富士フイルム「FinePix F30」は高感度ISO3200で撮影可能なコンパクトの実写速報

2006年05月01日(月) 11時39分
富士フイルムから5月下旬に発売のISO3200での撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「FinePix F30」の実写速報がレポートされています。撮像画素を新開発の第6世代「スーパーCCDハニカムVI HR」と画像処理エンジンが「リアルフォトエンジンII」を搭載し、ノイズの分離する「ダブルノイズリダクション方式」が進化することでISO3200もの高感度を可能にしています。記録メディアの容量上限まで連写し続ける「エンドレス連写」が可能なほか、露出補正を背面のダイレクトボタンに割り当てています。撮影用のシーンモードに「花火」、「花の接写」、「水中」など9種類のモードを追加しています。

「FinePix F30」の概略
画素数 630万画素 スーパーCCDハニカムVI HR 
レンズ 36mm〜108mm(35mmフィルム換算) 
開放F値 F2.8〜5 光学3倍ズーム
最高感度 ISO 3200対応
記録方式 静止画 JPEG
液晶モニター 2.5型TFT液晶 低温ポリシリコンTFTカラー液晶モニター 約23万画素
記録メディア xDピクチャーカード(別売)
電源 リチウムイオン充電池

楽天市場では、新品価格・税込 42,220 円・送料込からとなっています。
  • URL:https://yaplog.jp/birds-eye/archive/1738
トラックバック
トラックバックURL:
2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Rakuten Widget
楽天
【amazon】デジタル家電