プリウスのエンジンアンダーカバーの代わりにバリアメタルホイルを設置

2012年02月18日(土) 21時46分
プリウスを冬にバリアメタルホイルの設置でエンジン下に潜り込んでいると、エンジン下が大きく開口しているのがわかります。これがNWH20のツーリング仕様だと、エンジン下の空気の整流のためにエンジンアンダーカバーが設置されています。これってひょっとすると冬はエンジン熱の低下を減らしてくれるのではと考えて、自分のプリウスを調べてみました。普通の「S」仕様でもオプションで設置可能ですが、残念ながら自分のプリウスには付いていませんでした。

パーツを取り寄せて後付できないか調べてみましたが、メーカーオプションを選択しないと車体に取り付け用のボルトも用意されないことがわかり、ちょっとショックでした。

それならと、得意のバリアメタルホイルをエンジン下に設置してみました。

停車時のエンジン熱の下がり方が減った気がします。
  • URL:https://yaplog.jp/birds-eye/archive/8509
トラックバック
トラックバックURL:
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
Rakuten Widget
楽天
【amazon】デジタル家電