できます。」
また飯山一郎氏からも同様の話が聞けました。

まして今は福島第一原発からの放射性物質の蔓延する時代、放射線がDNA、染色体にあたえるダメージが加えられていて、癌発生の可能性は高まっているのでしょうね。

今年も乳酸菌液のお世話になります。

2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Rakuten Widget
楽天
【amazon】デジタル家電